MENU

第1部 霊的真理のエッセンス

第1章 神とは……スピリチュアリズムが明らかにした正しい神観

スピリチュアリズムは、単なる心霊現象の研究でもなければ、心霊知識の学問でもありません。スピリチュアリズムの一番の本質は、神を唯一の信仰対象とし、神への絶対帰依を目指す生き方です。言い換えれば“神への純粋な信仰”がスピリチュアリズムということなのです。 高級霊の霊界通信は、霊界のすべての人々が神に対して純粋な信仰を持ち、それが常識となっていることを明らかにしています。そうした霊界人の神に対する信仰を地上にもたらそうとするのが、スピリチュアリズムの一つの目的なのです。

人間が地上人生を正しく歩むためには、死後の世界についての知識と、神についての知識がともに不可欠です。ここでは、霊界通信によって明らかにされた神についての霊的真理――「神観」を学びます。

(一)スピリチュアリズムは神への敬虔(けいけん)な信仰

霊界人は皆、敬虔な神信仰者

霊界では、神の存在を疑う者はいません。それは地上人の中で誰ひとり、空気の存在を疑う者がいないのと同じことです。霊界における神の認識は、頭で理解するとか無理に信じ込むといった次元を超えています。地上では熱心な信仰者であっても、何か困難な状況に遭遇すると神の存在や導きに疑いを抱くようになりますが、それはまだ本当には神を実感していないからです。

地上人はしばしば「私は神を信じる」という言葉を口にしますが、その実態は、神がいるということを自分に納得させる・思い込ませるといった程度のものです。残念ながら地上世界では、神を実感することは、ほとんど不可能と言わざるをえません。それは地上人が肉体という物質の衣服に覆(おお)われているため、霊的感性が鈍くなっているからです。

これに対し霊界人の神についての認識は、地上人とは根本的に異なっています。霊界では“信じる”という次元をはるかに超えて、ストレートに神を実感できるようになっています。日常生活の中で常にリアルな感覚をともなって、神を感じられるようになっているのです。そのため霊界では、神の実在は万人にとっての常識となっています。霊界には、地上世界のような無神論者は一人もいません。この点で、霊界と地上界は大きく違っています。

インペレーター霊は『霊訓』の中で、次のように霊界人の神に対する実感と、神への信仰心を述べています。

「神への信頼があまりに実感あふれるものであるがゆえに、敢えて思案をめぐらす必要を感じないのである。我らは神のために生き、神に向かって生きていく。神の意志を知り、それを実践しようとする。そうすることが、自分のみならず、すべての創造物に対し、なにがしかの貢献をすることになると信じるからである。またそうすることが、神に対する人間としての当然の敬意を表明するゆえんであり、神が嘉納(かのう)される唯一の献上物なのである。我らは神を敬愛する。神を崇拝する。神を敬慕する。神に絶対的に従う。」

スピリチュアリズムの神観

スピリチュアリズムの神観とは、霊界通信によって明らかにされた霊界人に共通する「神認識」と「神信仰」に他なりません。霊界人の誰もが共通に持っている神についての知識と神への崇拝の念が、スピリチュアリズムの神観であり、スピリチュアリズムの目指す信仰なのです。スピリチュアリズムは、霊界人を手本として、神への本当の信仰を地上にもたらそうとする霊的啓蒙運動です。

高級霊の霊界通信によって明らかにされた正しい神観の具体的内容は――「神は唯一の無形の存在者(大霊としての神)」「神は霊界・宇宙の創造者(創造主としての神)」「神は人間にとって霊的な親であり、愛の存在者(愛の神)」「神は法則を通じて霊界・宇宙・万物を支配する存在者(法則の神)」ということになります。

以下では、それら一つひとつについて見ていきます。

(二)神は唯一の無形の存在者――「大霊としての神」

唯一の神

地球上の宗教の中には、キリスト教・イスラム教などのように唯一の神を崇拝の対象とする“一神教”と、神道・ヒンズー教・古代ギリシャ宗教・古代エジプト宗教のように多くの神々を崇拝の対象とする“多神教”があります。結論を言えば、私たちが“神”として信仰・崇拝の対象とすべきは「唯一の神」のみです。多くの神々を崇拝することは間違いです。

多神教では、(後述する)天使や背後霊や他界した人霊を神に祭り上げ崇拝してきました。天使や妖精といった霊的存在の多くが、霊的レベル・霊的な純粋度において地上の人間よりもはるかに高いため、これらを無条件に崇(あが)め、信仰・崇拝の対象としてしまったのです。もちろん霊的に純粋なものを敬うという多神教それ自体には不純さはありませんし、咎(とが)められるべきものではありません。

しかしスピリチュアリズムによって「霊的事実」が明らかにされた以上、これまでの多神教信仰を卒業して、本当の信仰・一神教信仰に進歩していかなければなりません。多神教において崇拝の対象としてきた天使や高級霊にとっては、自分たちが地上人から崇拝されるのはありがたいことではなく、むしろたいへん迷惑なことなのです。

天使も高級霊も指導霊も、霊界で「唯一の神(大霊)」を崇拝し、この神以外に崇拝の対象はないことを知っています。かつては地球人類の霊的未熟さに合わせて、霊的先輩としての立場から神の代理者を演じてきましたが、スピリチュアリズムが地上に展開を始めた後は「唯一の神(大霊)」だけを崇拝する“真実の信仰”を地上に普及させようとしているのです。

無形の神・霊界と宇宙を包み込む大霊

霊性が未熟であった時代の地上の宗教では、神を人間のような外見を持った存在として考えてきました。言うまでもなく神とは、そうした形態を持った存在ではありません。

私たち人間は、自分自身の内に心(意識)があることを実感しています。しかし、心そのものを取り出して見ることはできません。確かに存在しているのですが、形を持っていないために見ることができないのです。

これと同じく、神も無形の存在です。神は、霊界・宇宙のすべてに遍在している「無限大の広がりを持った大きな心」「無限大の意識体」と言えます。すなわち神は、霊界・宇宙を包み込む「大霊」ということになります。神は外形はありませんが、大霊として間違いなく存在しているのです。

性別を超越している神

太古の地球人は、神を人間と似通った存在と考えてきました。その際、神を男性のようにとらえることが一般的でした。そのため現在に至るまで、神は“男性格”として思い描かれ、男性として呼ばれてきました。しかし本当の神(大霊)は、地上人が考えてきたような性別を持った存在ではありません。神は、男性・女性の区別を超越した存在です。神は地上世界の性別を内蔵していますが、地上的区別を超越した存在者なのです。

物質世界に見られる男性・女性(陽・陰)のすべては、神から出たものです。それを人間の側から見るなら、「神はすべての陽・陰を含む中性体」ということになります。その意味で古代中国思想(陰陽思想)での太極(たいきょく)(神・第一原因)についての説明は、それなりに正当性を持っています。ただし地上世界における陽・陰の区別は、霊界では進化とともに淡(うす)くなっていきます。男女の区別は物質世界に特有の区別にすぎず、霊界を支配する原理ではありません。

地上人が神に向かって祈りを捧げるとき、これまで「天の父」というような男性格の呼称を用いてきましたが、それもそろそろ卒業すべき時代に至っています。霊的事実に照らしたときには「大霊」や「天の親様」と呼びかけた方が、神の本質を正しく表現していることになります。それが、これからの正しい神の呼称と言えます。

(三)神は霊界・宇宙の創造者――「創造主としての神」

神は霊界・宇宙の創造主

神は、霊界と宇宙(物質界)を造られました。神はまた、霊界と宇宙のすべての存在物(天使・人間・動植物)を創造されました。具体的にどのようなプロセスで、神がこれらを創造していったのかは、今後の科学が明らかにしていくことになるでしょう。

神が万物を創造したということは、創造者である神と造られた万物が、別々の存在であるということを意味します。この神と万物の関係を、人間の母親と赤ちゃんの譬(たと)えをあげて説明すれば次のようになります。

胎児が、まだお母さんのお腹(なか)の中にいてへその緒で結ばれている間は、お母さんと胎児は肉体的に一体となっています。このとき胎児は、まだお母さんの肉体の一部と言えます。もしお母さんが死ぬようなことになれば、赤ちゃんも同時に死ぬことになるからです。しかし、いったんお母さんの肉体から生まれ出た後は、赤ちゃんは母親とは完全に別の存在となります。お母さんが死ぬようなことになっても、赤ちゃんは生きていくことができるからです。赤ちゃんは母親によって存在するようになりましたが、生まれてからは母親とは別の人間になったのです。

神と万物との関係もこれと同じで、いったん創造された後は、神と万物は別々の存在となったのです。

神によって創造された人間

私たち人間も、神によって造られました。その事実は、神が人間にとっての「生みの親」であるということを意味します。神は人間にとって「霊的な親」なのです。私たちの内には、神の分霊(ミニチュアの神)が存在しています。その“神の分霊”こそが、私たち人間の一番の本質であり本我なのです。大霊である神は、自らの内から分霊を出し、独立した“魂”としました。そしてこの魂に“自由意志”を与え、自分と対等な立場を与えました。これが神による人間創造のプロセスです。こうして親なる神によって生み出された人間は皆、神の家族の一員となり「神の子供」となったのです。

分霊として独立するまでは、私たちは人間として存在していませんでした。私たちは皆、“霊の大海”の中に溶け込んでいました。大霊である神が、そこから一滴を取り出して(分霊化して)ミニチュアの大霊としたために、神とは別の個性的存在として誕生することになったのです。「神の子供」として神から生まれた私たち人間の内には、多くの“神的要素”が含まれています。人間の創造に際し、神は自分の内にあったさまざまな要素を人間に付与しました。こうして人間は、神に似た存在となったのです。

“汎神論”は間違い

以上が神の創造についての説明ですが、このようにスピリチュアリズムは明確な「創造神論」の立場に立っています。この創造神論に対立する考え方が汎神論的神観です。

“汎神論”は、宇宙・万物をそのまま“神”と見なす思想です。神イコール宇宙・神イコール万物と考え、宇宙のすべては“神の顕(あらわ)れ”であるとします。こうした論法で、神の創造性を否定します。汎神論の論理を極限まで突き詰めると、私たち人間は神の身体の一部、神そのものということになってしまいます。しかし、これは霊的事実とは一致しない間違った考え方です。神の創造性を否定する“汎神論”は間違っています。

とは言っても、汎神論的発想が分からないわけではありません。なぜなら深い瞑想中に味わう至福状態下では、自分自身が宇宙そのものになったような体験をすることがあるからです。まさに神と一つになったような強烈な感覚の世界に入ることがあるのです。しかし、それはどこまでも主観的な霊的感覚であって、実際に大霊である神と一体になったわけではありません。自分の身体が、神と融合してしまったわけではありません。

一方、古代インド思想や神智学では、人間は長い霊的進化の果てに“ニルバーナ”という境地に至って神と一つに融合するようになる、と教えてきました。言うまでもなくニルバーナの思想は事実ではありません。人間はどこまでいっても「神の子供」であり、神とは別の存在として生きていきます。人間の霊的成長は永遠に続き、これで終わりという時は訪れません。そうした限りのない霊性進化の過程の中で、人間は“愛”において神とより密接になっていくのです。神と人間は愛の関係において一体化を深めていきますが、存在そのものが融合して一つになってしまうようなことはありません。

――汎神論では、神と万物(宇宙や人間など)のどちらの側にウエイトを持っていくかで世界像が大きく違ってきます。“万物の側”にウエイトを置けば創造神の存在を否定することになり、それをさらに進めれば“唯物論”にまで至ってしまいます。しかし、これまで宗教で説かれてきた汎神論は“神の側”にウエイトを置いて万物を論じたものであり、神の存在を否定しようとしたものではありません。

――シャカは、神の存在を否定して人間中心の教えを説きました。これは霊的事実の観点からすると明らかに誤謬(ごびゅう)であり、真理の大きな後退と言えます。

――シルバーバーチは時に、「あなたは神なのです」と言うことがあります。これを文字どおりに受け取ると“汎神論”を説いていることになってしまいます。しかし実際にはシルバーバーチは汎神論ではなく、どこまでも創造神的立場に立っています。

シルバーバーチの言葉の一部だけを見ると汎神論のように感じられるかもしれませんが、絶えず祈りの中で「あなた……」と神に語りかけていることから明らかなように、シルバーバーチは神と自分を別々の存在として意識しているのです。

(四)神は人間にとって霊的な親であり、愛の存在者――「愛の神」

先に述べたように、神は私たち人間を子供として創造されました。神は人間にとって霊(魂)の親なのです。その霊的な親である神と私たち子供は、どのような絆で結ばれているのでしょうか。

神と人間を結ぶ愛の絆

神は、単に無感情・無感動に人間をはじめとする万物を造られたのではありません。人間の親は子供に対して愛情を抱きますが、そうした人間の所有する愛情は、もともと神の内にあったものです。“神の創造”―すなわち分霊化に際して、神の中にあった“愛”という要素が人間に付与されることになったのです。人間の親子が愛で結ばれているように、「霊的な親」である神と「子供」である人間も“愛”によって結ばれています。

神は、愛の思いから私たち一人ひとりのイメージを描き、かけがえのない自分の子供として生み出されました。一人ひとりの人間は、神の愛によって存在するようになったのです。そして今この時も、神は絶大な愛で愛し続けてくれています。神と私たち人間との関係の一番の本質は“愛”による結びつきです。神と人間は愛という“霊的絆”で結ばれているのです。

しかし残念なことに「神の愛」は、肉体という物質に覆われている地上人には、直接的には感じられないようになっています。そうした地上人も死後霊界に入ると、神の愛をひしひしと感じるようになるのです。

地上人に「神の愛」を届ける霊的先輩たち

神の愛は、守護霊や背後霊といった霊的先輩たちを通して地上人に届けられます。私たち地上人は、霊界にいる先輩霊たちを介して間接的に神の愛に触れるようになっています。日常生活の中で、時に神の愛を実感することがありますが、その多くが彼らによってもたらされたものなのです。

神の愛を多く受け取ることができればできるほど、その人間は神の存在を強く実感するようになります。この神の愛の受容性を左右するのが、一人ひとりの「霊的成長レベル(霊格)」なのです。

(五)神は法則を通じて霊界・宇宙・万物を支配する存在者――「法則の神」

摂理による神の支配

高級霊が神について論じるとき必ず言及するのが、神の造られた「摂理(法則)」です。宇宙とそこに存在する万物は、神の造られた摂理(法則)によって厳格に支配され維持されています。宇宙に発生するすべての現象が、神の造られた一連の法則によって引き起こされているのです。

宇宙の天体の規則正しい運行、物質のミクロの世界における運動の完璧性、また生物・生命界における狂いのない規則性――こうした宇宙に存在する秩序は、世界が「神の摂理」によって支配されていることを示しています。

神の完全性を示す摂理の完璧性

神が霊界・宇宙のすべてを支配し管理するために造られた「摂理(法則)」には、神の偉大さ・完全性がそのまま反映されています。地上人類は神の造られた摂理を通して、神の全知全能性を知ることができます。宇宙を支配する摂理は、神の知性の一面を表しています。摂理の完璧性を通して、神の知性がいかに完全なものであるかを知り、神がまさしく全知全能の方であることを理解することができます。

高級霊は、神の摂理の完璧性に対して幾度となく感嘆の思いを述べています。私たちも霊界の高級霊に倣(なら)って、宇宙の天体の運行や物質のミクロの世界の運動、そして自然界の営みの中に神の完全性を見い出し、神の姿の一端に触れ、感動に浸りたいものです。

摂理を通して現れる神

神によって創造された人間も、当然「神の摂理(法則)」の支配を受けます。人間は常に神の摂理の枠内にあり、摂理を通して神と接点を持ち、神と間接的な関係を保つことになります。神―摂理(法則)―人間という関係の中で、神が直接人間に働きかけるようなことはありません。

こうした“神”を人間サイドから見るなら――「神は常に法則として現れる」ということになります。神と法則が一体(一つ)になって“法則の神”として現れることになります。

厳格な摂理の支配と、完全平等・完全公平の世界

神は、法則を通じて霊界と宇宙を支配しています。その支配の仕方は機械的であり、正確・厳格であり、そこには何ひとつ例外はありません。もし神の摂理による支配に例外があるとするなら、神みずからが宇宙全体の秩序を崩すことになってしまいます。

そうした神の法則の機械性・厳格性は、人間サイドからすると、無慈悲で冷酷な神が存在しているように見えます。神は人間を愛もなく無慈悲に支配し、どんなに苦しくても手を貸してくれない、というように映ってしまいます。実際、歴史上の多くの信仰者が、熱心に神を信じながらも途中から神を呪(のろ)い、最後には神に反抗するようになっていきました。

摂理は一点の妥協もなく、常に機械的な正確さと厳格さをもって万物を支配しています。この摂理の支配から逃れられる人間は一人もいません。それゆえすべての人間の間に、完璧な平等と公平が維持されるようになっています。人間はとかく、神に対して自分への特別な配慮を願いがちです。しかし法則による厳格な支配は、全人類を完全平等・完全公平に扱うシステムとなっています。そこには特別な恩寵(おんちょう)もえこひいきもありません。人間サイドの個人的事情によって、神の摂理が変更させられるようなことは決してないのです。

神に対する正しい姿勢・正しい信仰とは

人間が神に近づくためには「神の摂理(法則)」を正しく理解し、それにそって生活を営むように努力するしかありません。神に特別な配慮を願うのではなく、自分の方から神の造られた摂理に合わせていくべきなのです。そうした努力こそが、まさに“正しい信仰”と言えます。

神を信じる者は、ともすると自分の願いが聞き届けられ、特別な配慮が与えられることを期待します。神によって奇跡が起こされ、他人とは異なる恩恵がもたらされることを祈ります。敵を懲(こ)らしめ、罰してくれることを祈り求めます。地上の信仰者の心の内には、常にこうした神への期待・願望が潜んでいます。しかしそのような祈りは、すべて無視されることになります。なぜなら摂理を通して世界を支配するシステムの中では、神が直接、地上人の願いに応じるようなことはないからです。神が格別の計らいによって奇跡を起こすようなことは絶対にないからです。

これまで地上人類は、神に自分の願い事を聞き届けてもらおうとする間違った信仰・的外れな信仰を延々と続けてきました。必死に神に願い事をすることが熱心な信仰だと錯覚してきたのです。

摂理の背後に“神の慈悲”が存在する

摂理が支配する世界は、一見すると、とても冷たく無慈悲な世界のように映ります。しかし、この摂理の背後に“神の慈悲”が存在しているのです。すべての摂理(法則)は、神の大きな慈悲から造り出されました。摂理(法則)自体には慈悲はありませんが、それを造った神の心の内には、人間の幸せと成長を願う“親の愛”があるのです。

もし人間が自分だけに特別な慈悲を願うなら、神の愛が分からなくなり、法則の冷たい無慈悲な面だけが前面に迫ってくるようになります。そして、「神などいない!」ということになってしまいます。神を正しく理解する者のみが、厳格な摂理の支配の中に「神の愛」が遍在していることを知ることができるのです。

――シルバーバーチは、しばしば「神とは法則です」という表現をしていますが、この言葉は誤解を招きがちです。シルバーバーチの神観の真意を理解するためには、次の箇所を併せて読む必要があります――「神は大自然の法則より、もっと大きい存在です。なぜなら、その法則を支配しているのが神だからです。神とは、その自然法則と同時に、それが作動する仕組みをもこしらえた無限なる知性です。」

シルバーバーチは、はっきりと「摂理は神が造られたものである」と述べています。すなわちシルバーバーチは、摂理は神の属性であって、神そのものではないことを明らかにしているのです。

――シャカは、自然界の法則に注目しました。そしてこの世の万物は相互関係の中で存在し、常に生生(しょうじょう)流転(るてん)し変化しているという「縁起(えんぎ)説」「無常説」を説きました。「万物はたえず移り変わり、一つとして不変なもの・不変な実体はない。しかるに人間は永遠に憧れ、不変な実体を願い求めるところに執着が起こり、苦しみが発生するようになる」とシャカは考えました。

自然界の法則性に注目したシャカの姿勢に問題はありませんが、シャカが明らかにした“法”は、神の造られた物質界の「摂理(法則)」のごく一部分にすぎません。それをもって根本真理としたことは、大きな錯覚・誤謬と言えます。またその自然界の法則を拡大解釈し、第一原因である神の存在を否定したことは明らかに間違っていると言わざるをえません。