第12回高石市立保育所移管に係る選考委員会議事録(2007.9.3)

戻る  新着情報

○ 高石市が設置した高石市立保育所移管に係る選考委員会の議事録です。行政資料コーナーで公開されているものをOCRで読み取りました。


        第12回高石市立保育所移管に係る選考委員会議事録

2007年9月3日
審査と応募法人ヒアリング

 お願い(要点記録)
この要点記録は、部分的に録音不能のため再生できていない箇所がありますので、ご了承
ください。

○事務局 本日の選考委員会は、応募書類の審査とヒアリングということで開催をさせて
いただきます。○○委員の方は若干遅れるということでございますので、始めさせていた
だきます。そしてきょうの選考委員会ですけれども、傍聴については非公開ということで
お決めいただいておりますので、そのような取り扱いをさせていただいています。
 そしたら、議事に入ります前に、委員長よりごあいさつをいただきます。よろしくお願
いします。
○委員長 お暑いところをお集まりいただきましてどうもありがとうございます。きょう
はちょっと長丁場です。1時半から5時半まで、しっかり議論したいと思います。
 終わりました。
○事務局 はい。
 そしたら、議事進行につきましては、委員長、よろしくお願いします。
○委員長 本日の案件議案に入らせていただきます。
 案件の@ですが、事業運営者の保育所見学についてを議題とさせていただきます。
 まず、事務局の説明をお願いいたします。
○事務局 そうしましたら、保育所見学の件ですけれども、きょうの会議のご案内の際に
申し上げておりますけども、9月4日、あした、午後○○○と○○○ということで。○○
○につきましては、2つございますけれども、○○○の保育園というのをご見学いただく
という形にしたいと。
 9月の7日が、金曜日なんですけれども、今週の金曜日なんですけれども、午前が○○
○、そして○○○。午後が○○○、これは○○○にあるんです、○○○保育園で、そして
○○○。午前の部と午後の部の2つの見学を実施したいというふうに思います。
 それと9月の10日は、午前の部として○○○と○○○ということで実施します。
 集合時間の方ですけれども、午前の部は午前9時に市役所のロビーで。そして午後の部
は午後2時15分にロビーで。いずれも委員さんが集まってからの出発ということです。
 前回の委員会で、午後の部の見学ということで日程調整させていただきましたが、午前
中の保育も見学したいということで、委員の方から申し入れがございました。委員長にも
申し上げまして、新たに午前の部の保育所見学を計画させてもらいました。
 それと前回の委員会の中で出てきておりました各保育園のパンフレット。これは封筒を
ここに入れてご用意させてもらってございますので、またヒアリングの機会にもご利用の
ほどよろしくお願いします。
 こういった形で見学会というものを実施させていただきます。また各委員さんの出席は、
もちろん日程に合う日にご参加いただくというふうに考えておりますのでよろしくお願い
申し上げます。
 以上です。
○委員長 まず、保育所見学ですけども、9月4日火曜日午後、○○○○保育園と○○○。
9月7日金曜日午前が同じく○○○○保育園と○○○。午後が○○○○保育園と○○○。
9月の10日月曜日が、午前には○○○と○○○○保育園。こういった予定になっており
ます。
 午前の部は午前9時にロビーに集合。午後の部は午後2時15分にロビー集合というこ
とであります。
 具体的にどの日に参加するかっていうことは、後で再度確認をさせていただきます。あ
と、保育園の案内パンフレットが封筒に入ってあります。参考までにご確認下さい。
 こういった説明がありましたが、ご意見伺いますので、どうぞご発言ください。
○ ○○○ 4日の午後に2園、午前はないんですか。
○委員長 午前ですか。午前は予定はされておりません。
○事務局 いいですか。もしあしたの午前中も見学したいというのであれば、今日ヒアリ
ングもありますので、例えば4日ですと午後から○○○と○○○ですので、午前は○○○
と○○○、もしヒアリングがあって、委員さんの方で4日午前中行こうということでした
ら、きょうヒアリングの後、法人の方とちょっとお話をさせていただきたいなというふう
に考えていますので。
○委員長 まだ可能性はあるということで。
○事務局 相手の都合もあるんですけれども。
○委員長 相手の都合がよければ組まれる可能性もあると。ほかにございませんか。もし
ご意見なければ、事務局から各委員の参加確認をさせていただきたいんです。
○事務局 すみません。あしたお昼から、前回の委員会で確認とらせてもらっていますけ
れども、参加いただける方のちょっと確認をさせていただきます。お昼からですね。○○
○と○○○。5名です。次に、そしたら7日の午前ですけども、ご参加いただける方です
ね。午前が足立委員さんと石田委員さん。午後の方はいかがでしょうか。森島委員。7日
の午後の部。足立委員さんと石田委員さんと久下委員さん。 10日の午前の方、どうでし
ょうか。森本委員さんと石田委員さんと川西委員さんと久下委員さん。そしたら、ここに
は書いてございませんけども、4日の午前中、あしたの午前中なんですけれども、もしセ
ッティングできて、○○○と○○○になるんですけども、参加していただける方。すみま
せん。どうさせてもらいましょう。先生もし行っていただけるんでしたら、事務局も同行
させていただきますけれども。4日の午前中になるんですけれども。あしたの9時に集合
になるんですけれども。
○ ○○0 9時でないといけないですか。
○事務局 それは結構です。野澤先生のご都合のいい時間で結構です。
○ ○○○ またそしたら時間は後でよろしいですか。
○事務局 わかりました。そしたら4日の日の午前中は、○○○と○○○ということで新
たに入れさせてもらいます。きょうヒアリングのときに委員さんの方からこういう希望が
出てきたので、あした午前中に見学をお願いするという形にさせていただきます。
○委員長 すみません。よろしいですか。今決まったの、もう1回確認してください。
○事務局 先生、施設見学の日にちなんですけども、4日の午後からと7日の午前、これ
は○○○と○○○。7日のお昼からは○○○と○○○。
○ ○○○ 昼からで、15分早まったんですね。
○事務局 10日が午前、○○○と○○○。今新たに9月の4日、あした午前中なんです
けれども、○○○と○○○を。
○ ○○○ あすはだめです。
○事務局 もし先生、この日程の中でご参加いただけるだろう日にちというのは。
○ ○○○ 7日の昼から。
○事務局 7日の昼からの○○○と○○○を……。
○ ○○○ 昼からはいい。何か集合が15分前から。
○事務局 集合の方は、午前の部は9時から、午後の部は2時15分に市役所ロビーとい
うことでお願いします。
 以上です。
○委員長 そういうことで、ご協力をお願いします。私は勝手ながら1回しか参加できま
せんが、すみません。二、三の情報を一応信頼して、判断したいと思います。
 それでは案件の@はそういうことで終わったということで、案件のAに移らせていただ
きます。
 きょうこれから2時30分から行われるヒアリングの役割分担と質問項目についてとい
うことを議題にさせていただきます。
 事務局の説明をお願いいたします。
○事務局 また後で質問を調整してもらうということで、できるだけ時間を短縮しながら
進めて行きたいと思います。
 まずヒアリングの時間なんですけども、トータル的に45分という形でお願いするとい
うことは前回の選考委員会で確認させていただいてございます。きょうお配りさせてもら
ってございますこのヒアリングの法人選考の目安をごらんいただきたいんですけども、a、
b、c、dということで、4つの項目にわたってヒアリングをするということです。従い
まして4つの時間配分は、単純にいきましたら、aで10分、bで10分、cで10分、dで
10分というふうになります。これで40分という格好になります。しかしbでかなり時間
がかかるのではと思っているんですけど、そういうふうな時間配分になります。
 後はきょうお配りさせてもらっております式次第ちょっと見てほしいんですけども、一
応各保育園ということで、事務局の方からまず法人案内、紹介をさせてもらいます。次に、
委員長の方から確認事項という形で書かせてもらってございますけども、この確認事項と
いいますのは、募集要項あるいは保育所の運営の条件、それと保育所運営の指示事項と要
望事項。そして高石保育所で行われている保育の内容、これは各委員さんにも以前に配付
していますけども、それと引き継ぎの考え方、これは1年間かけて保育の引き継ぎをしま
すよ。また、法人が決まれば、職員の採用見込み等の体制を整えて頂き話し合いをします
ということです。
 そういったこの6つの項目について、委員長の方から熟知して応募しているということ。
また法人として選ばれた場合は、こういったことについては遵守していただけますねと。
あるいはこういった条件守るという旨の誓約書の提出をお願いすれば、提出していただけ
るということの確認をしていただくということにしています。その確認をしてから質問と
いう形でお願いしたいというふうに思います。
 とりあえずそういった格好でヒアリングをお願いしますので、各委員さんの方には選考
の目安というペーパー4枚お配りさせていただいていますので、各法人の点数をここにメ
モとして記入していただくというふうに。これの回収はしませんので、また後で採点方法
ご説明申し上げますけども、きょうはヒアリングについて各委員さんの方で採点してもら
うということでよろしくお願いをいたしておきます。
○委員長 今説明がありましたように、柱が4つあります。平等に10分、10分、10分で
いっても40分かかると。その他法人案内紹介5分。多分私のこの確認事項で1分から2
分程度かかると思いますので、最大出ても多分40分あるかないかぐらい。
 それで私ぱっと見た感じで、一応この役割分担決まっておりますが、皆さんが意見を一
番言いやすい領域が、bの項目ですね。あるいはcの項目ですね。この辺はどなたからで
も意見を言いやすい領域だと思いますので、ここに比較的重点を置いて、○○委員のとこ
ろは10分あったらよろしゅうございますか。
○ ○○○ いいです。
○委員長 aの領域を多少削減して、b及びcに多少の時間をかけて、全体で40分弱ぐ
らいでヒアリングを始めたいと思っています。いかがでしょうか。
 じゃあそういうやり方。タイムキーパーなども置きませんので、もう大ざっぱに大体も
う意見、あるいは質問が途切れたら次へ行くという形で行きたいと思います。
 ただ予行演習も何もないんですけども。ちょっとご心配かもしれませんが。
○ ○○○ 若干時間が延びても、後の方に前のヒアリングが多少延びていますのでと了
解をとればいいのでは。
○委員長 そうですね。なるべくそうならないようにしたいと思いますけど。
 あと、この項目で付加しておきたいこととか、何かお気づきの点で、この項目でいいの
か。いろんな文書等資料を読まれて、こういうことを触れておきたいとか、もちろんそれ
は今公にしなくても、それぞれの責任でなさっていただいてよろしいんですけども。もし
共有できるものであれば、この場でお互いに相互了解をしておいてはいいかなと思うんで
すが。
○ ○○○ 最初に委員長の方からお名前をおっしやっていただいて、確認事項をとられ
るように今ご説明がありましたが、そのときに募集要項並びに保育所運営の条件、それに
指示事項や要望事項、並びに市の方が気を使っている引き継ぎですね、特に引き継ぎにつ
いては重視して、あといろいろな意見も含めてやってくれますねという、ちょっと特にと
いうところを強調しとってあげたら皆さんのご意見、おっしゃってることが伝わるんかな
というのを、ちょっと、いかがでしょうか。すらっと書類だけを読むのではなくて、そこ
を初めとか、特にというか、それ。ちょっと特にという表現を入れておいていただいた方
が、保護者の方もご安心なさるんじゃないかなと気がするんですけど、どうでしょうか。
特にということで。
○ ○○○ 特にはもうないです。強調するという意味で、あのう……。
○委員長 私も大分ちょっと夏ぼけで、疲れがピークなので、ちょっと材料が心配なんで
すけど。わかりました。それだけです。
 よろしゅうございますか。
 それではほかになければ、案件のB採点方法に入りたいと思います。
 事務局の方からちょっとご説明お願いいたします。
○事務局 そうしましたらB番の採点方法ということなんですけども。一応今回日程入れ
てもらっていますように、9月の26日を第13回選考委員会ということで最終の選考委
員会で採点ということでよろしくお願いします。きょうの9月3日はヒアリングの評価と
いうことで各委員さんの持ち点が40点になります。最終的にはこの前お示ししておりま
すように、ナンバー1の理事及び施設長の資格、第三者評価からナンバー5の資金計画及
び経理状況等までと先程申し上げましたヒアリングの点数との合計127点になります。
 それの採点、集計の仕方なんですけども。まず8人の委員さんが4つの法人が応募され
ておりますので、その4つの法人の順位づけといいますか、各委員さんの思いの中で点数
をつけてもらいます。そういった格好で4つの法人に各委員さんの視点で順位づけをして
頂き事務局が、各委員が1番にどの法人を選ばれたかをお聞きする。そういった格好で8
人の委員さんが選ばれた法人をきかせていただき、例えば1番の法人に1点。あるいは2
番の法人に2点、3番の法人に3点、4番の法人に4点というふうに、4つの法人に一番に
入れられたところから順位をつけます。ですから、一番点数の低いところが各委員さんが
一番いいやろうというふうに選択された法人ということになります。
○委員長 逆の方がよくありませんか。1番は4点にして。何か1番低いのが1番という
のは、ちょっとまずいような気がします。
○事務局 今の話を変更させていただきます。1番に選ばれたところが4点。2番に選ば
れたところが3点。3番目に選ばれたところが2点。そして4番に選ばれたところが1点
という格好で点数付けをする。ですからそういう点数をつけて、1番点数の高いところが
各委員さんが1番この中で民営化を進めていく事業運営者として、適切な法人であると選
考された法人となります。
 ひとつは各委員さんが4つの法人に順位付けすることによりどこがいいか選抜した考え
方が反映しやすいというふうに考えられます。また一方では各委員さんが当然点数をつけ
ますから、それの平均点の高い法人を選ぶという方法もございます。それで、只今説明し
たこの方法よりも私が前に説明した方法の方が、各委員さんが選んだ法人がどこかという
ことが一番反映しやすいかなというふうに考えています。これから採点を行っていただき
ますけれども、採点に入る前に、どの方法で選考するかということをここで改めて議論し
ていただきたいと思うところでございます。この考え方は、何回かこの委員会の中で○○
委員がこんな方法もありますよと、再三おっしゃってたご意見ですけれども、よろしくお
願いします。
○ ○○○ ちょっと補足で。説明が不充分ですし、あいまいなんです。我々委員は、8
人、127満点の点をつけて一応合計します。それを事務局に渡して、合計が合っているか
どうか暗算して合ってない方もひょっとしたらおられるかもわからないからね。100にな
らへんで、97という場合もあるから、一つ一つの点数をきちっとつけて、合計はそれな
りにしてお渡しすると。そういう検算をすることと、今申し上げた順位づけは事務局はき
ちっとし決めると。
 我々が4、3、2、1と付けなくても、一つ一つの評価をして、それなりに合計を出し
て渡す。それを計算するわけですけど、検算し目を通していただかなければいけませんか
ら、検算していただいた上で、その合計の3桁の数字を足して平均するとかいうよりも、
順位づけで、そちらの方がやりやすいと思います。
 それと、よく順位づけの点を使われるのは、我々8人おりますが、平均60点でつける
方もおれば、平均80点をつける方もおられます。平均40点でつける方も多分水準点は違
うと思うんですよね。だけど気持ちは順位の方が強く現れると思うので、そのようにして
いただければどうかなと。
 我々委員が4点つけるような、今の説明では受け取れかねませんでしたので、その辺ち
ょっと補足だけさせていただきました。そういうふうに申し上げたつもりだったんです。
ということだけ申し上げます。
○委員長 今のお二方の説明で、趣旨はおわかりでしょうかね。
 要するに今の8名の委員の、多分このここの法人が1位であろうというものがたくさん
集まったところを1位にしていくという考え方が第1案ですね。
 この平均をとるというのは、多少それぞれ極端な場合など全くない、正反対の答えが出
る可能性はあります。そうした場合に、それを平均値をとってしまうと、皆さんが全体の
大半の方がここだというふうにお決めいただいたものがひっくり返る可能性がある。その
考えでいくと。それぞれの委員さんが、ここはここ1位だろうというふうにお決めになっ
たものがたくさん集まったところを1位として考えるというのは1案の考え方です。
 こういった考え方について、どんどんご意見をいただいて。初めだけだと思います。
○ ○○○ なかなか点数をつけるっていうか、数字に表すっていうのはとても難しいこ
とですしね。標準があって、この方これやっていいのわかっていればいいけど、なかなか
人が人を評価するっていうのは、数字で表すっていうのは難しい。
 やっぱり1案で行った方がすっきりとするんじゃないかなというふうに思います。点数
をつけるっていうのは、80点でもすごくいいなと思っても、80点では少ないやないかと
思ってる人もあるかもわからない。点数で表すというよりも。
○ ○○○ 多分その個人の中で順位を想定された、しないとあかん。だからそれを集約
する方が。
○委員長 それはだからやっぱり多くの委員が1位を推した法人を選んでいくという形で、
今回その方が考えやすいんじゃないかと。そういうの、私もありますので。
 いかがでしょうか。特にご反対がなければ、1案の考え方で行きたいと思いますが。よ
ろしいでしょうか。はい。何かありますか。
○ ○○○ いや、特にありません。
○委員長 よろしいですか。
○ ○○○ これからヒアリングですが、これはもう全部点数で入れるんですか。
○委員長 これは127点の中の40点の配分がありますから……。
○ ○○○ 127というのは、結局やすいなあ。
○委員長 これは9月26日の委員会で多分またこの資料見て、最終的な書き込みしなき
ゃいけないと思いますけども、きょうの部分はヒアリングの部分の40点の採点です。 40
点をさらにこの10点、10点、10点と4つのカテゴリーに分けてるんです。だから全部A
がつけば40点ということになりますし、ちょっとばらつきがあると。
 ここでは1案、と申し上げていますけれど、順位をつけて点数をつけていくやり方です
すめるということで、確認しておきます。
 その他について事務局から何かないですか。
○事務局 そうしましたら、次回の選考委員会は9月26日、7時から。採点をしていた
だくことになりますので、選考委員会は非公開でよろしいでしょうか。きょうヒアリング
していただいて、また保育所の見学もお願いします。その間応募書類をご覧いただける時
間があれば事務局の方にご連絡ということでよろしくお願いします。
 以上です。
○委員長 よろしいでしょうか。
 これで審査の選考委員会は閉会させていただきます。
 続きましてヒアリングを2時30分から、その間資料等をどうぞごらんいただればと思
います。

ヒアリング
○委員長 本日はご苦労さまでございます。
 そしたら、ただいまから○○○のヒアリングということでよろしくお願いします。
 本日はお忙しい中、ヒアリングにご出席いただきましてありがとうございます。
 私、選考委員会の委員長の○○でございます。
 ヒアリングに入る前に、幾つかの事項について確認させていただきます。
 まず1点目、民営化にかかる保育所運営者募集要項。2点目が保育所運営の条件。3点
目、保育所運営の指示事項。4点目、保育所運営の要望事項。さらに5点目、高石保育所
で行われている保育内容。これらの内容について、法人として選考されたならばこれらの
方針とその概要に基づいて、協議をする予定でおります。6点目、引き継ぎの考え方です
が、保育所運営の条件にもありますように、1年間かけて保育の引き継ぎを行うとしてい
ます。そのため法人が決まれば、早急に職員の採用見込みなどの体制を備えていただき、
引き継ぎのための話し合いを予定しております。また、そのための援助等を考えておりま
す。
 以上の点につきまして、熟知し、応募されていること。また法人として選ばれた場合、
遵守していただけますでしょうか。
○ ○○○理事長 もちろん。遵守してやらせていただきます。
○委員長 これらの条件を守る旨の誓約書の提出をお願いすれば、提出していただけます
でしょうか。
○ ○○○施設長 はい、確かに。
○委員長 ヒアリングに参りますので。一応、応募要項にも入っておりますけれども、大
きくは4つの柱でヒアリングを実施するとあります。
 まず応募に至る動機や日的について、書類にも書いておりますが、口頭で簡単に説明し
ていただきたいと思います。
○○○理事長 じゃあ、お渡ししております応募に至る動機、目的についてですが、私の
方、○○年か、実際は○○年からですけども、当時は無認可で1年間、第二次のベビーブ
ームのときでしたから、地元の皆さんの要望がありまして、○○○で1年間保育、2歳児
以上を行いまして、それ以後○○年○○月厚生大臣法人認可をいただきましたので、ここ
にも書いております○町で○○保育園。当時は定員○○名でしたが、開設をいたしました。
 その後は○○市からの要望もございまして、○○周辺でO歳児、乳児の保育が非常に待
機が多いということで、何とかという要望をされまして、私の知人のマンションの1階ワ
ンフロアを全部借り切りまして、そこで定員○○名の0歳、1歳、2歳の保育をさせてい
ただいて、今日に至っております。
 その間に、平成○○年でしたか、○○市市立の○○保育所の民営化に伴いまして、私の
方で要望いたしまして、そうして今日に至っております。
 そこへ書いておりますように、私ども40年になるわけですから、最初は古い職員もお
りまして、そういう方々の将来性も考えて、今回高石保育所をお願いしたということも1
つの理由なんですけども。保育所運営の条件について、えらい十分これを満たせるものと、
このように確信をしております。
 また私の保育園は1番から4番までのそういった基本的な保育の指針というものをつく
りまして、毎朝職員にそれを朗読させまして、そうしてみずからが子どもさんだけではな
しに、ご家族の皆さんにも納得、信頼、尊敬してもらえるような、そういう保育所を目指
して日々研研鑽に努めております。
 既に1,000名以上の卒園児を出させていただいて、親子2代で私どもの保育園に通って
いただいているというようなお子さんも出ております。
 また、たまたま場所が私、○○○○ですから、○○○○○のところにおりますので、そ
ういう面で高石からも職員の方が○名、私の方に来ていただいておりまして。相当熟練さ
れた保育士さんもおられますので、そういう面では高石市立の保育所の関係というのはま
ずあるかと、このように思っている次第でございます。
 以上でございます。
○委員長 理事長、いわゆる施設長ですね。役割というものをどのようにお考えでしょう
か。
○ ○○○理事長 私は理事長で、私の代理があそこの施設長なんです。それで法人の方
の運営、あるいは予算、決算、こういうものについて、私の方の理事会で方針を決めさせ
てもらって、予算、決算等についての理事の皆さん。理事の皆さんに私の方で、保育園の
理事長、現職の理事長さんが2名おられまして、○○の保育園と、それから○○いいまし
て、○○の方の側にあります○○○の理事長さんと私が理事長経験者ということになりま
すが。ほかは民生委員の皆さんや、それから地域の福祉団体、遺族会の○○部の会長さん
もいてございます。その方と一緒になって、地域で喜んでもらえる保育所ということで、
理事会としては一応の方針を立てさせてもらいまして、こうして運営をしております。施
設長の方はここに来ていただいてます。
○ ○○○施設長 施設として、保育園全体、設備面、それから職員、園児、それから保
護者、全体の総括ということでさせていただいております。何かあればすぐに対応という
状態にしています。それは何かあれば、これはすぐに理事長に報告という状態で施設を運
営させていただいております。
 地域の方々とのコミュニケーションを図ったりとか、あと役所、地域の行政関係ですね。
行政関係と連携を取り合って、保育するように心がけております。
○委員長 保育所の果たす役割、あるいは今後のあり方ですね、そういったお考えを教え
てくれますか。
○ ○○○理事長 そうですね。昨今は認定子ども園等の問題等もありまして、私も府の
関係する課の方からいろいろご指導をいただいておるんですけども。まだそこまでは、認
定子ども園が地域で独立して保育を始めるというようなところまでには至っておらないん
ですけども。しかしその間の間、やっぱり依然として○○市の場合は待機児童が多いです
から、かなり率先して定数以上に役所の方の要望等指導を受けまして、できるだけ保育に
当たっていきたい。こういうように考えております。
 したがって、事故が起こらないようにというのが我々モットーなんですけども、定員オ
ーバーしているからということで、事故を起こさないような、日々そういうことも心を戒
めながら保育を行っておりますが、ただ保護者の皆さんからもいろいろなご要望ございま
すから、苦情処理委員会等もオープンいたしまして、私の方で、私が責任者で、そしてい
ろいろの事業等、そういう面でされておられた方に。窓口になっていただいて、施設長、
園長が中心になりますが。苦情処理に対しましても、現在そういうふうにいたしておりま
す。
○ ○○○ これからまた職員等もね、ご対応いただくんですけれども、その場合、経験
とか年齢構成をどういうふうにお考えでしょうか。
○ ○○○理事長 そうですね。たしかお手元にお渡ししている資料の中に、当面四、五
人のそちらの方にお世話になります保育士の経験の豊かな方を迎えて、入ってると思うん
ですけども。
 問題はやはりうまくバランスをとると、古い人と新しい人と。そういうことは大事だと
思いますから。私の方で、ここでは非常に古い方が高石から○○○の方に来ていただいて
おりまして、その方を含めて、それからもう1人は、20年ほど来ております、今現在副
主任保育士をしております職員をこちらの方に配置していけないかなあと思いますけど。
○委員長 もう1点だけ福祉の方から。第三者評価になりますけれども、第三者評価を将
来保育園でとる予定がございますか。
○ ○○○施設長 一応資料の方は大社協の方から取り寄せておりまして、中身を今見さ
せていただいているところなんです。
○ ○○○ 公立から民営化ということで、保育園の方は。もしこちらに来られるんでし
たら、どういった保育を目指してるんでしょうかね。公立の保育、それを引き継ぎ、子ど
もたちがまず戸惑わないことが第一ですし、保護者も戸惑わないことが第一ですので、ま
ずそういう人心面を考えまして、精神的なものとかを考えまして、まず引き継いでいただ
くと。その中で将来的に子どもたちにとって、何が一番必要なのか。社会事情等も変わっ
てくると思いますのでね、その社会事情に応じた保育。将来的にはそういうことも考えて
いかなければいけないかなと思ってるんですけれども、でも今はまず子どもたち、保護者
の方が戸惑わないで、スムーズに移行できる。スムーズに毎日が過ごせることが大事だと
思っておりますので。それがまず第一歩だと思ってます。いかがでしょうか。
○ ○○○理事長 ○○○保育園、私の方で実はお引き受けさせてもらった当時は、非常
に反対運動が厳しゅうございまして、要するに全部そのことで苦労はしたんですけれども。
何回もいろいろ保護者会の皆さんと話し合い持たせていただいて、特に○○市の職員の方
にも来ていただき、そういう経験はやはり十分しておりまして、そのたびに時間は相当と
りましたけども。今日の段階で、保護者の皆さんも喜んでいただいて、非常に納得してい
ただいて、冗談でもう建てかえてもらったらよかったなというようなところまで話が進ん
でるほどですね。また来ていただいたらわかるんですけども。
 当時の公立の目標、40何年の建物でしてね。○○○の方の建てかえも私当初はそう思
いまして話してたんですけども、現行体制でということですので、今もそのままの建物。
内部改装をほとんどいたしまして、させていただいております。したがって、私の方は案
外反対運動が厳しかったことから見れば、より喜んでいただいてるんかなというふうに自
負はしてるんですけどもね。
○ ○○○施設長 公立の保育所にない保育所というのをどういうふうに考え方して、考
えているのかということ。公立に、そうですね、みんなで話し合ってこれがいいかなって、
思わず事はとんとんとというようにして、これが子どもたちにとって、例えば遊具なんで
すけれども、これは子どもたちにとって一番必要な遊具と判断した場合は、できるだけ早
急につくるようにはしております。
 そういうところがすぐできるというところが、公立との差かなとは思っております。
○ ○○○理事長 それから人間関係だと思いますな、私。公立の場合は役所の皆さん、
それで申し訳ないですけど。転勤がね、職員の転勤が、おってほしいなと思う先生も転勤
になりますわな。ところが民間は、非常にそういう面では、私は人間関係がうまくいくん
ではないかなと、いってるんじゃないかなと思うんです。それが○○○でもありまして、
当初からご父兄の皆さんとぎこちなくしておったんは、非常にまあ今日の段階で喜んでも
らえて、そしていろんな冗談の話をし、何でもできると。私の方はそう変わりませんから
ね、基本的には。だからそういう面で、人間関係がまず第一やと。それを第一義的に取り
組んで、私自身も○○○に赴きまして、ほとんど毎朝○○は行くんですが、○○○の方ヘ
も行きまして、そういう子たち、皆さんとの接触を絶やさないようにさせてもらっている
んです。
○ ○○○ 保育環境、保育園の中に入ると、それからその周辺の環境。
 ○○保育園の方、たしか随分昔に行ったような。伺ったとこであるような、はい。でも
きれいな環境だというような……。
 保育環境っていうものに特別何かお考えがございますか。
○ ○○○施設長 子どもたちにとって、保育する上で何が一番必要な環境なのかってい
うことをまず第一に考えておりまして、それに基づいて保育しております。
 例えば無理なんですけれども、乳児のお部屋で今現在、ちょっと広いんですよね、○○
保育園の方は。やはりゼロ歳児の月齢の低い子、高い子、一緒のお部屋でも保育してるん
ですけども、ちょっと間仕切りしたいなと。それからゼロ歳をちょっとこっちのお部屋に、
6ヵ月以下の子どもがちょっとこちらの方で、6ヵ月以上はこちらの保育室で。するとそ
ういうことで間仕切りが欲しいなということもありまして、じゃあちょっと1回考えよう
かという状態で、そのときどきに応じて、必要な環境を整えていきたいなて思っておりま
す。
 地域の方は、今いろんな不審者とか、散歩に行きたいなと思っておりましても、いろん
な事件があったりとかすることもありますので、職員たちには携帯を常時散歩に行くとき
には持ってもらってますし、地域の方々にも○○町の方とか、いろいろご案内させていた
だいて、顔見知りになったりとかいう状態で安心して散歩ができるようにっていうのを心
がけて職員たちも話はしております。
○ ○○○ ○○○○保育とか○○○での保育って書いてらっしゃるんですけども。
○ ○○○施設長 今、○○○○保育って言いまして、○○の方はお部屋の方で○○○○
保育をしております。○○の方は1室を使って、○○○○保育ってものをしております。
おもちゃごっこができるコーナー。それからちょっと滑り台とか設置しておりまして、ト
ンネルとかいろいろ設置しておりまして、そこで自由にどちらに行っても遊べる。自分の
好きな遊びができるコーナー。○○の方は、自分が好きなところに、お部屋の中にいろん
なコーナーつくっておりますので、そこに行って遊べる。
 ○○○保育って言いますのは、縦割り保育もしておりますので、自分の好きなところに
1日設定をしまして、みんな好きなところに行って遊べる。好きなことをして遊べる。そ
ういう状態で保育をしたりとか。1クラスだけの保育ではなくって、交流保育、縦割り保
育。ゼロ歳、1歳の交流もしておりますし、1歳、2歳の交流っていうのもしております
し、年齢に合ったいろんな交流の仕方をしております。
○ ○○○ ホームページとか見せていただきまして、食育、あるいは給食に関しまして
かなり力を入れていただいているようにお見受けしたんですけれども、今回高石市として
保育していただいた場合なんですけれども、同じようなやり方で食育についてはどういう
ふうに考えて……。
○ ○○○施設長 食育については引き続いて取り組んでいけたら。子どもたちも食育の
大切さっていうのをわかっていただけるように、保育の中に取り組んでいきたいなと思っ
ております。
○ ○○○ 給食なんかも割とバラエティーになっていると思うんですけど。同じように
設定をしていかれますか。
○ ○○○施設長 はい、していきたいと思っています。
○ ○○○ それと、民間保育園によくありがちな、あるいは英語を教える方いうこと、
ここの中には載ってないんですが、余りそういうことはされてないんですか。
○ ○○○施設長 今のところは考えておりません。
○ ○○○ 今、こういった公立保育所で大分近い形の保育の内容になると。
○ ○○○施設長 そうですね。高石の方に近いか、○○市の公立さんよりも高石を見せ
ていただいた、保育士とか見せていただいたんですけども、そちらの方に近いような感じ
の保育ですね。
○ ○○○ ちょっとこう応募書類として出していただいた、中で園行事への取り組みに
ついてというところなんですけれど。宗教的な意味合いから参加できない場合は、柔軟に
対応していきますとありますが、これは余り難しく考える必要ないんですか。
○ ○○○施設長 宗教、初めのうちそうだったんですけども、ある宗教に入っておられ
る方がおられまして、うちは七夕とか、そういう宗教行事には一切参加させないという方
がおられたんです。ですからそういうときはその保護者の方と、じゃあどうして行きまし
ょうかという状態で、個々に対応させていただきましたので、それを書かせていただいた
ことと、異文化といいましても、やはりいろんな方がおられます。日本にもいろんな方が
おられますし、いろんな文化の違いもありますし、同じ日本人であっても体型も違えば、
背も違うし、顔も違うしっていうことで、そういうところでいろんな人がいてるよってい
うことを子どもたちに伝えていきたいなって思っております。
○ ○○○ あと、先ほどの引き継ぎに関してなんですけれども、○○市で1度民営化を
受けられたということでおそらく最初は同じような形で高石保育所の保護者とも時間がか
かると言っていただいた、そしてお話をしていただくことになるかと思うんですが。それ
に対しては、やっていただけますか。
○ ○○○理事長 もちろんそうですね。私も経験あるもんですから、そりゃもう十分時
間をとらしていただいて、話し合いして、お互いに合意に基づいて保育をさせてもらえた
ら。無理はしないようにということで。
 その前に若干決まりましたら、もし決まりましたら、私どもの方から職員もできるだけ
配置できる体制をとって、勉強の機会を与えていただけるかなと。予定はおありなさると
思うんですけれども、その中でできるだけ時間をとっていただいて、私の方も参加させて
いただきたいと。
○ ○○○ 保護者会の意見を間いてもらえますね。
○ ○○○施設長 保護者会。
○ ○○○ 保護者会です。
○ ○○○施設長 ○○の方は保護者会。○○の方も保護者会あります。ただ○○の方は、
基本的な流れで働いてるお母さん。家庭もありますし、だから忙しいお母さんや保護者の
方たちですので、できるだけ保護者の方たちには負担をかけないでという考え方で、ほと
んど集まってもらうこと、一応場所までは保護者の会会長さんが声をかけると。こちらか
ら声かけたりとか、そういう状態で集まっていただいたりはしておりますけれども、月1
回集まるとか、そういうことはないです。
 ○○の方は、大体月1回保護者会開催されて、園側代表として施設長か主任かどちらか
が出ておりまして、それについて今後こういうことをしていきたいということで、いろい
ろ保護者会と話をして、保護者会の了解を得てしたりとかいう方向で行きますとか、いう
状態で保護者会に連絡したりとか、そういう状態で○○○の方は保護者会と毎月1回話を、
場の中には入らせていただいております。
○ ○○○ 主体っていうのは保護者なのか、それとも園が主体なのか。
○ ○○○施設長 ○○の方はほとんど園主体。○○○の方は保護者会。
○ ○○○ 交流会や保護者会っていうことで、園の方と話し合いながら。
○ ○○○施設長 そうです。保護者会がちょっと少なくしたいって。8月休みますか、
そうですかという感じで、結構させていただいております。
○ ○○○ 行事の保護者のかかわりなんですけど、いろいろ行事がありますよね。その
行事をいつするかっていうのは一応園で話し合いをして、今現在……で日曜とか発表する
んですけども。
○ ○○○施設長 日曜日とは聞いてません。
○ ○○○ それ平日ですか、土曜日……。
○ ○○○施設長 そうですね。ただ先ほども話させていただきましたけども、公立高石
保育所の行事のあり方というのもあるかと思いますので、当面戸惑わないように、そのま
まにしていくという考え方で。戸惑わないことが第一ですので、生徒たちがそういうとこ
ろでは職員会で行事のあり方、高石保育所の行事のおり方っていうのを見させていただい
て、職員会全員で考えていくという状態で考えていくと。
○ ○○○ 学校に行ったときに、小学校で近所の子どもだちと一緒になるんですけども、
今の保育所の間に地域の子どもたちとの交流とか、そういうなんどういうふうに。
○ ○○○施設長 小学校ですか。
○ ○○○ いえ、今の保育所で地域との子どもさんの交流とか、地域の子どもたちとの
交流とかいうのは。
○ ○○○施設長 そのまま引き継ぎさせていただこうかなって。
○ ○○○ こちらの方ですか。それはどうですの。
○ ○○○ それともう一つ。今40年前になさったときと今とはもう全然親御さんの考
えとか、ちょっと今それほど親の口から、子どもでも。心の再生とかいろいろしておりま
すけども。保護者もそうですし、先生方の、若い先生方も大分違ってきていると思うんで
すけどもね。そういう親御さんに指導しないかんときも、時としてあると思うんですけど
も。そういうことはどんなふうに。
○ ○○○施設長 時間をとって、お母さんのあいてる時間をとっていただいて、お話さ
せていただく。そこのところで、いきなりこうしてくださいっていうのは難しい面がある
と思うんです。ですから、お母さんの、今現在お母さんのできる範囲。で、保育園が協力
できる範囲。できるとこは協力して、お母さんには徐々にそういうような保育園に慣れて
いただいて、社会というものを徐々に知っていただく。いきなりちょっと難しいところが
あると思います。職員でもそうなんですけど、新規の先生にしろ、現代のお子さんですの
で、家庭環境も育ちもいろいろ関係するかと思うんですけども、いろんな保育士の方が採
用試験に受けに来られて、採用されて職員になるんですけども。その中でやはり保育園と
して大事にしたいこと。やっぱり子どもたちのことが大切ですので、楽しんで保育をして
くださいという状態で話をしております。ただ遊びではないからね、楽しむことは大事だ
けど、遊びではだめよという状態で、保育士としての扱いがあるというのは、その点の話
をするようになっております。
○委員長 では財務の方について。
○ ○○○ 先ほど私は予算・決算等理事会等でニ、三お伺いしたとおりですが、ご存じ
のように予算は大体年3回ぐらい要りますよね。3月までに組む予算と、11月ごろに予
算の見直しと、それからそういったことですね。その辺のところを理事会、民生委員の方
を入れられてるとかという話を先ほどお伺いしましたが、そういう面で理事さんたちの積
極的な、園がこういうことをしてるんだなということをご理解いただく場だけに過ぎずに、
新しい提案とか何か最近出たことありますか。
○ ○○○施設長 理事さんから。
○ ○○○ はい。要するに園側からじゃなくて、園長先生のお考えをよくわかってると
思いますが、それ以外に新しい、理事さんとしては園の方どれぐらい向いてくれてるかと
いう、さりげない質問でもありますが、それはどんな感じですか。
○ ○○○理事長 そうですね。余り建設的な話は。もう年寄りほとんどでして、余りな
いんですけども、先生方からもいろいろ交流の場を持っていただいて、きょうも理事会あ
るんですが、できるだけきょうは話で保育園のありように話させてもらって。遊具でも見
ていただいて、木製遊具なんかそげが入って、あれ高うついて立派なのつくったんですよ。
やっぱりどうしてもそげが入ったりするもんですから、そんなも理事さんに見ていただい
て、そしてまたお金がかかっても取り替えると。話し合いはしてます。村の人ですから、
理事さんほとんどが。もう近くの人ですから。しょっちゅう見に来ていただいて、話し合
いはさせてもらってます。ただ正式会議の理事会は、今おっしゃるように、初めに理事会
3月ぐらいにやったら、4月に決算理事会のときに補正予算の……(テープ反転)……割
と設備面でいろいろやらないかんのがありまして、きょうも6つぐらいちょっと会合した
りしています。今言われてるように同じデザインであってもお分けしてこういうことする
方が攻撃的で、子どもたちにとってもいいということなら、部屋をちょっと間仕切りせな
いけませんので、そういうのも含めて対応しています。
○ ○○○ 民営の保育園が2年経過してるんですが、保育の中身とか何かひっかけてや
っているという印象受けてるんですが、理事長ご自身から見て、財務面からこれから本腰
入れるにまだまだやなというところと、そういうところ高石の保育所をおやりになって、
その財務の裏打ちというか、その辺のところは、寄附もお考えなんですか。
○ ○○○理事長 いや今のところは考えてないです。ここ見ていただいて、こういうわ
けなんです。貸借対照表を見ていただいたら、よくおわかりやと思うんですけども、うち
は大体1億余りの、38年間の蓄積がありまして、したがって○○○の方にも2,000万入
れさせてもらって、一切市から援助をもらってないで。私はもう建てかえるつもりでした
から。建てかえの補助金をもらうために、一切補助金をもらわないでと思ったんですけど
も、保護者会の皆さんから建てかえてほしくないと。今建てかえてほしい言うてはるそう
ですけども。あの当時は反対がありまして、私も建てかえないということを決めたもんで
すから、一切市から補助金は、大規模修繕なんか出るんですけど、そうしたらまた10年
間なら10年間だけ継続となりますから、全部こちらの積み立てで役所の指導に基づいて、
○○○の方は大体改築じゃなく、きれいに。見ていただいたらわかりますけれども、させ
ていただきました。
 子どもは、反対運動、これありまして、初め138人の子どもが一挙に106ぐらいに
なったんです、初年度で。それはなぜかいうたら、3、4、5のお子さんも含めて、全部
転所希望で出て行ったわけですね。それで残った子どもが106名。私はもうこれで保育
所も成り立つかなと随分心配したんですが、やっぱりなせば成るで、職員にも感謝してる
んですけどね。今きょう現在で○○○名。○○○のお子さん来ていただいて、それはもう
立派な。周辺も○○○ができてまんねん。あの○○○○○は。えらい生意気なこと言うよ
うですけども、子どもが120名が、134名確保してますけども、喜んでもらってます。
周辺の皆さんに悪いなという気持ち持ってるんですね。私とこは120でいいわ言うたら、
ええんであればいいんで。しかし見ていただいたらわかると思いますが、この程度、お子
たち今、現在いてます。一時はどうなるかと。やっぱり保護者の皆さんとの話し合い大事
ですし、子どもに対する職員の保育の内容によって、やはり保育園そのものが信頼されて
るんやなという、そういうふうには、ご苦労さんという思いは持ってますけど。余りちょ
っとこうおだてるといけませんので、その点はあれなんですけど。まあ頑張ってやらさせ
てもらいます。
○ ○○○ 先ほどからのキーワードで、戸惑わないことと、それから○○市のご経験も
お聞きしていると、高石の方ではドラスティックな手を入れるとかいうことは重きを置か
ずに、様子を見てからというお考え、その辺でいらっしゃると、そういうような感じなん
ですね。
 予算面とか財務諸表等は見させていただいて、そうすると普通だと。標準だというふう
に考えておられます。あと特に中身ですけど。
○ ○○○ 衛生面とか健康面。何か関係あると書いておられるから。
○ ○○○理事長 栄養士。
○ ○○○ 栄養士さん。これが一つのなかなか難しい問題になってくるんやないか。そ
れ……。
○ ○○○施設長 給食の方はやはりそういった新鮮な食材ということで。そういうとこ
ろは○○市の方からも指導されているとか、その前に言うたと思うんですけども、すぐに
食事の方、給食の方にも手洗い、それから下痢とかあれば、すぐにちょっと交代するので
連絡するようにということとか、生肉は直接手をふれないとか、そういうことを職員さん
にも徹底しております。
○ ○○○ 施設長さんのお話聞いてたら、頼もしい限りなんですけれども、それを職員
の皆さんで共有できるかどうか。あと職員さんの研修だとか、その辺はどのようにお考え
でしょうか。
○ ○○○施設長 高石の方のことでしょうか。
○ ○○○ これからやられることと。移管した場合に引き継ぎについて高石保育所では、
どのような点に配慮していくのでしょうか。
○ ○○○施設長 行事と言われるのは、4月から始まるかと思うんですけども、まず入
所式から見させていただくと。展示、壁とか了解を得た上でビデオを撮らせていただいた
りとかいう状態で、持ち帰りまして、職員間で会議開きまして、こうこうこういう状態で
したという報告と、それをしたりとか。あと引き継ぎ等のところでは、例えば2歳児を担
任が持つとなると、まず2歳児の子どもたちの保育を見させていただく。翌年持つ子ども、
だから1歳ですよね。1歳の子どもたちと触れ合う。だからまず1歳の子どもたちと、そ
の今度担当する職員とがまずコミュニケーションを持つと。その上で2歳児の保育はどう
いうことをしているかっていうのを見させていただくという状態とか。まず子どもたちと
担任が親しみ。いろんなキョウだとか。そういう環境づくりを心がけていきたいと思いま
す。
 ○○の方は、職員会議とかいたしまして、主要な研修に行ってくるんですけれども、そ
の研修の報告したりとか、それは○○○も同じなんです。研修報告したりとか、園内研修
って言いまして、例えば紙芝居の方に来ていただいて、その紙芝居の仕方とかいうことを
教えていただいたりとかいう園内研修とかもしたりとかしております。
○委員長 ほかにございませんか。
 じやあ一応……、まだありますか。
○ ○○○ ○○市の民営化した保育園と障害児保育、どういうふうに考えていますか。
○ ○○○施設長 ○○○保育園の運営をお受けしましたときに、身体障害者で寝たきり
状態の4歳のお子さんを引き受けさせていただけたんです。ゼロ歳からこのお子さん来ら
れてたということで、もうほとんど入退院を繰り返していた状態で、寝込み状態ちょっと
あるとか、そういうお子さんを引き継ぎまして、○○市の方では○○○と○○○ってとこ
ろがありまして、その両方に今度担当する主任も関係してきますし、担任も関係してきま
すし、副主任も関係する。その両方にちゃんと1週間特別に実習をお願いいたしまして、
一緒に行くとか。簡単に何ともそこのところでは、どういう園児さんなのかということを
お話を伺わせていただいて、引き継いでいきたいなと思っております。
○委員長 ほかにございますか。よろしいですか。
 それでは、どうもご苦労さまでした。ありがとうございました。
○ ○○○理事長 どうもありがとうございます。
○ ○○○施設長 失礼いたします。
○ ○○○理事長 どうも失礼します。○○○の理事長の○○でございます。施設長の予
定者○○○○、それから主任の予定者の○○○○です。よろしくお願いします。
○事務局 すみません、ただいまから○○○のヒアリングということでよろしくお願いし
ます。
○委員長 本日はお忙しい中、ヒアリングにご出席いただいて、ありがとうございます。
高石市選考委員会委員長の○○でございます。
 ヒアリングに入る前に、幾つかの事項につきまして確認をさせていただきます。
 まず1点目ですけども、民営化にかかわる保育所運営者募集要項。2点目、保育所運営
の条件。3点目、保育所運営の指示事項。4点目、保育所運営の要望事項。5点目、高石
保育所で行われている保育内容。これらの内容について、法人として選考されたならば、
これらの方針と概要に基づいて、協議をしていく予定です。6点目、引き継ぎの考え方で
すが、保育所運営の条件にもございますように、1年間かけて保育の引き継ぎを行うとし
ております。法人が決まれば、早急に職員の採用見込み等の体制を整えていただき、引き
継ぎのための話し合いを予定しています。またそのための援助等を考えています。以上の
6点について熟知して応募されていること。また法人として選ばれた場合にこのことを遵
守していただけますでしょうか。
○ ○○○理事長 そのつもりで、すべてお示しいただいたことについて、すべて理解を
して今回応募させていただいておりますので、今おっしゃっていただいたとおりでござい
ますので、ご心配なく。
○委員長 これらの条件を守る旨の誓約書も提出をお願いした場合、提出していただけま
すでしょうか。
○ ○○○理事長 はい。しますが、若干もし決まった場合に、実際の運営面でどうする
のかっていうところがあるわけですね。お尋ねしたいことも若干ございますけれど。
○委員長 それではヒアリングの中身に入っていきたいと思います。
 各委員からいろんな意見が、いろんな項目多岐にわたってございます。よろしくお願い
いたします。
 まず私からでございますけれども、書類にも入ってることなんですけれども、応募に至
った動機ですね。目的という考え方です。きょうはこの部分を一番読んでおりますけども、
一応口頭で再度簡潔にどういう目的ということでお願いします。
○ ○○○理事長 ○○の○○の民営化のときにも応募させていただいたんですが、1つ
は市の福祉行政、特に児童福祉の行政に対して、積極的な協力をしたいという思いがあり
ます。
 ○○で、今から約○○年前、民営している○○○保育園は○○年前のことになります。
当時○○でもバブルの影響、それから臨海工業地帯の発展等で、人口が随分ふえてまいり
ましたが、そのときも○○市では確か○つ、○つの保育園あったと思います。待機児童が
出てまいりまして、○○市の保育行政に協力。いろんな意味でのことで、○○へもう一つ
するという話がありましたので、協力をさせていただいて、○○○○○○○させていただ
きました。
 今回も、民営化に進めるという高石の保育行政の内容についても、○○○○○○○○さ
せていただいておりました関係で、随分よく理解をさせていただいているつもりでありま
す。
 そんなことから、高石の保育事情も随分よくわかりますので、いろんな意味で、今回出
ております、例えば日曜の保育をというような話もありまして、夜間の保育をというよう
な話もありましたが、そうしなければならない事情もよく理解しているところでありまし
て。そういうことをすべて承知して、保育行政に積極的に協力をさせていただく。今まで
もそうでありました。○○年間もそうでありました。そこにも書かせていただきましたが、
随分と保護者の方々からも感謝の念を寄せられてる分、多大の感謝の念を寄せられている
と思います。
 それからたまたまひょっとして、委員の皆様方が、公表いたしておりますので第三者評
価の結果をごらんになられたかもわかりませんが、たまたま昨年の2月に第三者評価、受
審が始まりましたすぐ、大阪府下で先にうちの園にどんな欠点があるのかということ。も
っとよくしたいという思いがありましたので、第三者評価を出させていただきました。お
かげさまで私が思っていた以上に高い評価をいただいて、今までやっていたことに、○○
○保育園のやっていたことに余り大きな間違いはなかったなと。そんなことから、そやっ
たら高石の保育行政をよく私自身が○○○の理事者自身がよく理解をさせていただいてお
って、市の民営化を進めることについての思いということもよく理解いたし、そんなこと
から少しでも、さらに地域の皆さん方に喜んでいただけるような保育所づくりがお手伝い
できたらと、そんな思いで今回の民営化の応募をさせていただいたということでございま
す。
○委員長 今日の社会におきまして、保育所の果たす役割、あるいは今後のあり方ですね、
こういったことについてお考えを聞いてみたいと思います。
○ ○○○理事長 随分と保育の多様性というんですか、随分と、単に子どもを預かるだ
けでは、積極的な子育て支援というのが求められている。
 保育に欠ける者のという、単にその子どもを預かるだけではなく、もっと積極的に地域
社会の皆さん方に子育て支援を働きかけていく保育所の役割があるように思うんですけれ
ども。
 今現在運営している○○○保育園でも、できるだけそんなふうに積極的に外に働きかけ、
要望のあることに対しては、できる範囲のことで取り組んでいきたい。そんなふうに思っ
ておりまして。
 今やっている保育の中で、一時保育がそうですけれども、時々預けに。しょっちゅう、
毎日ではなくて、たまに預けに来られるお子さま、保護者の皆様からのご要望を聞いても、
また園庭開放などにお越しになる保護者の方々の声を聞いても、そんなことがありまして、
時々預かってくれるようなところがあったらいいなと、安心して預けるところがあったら。
 それから核家族化が進んできた中に、子どものちょっとしたことでも、どなたにもご相
談できないでおられる保護者の方がおられたりします。そんなことで、気軽にお越しいた
だいて、気軽にお話ができるような機会があったら。
 今現在もそんなふうに、できるだけそんなふうになるように取り組みをさせていただい
ております。それもっと僕は進んでいくんではないかと。積極的に地域の、園から地域の
皆さん方に働きかけていくような、それが進んでいくんではないか。こんなふうな保育園
づくりを目指したいなと、こんなふうに思っております。
○委員長 こういった難しい社会の中で、理事長の役割っていうのをどのようにお考えで
しょうか。
○ ○○○理事長 社会福祉法人の中にも全国たくさんありますので、中には不祥事を起
こしまして、新聞紙上をにぎわせるようなところもありますが、やっぱり理事長は理事会
を構成する一応代表者であります。理事会自身がきちんと運営できてなければいけない。
 たまたま私のとこが○○○○施設でありますけれども、地元の方々、理事の皆さん方の
おかげいただいておられる方も多くおりますので、比較的園の子と近くでしょっちゅう会
わせていただいたり、園の方を見ていただいたり、園の実情をよく理解をしていると、運
営をさせていただいている。
 理事長は、その理事会の構成をきちっとまとめることと、それからもう一つは、施設の
施設長はじめ、私は今現在施設長兼務でありますけど、施設長として職員の管理・運営、
園の管理・運営をきちっとすると。そんなところに役割があります。
○ ○○○ 施設長予定の先生にお伺いします。随分お若くていらっしゃるとお見受けし
ますが、保育経験というのはいかがですか。
○ ○○○施設長予定者 保育士として現場、いわゆる保育室内で子どもたちの保育にか
かわったということはありません。ですが。
○ ○○○ 初めて。
○ ○○○施設長予定者 はい。日々保育園で、今は園長代理として○○○保育園で働か
せていただいておりますが、全体を統括し管理する者の1人として、やはり時間があるご
とに保育室を回って、子どもたちの様子はどうか、それから特に情報が事務室に回ってく
ることが多いです。保護者から、きょうはお熟ですのでというようなことで、そんな子た
ちを見回って、その中で保育の内容が週案、月案の中に書いてあるような計画どおりに進
んでいるかなというふうなことに気を配っている。そういったことで保育にはかかわらせ
ていただいております。
 現在、私自身もやはり保育の経験が、保育室で保育に携わった経験がないということで、
通信教育で保育士の資格、それから幼稚園教諭の資格を取るために勉強しております。一
応来年の○月にそれを卒業して、保育士の資格等、幼稚園教諭の資格をいただけることと
なっておりますので、もし運営を任されていくならば、より保育の内容のことに関しても
よりよい保育を目指していきたいなというふうに思っております。
○ ○○○ もし、保育専攻ということじゃないという場合、施設長としてどんな保育所
をつくりたいというふうにお考えですか。
○ ○○○施設長予定者 保育所ということであれば、やはり地域の皆様方、それから保
護者の方が安心して生活ができる保育所ということになるんでありますけれども、保育の
目標に書かせていただきましたように、よいことと悪いことのわかる。申し駅ございませ
ん、緊張してまして。その中で、やはり人と人とがかかわる仕事ですから、どういったこ
とが保育所として質を高めることになるのかということになりますと、それは保育の現場
であっても、例えば介護の現場であっても、福祉という立場であれば、人と人とがかかわ
る仕事ですから、やはりかかわる側の職員の人格であったり品性であったりとか、大変子
どもたちに影響が強いと。その中で施設長としては、率先して子どもたちの模範となるよ
うな行動をとらなければいけませんし、こうするんやよということを職員にも見せていか
ないとだめだなというふうに思います。
○ ○○○ 今、目標を3つ掲げていらっしゃるんですね、例えば○○を大切にする子と
いうのと、下に書いておりますけども、そのためにはどんな保育を目指してらっしゃると、
そういう……。
○ ○○○施設長予定者 大変難しいですね。大きくなったときっていうふうに書いてる
んです。それは実際には5歳、6歳ではわからない。6歳、5歳の時点ではわからないこ
とを目標にしておりますので、大変難しい保育目標やなということはよくわかっておりま
す。ただやはり先ほども言いましたように、子どもたちに教えていく、指導していく上で、
自分自身がそうでないといけない。そのことが必ず子どもたちに通じるのだということを
信念として持っておりますから、自分自身が理事長が○○で、主任保育士予定者が○○で
ありますけれども、この2人に感謝をして、このあたりを大切にすることはもちろんのこ
とですし、そのことを職員に指導して、職員自身も自分のご両親を安心していただけるよ
うな生活を送らなければいけない。そのことが子どもたちによい影響として与えるのでは
ないか、そんなふうに思います。
○ ○○○理事長 ちょっと補足。たまたま○○○○○○と私自身が新しい園にもし決ま
ったら行ってもと思ったんですが、大学を卒業しまして、○○○の○○○○○○○○の勉
強に2年間行かせまして、それから帰って園の方に来させまして、園長の○○○というの
か、今ことしで○年目でありますけども。もし決まりますと、来年○年間。最近園長とし
て最近は大分することができてきたなということ、手元において今のことを教えましたの
で、少し、十分ではありませんが。
 先はどのご質問の中でありました、民営化されたときどんな園をということ。これまだ
具体的な打ち合わせは、直接してないところもありますが、保護者の皆様方が民営化され
ることによって随分心配の向きがございます。そのことをまず安心していただけるような、
余り大きな変化を多分保護者の皆様方はお好みでないように思うんです。
 まず○○○保育園のよいところも取り入れていかなければいけませんが、現在ある高石
の保育所のよいところをそのまま継続していくことが、保護者の皆さん方に安心をしてい
ただけるようなのがまず第一ではないかなと思っておりますので、これからもし決まりま
したら、1年間かけていろんな面を引き継ぎをさせていただいて、そのことを、余り大き
な変化を最初からしないで、そのうちに保護者の皆様方とこんなことをやっていただいた
らという、いろんなことをご相談しながら進めていきたいなと。こんなふうなことが基本
的なスタンスになるかと思います。こんなふうに思っています。
○ ○○○ もう1点。保護者とのある場合についてね、聞く姿勢を保って、そして一緒
に考える気持ちを持ち、それから子どもたちのためにっていうところの思い、参加を積極
的に親に促すっていうの。非常に具体的にいろいろ書いていただいています。特に保護者
との対応っていうことで、保育の中でそこを重要視されているというのは、そういうふう
に理解してよろしんでしょうか。
○ ○○○理事長 そうですね。だから保護者の皆様方は、毎日のお仕事で大変お忙しい
ので、送り迎え、送迎のときに、保護者の皆様方とお子さまの情報を、コミュニケーショ
ンを図る。それもわずかの時間内で、きょうはこうあったよ、こうあったよと。保護者の
皆さん送って来られたときに、きょうはこんな状態ですからお願いしますって走って行か
れるの。毎日がその繰り返しなんですが。
 そんな中でやっぱり落ち着いてお話できる機会があったらいいなと思います。
 あと、この間高石の保育所を見学させていただいたときに、いろんなことをご案内する
連絡表なのかな、プライバシーの関係も、今たまたま○○○保育園の方ではすべて大きな
クラスまで全部連絡帳で書かせていただいて。それがいいのか悪いのか。指導事項には、
連絡表でと書いてありましたので、どちらがいいのかわかりませんが、それは指示のとお
りさせていただいて。もしよければ連絡帳でもさせていただきたいなと、そんなふうに思
っております。
 保育参加というのか、参観というのか。今、園では年○回、正式な保育園の参観という
のは年○回なんですが、それ以外の行事のときに、いろんなことをごらんいただくと。
 お越しいただく機会は、年に5、6回。強制ではありません。お越しいただける方はお
越しいただく。そんなことで情報交換させていただいております。
○ ○○○ ホームページを見させていただいたんですが。
 今、○○市内で○○○としてやった後、今回公立を初めて引き受けされると選考委員会
でもし選ばれた場合に、保護者との話し合いだとか、かなり時間を割いてやっていただく
ということになってくると思いますので、やはり会議、保護者の話の経験ということです
が、どのようにお考えでしょうか。
○ ○○○理事長 話をすることですか。
○ ○○○ はい、取り組み、それの取り組みに対してどういうふうに持っていただけま
すか。
○ ○○○理事長 先ほども言いました、法人として新しい園の運営をさせていただくこ
とになりますので、先ほど言いましたように、保護者の方々の民営化に対するお考えとい
うのか、前回の羽衣のときのような、東羽衣のときのようなことよりも、保護者の方々も
民営化されてもそんなに東羽衣さんも随分と、法人の○○○○○をさせていただいており
ますけれども、よくわかるんですけれども、ご心配があったよりは今回の方が保護者の皆
さんがある程度は民間園に対する理解もお進みいただけたのではないかなと思っておりま
すけど。それにしてもやっぱりご心配なことはたくさんあるように思って。保護者の方々
とよくお話をさせていただいて、具体的にご心配なことを、一つ一つご理解をいただかな
ければいけないなと、こんなふうに思っております。
○ ○○○ 例えば給食メニューであるとか、一部載せていただいている、ホームページ
で見せていただいているんです。今現在、公立の保育所でやってる給食の方が少しバラエ
ティーに冨んでるのかなという気もしてるんですが。
 あれが、ごく一部のことを撮ってるだけなのか、献立が6種類、7種類ぐらいの献立と、
おやつの組み合わせと載せておられたので。その辺食育に関してどう思われているのかと
いうことと、○○○さんの場合は、………で割と特色のある保育、体育であるとか、○○
であるとか、それから○○○であるとかいうのを取り入れてられてますけれども、今回高
石保育所をもし委託された場合は、おそらくその形の保育ではない保育をしないといけな
いと。ですから今されている現状の保育所と違った運営をまた一からしていくのに近いよ
うな形になるかと思うんですが。それに関しては、どうお考えでしょうか。
○ ○○○主任予定者 よろしいですか。保育内容のことですので、私がさせていただき
ます。
 もちろん、今の高石保育所でされてることを基本としてやらせていただくつもりでござ
います。
 給食のメニューにつきましては、2週間に1回の繰り返しと申しますか、になっており
ますが。大体そういうふうになってます。行事食が入ってくることと。食育につきまして
は、今食育随分推進されてきておりますので、今ちょうどカリキュラムをつくっていく途
中なんですけれども、食事をするっていうことは人間形成の上で一番もとになりますので、
自立と体力のベースになるものですので、大事に考えておりますので、食べることについ
ては、今の高石保育所でされてることにできるだけ近づけてやっていきたいと思いますけ
ど。メニューについてはもうちょっと具体的に検討したいと思いますが。手づくりおやつ
なんかもかなり私の方もバラエティーに富んだようにしておりますが、人件、人の関係も
ありますので、十分できるかどうか、まだちょっと未定ですけれども。高石の方でどんな
ふうにされているのか、また参考にさせていただきたいと思います。
○ ○○○ このままでよろしいか。
○ ○○○ 逆に○○○○○○○をやっていく上で、違う施設のやり方になっていくかも
わからない中で、お互いの園から、あっちの方がいいやん、こっちの方がいいやんてなこ
とが声として上がってくる。例えば先生の、経験のある先生もし異動された場合に、今の
○○○の方から例えば保護者の方から、せっかくいい先生がいなくなっちゃうというよう
なことの声としては絶対あると思うんで。新しく採用した新任の方ばかりを、使っている
のかということからすると、経験年数の豊富な先生もきていただきたいということに対し
て、いわゆるお互いの園から保護者のクレームというのか、批判とかいうようなことはど
ういうふうに対応していこうと……。
○ ○○○主任予定者 今までも公立園から民間園へ変わってもらえた方とか、他市から
引っ越されて来られた方とか、いろんな方とお会いさせていただいてるんですけれども。
どうしてもいいとこ取りになってしまうんです。延長保育の方針とか、保育の目標とかを
お話させていただいて、できることとできないことがありますので、その辺のところをご
理解いただくようにしております。どうしても自分に都合のいいところを言って来られる
ことが多いので、こうしてほしい、ああしてほしいということかあるんですけれども、そ
れはできる範囲でさせていただくようにはしてますけれども。
○ ○○○理事長 今の職員の関係の、もし民営化が決まったらということでありますけ
れど。職員の関係については、もちろん現在おります○○○保育園からの職員も一部異動
して、経験のある者を異動してということがあります。それから決まりましたら、早急に
経験のことについて、多分保護者の皆様方も随分ご心配の向きがあると思いますので、そ
のこともよく理解しておりますから、経験者を。過去に退職した職員で、子育てが、もう
手が離れた。もしそんな機会があったら、ぜひ再就職、採用してほしいてな者も多いんで
す。それから一般の公募の中から、経験者おりますので、人選をさせていただきながら、
募集をさせていただいて採用させていただく。
 だからまるっきり半分向こうへ行かせてしまうということは思っておりません。
 対応できると、今までの経験からきちっと対応できると思っております。
○ ○○○ すみません。さっきの理事長さんのお話の中で、いろいろ多様化してきて、
すごく苦心をなさってるということで、すごくいいことだなと思うんですけども。
 例えば本当にお母さんが、話を開いてほしいっていうのが、ずっとたまってると思うん
です。もういっぱいいっぱいなってしまって、どう吐き出していいかということ、クラス
のいろいろのこととか、なんかで私たちもう活動させていただいてるんですけれども。そ
ういう取り組みは今度の新しい園でもしていただけるんでしょうか。
○ ○○○理事長 現在やってる中で、育児相談というのか。育児相談を開設するんです
が、少ないんですね。もっとお越し、多分もっとあるはずやのに、案外少ない。
 それから専門医の育児、子どものことに関しての育児じゃない健康のことを相談しても
らう健康相談。それも継続して育児相談や電話での受け付けも、それから来園いただいて
の育児相談も継続をして、新しく決まりましたらそこでもさせていただくいうことで。案
外少ないやろうと。もっと気軽にというのは、案外園庭開放の途中で、職員に先生こんな
んやけどどうってなことをちょっと私が出たら煙たいのか言って来ない。副園長いてもち
ょっとまだ。一般の職員だったら、割と気楽に声かけてるんで、職員の方からこんなお話
なんですけど、きょうこんなんあったんですけど、こんなふうに答えたんですけれどもっ
てなことがよくありますので、フォローする意味で、○○君に行かしたり、副園長に行か
したり。たまたま心理の関係の勉強も園とかでしておったもんですから、そんなことで相
談に乗らさせてしております。
○ ○○○ すみません、もう一遍。○○な子、○○○やら○を大切にするっていうこと
を普段から言われて、すごいすばらしいことだと、なさってると思うんですけども、職員
さんなんかの方の研修はどうでしょうか。
○ ○○○理事長 ここにも書かしていただきましたが、乳幼児の、特に私は、脳の発達
で生まれたときに、先生方あれなんですけど、大体脳の形成というのは生まれたときで、
研究したところでは50%ぐらいできてるようでして。3歳で65%。6歳で90%。人間の
脳の形成、12歳で100%だとか。特に保育園を卒園する子どもたちの90%ぐらいはもう脳
ができる。その中で、特に情緒とか思いやりとか優しさとか、こんなものはそんな部分の
脳の発達はほとんど6歳までに完成すると言われているんですけれども。
 そうすると、そういう面での人間の一生をつかさどる部分が保育園の子どもたち、幼稚
園の子どもたちって、もう小学校や中学校になってから、こんなんしたらだめとか、いろ
んなことを教えても余り効果がない。
 我々の果たさなければならない役割というのは、その子どもがきちっと大人になったと
きに、ものわかりができる。善悪の判断ができて、思いやりがあって、優しい気持ちを持
って、美しいものを見たときに美しいなと感じるような心の持ち主に、小さいときにきち
っとしておかなければいけないと思いますね。
 そうすると、じゃあどんなふうにしたらその子どもができるかというと、それに携わる
やっぱり職員から感化力やと、私は。感化。影響力やと思っておりますけれども。
 そうすると、毎日毎日携わる職員がみずからが家庭で親思いの職員でなかったらいけま
せんし、美しいものを見たときに美しいなと子どもと一緒に感動できなかったらいけませ
んし、楽しいことがあったら楽しいな。そういうようなことを、私は職員に今一生懸命。
 新卒の学生が、出てきた子どもが多いですけど、だけど保育園にお勤めいただいて1年
たち、2年たちする中で、あいさつはこんなふうに、みんなお迎えするときこんな気持ち
で迎えようやないか。こんなふうにお父さんやお母さんに対して思いをかけようやないか
ということを。
 少しでも子どもたちによい感化が与えられる保育をしたい。こんなのが今そこの保育の
目標に掲げてること、そうなんですけど。
 具体的にそれはどんなふうに、私もきょう持ってまいりましたが、保育目標のことにつ
いては、裏側のたったこれだけの。
 子どもたちに、○○○保育園では今朝礼をいたしておりますけども、毎日天気のいい日
は朝礼をするんです。わずか5分か10分ほどの。そのときに、朝礼がないときにはお部
屋でですけども、○○○ありがとうございますという言葉から毎日始まる。子どもたちと
職員が一緒にこうしている。食事をするときにも、○○○ありがとうございますという言
葉から始まるように。保育が終わって帰るときにも、○○○ありがとうございますという
言葉で終わるように。
 言葉を言うから親思いになるとは限りませんけど、大体そのことが職員も家庭であって、
友だち同士であってもいろんな意味でこのことを実践しながら、子どもたちによい感化を
与える保育をさせていただく。
 そんな強い信念で保育を、少しでも子どもたちが、よい子どもたちが育ってくれたらい
いなという思いでさせていただいております。
○ ○○○ 保護者会とかっていうのは、今現在公立なのであるんですけれども、それに
ついて、何か……。
○ ○○○理事長 はい、あります。保護者会ですね。
○ ○○○ 実際は年に1回ですか。保護者が代表……。保護者がほとんど運営していて、
ていうのは。
○ ○○○理事長 相談しながらやって。司会というのは。
○ ○○○ お金の管理とかを全部保護者がやってるのか、それでもし会議とか言うてる
のやったら、それは園が管理しているのかとか。
○ ○○○理事長 保護者の方から私たちできないから持っといてくれっていう件が生ま
れるんですよね。いろんな。別に保護者の方でやっていただけるんであれば。
○ ○○○ 保護者会費って集めてるんかね。集めてない。
○ ○○○施設長予定者 何か行事があるごとに、お土産を子どもたちに保護者会として
出して上げたい。要するに卒園のときに出して上げたいというようなことで、保護者会費
は集めることになったんですが、その要は会計、出納に関して、保護者の方でお願いでき
ますかっていうことをお伝えしたんですが、簡単に言うと、そっちでやってくれへんかと
いうことだったので、そしたらお預かりしますと。
○ ○○○主任予定者 その使い道については、保護者会の皆さんでご相談されてみんな
でですけど。アドバイスはさせていただきますけれども、そういうお金集めたことに対す
る、どういうふうに運営するかっていうのは、保護者会の中でお決めになってるみたいで
す。
○ ○○○ 障害児保育についてのお考えをお聞かせいただけますか。
○ ○○○主任予定者 これまで当園では障害児保育というのはしてなかったんですけれ
ども、障害児には特性がありますので、その特性に応じてどんなふうな園生活が送れるか
どうかということを、やっぱり保護者の方や関係機関の方と連携をとりながら、指導計画
を立てて進めていきたいと思ってるんですけれども。
 障害を持たない子どもたちとやっぱり共に発達、正規発達が図れるような指導計画でな
かったらいけませんし。やっぱり一人一人達いますので、その子に応じて柔軟に対応して
いかないと、これはこうやからできるとかできないとか、一人一人の障害に応じて柔軟に
対応していきたいと思ってます。
 過去にちょっと配慮が必要な子どもさんとか、気になる子どもたちは何人も見てきてお
りますので、対応はできると思います。松の実園さんと近くみたいですので、交流も図り
たいと、言われましたけどね、交流もしていきたいと思います。
○ ○○○ 感性を育てるため色々とリズム演奏をやってはりますね。…………。年齢に
よって大分変わるんですか。
○ ○○○主任予定者 そうですね。大体3歳になりましたら、簡単な音楽をリズム打ち
とかやります。楽しみながら、音楽遊びになります。3歳でやります。
 4歳になりましたら、和太鼓のたたき方とか、ばちの持ち方から始めてやってるんです
けど。
 5歳で………をしてるんですが、そのときも子どもたちどの楽器をしたいかっていうの
を自分たちで選んで、1つの楽器にたくさんの子が集まると、やってみて、僕よりもあの
子の方が上手やからあの子がしたらいいわみたいになりますので、こっちからはあんたこ
うしなさい、あなたこれしなさいとは絶対言わずに、自分たちでどれがしたいっていうの
を選ばせて、たくさん来ると、実際にたたかせてみて、それなりに子どもたちが納得して
役割分担をしております。3年ぐらいかかってできあがるんですけれども。
○ ○○○ それはあれば見たいなと思って。
○ ○○○主任予定者 子どものことですので、なかなか。
○ ○○○ では、私の方から財務面についてなんですが。理事会で会合を持つと聞いた
んですけど。理事会の開催と、理事の方近くの方ばっかりだとおっしゃいましたが、予算、
それから決算についてきちっと開催されておられますか。
○ ○○○理事長 年に大体平均しますと3回。
○ ○○○ そうですか。 3月と6月と……
○ ○○○理事長 5月決算の理事会。途中で何もなければ、1園のことですので、余り
大きな問題起こることがないんですが、何もなければ、今度補正予算もこの。
○ ○○○ 12月ぐらい。
○ ○○○理事長 12月。1月になる場合。それから3月の下旬の予算の機会。事業報
告、事業計画等を立てながら。大体3回が多いんですけれども。普段も特別何もなかった
ら、大体3回です。
 それ以外にたまに突発的なことで緊急の理事会を開かなければいけないことがあります。
数少ないです。
○ ○○○ その辺で理事さんたちのご意見とか何か活発に建設的な意見が出ますか、ど
うですか。
○ ○○○理事長 民営化のことについても、今回は。きょうのためには理事会は、提出
のための理事会は今回はしておりませんが、この話は、○○○○○からも民営化の経緯を
ずっと間もなくするというようなことは話がありましたので、理事会の話題として、今回
この年度に、今頃の時期に多分公募が、そういう募集があるだろうということは話題に出
ておりましたので、そういう時期には応募するということは暗黙の了解でしております。
○ ○○○ それと、これは将来に向かってですが、………何かで簡単な財務諸表の合計
が譲渡されたら渡していただきたいと出とると思うんですが、そのようなお考えは。
○ ○○○理事長 余り好き好んで財務諸表を、懐ぐあいを皆さんにオープンに。今求め
られたらちゃんと公表するべきになっておりますので、準備をいたしておりますので、い
つでもお見せすることができます。だけど何もないのに、うちはこんなんでしたって。例
えば保護者の皆さんにこんなんでしたっていうようなことを、決まれば当然しなければい
けないです。お求めでなければ。
○ ○○○ どことも大体そんなお考えのところですね。
○ ○○○理事長 必要なこと、当然していかなければいけませんので。
○ ○○○ 第三者評価もお受けになったということですので、書類を見させていただき
ました。
○ ○○○ 理事長に質問します。
 最初に委員長の方から確認、もしくは誓約書等の提出を求められたときに、何か印象、
また提案なども含めて。
○ ○○○理事長 気がかりなことというのは、こうしなさい、ああしなさいということ、
指示事項とともに、新しい保育事業というのか、今現在やっていない保育事業というのが
ありました。そんな中で行政の色々な方とも顔なじみですのでよくお話をするんです。
 例えば補助事業で、補助事業の認可が受けられなかったときに、保護者の皆様方にはこ
んなふうにするということを今オープンに今されてるわけですね。補助ですから、厚生労
働省、大阪府、市という関係がありますので、事業が認められないというのかな、国の予
算もありますし、府の予算もあります。認められなかったときに、市が単独でその事業の
補助をしてくれるのかなという思いがありまして。その辺はきちっとお話をさせていただ
かなければいけないなということがちょっと懸念されまして。
 民間園でもやっぱり事業の運営ができなければいけませんので、この事業をするという
ことになりますと、それ相応の費用は当然かかると思いますから、ちゃんとした運営はさ
せていただきますけれども、手当をお願いしたい。きちんとした手当をお願いしたいなと、
こんなふうに思います。そのことを。
○委員長 どうぞ、お疲れさまでございました。
○ ○○○理事長 どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。
○委員長 それでは見学のことですけど、一応7日と10日ですけど、4日あしたですね。
あした午前中ちょっと委員さん見たいって言う人おられますんで、もし仮に午前中に保育
を見させてもらうの可能ですか。……(テープ交換)……そしたらただいまから○○○○
のヒアリングということでさせてもらいます。よろしくお願いします。
○委員長 本日はお忙しい中、ヒアリングにご出席いただきありがとうございます。私は
選考委員会委員長の○○でございます。
 ヒアリングに入る前に、幾つかのことにつきまして確認をさせていただきます。
 6点ございます。
 第1点目は、民営化にかかわる保育所運営者募集要項。2点目は保育所運営の条件。3
点目は保育所運営の指示事項。さらに4点目に保育所運営の要望事項。さらに5点目に高
石保育所で行われている保育内容。これらの内容について、法人として選考されたならば
これらの方針とその概要に基づいて、協議をさせていただきます。6点目ですが、引き継
ぎの考え方ですが保育所運営の条件にもありますように、1年間かけて保育の引き継ぎを
行うとしております。このため法人が決まりますれば、早急に職員の採用見込み等の体制
を整えていただき、引き継ぎのための話し合いを予定しています。またそのための援助も
考えております。以上の点について熟知し、応募されていること。また法人として選ばれ
た場合、遵守していただけますでしょうか。
○ ○○○○理事長 はい。
○委員長 これらの条件を守る旨の誓約書の提出をお願いすれば、提出をしていただけま
すか。
○ ○○○○施設長 はい、わかりました。
○委員長 それではヒアリングに入らせていただきます。
 各委員から、いろんな立場から質問が出るかと思いますが、まず私の方から何点か質問
させていただきます。
 応募書類の中にもありましたけども、応募に至る動機、目的が一応書いてあるわけです
けども、これにつきまして口頭で再度簡潔に動機、目的をお話しください。
○ ○○○○理事長 ○○○保育園は昭和○○年の○月1目から無認可という形で開設を
○○で行いました。昭和○○年の7月に財団法人の認可を得て、平成○○年に○○○名の
定員にするということで。待機児童が多いということで、部屋の器の大きさだとか、そう
いうようなもろもろの諸条件を改善しないかんということで、平成○○年に建てかえまし
て、今○階建ての園舎の中で、○○年目の保育園でございます。
 そんな中で保育の中身ということですけど、子どもたちをどう育てるかということが大
事だろうと。ただ預かって保育をして、時間が来たらさようならという形の保育園では、
やっぱり子どもたちを預かる以上は子を育てたいんだという私なりの思いがあるわけです
けども。そういう思いの中で、現状やってる保育の中で子どもたちも変わっていきますし、
保護者も変わっていきますし、認識も新たになって、子どもたちはしっかりと鍛えていか
ないかん。いろんな意味で鍛えていかなあかん。脳も体も心身ともにという部分を鍛えて
いかなあかん。
 その保育をやってる部分の中で、一番メーンとしては○○保育。○○○先生の○○保育
ということをメーンでやっておるんですけども。その中でしつけだとか、知的なことだと
か、体力的なことだとか、その3つの要素を組み合わせながらやっておるということでご
ざいます。
 そんな保育の部分を高石の子どもたちにもぜひとも受けていただいて、子どもたちを普
通の保育園・幼稚園という形、普通と言いますのは、私が知ってる範疇の普通ですけども、
やっぱりこう変わってきたんやというような、こう変えるんやというような保育は実際や
っていかないと、これからの子どもたちは少子化の中で、一人一人が重要になってこよう
と思います。
 そんな中で、また子どもたちの将来、成人になったときに、利害という中では、今社会
的にいろいろ状況が、マスコミ等を通じて出てきてますけども、その辺は教育、道徳教育
的なことが小さいころからのしつけの中でできていない。そこらが一番問題かなと。そん
な中で家庭の母親・父親という部分もなかなか今の現代教育の中では、親が親らしくない
ということがありますから、親らしくない親に育てられた子どもも、子どもらしくないわ
けですね。そんな中で人間としての原点的なしつけ教育という部分を重点的にやっていか
ないと、これからの日本はもたない。
 そんな中で私は子どもは健全に育てる部分の中で、健全とはどういうことかという部分
をやっぱり認識した中で育てていかないとだめだというふうに思っています。
 そんな中で高石の公設民営ということがありましたので、ぜひともうちの保育を子ども
たちに体験してほしい。そんな中で変わってきてほしい。そのことが保育所としての使命
だというふうに思いますから。
 また私の意図するところですから、・ぜひともそういう意味では○○保育園でやっている
保育を高石の保育所でもやっていきたい。先ほども委員長の方からありましたように、そ
の辺は今の現状の高石の保育所があるわけですから、また保育内容があるわけですから、
また親御さんの考え方もあるわけですから、その辺は先ほども言うてはりますように1年
かけて調整をしながらやっていきたいということでございます。
○委員長 今の先生、理事長としての姿勢ですね。
○ ○○○○施設長 園長です。
○委員長 園長ですか。施設長ですか。施設長からこういったちょっと難しい社会なんで
すが、施設長の役割を述べていただけますか。
○ ○○○○施設長 施設長というのは、私はどんな組織だろうとトップがだめやったら、
すべてだめだと思っています。そんな中でトップがどんな考え方をしているか。保育理念
についてどんな考え方をしているか。そのことを職員にどのくらい浸透させているか。浸
透させて職員がそのとおり動けてるか。そこら辺の精査をしながら運営をやっていかない
といかん。そのための園長のリーダーシップがぜひとも必要だというように思ってます。
 園長のリーダーシップなしに組織なんて固まらんと思います。
○ ○○○ ○○保育のことについて、簡単に説明いただけますか。
○ ○○○○施設長 普通、○○を伸ばすと、こういうふうに黙想、目をつぶって何分か、
1分か2分か3分か、そのときの状況にもよりますけど、○○を伸ばして○○する。
 立ってるときも座ってるときも一緒ですけども。黙想して、心を落ち着かせて、次のプ
ログラムに入っていくということの形で使っています。
 随分変わりますね、子どもが。
○ ○○○ その効果っていうのもお聞きしたいんです。
○ ○○○○施設長 子どもたちが切りかえが上手になりますね。だらだらしないですね。
 例えば今遊んでいる。おもちゃ片づけて、部屋入りますよという部分も、さっと子ども
たちがやりますね。
 私はいろんな保育の形の理念みたいなこと、格言出してるわけですけども、そのことを
徹底できているかという部分を問われたら、うちは、私は徹底していると思いますけども、
徹底がないんだというふうに思います。そのことがいい理念を掲げながら、子どもたちが
それを身につけていないということだと思います。それはひいては先ほどの園長とはとい
う部分ですけども、園長のリーダーシップの中で、そのことを職員が徹底し、子どもにそ
れを求めていく。でないと、確立はできないというふうに思ってます。
○ ○○○ しつけの三原則ということで、○○をそろえる、○○○○する、「○○」と
返事をするというふうなことを聞いているんです。それのもっと意味っていうのは、どう
いうふうにお考えですか。
○ ○○○○施設長 そのことを子どもの健全育成の中で、しつけの中で、人間教育の中
で、○○○先生はその3つだけやったらええんや。それを徹底することが大事なんだと。
いろいろ評論家的に言ってもどうしようもない話ですから、何で身につけさすのが大事な
のかな。
 やっぱりあいさつ。人間会えば、あいさつをまずしていかないとだめだというふうに思
いますし、くつを説いで部屋に入るときには、やっぱりくつをちゃんと土を払って、子ど
もたちが、一人一人が、うちは○○建てですけども、一人一人がげた箱にちゃんと入れる。
左右間違ってる子、小さい子、特に多いですから、そうすると、間違ってくつを入れたま
ま部屋に入っても、それをまた子どもたちを、だれだれちゃんということで呼んで、子ど
も白身になおさす。そういうことがやっぱり徹底をしていかないと、なかなか子どもたち
は身についていかないだろうと。
 今、ゼロ歳からそれをやってますけど、3歳、2歳の後半ぐらいから運動会終わって、
これから運動会終わって、それ以降子どもたちもうんと変わりますから、その辺も身につ
いてきますね。 2年半か3年、くつなおすという部分1つとってもかかりますね。
○ ○○○ そういう保育を保育の指針としてなさいますよね。それの関係はどうなるん
ですか。
○ ○○○○施設長 保育指針は、一般的に全体を網羅したようなことですよね。そのこ
とを何も無視するということじゃなくて、そのことの部分は、やっぱり保育の中で、そう
いう設定前のそういうしつけ的な部分、○○的な部分をやりながら、その後でやっていく
ということですから、何も保育指針を無視しているとか、そういう意味じゃ何もないです
から。
○ ○○○ 今、先ほどお伺いしました現在○○市で保育園をやってらっしゃいますね。
○○建てなんですね。そういうのは初めて。
○ ○○○○施設長 全国で初めてです。たまたまそれの敷地がなかったから○○になっ
ただけの話です。敷地が狭いですから、そこにやっぱり人数が多いですからね。また○○
という部分の口コミが結構。ほとんど口コミですけど。やっぱり申し込みが多いですから、
それに対応する、国の15%、25%という形で受け入れてましたので、そのためには今ま
で○○建てでしたんですけど、それを○○にしてやっていかないと器が整わないというこ
とで、○○にさせてもらいました。
 そのときにも園では、運動場が狭い、敷地が狭いということで、そんな中で保護者の送
迎という部分も車がほとんどですから、車が多いですから、仮園舎のときに朝のピーク時
の車の搬入は何台ぐらいがピークかなということで、前ISOもやってましたので、IS
Oの中でいろいろ調べて、毎日の統計をとって、大体ピークで7台やなということで、今
7台置けるような状況の駐車場をつくっております。
○ ○○○ かなり特色のある保育をなされている。今回高石保育所をもし移管されるに
当たっては、また違う保育所を委託していくような形になるかと思うんですが。
 今現在○○○保育園に………にやったことがありませんね。公立保育園の移管とかに携
わったことがないですね。これに関して、保護者との調整であるとかいうのはどのように
考えますか。
○ ○○○施設長 ○○市が数年前より公設民営をやっていっているわけです、現状もや
っておるわけですけども。そんな中で公設民営のいろんな問題点、保護者との亀裂、保育
の違い等々ありまして、それの○○市の○○保育園連盟の中で公設民営の委員会をつくり
まして、それで私○○○で、いろんな問題点を抽出して、何が問題なのかなと。親の言い
すぎの部分と、園側の情報公開の不足とか、そういう誤解もありますし、またいろんな各
団体のしょうもない支援、私からすればしょうもない支援ですけど、そういうような部分
もありまして、結構いろいろ問題があったんですよね。
 ほんで、その部分をどう解決したんやということの中では、親は、保護者の人はやっぱ
り説明責任をきっちり果たして、情報公開をして、また話し合いをしていけば、皆さん納
得をしはるって言わはるんですよ。ほんで、公立よりもむしろサイズがいいということの
方の返事がほとんどですからね。せやから今まで公立でそれが公設民営になるという部分
の中ではね、当初はいろんな○○市さんが今までやってきた部分、保育士さんがやられて
きた部分、保護者の要望・希望の部分、当初はまあ亀裂も多少はあるんでしょうけど、そ
れは誤解は解けるというふうに思いますけどね。私は保護者にもよく言うんですけども、
ちょっと乱暴な言い方ですけど、あなたが育てるより私に育てさせてくれた方がよっぽど
この子にとってはいいんやと。それは親を無視ということではなくて、それぐらい保育園
として一生懸命子どもの立場で、子どもの健全育成については前向きにしっかりやってま
すよということなんですけども。そういう部分もやっぱり情報公開。うちでは今例えば今
英語だとか、体操だとか、いろんなもんやってますけど、そういうなんも皆情報公開する
んですわ。公開保育するんですわ。ほんで、そのクラスが何時から何時までが公開保育や
と。そういう形で、親御さんとしたら、公開保育をしてる時間だけちょっと抜けて来られ
る。ということで、やってる意味の様子を見られますからね。だからそういう意味では、
やっぱり見せていけば誤解は解けるんと違うかな。話し合いすれば、誤解もおのずから崩
れるんと違うかなというふうに思ってますけどね。
○ ○○○ 今まさに○○○保育園の目標とかがあると思います。今回の場合は、まるご
と引き継ぎということですから、なかなかこれに賛同しない保護者の方々もいらっしゃる
かもしれませんね。一応私も今の高石保育所、当初子育て支援課が交渉してくださるとい
うことで、何年かはここに書かれてるような保育じゃない保育をしないといけないことも
出てきますけれども、それについてはどうですか。
○ ○○○○施設長 そやからそれもね、最初からうちの保育をそのまま導入するという
ことじゃなく、それは保護者の人も不安を感じるでしょうから。高石さんが言われる公設
民営の条件であるもろもろの分を、それは当初継承していかないかんというふうに思って
ますけど。そんな中で○○○保育園が今までやってきた部分、高石さんが今までやって来
られた部分、そのことの精査をしていかないと、高石さんがやってきた部分を丸々そのま
まやっていかないと困るんやと、そういう独善的なことじゃなくてね。子どもの育ちの中
ではどっちが大事なんやという部分は、やっぱり話し合いをしていかないと。また理解を
求めていかないといかんというふうに思ってますけど。
○ ○○○ 地域の保育所に来てない子どもさんたちへの対応ということとか、ほかの子
どもさんとかの交流なんかはどんなふうに。
○ ○○○○施設長 今ね、全国的に園庭開放という名称が中身として出てますけど。園
庭開放という名称もね、我々○○の○○保育園がつくったんですよ。それが園庭開放とい
う形でね、全国にその名称が伝わっておるわけですけども。そんな中で、うちも園庭開放
をゼロ歳から4歳まで月3回。せやから年齢によって3回に分けてるわけです。ゼロ歳と
4歳とを同じというわけにはいきませんので、ゼロ歳はゼロ歳だけという形で3回月に行
っています。
 それで中身的には母親教室的なもんもありいの、おやつを食べてもらって、こういうレ
シピでつくりはったらええですよとか。また遊ばせ方も、こういう形の発言なり、子ども
の導き方なり、またこういう遊びがもうちょっとアレンジしたらこういう遊びにつながっ
ていきますよとか。発達段階にもこういう兼ね合いが出てきますよとか。そういう形で母
親教室的なこともやってますのでね。
 それと一時保育的には、一時保育は必要があって一時保育来られるわけですから、一時
保育は絶対拒むなということで、全員受け入れてやってます。
 後、緊急保育的なことも当然、障害児保育も当然やってますし、それと地域の自治会と
連携しましてね、園庭開放の延長上みたいな、地域の民生委員さんと共同でやっています。
それも地域の子どもたちが、うちが担当してるのは月1回ですから、大体10人から20人
ぐらいの間の中で、毎月来てはります。
○ ○○○ もう一つ、今3つのことをなさっておられる。それとまた追って…ていかれ
るのはあれですけども、その保護者なんかはどうですか。子どもがそれでどう反応されて
いるのでしょうか。
○ ○○○○施設長 それはよく聞いていただいたという感じなんですけどね。保護者が
変わっていくんですよ。ある外部講師いわく、保護者によい子になられましたねとこう言
われるんです。そんならね、今まで保護者も小さい子なんか○階、○階で親もついて行か
なあかん状況のときもあるわけですね。そのとき、ぱぱぱぱっと脱いで、さっと上がって
行くわけですね、親も。朝忙しいですから。ほなくつなんかこないなってるわけですね。
そのまま上がってるわけです。それが今ちゃんと来て、ここで脱いで、こうやって脱いで
上がって行く。あいさつも朝できるようになりましたしね。そやから私は子どもを変える
ことが、親を変えることにつながっていくという。親を変えるという大前提、大上段に構
えると、やっぱり親も腹が立ちますわね。
 そういうことで、そういう言い方じゃなくて、子どもを変えることが親を変えることに
つながっていく。親がこうやってかないかんというように思ってますけどね。今のままの
親の育ち方、家庭生活では、お先真っ暗だと思いますよ。
 今までの保育園の影響力というものを、もっと違う形で親教育につながるような影響力
にしていかないとだめだというように思いますし、保育園の機能と言いますのは、やっぱ
り出れば福祉ニーズ的なことの政策的なこともね、保育園の園長ってかなりご存じですか
ら。
 だから、地域の、私は地域の核になるぐらいに保育園を解放しないといかんと思うし、
役所のどこそこ。ここの社協の中にいろいろありますけど、保育所が地域に散らばってる
わけですからね。保育所にまず一義的に相談して、そこからネットワークを図っていくと
いう仕組みの方がもっと現実的やなと。それぐらい保育園の園長ってよくご存じですから。
事実そういう相談もありますのでね。ぜひともそういう意味で保育所の活用っていうのは
大事だなというように思います。
○ ○○○ 職員採用計画の中に、臨時職員の人数がかなり多いように書かれてたんです
けども。
○ ○○○施設長 ちょっと聞こえにくいんですけど。
○ ○○○ 職員を採用するに当たって、何も書いてない。
○ ○○○施設長 書きようがないでしょう、そんなものは。
○ ○○○ それともまた一から全員採用するっていう形で。今現在あるところから異動
っていうことは考えられますか。
○ ○○○施設長 それもいやいや。それもうちは、主担制度を設けてるんですわ。せや
からその子が、例えば5歳の保育士ならずっと5歳。よっぽど程度悪ければ交代しますけ
ど、3歳であれば3歳。補助ついてますのでね、今回もし選考されるということになると
ね、主担の何人かと補助の補担の何人かをこちらの方へ入れておかないかんというふうに
思ってますけど。でないと、とてもやないけど高石の保護者の人と対応できないと思いま
すから。
○ ○○○ でも5歳児を受けてる方には、ずっと5歳児を見てらっしゃるということで
すね。持ち上がってという形ではないんですね。ずっとじゃあ2歳の先生は2歳児ばっか
りをずっと見るということですね。
○ ○○○施設長 主担はね。副担は持ち上がりする子もおりますよ。だからその辺は、
主担、持ち上がりを変えてます。上下の中に変えてますけど。それはそれで小さいクラス
のときは、小さい年齢のときはそれも必要でしょうけど、主担をね、皆どことも保育園・
幼稚園、主担を毎年持ち上がりで変えてますけど、私は保育の安定という部分と、保育の
1年間の精査、ISOで言うPDCAを回すという意味ではね、私は持ち上がりというの
は、何の反省もないし、次につながらないというふうに思ってます。そうじゃなくて、や
っぱり固定をして、この年度でいうと子どもの質は違いますけども、固定をして、1年間
こういう保育して、ああこれがよかったな、あれが悪かったな、そういう反省の中に立っ
て次の計画にやっぱり結びつけていかないと意味がないというふうに思ってます。
○ ○○○ 先ほどからISOにも参加しておられますが、それは園がISOを受けてい
るということですか。そういうご経験があるということですか。先生自身がそれのご経験、
いわゆるコンサルトされているという、どちらの意味ですか。
○ ○○○施設長 受けた方いうことですよ。
○ ○○○ 今の○○○保育園がISOの認可を受けてるんですか。
○ ○○○施設長 認可は資格等々お金かかりますのでね。そやから資格は取ってないん
ですけど、1年半かけて。
○ ○○○ 導入を、その説明を受けて、ISOのことについて理解を深めてるという。
○ ○○○施設長 1年半かけてね。そうですね。これで文書化やらないと、ここでは第
三者評価受けなさいみたいなこと書いてますけど、1年目から受けられることないんです
よ、あんなものは。それは現実的でないですよ。ペーペーの保母さんが何をISO受けた
りするんですか。正気でできないですよ。こんなばかなことあり得ないです。ばかなこと
あり得ないです。やっぱり何年か経験して、ISO勉強して、文章化をつくって、それか
ら保育にそれを生かして、それからISOを受けな、ISOじゃない第三者評価受けない
と。受けられることないですやん。あんなん書くの間違いですわ、私から言わすと。中身
ご存じじゃないと思います。
○ ○○○ 次ですね、自信をもって進められているのよくわかりました。
 全国的な同じようなことされてる保育園というのは、広がりがあるんですか。
○ ○○○施設長 ありますね。今年も京都でね、○○教育、○○式の○○教育というこ
とで、全国で毎年あるんですけど。今年は京都でありまして。うち発表させてもうたんで
すよ。なら、徳島から来られるんですけど、見学に遠くから、この前も京都から来られま
したしね、たくさん来られます。ほんで、その中でパワーポイントも映しながら、説明も
しながら見ていただいてという、皆やっぱり広がりすごいですよ。 500名以上来られまし
たね、この前は。
○ ○○○ 今の○○教育のそういう団体があるということですか。
○ ○○○施設長 ○○教育の団体ということじゃないですけど。○○教育の団体の方で
す。
○ ○○○ ○○ってどんな字。
○ ○○○施設長 ○○です。普通の○○。
○ ○○○ 普通の書く○○。
○ ○○○施設長 ○○教育をするという部分と、○○とね、組み合わせてやることが、
頭の回転がすごくよくなるんですね。頭の回転がね。
○委員長 それとですね。今までも、○○市の民営化に手を挙げられたことはあるんです
か。
○ ○○○施設長 いえ、ないです。
○委員長 それはどうしてですか。今回手を挙げられたという、その辺の気の変わったと
いう、そういうふうな場合は。
○ ○○○施設長 これはね、○○市の場合はね、ほとんどが建てかえなんですよ。ほん
まに工事のはね、こんなとこへ言ったら、言うような話と違うんです。工事が手を入れな
いんですよ、ひっかかってたら。手入れないんですよ。ほんまですよ。これでいいと思っ
てるの大間違いですよ。やっぱり手を入れてね、やっぱり30年もつもん40年もたすとい
うことは、これが民の当たり前のことだと思いますけど。
 そんな中で建てかえということになると、古いから。ほなやっぱり持ち出しがすごいわ
けですよ。国の補助金どんどん下がってますしね。そんな財政もないですし、また時期が
やっぱりやってみようかという、やっぱ思える時期ってありますやんか。
○委員長 タイミングがだめだと……。
○ ○○○施設長 タイミングがありますよ。
○ ○○○ よくわかりました。それで、財務諸表を私中心に見させていただいたんです
が、健全で、保育園の平均値だと思いますけれども。その辺の力も、今のいいタイミング
ということで理解しといてもいいですか。
○ ○○○施設長 そのためにね、今まで今の財政状況ではね、こんだけ昔みたいに
1,500万とか2,000万とかいう余力が出ませんのでね、せいぜい頑張って七、八百万とい
うところですわ。建てかえてすぐのときには、そんなんとても出ませんのでね。それで建
てかえ以降、次の展開を考えて、年度を追って、今の剰余金が出てるわけですけど。そう
いう意味の剰余金の金額と高石さんの公設民営に名乗りを上げる時期と、いろんな意味が
タイミングよくということで理解してもらえればと思いますけども。
○委員長 わかりました。ほかにございませんか。
○ ○○○ 保護者会は、存続を認めていただけるというのは、1ページに書いてあった
と思うんですが。保護者会活動についてどのようにお考えでしょうか。
○ ○○○施設長 今の○の会というのがあるんですよ。昔から○の会という名称でやっ
てますので、あえて変えることもなくやってるんですけどね。それは私は保護者会なり、
○の会なり、父母の会なり、いろいろ名称はいいんですけど、基本的にはこれは園の運営
の子どもたちのためになる支援団体だというふうに思ってますから。何も要求団体という
認識は全然ありません。またそういうなんを要求団体のような保護者会をつくる気はあり
ません。あくまでも子どもの支援。子どものためにどうすることが大事なんやということ
が基本でないと、つくってる意味がないと思います。それで高石の場合も、あくまでも子
どもたちの支援団体ということでは容認をしていきたいというように思いますけど。
○ ○○○ 子どもの支援のために、保護者会か何かを要求してきたという場合はどうで
すか。
○ ○○○施設長 それは話し合いだと思います。理解の違いも出てくるでしょうしね。
認識の違いもあるでしょうしね。それとやっぱり時期が、結果をある程度見てもらわない
と、結果というのは、子どもの成長というのは即出るもんでもないですから、やっぱりあ
る程度の期間をかけて、年数をかけてやっていかないと、こんだけ変わってきたわという
ことにつながらないですよね。そういう中では、時期だとか、子どもが会うと思うんです
よ。親御さんの分はね、私は説明してあげれば理解してもらえると思うんですよ。認識違
いは結構ありますのでね。
 それときょうもちょっと相談活動受けたんですけどね。最近は離婚とかね、夫婦仲悪い
とか、そういう部分でね、そのことは親の部分ですから、私が直接タッチする必要もない
ですけど、そのことによって子どもさんが変わってきますのでね。そこが私らとしては一
番気になるところですから。きょうも母親がちょっとうつ的になりはって、もう車で母親
を送ってきたんですけどね。そういう意味では、何ていうんですか、最近の保護者の人っ
て人生というものを考えた生活習慣をやってないんですよね。だからもうちょっと自分の
人生幸せになりたいと皆さん思ってはるわけですけども、思ってはるのに、幸せになるよ
うな生活習慣をやってはらへんのですよね。考え方をしてはらへんのですよ。そこらはや
っぱり私らの園長の仕事だと思います。そこら辺の分も園長の考え方を職員に周知をして、
君の親との接点の中ではそういう相談も乗れるようにしていくのが、やっぱり大事だとい
うように私は思ってますけどね。
○委員長 ほかに何か、よろしいですか。
 それではこれでヒアリングを終わります。
○ ○○○施設長 終わりですか。じゃよろしくお願いします。ありがとうございます。
○委員長 ありがとうございました。
○ ○○○理事長 ○○○の○○と申します。一応理事長をしております。
 こちらは職務代理者、○○でございますが、同じく名称は職務代理者、副理事長という
ことで、私がころっと逝ってもかわりができるように連れてまいりました。
○委員長 本日はお忙しい中、ヒアリングにご出席いただきありがとうございます。私は
選考委員会委員長の○○でございます。よろしくお願いいたします。
 ヒアリングに入る前に、幾つか事項について確認させていただきます。
 6点ございます。
 まず、民営化にかかわる保育所運営者募集要項。2つ目が保育所運営の条件。3つ目が
保育所運営の指示事項。4点目が保育所運営の要望事項。さらに5点目が高石保育所で行
われている保育内容。これらの内容について法人として、選考されたならばこれらの方針
とその概要に基づき、協議をするという前提です。最後6点目が、引き継ぎの考え方です。
一応保育所運営の条件にも書いてありますけれども、1年間かけて保育の引き継ぎを行う
としております。このため法人が決まれば、早急に職員の採用見込み等の体制を整えてい
ただき、引き継ぎのための話し合いを予定しております。またそのための援助も考えてお
ります。以上の点について熟知し、応募されていること。また法人として選ばれた場合、
遵守していただけますでしょうか。
○ ○○○理事長 当然うたっています。
○委員長 これらの条件を守る旨の誓約書の提出をお願いすれば、提出いただけますでし
ょうか。
○ ○○○理事長 はい。
○委員長 わかりました。それではヒアリングに入りたいと思います。ほぼ全員の方がい
ろんな角度から質問等が出るかと思いますが、簡潔にお答えいただければと思います。
 まず私からですが、応募書類の中に、応募に到る動機、目的という項目がございました。
一応委員は皆文書を読みましたけども、口頭でもう1回動機なり目的ですね、ここをきち
んと簡潔にもう一遍述べていただきたいと思います。
○ ○○○理事長 わかりました。
 我が法人は設立からちょうど○○年たとうとしておりますが、設立をした動機が今回の
応募に係る動機と合致してるかと思いますけれども。保育所、保育園が求められている役
割というものが、一体何かというところに密着しておりまして。やはりそれぞれ1人ずつ
の子どもたちがいかにいい育ちを確保できるか。またそれをお育てになっている保護者と
の連携をどこまでできるのか。子育て支援という言い方かと思いますが、できるのかと。
あるいはその地域における子どもの育ちをどう応援できるのか。こういった部分が主眼に
なっているかと思います。
 時代によっていろいろ変わるかと思いますが、その中で既にお示ししておりますように、
大阪府下、あるいは○○市における民営化第○号園がやっております○○○保育園。いろ
んな反対の中で乗り切って○年経過をいたしまして、非常に円満な関係が保護者とあるい
は地域との間で構成してきていると思います。その力をかりて、○○市におけるやっぱり
第一園でございますが、経営を始めて1年半で、相当これも厳しい反対もございましたけ
れども、現在保護者地域との関係は非常に円満に推移をいたしておると。この違いは何か
というと、法人が持っている保護者の皆さん、子どもたちに対する思いかというふうに思
っておりまして、高石さんが民営化を今回も推進なさる。○○市でございますし、我が法
人の力が何ほど役に立つかわかりませんが、その思いをもって貢献ができたらいいなとい
う熱い思いがございます。これが格好いい話をいたしました。
 それからもう1件は、我が法人にとってのこれからを考えるときに、やはり厳しくなっ
てきております、運営が。その中でやはり私どもの思いを実行していくためには、ある種
のスケールメリットも必要な時代になってきたと。その部分を余り遠方へは無理でござい
ますけれども、可能な限り双方の力がリンクして、単独園、単独法人、単独園では無理な
部分を載せていけるのではないか。そういった意味での応募の動機でございます。
 はい、よろしくお願いします。
○ ○○○ 書類の中にですね、園の運営管理の項目がありまして、その中に子ども自身
のあるべき育ち支援という項目が入っております。このことをもう少し具体的にご説明願
えないでしょうか。
○ ○○○理事長 よく保育理念、あるいは保育のプログラムの中で、各年齢の成長のプ
ロセスが記載をされておりますが、残念ながら今家底力が低下を若干ですがしております。
それから地域の、いわゆる地域という言い方ちょっと大きすぎるかもわかりませんが、隣
近所に住む大人の緊密性というものもなかなか受けられない孤立型が進んできています。
ともすれば、保育園に100%委ねる、依存型というものが進んできている部分があって、
その結果、子どもたちの育ちが、さも専門家に任せたら終わってしまうような感覚が蔓延
しつつございます。
 私は、保育園が保育園の能力を発揮するということ大事なんですけれども、やはりそこ
に育てを主力としておられる保護者の皆さんの心育て、保護者支援という言い方になるか
もわかりませんが、合わせ技で必要であろうと。
 それからもう一方では、幼保の関係もございまして、ともすればある種乗せれば乗せる
ほど伸びるという感覚があって、ここまで来いという、ある種の詰め込み型が横行してい
るという感じもしております。その部分をどれだけ本当に子どものその年齢、月齢にあっ
た育ちの状況をここまでという部分の見きわめが必要か。
 それから小学校、中学校という長い先に向けて、その基礎部分がちゃんと積み残さずに
できるという子どもの本来のあるべき育ちの部分を、どれだけ実行できるのか。つまりそ
れはやり足りてないという話でもなく、やり過ぎているという話でもなくって、その部分
を整理整頓をするという部分での子育て、子どもの育ちという部分の見きわめかなという
ふうに思っております。
 それを専門職として、どれだけできるのか。これが今特に問われているかなと。
 実は、ちょっと長くなって恐縮ですが、本園は○○年そのことを追求し続けてやってま
いりました。ですから、派手さもございませんが、積み残さない努力というもの一生懸命
やりました。おかげさまで○○年やらせていただいて、近隣周辺に転居なさっても通いた
いという圧倒的保護者に支えられて、今日つまり我が園から気に入らないと言うて転園な
さると、近隣からたくさん来られますけど、それがなかったということがこの意味を少し
ご理解いただけるかなというふうに思っています。
○ ○○○ 若い施設長予定者にお伺いします。
○ ○○○理事長 ごめんなさい。こちらの施設は、やはり大事でございますので、私み
ずから義務化してもうちょっと頑張らしていただきたいと思っておりますので、すみませ
ん。
 彼は、姉妹園、第2園の○○○園長引き受けて○年ですが、任せても大丈夫だと思いま
すが、私みずから参りますんで。
○ ○○○ 今のお話伺って、保育園の役割っていうのは、本当にやり過ぎているみたい
なところとおっしゃったんですけどね。乳幼児の保育っていう部分は、じゃあ一体どんな
保育として考えたらよろしいんですか。そういうときに保護者、親との関係含めて、一言
っていうと難しいかもしれませんが。
○ ○○○理事長 子どもたちの育ちを長い視点で、ロングランで見たときに、私らが子
育てと呼んでいるのはどこなのかということなんですが。実際、退職するものができまし
たけれども、その中で考えられることは、すべて就学前だけがエリアのように言われる。
ところが実は求めているものは、いい社会人、いい大人になるための育ち支援という、そ
のロングランの視点が要ると思ってるんです。その視点の中で、就学前の力育てと言いま
しょうか、持つべき能力と言いましょうか、自立の部分がどれだけ本当に基礎としてちゃ
んと積めるかとか、これ見えにくいものなんですが、ともすれば何かを覚えたとか、そう
いうその表に見えるものだけで評価を受けがちですが、その部分だけでない本来持つべき、
そのときしかできない条件整備というものが、私らには最も求められているかなというふ
うに思っています。これは私ら専門職におるものだけが、いくらそう言うていても、これ
は机上の空論で終わりますので、先ほど申し上げたお育ての主体になっている保護者の皆
さんといかにパートナーとしての役割を構築できるかということで、いわゆる対立軸であ
ったり、あるいは預けっ放し預かりっ放しでない状況というのが、特にこれから大事では
ないかと。痛いことも申し上げるし、痛いこともお聞きするという視点といいましょうか、
立場というものが、これからの保育所、保育園、幼稚園、あるいは認定子ども園。名前は
どうであれ、求められる大きなポイントではないかと。特に小学校への引き継ぎというポ
イントにおいては、ただ送りゃあいいというわけではなくて、そこから先の姿も確認しな
がら、それ以前に何が足りなかったのかとか、何がやり過ぎたのかというところも、ちゃ
んと理解をしていただいて、そして送り出せる体制というものが大事かなという部分。特
に最近思うようになっております。
 ちょっと先生のご質問にお答えになったかどうかわかりませんが。
○ ○○○ もう1点あります。保育所事業計画書の中に、参加型保育ということが書か
れてるんですが、それがどういう中身をお考えでいらっしゃるのか。
 それからもう1点ね、保育内容等についてっていうことで、園児理解等で、新年度から
負担を軽減するっていうところですけれども、それがどういう意味なのか。
 その2点を。
○ ○○○理事長 1つは、今申し上げたパートナーシップを確立したいという思いがご
ざいます。ですから、パートナーである保護者の皆さんの負担軽減にどう寄与できるのか
というところの、従前の就労支援というその短い、1つの項目だけではなくて、まだまだ
ご家庭の抱えておられる課題について、どう応援ができるのかということを考えなければ
ならない。
 この考えるときに、クラス懇談会あるいは婦人懇談会、いろんなやり方はあると思うん
ですが、それだけでじゃあカバーできるのかということになりますと、なかなか見えない
ものがあります。各先生方もご承知のように、例えば保育参観をすると。そうすると参観
ていうのは、例えば20名なら20名の子どもたちがおって、一斉に保護者来られたら職員
も子どもも平常心と違うところで行われている短時間見て、本当に子どもの姿が見えるの
かということを考えたら、無理だと私は思っていまして、最低半日、できれば1日。そり
ゃ食事もおやつもセットで生活一緒にしていただく。その代わり、園の側からこの日来な
さいではなくて、保護者が時間のあるときに、お父さんお母さんも含めておいでください、
おじいちゃんおばあちゃんも含めておいでくださればいいと。その参加をしていただくこ
とによって、ありのままの子どもの姿と集団の中での対応を見ていただいて、子どもの姿
の実態に沿った意見交換。あるいはひょっとしたら、そこで先ほど申し上げた我々保育者
側のふできとか、園側のふできが見えるかもわかりません。それも発言をしていただき、
その中で乗り越えるべき道筋をつくり出すというところが大きいかと思っています。そう
いう意味での保育参加型ということ。
 それから園児負担を外すということで言いますと、毎年職員の異動もございまして、ク
ラス異動もあって、それだけでも子どもたちにとっては実は負担だと思っています。特に
この引き継ぎにかかわって言いますと、以前その年数の問題ではなくて、新しい職員と子
どもたちとの間の人間関係がどれだけ構築できるか、あるいは保護者の皆さんとの関係が
できるかというところは、実は2ヵ年引き継いで、なお一層大事だと思っておりまして。
その分の負担感が軽減できる努力というものが、私どもの努力によって、随分変わると思
っていまして、その意味でのこの園児負担の軽減ということで、ちょっと言葉短いですが、
意識しておるということでございます。
○ ○○○ ○○で初めての民営化園であるとか、○○を含めて財政難を抱え保育ニーズ
に応えるため公立保育所を民間移管する方法がとられていますが、それに対して保護者と
の話し合いにも時間がかかるときには、○○なんかの場合、かなり意見がされてるかと思
いますが、その辺の最初お伺いしてもいけませんか。それとやはり急激な変化、子どもの
ことできつい保護者の方もなかなか受け入れにくいという部分の中で、その辺を受け入れ
る姿勢という形はとれるかと思うんですが。
 後で主にされるちょっと確認をしたいんですけれども、保育時間についてというところ
ですけども、基本的には現在高石保育所でやっている保育そのままという形でよろしいん
ですよね。7時から7時半の延長枠に入っていくような書き方になっているのと、延長2
番で、18時30分から19時までの保育が延長枠に入ってて、食事も含みますよというふう
に書いてるんですが、現在の高石では7時から7時までが開所時間っていうふうに……。
○ ○○○理事長 7時から7時。
○ ○○○ 19時。基本的には朝7時から19時までが開所時間。
○ ○○○理事長 なるほど、開所時間ということですね。通常保育じゃなくて、開所時
間。
○ ○○○ 通常保育です。
○ ○○○理事長 通常保育ですか。延長保育時をとられてないということですか。
○ ○○○ そうです。
○ ○○○理事長 なるほど。
○ ○○○ その辺も含めてご理解としてよろしいでしょうか。
○ ○○○理事長 もちろん現行を過不足なく引き継ぐということは前提ですので、現在
やられていることについては、間違いなくそのまんま推移をするということで結構でござ
います。
○ ○○○ それと職員の採用の予定のところで、非常勤の方の採用枠がかなり○○名と
多く私は思ってるんですが、例えばそれは月曜日だけのパートの保育の方であるとかって
いうような形も含めてなのか。
○ ○○○理事長 いや、そんなことではなくて、先ほど申し上げた私立園としてのよさ
はどうしたら出せるのかと。しかも経費は削減のー途でございますが、その上でなお乗り
切らなければならないという責務がございます。フルタイム型が望ましいんですが、現実
はなかなかそんな経営はできないと思います。その部分を職員の、ご承知のように我が園
は書かれていたかどうかわかりませんが、各園とも有給100%消化、それから週休2日体
制というものを実行しております。私立ではなかなかできないとこだと思うんですが、な
ぜできてるかというと、そういうそのいわゆる非常勤でご参加いただける一般に言うパー
ト勤務型の先生が、上手にリンクをして埋めてくださるということによって考えておりま
す。
 ただし、じゃあ一般に言われる正職がその中心で、パートが二義的な役割かと。そんな
こと思っておりませんで、我が園に籍を置いたら、その方も含めて我が園の職員という考
え方を徹底しておりまして、その連携プレーの中で、もちろん私自身も含めて役割をうま
く担って過不足なく、よき保育内容を構築するというところにつなぎたいというふうに思
っておるための人材、こんなふうにご理解いただけたらと思います。
○ ○○○ 現在運営されている園でも同じこと……。
○ ○○○理事長 同じような形で。ですから、園の所定員数からいうと、職員は、ほか
さんと比べもんになるぐらい頭数だけは大きいです。
○ ○○○ その辺で今現在対応、運営されている上で別に混乱はないということで。
○ ○○○理事長 ありませんね。ありがたいことに。
○委員長 次に行きましょうか。よろしいでしょうか。
○ ○○○ 何か苦情解決委員を専任していると書かれてたんですけども。そういう苦情
は多いんですか。
○ ○○○理事長 ありません。はっきり申し上げてありません。ありません理由をちょ
っと自慢を交えて申し上げておきたいと思うんですが。今どきのことですから、どんなこ
とで苦情につながるかはわかりません。私の方の思惑とは違うところもあるかと思います
が、一応制度としては、内部的な苦情解決制度、それから第三者の苦情解決委員さん、い
ろんなことで表面化をさせてプログラムは例示してあります。それ以前に、いつでも意見
を出していただけるご意見箱の設置ですとか、あるいは日々のアンケート、あるいはご意
見を拝聴できる機会づくり。これは先ほど申し上げたパートナーという位置づけの中で。
できるだけ隠さずに情報をお渡しすること、ご意見を出していただく機会をつくることの
中で、評価をしていっていますので、現実に実は○○の園は1年半と申し上げました。当
初はもう大反対の中でございましたから、どれほど苦情が出るかということを役所も私も
持っておりましたけれども、開園以来、役所に我が方の苦情めいた電話も1件たりとも入
っておりません。私は余りにもないので、本当にないのかと、隠しとるんやないかという
ぐらい静かでございます。役所が私に伝えてくれている話は、先生ところの場合は、すべ
てあかんところも先出しをされる。その結果、多分役所への通報を必要としない。ですか
ら、苦情解決委員さんも、第三者委員さんもつくっておりますけど、入らない。ありがた
いなと思っておりますから、それはこちらもしお受けできたとしましても、制度としては
つくっておきたい。けど、そうならんための日常努力というのは、我が方のやっぱり努力
ですので、乗り越えていきたい。行政にもお願いを、やるからには。やはりやってよかっ
た体制というものを私自身も得たいですから、その努力は重ねたいというふうに思います。
○ ○○○ 子育て支援をすごくやっていただいてるんで、ありがたいんですけども。理
事長さんに相談なされば、何もかもお答えできると思うんですけども、今のパートの職員
さんとか、若い職員さんはそういう支援ができるような教育をなさってるんですか。
○ ○○○理事長 そうですね。我が法人は私がこんなふうにしておりますので、外部研
修ももちろんせっせと可能な努力をして出しておりますけれども、ただ出て本人だけがノ
ウハウを受けてきたと、報告出して終わりということじゃなく、それ全部回覧させて、チ
ェックさせています。
 それから委員会制度をつくっておりまして、6つ委員会ができてるんですが、その中で
自主研修をすること。あるいは私がちょっと偉そうなこと言って恐縮ですが、スーパーバ
イザーとして今まで○○年得たノウハウできるだけ職場へ投入しようと思って。
 法人としては、現在○園運営をさせていただいてますので、残念ながら1回ですが、法
人全体研修をいたしました。内部努力、一生懸命やっておりまして、スキルを上げるため
の努力というのは、お母さんよりはできているかなと。まだ100%とは思ってません。努
力をしています。
○ ○○○ 地域との間で、関係機関との連携、交流、参画ですけども、例えばどんなよ
うなことを学んでいますか。
○ ○○○理事長 どこまでお話していいのかわかりませんが、例えば先ほど申し上げた
就学前の組織としては、公立幼稚園、公立保育所、公立や私立の幼稚園。育ちは中学校レ
ベルでこのごろ考えなければ。○○○○さんの場合は、1中学校ないし3小学校というふ
うな、ある種広域の育ちの構図。残念ながら就学前の組織体としては、公立園は公立園同
士が、私立園は私立園同士の、幼稚園は幼稚園さんのという、そういうある種の分割体制
が成り立ちます。その部分を現在の経営しているところはすべて中学校区の就学前組織を、
ちょっと我が方が努力をして集まっていただいて、連絡会をつくったりとか、あるいは幼
小中という縦の流れを……努力をしたりとかいうふうな、専門職としてのあり方を1つは
努力する。
 もう一つは、地域の子育てサロン、あるいは産休等ございますので、○○○の方に行っ
ていただいたらわかると思うんですが、来ていただく。それから我が方がいろんな形で支
援に出かけさせていただくような、口だけの地域子育て支援というふうなことではなくて、
実践型でやる。後ほどご質問あるかもわかりませんが、こちらも松の実園さんとの連携と
いうことを書かれていました。姉妹園の方は、隣にその施設かあるわけじゃございません。
ちょっとなかなかならないんで、そら本園は○○○というところにございまして、○○の
そういう障害の方の訓練施設がございました。我が方から働きかけて、行ったり来たりを
続けて、何のことはない。同じようなことだなと思って行かせていただきました。
 つまり私どもが何ができるかはこれから。お引き受けをもしさせていただいたら、引き
継ぎの中で現在やっておられることを精いっぱい探していただくことと、我が方が持って
いるノウハウの中で、なお上乗せできることがあるのなら、子どもたちのしつけ像とリン
クすると思うんですが、ぜひそこはできたらいいなと。そういうふうなことを夢見ており
ます。
○ ○○○ ○○○保育園の中に、○○保育……(テープ反転)……やってることがある
らしく。
○ ○○○理事長 園ですか。
○ ○○○ それはずっといいなって思ったりしてますけど。今後もし受けられて、そう
いう要望があった場合に違うことですかね。
○ ○○○理事長 可能だと思ってます。実は、こんな長くなって恐縮ですが、本園は○
○年になると申しましたけれども、当時それは○○年でしたけど、○○保育は今ほど花盛
りではございませんで、卒園された子どもの行き所がなくて、保護者の皆さんと何とか地
域型でつくりたいと、大分奮闘しましたけれども、うまく行きませんでした。保護者もそ
こまで負担をできないということもございまして、仕方なしに初年度は私が事務所で、そ
の帰ってくる卒園児さんと、独創的な言い方になるかどうかわかりませんが、サービス的
にやりました。それ見て保護者の皆さんは、来年はぜひやってほしいと。それならという
ことでアンケートとりましたら、トータルで当初10人ぐらいのご希望がありました。 10
人おられたらパートの先生つけても何とか回せるやろうということで、○○保育をやりま
して、以来右肩上がりでずっとこの役を本園担ってまいりました。今○○は小学校単位で
始まってできて、もう私の役割は終わったと、そのできたときに。それで保護者の皆さん
に我が方の役割は終わったと、ほかの役割に力を入れたいから一たん休ませてと言うたら
しかられまして、何勝手なこと言うとる。ここの園の特質がある。規模違いますやん。ど
こまでもきちっとやるべきですよ。いや、そんな問題と違うんやと言うて、実は本園もい
まだに○○保育をやめられずに営々と続けております。ですから、もしも地元の皆さんの
ご希望があって、我が方ができるのなら、一方的な話ですが、一時保育も形態の延長線上
あるいは○○保育を別枠で特別活動として組み立てることは、ノウハウとしては十分持っ
ております、やれる覚悟です。
○ ○○○ よろしゅうございますか。財務面の方でお伺いします。痛いことを今から言
いますから。いみじくも最初表向きの理由とそういうことに正直におっしゃいましたので、
あえて突っ込みはしませんが、ただ表向きの理由は近隣で一たんヌケはったということで
す。裏向きの理由としては、実際はしんどいことになっておって、スケールメリットを求
めて、そういうことも狙っていると1つのお話をされた上、伺いましたが、それはどうで
すね。
○ ○○○理事長 そうですね。ただ申しわけありません。後のご質問、まだございまし
ょうか。
○ ○○○ とりあえず財務面。
○ ○○○理事長 スケールメリットはこれから先のために求めたいと思っています。財
政は今ご承知のように、余り使い切り状態でございまして、残念ながら法人としてのいわ
ゆる保有力という分析でいくとノーでございますが、本園の敷地全部○○○坪ございます。
今の時価で言いましたら、4億からの評価があるかと思います。ですから法人力として、
ここに書いてる数字はこうなんですけど、まだゆとりはあります。思っています。
 問題は日常運営が円滑に回らなければ、返済もできなければ、理事長は常に補てんし続
けるという、悪いパターンになります。ただ社会的役割をどう乗り越えていくのか、ロン
グランの視点でございますので、少しずつちびちびとカバーしながら、子どもだちと保護
者の皆さん、地域に貢献できる体質を片方で維持し続けながら、つぶさない体制というも
のを意識していると、そういう意味でのスケールメリットでございます。
 今の運営が原点だというふうには思ってません。日常の努力の成果だと、ちょっと格好
よく言えるだろうと思っておりますが。決して楽ではありません。特に○○は○○の賃借
代ね、今○○○万強、年間姉妹園に払っておりまして、まだ値上げを言うております。値
上げを言うておりますので、そういうのはのってはいませんから、余り強引に言うなら。
返すと。借金つきで。ちょっと役所には、そう言うとります。つまり私らは元々我が方が
稼ぐためにやってる仕事と違う。つまり今回民営化ですけどね、公立園であったら得られ
たその利用者側の利益が、民営化されたことによって損失をするということ。僕はあって
はならないと。これは市民の立場です。私は、常に私が子どもやったら、私がここへ預け
る保護者やったらというのをずっと思い続けて運営をしておりますので、そういう視点と
の間で、経営者の一望等をカバーしながら乗り越えていくのかというのが、実は課題でご
ざいます。
 決して運営が、たくさん残して経営者としてうまいということにはならないかもわかり
ませんが、こういうこというジャンルにおける社福の位置ということで言えば、私は努力
してるのかなと自画自賛してるところです。すみません、余計なことを。
○ ○○○ 事実はよくわかりました。○○系の学科出ながら10年間専任されて、こち
らの答えまで書いてある、とらえてるんですよね。大阪府下での………お見受けしており
ますけれど。
 ○○をお受けになって、今度高石をお受けになって、私はそういう意味で申し上げませ
んで、ただちょっと気になるのは、先ほどの契約の、とにかく関係で、ほかから見た場合
にちょっと安易に見られるおそれがあるんで、その辺おっしやった説明でよくわかるんで
すが、どうしてもおっしゃるようにパートといえども職員の一人一人、みんな一緒で総戦
力化するという部分も、受けることの方からすれば、日替わりになってきょうはだれとい
う、考えたらいかようにも徹底したらできるんですが、1人の子どもに対して勤務時間の、
私からするとそういうふうにならないと。その辺の危惧を、実際やってるところを見に来
たらというふうにおっしゃると思うんですが、その辺をやっぱり落ち着くべきところをし
っかりして、核になるとこおってこそパートにしっかり身につくから、その期間職員の、
後ろに控えておられますけども、こちちは乗り込んできてやるでしょうから押さえる人が、
そない。1年かけての引き継ぎということで、保護者とも話し合いをしますが、その2回
経験されてるようですから、どのようにするかよろしく。
○ ○○○理事長 ありがとうございます。○○のときは、残念ながら○○2カ園から職
員をあれこれ引っ張っていくわけにはまいりませんでしたので、全員地元型だったんです
が、こちらからご指示いただいてますように、現在お勤めの方の中でご希望の方が当然い
らっしゃったら、この方々も戦力としてお受けする。○○も同じような形で受けましたし、
こちらの園も同じことで受けました。それは子どもとの関係も含めて、若干家庭のある方、
それからこちらの園の場合ですと、○○といっても、いわゆるいろんなところから通って
る職員がおりますので、機軸になるものは極力現職員の中から専属という形でもって、異
動は可能かなというふうに1つは思っております。
 それから、私の感覚として思いますのは、先生方もよう頑張ってらっしゃって、しかし
有給休暇の消化、あるいは休憩確保、週休2日ということに関して言えば、我が法人だけ
ではなくて、公立さんもう少しその部分は徹底してやってらっしゃるかなと思います。そ
うしますと、そのいわゆる配置部分における役割のあり方で言うのなら、今ご懸念の部分
というのは、よく似た体制かというふうに思っています。私どもは、そこをどれだけうま
く子どもとの、あるいは保護者との関係づくりをできるかというところに力点を置いてや
りますので、今ご指摘のような子どもたちがまた違う先生やというふうなことにならない
部分を一つは努力をしたい。
 それから、よく言われることは、ちょっと専門的で恐縮なんですが、幼稚園さんのよう
に単独職員が1人でずっと1クラス1年かかわると、その職員さんの姿が、言葉遣いも含
めてうつるっていうふうに言われていますし、そんなことは何回も見ております。そのこ
とは実はプラスの側面と減点の側面がどうしてもそこには表裏一体であるわけでして。で
すから、減点もあるかわりに、加点もあるという部分も、どううまく乗せ変えていけるの
かというのは、我々のやっぱり現場的工夫の中にあるのかという部分はありますけど。
○ ○○○ それと最初資料調べるときに、○○という、地名をあえてひらがなつけなす
ったのはどうですか。元からですか。
○ ○○○理事長 いいえ、違うんです。実は、○○○の前の名前が○○○保育所だった
んですね。○○○は残るということでしたので、所というのを公立だったやり方から園と
いうふうに変えただけでございました。実は○○の園は、○○○保育所という名前だった
んですが、保護者の皆さんは当初我が方お預かりすることになったとき、どうするんやと
いうご質問がクラスにはございましたので、子どもたちの意向を聞いて変えてもええとい
うお話だったんですが。既に30年この方○○の園も公立園として卒園をしていった子ど
もたちが当然あるわけで、その子どもたちの帰ってくる場所が今度なくなるというのは、
私にとっては痛いことでございます。したがって、その○○○という園名は残したい。だ
けど、私立に変わったよという部分をどううまく表現できるのかということで、ちょっと
優しさをということで、遊びの○○だったり、友人の○○だったり、優しさの○○だった
りと、いろんな○○を漢字にするともう意味を持ってしまいますので、ひらがなで○○と
いうふうにつけさせていただきました。長いですけど。
○委員長 ほかにございますか。よろしいですか。
○ ○○○ 高石保育所の施設計画といいますかどうお考えですか。
○ ○○○理事長 勝手に見せていただきました。
○ ○○○ もう何かイメージとかっていうのは、ございますか。受けた場合どういうふ
うにして。
○ ○○○理事長 はっきり申し上げて、大分ひどう補てんせなあかんなというのが実際
でございます。誠に申しわけないことですが、しっかりした建物ですが、私が思う保育を
するためには、足らんと申し上げた方がいいかなというふうに思います。
 何がという詳しい話をせえというならしてもいいんですが。我が法人がお預かりをする
ことにもしなったら、精いっぱい努力をさせていただきたいと、このように思っておるこ
との何点かございます。特に現在○○○名の定数で、面積的には○○○名受けて余りある
ということだと思うんですが、残念ながら、本園も○○○名の定員で定員は増員しており
ませんが、現実○○○数名、15%上乗せ、丸々おしりがあって受けております。何か課
題になったかと言うと、やはりトイレのその数ですとか、そういった生活部分の能力の低
下なんです。面積は足りる。そんな話とはやっぱり違うんです。低年齢がふえるとか、人
数がふえることは、そういう部分の生活リズムをどうカバーできるかも片方で大事でござ
いますが、今のまんま引き継ぐわけですから、これ行政でおんぶしろというわけにはまい
らんでしょう。そういう部分は、この図面見せていただいて、外観見せていただいて、こ
ことここは最低やらんならんというのは、今現在の先生方の悩みも、願うところお聞かせ
いただきながら、保護者のご希望も乗せられたらいいなと。ただ先ほどご質問のように、
費用のかかることですし、助成金のあるなしかによって我が方の方針がどこまで受け入れ
られるのかというのも、正直申し上げて、決して見て楽でないなと。うかつに触るんだっ
たら、もうごめん建てかえさせてって言う方がいいかなっていうのも思わなくはありませ
ん。精いっぱい、よき内容を固執する努力はさせていただきたい、そんなふうに思います。
○委員長 ほかによろしいでしょうか。それではヒアリングこれで終わりたいと思います。
どうもご苦労さまでした。
もし、あした午前中よろしければ保育所見学をさせていただけますか。もしお邪
魔したときに色々とお話しをお聞かせ下さい。
○ ○○○理事長 うちはいつでも基本的にオープンにしてますので、いつでも結構なん
ですけれども。
○委員長 ですから、先生とこはうまくいって……。
○ ○○○理事長 7日と10日でも。
○委員長 そうですね、7日と10日。
○ ○○○理事長 それとは別々で、あしたも。
○ ○○○理事長 それならまた。連絡はまた。
○委員長 連絡させてもらいます。
○ ○○○理事長 わかりました。はい。委員の皆さんだけではなくて、園見学等につき
ましては、どなたでもいつでも結構でございます。時間があったら、ぜひのぞいてやって
いただきたい。○園とも、どちらでも結構。電話1本だけ頂戴できたら。特別、だからと
いうて変わったこといたしません。平常どおりいただくことになると思いますんで、よろ
しくお願いします。
○委員長 ありがとうございました。
○ ○○○理事長 ありがとうございました。失礼します。
○委員長 そしたらこれで終わらせてもらいます。

(2008.3.18 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp