サンドリヨン[NEWS!詳報]集 /2007

墨絵のような雪景色
この冬は早くから何回も雪が降り、近辺の3つのスキー場は12月22日までに
すべてオープンしました。
22日からの連休には早くも元気いっぱいのスキーヤーやボーダーが訪れ初滑
りを楽しんでいます。
山の景色もすっかり冬景色に変わり、一面の銀世界になりました。
モノトーン(=単調)で、静かだけれども、一面真っ白な中にたくさんの木や枝の
やや黒い線と影が織り成す光景は、何故か生き生きとしています。
雪と木々は仲良く美しい景色を作っているのでしょうか?!
いわば、墨絵の世界です。
今年の銀世界を見て、ふと、こんな風に思いました。
〈写真:サンドリヨンの庭の雪と近くの林/12月23日撮影〉
[NEWS!詳報16]
(12月28日 記)

雪に期待!
山の木々の葉が落ち稜線が見えはじめ、今年は早くから雪も降り、山はすっかり冬景色に変わりました。
8日には宝台樹スキー場もオープン、22日に藤原スキー場と水上高原スキー場がオープン。
いよいよスキーシーズンのはじまりです。
この冬は大いに雪に期待が持てそうです。
[NEWS!詳報15]
(12月9日 記)
初 雪
ここ、サンドリヨンのまわりでは、初雪が18日の午後4時頃から降り始め、翌19日の朝には30センチの積雪になりました。
紅葉が終わり、いよいよ寒い冬への序章です。
[NEWS!詳報14]
(11月20日 記)

今年の紅葉(5)
1週間から10日位遅れた今年の紅葉。
今、サンドリヨンの周りでは終わり、大穴から水上駅や温泉街周辺の地域に移り、見ごろを迎えました。
ここを過ぎると、その後月夜野地区へと移って行きます。
[NEWS!詳報13]
(11月17日 記)

今年の紅葉(4)
湯の小屋からサンドリヨンのまわりを通り、藤原湖畔から綱子(つなご)まで、
今、まさに紅葉の真っ盛り!
全山が燃えています。
大穴から水上温泉の方にかけても紅葉がはじまりました。
〈写真:サンドリヨンの庭の紅葉と近くの林/11月1日撮影〉
[NEWS!詳報12]
(11月5日 記)

今年の紅葉(3)
サンドリヨンのまわりから藤原湖畔にかけて全山で紅葉が見ごろを迎えました。
例年より一週間以上遅れての紅葉です。
11月上旬頃までは楽しめそうです。
今、谷川岳も見ごろを迎えています。
(写真:サンドリヨンからすぐ近くの白樺林の紅葉/10月20日撮影)
[NEWS!詳報11]
(10月28日 記)

今年の紅葉(2)
このところの冷え込みですっかり秋の景色になりました。
照葉峡の紅葉が見ごろを迎えました。湯の小屋は7分の紅葉、でもサンドリヨンの周り
はやっと3分の紅葉です。
(写真:照葉峡の紅葉/10月15日撮影)
[NEWS!詳報10]
(10月21日 記)

今年の紅葉(1)
今、尾瀬では1週間から10日ぐらい遅れて紅葉の見ごろを迎えました。
尾瀬の周りの山々から水源の森にかけてすっかり紅葉に包まれました。
照葉峡や湯の小屋はまだ少し色が出てきた程度で見ごろはもう少し先になりそうです。
(写真:奥利根水源の森の紅葉/10月15日撮影)
[NEWS!詳報9]
(10月15日 記)

中秋の名月
このところ暑い日が続いていましたが、中秋の名月を迎える頃になって、
やっと秋らしい涼しい日になりました。
今日、25日は中秋の名月(写真:25日午後7時30分撮影)。
山では、すすき(尾花)が満開、月にはすすきが似合うのでしょうか? 
日が暮れて、南の空高くまん丸の月が上ると、あたり一面明るくなりすすきが輝いています。
[NEWS!詳報8]
(9月25日 記)

9月に入ると山はすっかり秋の気配
萩の花も咲き、すすきやコスモスが涼風に揺れています。
8月30日に「尾瀬国立公園」が誕生しました。
みなかみ側の尾瀬の玄関口、鳩待峠まではサンドリヨンから車で40分ほどのところです。
9月、尾瀬ヶ原ではオゼリンドウやオゼヌマアザミが見頃となります。
その後9月末になると尾瀬では紅葉が始まります。
山の秋は自然を色で感じる季節。
標高の高い所から低い所へと移り行く紅葉の美しさを満喫する季節です。
秋も深まってくると山ぐり、くるみ、山ぶどう、きのこなど山の幸の実りを迎えます。
道端で栗拾いができるのも山ならではの楽しみの一つです。
[NEWS!詳報7]
(9月3日 記)

涼しい風が吹きはじめました! コスモスの花が咲く
サンドリヨンのダイニングルームからふと眺めると、
庭のコスモスが咲きはじめススキが穂を出しました。
このところ天気続きの素晴らしい夏、でも夕方から涼しくなり
山ではまもなく秋風が吹く気配が漂いはじめました。
[NEWS!詳報6]
(8月18日 記)

本格的な夏がやってきた!/とれたての野菜もテーブルに
遅い梅雨が明けて、山にも本格的な夏がやってきました。
今、山百合は満開になり見頃を迎えました。あげはちょうがどこからともなく蜜を吸いに飛んできます。
ここ数日、日中は気温も高くなり晴れる日も多く、庭先にあるミニ菜園の夏野菜が採れはじめて、きゅうりやミニトマトがテーブルにのるようになりました。
きゅうりは味噌をつけてパリパリと、トマトも甘くてジューシーな味わいを楽しめます。
なすやピーマン、モロッコいんげんなどもまもなく採れそう。
化学肥料を使わないで自然のままに実った、「とれたての夏野菜」はお客様にとても喜ばれています。
[NEWS!詳報5]
(8月6日 記)

サンドリヨンのすぐ近くでホタル観賞/お客様も大感激!
サンドリヨンの庭先に流れる沢のホタルは4〜5日前で終わりましたが、ここから歩いて数分の所にあるたんぼの横にある沢(藤原スキー場のとなり)では、いま、たくさんのホタルを見ることができます。
28日(土)の夜8時過ぎに小雨の降る中、傘をさしてお客様と見に行きました。しばらくして雨が止むと一斉に飛び始め数十匹のホタルを見ることができました。
お客様も大感激!
サンドリヨンのホタルより10日以上ずれていますので8月中旬までは楽しめそうです。
ちなみに、ホタルの観賞時間は夜暗くなってからすぐの8時から9時頃。この時間が一番ホタルが飛びます。夏休みにお越しいただいたお客様にはご案内しております。
[NEWS!詳報4]
(7月31日 記)

いよいよ夏、山の自然に向かう。
鶯が時々気持ち良さそうに鳴いています。
あたりには、もんしろちょうが飛び交い、他のちょうも姿を見せ、
あちこちで小鳥がさえずり、遠くの山からはかっこうの鳴き声も聞こえます。
木々を見れば栗やくるみの花は落ち、実がつきはじめました。
地面にはバッタも出はじめました。
いよいよ本格的な夏に向かっての山の自然の躍動を感じる今日このごろです。
梅雨が明ければ山も夏本番。
涼しく爽やかな自然界へ飛び出そう!
[NEWS!詳報3]
(7月19日 記)

ラベンダーが咲きはじめました。
サンドリヨンの庭のラベンダーが咲きはじめました。
今年は梅雨でも雨が少ないため見事な花を咲かせています。
次々開花して今月いっぱいは咲いていそうです。
ラベンダーは「癒し」のハーブ。枕元に置くと安眠できるといわれています。
お持ちかえりオーケー。
7月はホタルとラベンダー、楽しみが2つになりました。
[NEWS!詳報2]
(7月3日 記)

ホタル現る!!
サンドリヨンの庭に接して流れる沢(上の写真)にホタルがかえってきました。
右に、左に、前に、奥に、飛び交います。
サンドリヨンの庭でもあちこちに・・・
ダイニングルームや部屋の窓からも見ることができます。
このホタルは「ヘイケボタル」です。7月いっぱいは見られそうです。
[NEWS!詳報1]
(6月30日 記)




Copyright © 2003-2008 Pension Cendrillon