大阪府財政再建プログラムプロジェクトチーム試案に係る申し入れ

戻る  新着情報

○ 大阪府財政再建プログラムプロジェクトチーム試案について、高石市職員労働組合2008年5月14日に高石市長宛に申し入れた申入文書です。


                                 2008年5月14日

 高石市長 阪 口 伸 六 様

                           高石市職員労働組合
                           執行委員長 小 倉  望

    大阪府財政再建プログラムプロジェクトチーム試案に係る申し入れ

 さる4月11日に発表された大阪府財政再建プログラムプロジェクトチーム試案(PT試
案)は、市町村長からの厳しい批判のほか、多くの府民、団体からも強い批判をあびてい
ます。高石市においても、臨海スポーツセンター、羽衣青少年センター、漕艇センターの
3施設がいずれも廃止されるという衝撃的な内容を含み、市民生活を守るという自治体の
役割から、PT試案については、慎重な対応が必要と考えますが、大阪府ホームページに
掲載されている資料だけではそのPT試案が実施された場合の市民や市町村への具体的影
響が必ずしも明らかではありません。ついては、下記事項を申し入れますので、真摯な対
応を要請するものです。

                     記

1 PT試案が実施された場合の高石市民と高石市に対する具体的影響を明らかにするこ
 と。
2 削減される大阪府の財政負担を本市が引き受けたと仮定した場合の本市の財政負担を
 明らかにす ること。
3 大阪府知事に対して、次の事項を申し入れること。
@ PT試案は、市民や市町村の合意のないまま強行しないこと。
A 臨海スポーツセンター、羽衣青少年センター、漕艇センターの廃止は一旦白紙に戻し、
  利用者、市民の意見を聞いた上で慎重に判断すること。

(2008年5月14日 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp