核兵器廃絶へ、2016年国民平和大行進が高石市内を行進

戻る  新着情報

      核兵器廃絶へ、2016年国民平和大行進が高石市内を行進

 7月3日、2016年国民平和大行進(東京−広島コース)が和泉市役所から泉大津市役所、
高石市役所を通って堺市役所まで行進しました。この行進は、「被爆者とともに日本の草の
根から世界へ、すべての人が声を合わせ、核兵器全面禁止を求める幅広い国民共同行動」
として毎年取り組まれ、今年は、5月6日に東京夢の島の第五福竜丸(※)展示館前を出発
し、8月4日に広島に到着する予定です。
 行進は、高石市役所において午前11時45分から出発集会が行われ、阪口市長のあい
さつ、森市議会議長のメッセージ紹介、東京から広島までの通し行進者2名・大阪府内の
通し行進者12名の紹介があり、浜寺公園に向けて元気に出発しました。

※ 第五福竜丸:1954年3月1日にマーシャル諸島のビキニ環礁でアメリカが行った水爆実
  験で放射性降下物(死の灰)を浴びたマグロ漁船の名称。半年後に乗組員の久保山愛
  吉氏が死去した。この事件は日本の反核運動の出発点となった。また、マーシャル諸
  島で行われた核実験により被爆した漁船が多数あることが高知県の高校教諭等の地道
  な活動で明らかにされ、今年になって元乗組員等が国家賠償請求訴訟を提起している。

(2016.7.7 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp