営業案内 オフィス案内 申し込みフォーム お問い合わせ ホーム
基本料金と作業日数 業務の流れ 録音の媒体 納品ファイル形式 起こし方
表記辞書指定 諸費用 お支払い方法 お願い 守秘義務について
基本料金と作業日数

料金 1分当たり170円(税込)〜 (応相談)

1時間の音声で約1万円になります。
1分単位で計算いたします。1分以上の無音部分は計算いたしません。


納期の目安  1〜2時間の音声で約1週間  5時間まで約2週間

録音媒体を頂いてからの日数になります。

ご相談ください。予約がいっぱいですぐ対応できないこともございます。

業務の流れ

 (1)お問い合わせ
  
メールでお願いいたします。24時間以内に折り返しご連絡をいたします。

 (2)打ち合わせ・お見積
  お電話やメールなどで打ち合わせをいたします。

 (3)起こし作業開始
  録音媒体をお送りください。確認後、作業を開始いたします。

 (4)納品
  原稿のファイルをメール添付、CD・USBメモリ等で郵送、宅配いたします。

 (5)録音媒体返却と請求書発行
  納品後、録音媒体と資料等を返却いたします。
  原稿を確認していただきましたら、請求書を発行いたします。

 (6)お支払い
  1カ月以内に振込先に入金をお願いいたします。(銀行、郵便局)
  また、お客様指定のお支払い期日がございましたら、お申しつけください。
  (振込手数料はお客様ご負担でお願いいたします)

録音の媒体                             (先頭へ)

  音声データ、ビデオデータ(Windowsメディアプレーヤーで再生できるもの)
  ICレコーダー(mp3、wave、ソニーmsv、dvf)
  カセットテープ
  MD
  DVD
  ブルーレイ
  VHSビデオテープ

納品ファイル形式

  テキスト(txt)   ワード(doc)(docx)   一太郎(jtd)
起こし方

 (1)【音声どおり】 調査記録等にお勧め

  すべて聞こえたとおりに起こします。どもりやあー、えーなどの言葉も文字にします。

 (2)【ケバ取りのみ】 インタビューにお勧め

  あー、えー、えっと、などの無意味な発言を取り、「〜なんですね」など、語り口調を生かします。
  意味不明なところや誤り、口癖はそのまま起こします。

 (3)【整文(せいぶん)】 会議・講演・セミナー・ディスカッション・シンポジウムにお勧め

  読みやすい文章にいたします。
  打ち合わせにて詳細を決めたいと思います。
 (例えば、話し言葉は書き言葉にする。倒置を修正など)

表記辞書指定

  新聞で使われている漢字表記を基準としています。

   ※参考にしている表記辞書
   記者ハンドブック ・NHK新用字用語辞典・毎日新聞用語集・標準用字用例辞典(日本速記協会)
諸費用 (お客様にご負担いただく費用)           (先頭へ)

  ・録音媒体、資料を宅配便などでお送りいただく際の送料。
  ・お支払いの際のお振り込み手数料。

  ※録音媒体・資料返却時の配送料は、こちらで負担させていただきます。

お支払い方法

  振込先は銀行・郵便局からお願いいたします。
  振込取扱票の振込金受領書を領収書とさせていただきます。
  別途、領収書が必要な場合は、ご相談ください。

お願い

  録音状態が悪く、非常に聞き取りにくい場合は、お断りすることもございます。
守秘義務について

  ご依頼いただきました音声の情報について、決して口外いたしません。
  ダビングしたデータはご入金確認後、消去いたします。
  校正出力紙はシュレッダーにかけて廃棄いたします。


先頭へ  ホームへ


Copyright(C) SPRING LETTER 2003―2012
All rights reserved.