高石市が違法な学校給食調理業務の"偽装請負"に予算計上

戻る  新着情報

○ 高石市職員労働組合機関紙(2008.9.10付)から転載しました。


     高石市が違法な学校給食調理業務の"偽装請負"に予算計上
         高石市職員労働組合が撤回を申し入れ

 学校給食調理業務の委託について、高石市職員労働組合は大阪労働局の見解をふまえて
違法な"偽装請負"であると指摘(8月27日付市職労ニュース)していましたが、高石市
は2008年9月議会提出の補正予算案に加茂小学校の学校給食調理業務の委託経費17,976
千円の債務負担行為を予算計上しました。全国的に見れば、労働局から"偽装請負"との指
摘を受けて委託を中止した自治体もある中、現契約の整理もしないまま高石市が敢えて予
算計上をしたのは拙速な対応であり、コンプライアンス(法令遵守)という点からも問題
であるといわざるを得ません。



<申し入れ文書>

                                  2008年9月5日

 高石市教育委員会 様

                           高石市職員労働組合
                           執行委員長 堀 川 和 貴

              学校給食に係る要請書

 2007年度から高石小学校、高陽小学校で学校給食調理業務の委託が始まり、2009年度
には加茂小学校も委託する予定とされています。ついては、次のとおり要請しますので、
誠意ある対応をされるよう申し入れます。

要請事項

@ 2009年度に予定されている加茂小学校の給食調理業務の委託を中止すること。2008
 年9月市議会に提出している債務負担行為の予算計上を撤回すること。
A 高石小学校と高陽小学校で行われている給食調理業務の委託を中止し、直営に戻すこ
 と。
B 直営に戻す際には、高石小学校と高陽小学校で働いている委託先調理員を希望により
 市教委が直接雇用すること。市非常勤栄養士の雇い止めをしないこと。
C 府費栄養士の配置されていない学校に市栄養士又は市費による栄養教諭を配置するこ
 と。
D 教育総務課に栄養士を配置すること。

要請理由

@ 学校給食調理業務の業者委託は、高石小学校・高陽小学校2校委託時でおよそ2000
 万円/年、加茂小学校を加えた3校委託時でおよそ3000万円/年も直営よりも高くつくこ
 と。
A 全校委託しても全校直営と経費はほぼ同じであること。
B 委託した理由について、市教育委員会自ら根拠が無いことを繰り返し認めていること。
C 現行委託契約は違法な偽装請負であること。
D 現行の偽装請負を適法な請負に改めると、食材仕入れを業者にまかせる、衛生管理を
 業者にまかせる、市栄養士による調理業務の常駐監視をしないなど市教委が直接責任を
 持つ安全・安心の学校給食にはならないこと。また、これまで保護者等に説明してきた
 ことを反故にし、約束を破ることになること。
E 価格だけの入札のため委託先調理員が「官製ワーキングプア」となっていること。
F 教育総務課は学校給食全般の管理をしているのにもかかわらず栄養士が配置されてい
 ないこと。
G 食育の充実が求められているのにもかかわらず栄養士又は栄養教諭が配置されていな
 い小学校があること。

(2008.9.10 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp