MENU

3章 地球浄化の大事業

〔本章でもこうした交霊会を通してその霊界通信の背後にもくろまれている世界的規模の計画について語る〕

私たちが携わっている仕事には確固たる目的があります。意図があります。宇宙に絶対不変の摂理が存在することを証明するだけではありません。地上の人間に慰めを与え、霊的知識を広めるという目的もあるのです。物理的法則だけでなく霊的法則も存在することを証明してあげることも私たちの仕事の一環です。

その仕事の前途に立ちはだかるのは、誤った宗教的教義によって築かれた巨大な組織です。何世紀にもわたって続いてきたものを元に戻さなくてはなりません。誤った教義を土台として築かれた上部構造を取り壊さなくてはならないのです。

私たちは物質の世界の子等がいかにすれば伸び伸びと生きることが出来るか、いかにすれば霊的真理の光に浴することが出来るか、いかにすれば人間的産物である教義への隷属状態から脱け出せるかをお教えしようとしているところです。もとよりそれは容易な仕事ではありません。なぜなら、いったん宗教的束縛を受けるようになると、その迷信の厚い壁を真理の光が突き抜けるには、永い永い時間を要するからです。

その霊的真理の宗教的意義を披露することこそ私たちの努力目標です。地上人類がその霊的な重要性を認識すれば、戦争や流血による革命よりも遥かに大きな革命が生じるからです。魂の革命とも呼ぶべきものです。地上の全ての人間が魂としての本来の権利――霊的存在としての自由を享受する権利を我がものとすることになりましょう。その時は、何世紀にもわたって魂の足枷となってきたものが全て取り払われることでしょう。

私たちが忠誠を尽くすのは一つの教義でもなく、一冊の書物でもなく、生命の大霊とその永遠不滅の摂理です。

いずれ、強大な霊力が物質界へと流入します。地上のあらゆる国においてその威力が感じ取られるようになります。利己主義と無知の勢力を迎え撃つという仕事は、並大抵の力では成就できないからです。いつかは必ず克服します。しかし、その途中の段階では大きな産みの痛みは避けられません。

あなた方の味方として大変な数の霊が差し向けられております。その中にはあなた方のよく知っている人々もいます。血縁でつながっている人もいれば、あなた方への愛の念から馳せ参じている人もいます。しかしそれがどういう人であるかについて、あなた方があの人この人と想像なさるのも結構ですが、それ以外にあなた方とは何の縁もゆかりもない人々で、自分の存在を知ってもらいたいとも功績を認めてもらいたいとも思わず、ただひたすら自分を役立てたいというサービスの精神から参加している人が無数にいることを忘れないでください。

地上世界はサウロがダマスカスへ向かう途中で体験したような、目の眩むような閃光で一気に改革されるものではありません。大霊の霊力の道具が増え、そのチャンネルを通して届けられる霊的真理に目覚める人の数が増すにつれて、少しずつ霊的な光明が地上界に行きわたるのです。

霊に係わることは慎重な配慮による養成と進歩を要します。急激な変心は永続きしません。私たちの仕事は永続性を目指しているのです。一人また一人と、暗闇から光明へ、無知から知識へ、迷信から真理へと這い出るごとに地上界が進歩するのです。その一人ひとりが物質第一主義の棺に打ち込む一本のクギなのです。

発達にも二種類あることを知らないといけません。精神に係わるものと霊に係わるものです。前者は心霊的能力の発達にすぎませんが、後者は魂の成長そのものです。心霊能力が発揮されても魂の成長が伴わなければ、低いバイブレーションの仕事しかできません。両者がうまく組み合わさった時は、優れた霊能者であると同時に、偉大な人格をそなえた人物となります。

人間を真の意味で自由にし、大霊から授かった資質を有り難く思わせてくれるメッセージ、あらゆる拘束物や束縛を振り棄てる方法を教えてくれるメッセージ、霊的知識を十分に満喫させてくれるメッセージ、物質界だけでなく死後の世界にも通用する生き方を教えてくれるメッセージ、美と愛と叡智と理解力と真実と幸せをもたらしてくれるメッセージ、そして人のためというサービスの精神を説くメッセージ――私たちは、こうした、形容する用語を超越した素晴らしいメッセージを、地上という物質界へお届けしているところです。

なのに私たちは、大霊の啓示が理解できない人たちによる拒絶に遭っております。彼らは、いつの時代にもそうであったように、霊というものの存在を否定します。

しかし、私たちの行っている仕事は今後もますます要請されてまいります。地上世界は流血と悲劇と苦悩にあふれております。無明ゆえに神の摂理にそった生き方をせずに暗黒と絶望へ向かう道を選択してしまいました。そこで私たちが希望と光明と安らぎと調和へ導く叡智をお教えしようとしているのです。それを地上の人間は無知から軽蔑しようとします。お届けするメッセージを拒絶します。霊力の働きかけを否定します。しかし、そうした態度にお構いなく、真理は地上へ広がって行くことは間違いありません。大霊を始源としているからです。

神の摂理に逆らった生き方をする人は自ら酷しい収穫を刈り取らねばなりません。摂理に素直にしたがって生きる人は、物的な面においても霊的な面においても、幸せと豊かさを手にすることになります。

地上界に蔓延している暗黒の中にあっても決して希望を失うことなく、人類の高揚のためにあなた方とともに働いている霊たち、物質界を少しでも良くしようと心を砕いている霊たちは必ずやその闇を駆逐してくれるとの信念に燃えてください。それは宇宙でも最強の力だからです。

しょせん価値あるものは苦難と悲哀なくしては成就できないのです。教訓にはそれなりの入手方法というものがあることを知らないといけません。私たちは物質界の全側面に突破口を開こうと努力しているところです。私たちのメッセージが各分野の人々の心を明るく照らし、霊の光が広がるにつれて唯物主義の暗黒が消散して行きます。

これまでに得たもので満足してはいけません。良い意味での“不満”は、さらなる進歩への欲求の表れであり、その不満がより大きな知識を呼び込むのです。手にしたものにあぐらをかく者は活力を失います。満足できない者がより大きな自由を求めて苦闘するのです。

「理屈を言ってはいけません。そう信じればよいのです」――私はそんなことは申しません。反対に「神が与えてくださったもの(知的思考力・理性)を存分にお使いになって私をお試しなさい。しっかり吟味なさってください。そしてもしも私の言うことに卑劣なこと、酷いこと、道徳に反することがあれば、どうぞ拒否なさってください」と申し上げます。

たった一個の魂を高揚してあげることができたら、喪の悲しみに沈んでいる一個の魂に慰めを与えることができたら、意気地のない一個の魂に生きる勇気を与えてあげることができたら、人生に疲れ切った一個の魂に生きる力を与えてあげることができたら、それだけで十分にやり甲斐のある仕事をしたことになるのではないでしょうか。

その一方には、私たちがお届けするメッセージに困惑する人、何らかの古い教義に縛られているために逃れようにも逃れられずに戸惑っている人、それでいて自由の呼び声が聞こえて必死にもがいている人が大勢いることも思い起こしてください。

私たちのメッセージはそういう人たちも念頭に置いているのです。それまでは考えも及ばなかった真理があることを知って、それが魂にとって大きな刺激となるのです。いかなる真理も次の真理への踏み石にすぎないのです。

私が今こうして語りかけている霊媒の口から皆さんの理性が反発を覚えるようなこと、大霊の愛の摂理と矛盾するようなこと、愚かしいこと、皆さんの知性を侮辱するようなことが聞かれるようになったら、その時は私の時代も終わり、お役ご免となる日が来たことになりましょう。

何度も申し上げてきたことですが、私自身としては魂が希求する最高の憧憬を挫かせるようなことは何一つ述べたことはないつもりです。私たち霊団の者が常にあなた方の内部の最高のものに訴えるように心掛けているからです。

地上の人間は自らの努力で自らを救済できるようにならなくてはいけません。既成の方法というものはありません。前もって用意されたシステムというものは存在しません。そのためにまず大切なことは、現象として顕現している森羅万象の背後に永遠の実在としての霊が存在していること、人間も物的身体に宿っているという点では物的存在であっても、その身体を通して自我を表現している霊的存在であることを理解することです。

そうなると、まずその身体にとって必須のものを大霊の意図している通りに存分に摂取して健康体にしておく必要があります。その上で今度は既成宗教のドグマや信条から精神を解放する必要があります。実質的な価値、つまり霊的価値のないものに忠誠を尽くすことなく、真実のためにのみ働き、これまで何千年もの長きにわたって地上人類を縛りつけてきた教条やドグマをめぐる戦争や論争や不和を止めにしなくてはいけません。

私たちは大霊を共通の父として、全人類が霊的に同胞であるその福音を説きます。その福音の理解を妨げるのがこの世的概念であり、誤りの上に建てられた教会であり、既得権力の横暴であり、暴君――裸の王様のような暴君の高慢と強権です。

私たちの教えが地上界に広まるということは民族間の離反の終わりを意味します。国家間のバリア(障壁)の消滅を意味します。民族の差別、階級の差別、肌色の区別、さらにはチャーチ、チャペル、テンプル、モスク、シナゴーグ等の区別もなくなります。何となれば、それぞれに大霊の真理を宿しており、他の宗教の真髄は自分の信じる宗教の大切なものといささかも矛盾しないことを悟るようになるからです。

そういう次第ですから、見た目には混乱しているかに見えても、そこから神の意図が具現化し、調和と平和が訪れます。こうしたことを申し上げるのは、あなた方にその壮大な意図の一部――そのために私たち霊界の者がこうして物質の世界へ戻ってきているのです――と、あなた方が今回の地上生活を終えるまでに果たすべき役割とを理解していただくためです。

私たちが説くことは、かつての改革者たち、聖者と呼ばれた人たち、預言者たち、あるいは理想主義者たちが、それぞれの時代に天啓を受けて説いた崇高な教えと完全に合致しております。魂の霊性が高かったゆえにその霊的な視力によって霊的実在を垣間見ることができ、その美しさ、その素晴らしさが逆境と葛藤の中にあって心の支えとなったのでした。

彼らには、いつの日か実現する神の意図が理解できていたのです。だからこそ物質界の子等を高揚すべく努力したのです。犠牲的精神で自分を役立てたということです。

彼らは、ほかならぬその物質界の子等から貶(けな)されることがありました。反抗にも遭いました。嘲笑の的にされることもありました。しかし彼らの成し遂げた仕事そのものは生き続けております。今世界各地で行われている無数の交霊会――この交霊会もその一つです――が、それに参加した人々は忘れ去られても、そこで届けられたメッセージは今後とも生き続けるように、今もなお生き続けております。強烈な霊力が再び物質界に放たれております。地上のいかなる力もその潮流をせき止めることは出来ません。

地上の人間は相変わらず流血によって問題が解決するかに考えているようですが、歴史をご覧になればお分かりのように、流血の手段で問題が解決した例しはありません。流血の行為はムダ以外の何ものでもなく、解決をもたらすことはありません。

人間はなぜ大霊が与えた理性を使わないのでしょうか。なぜ唯一の解決法ができるだけ多くの相手を殺すことだと考え、最も多くの敵を殺した者を英雄として讃えるのでしょうか。地上というところは不思議な世界です。

あなた方の世界は私たちの世界からのメッセージを必要としております。霊からのメッセージ、即ち霊的真理の理解が必要なのです。霊的摂理というものが存在すること、そして自分自身の内部と外部とから導きがあり、困難に遭遇した時に慰安と導きと援助をどこから求めるべきかを知る必要があります。

私たちは私自身への見返りを何一つ求めておりません。何かの恵みが欲しくてこの仕事に携わっているわけではありません。皆さんのお役に立ちたい――具体的に言えば、人類が忘れてしまっている霊的摂理を改めて啓示してあげ、物質界にも存在する霊力を再発見し新たな希望と新たな生命を呼び覚ますことになればと願っているのです。

古い規範が捨て去られ、あらゆる権威が疑念をもって見直され、その威力が衰えつつある今こそ、絶対に働きを止めずまた誤ることもない摂理として顕現している大霊を絶対最高の権威として啓示せんとしているところです。その大霊の摂理にのっとった生き方をしさえすれば、地上界に再び平和と調和が訪れます。

それが私たちの使命の全てというわけではありません。見捨てられた古い信仰の瓦礫の中にあって人間が単なる疑念や不信から全てを拒否することなく、本物と偽物、事実と神話とを選り分け、真に価値あるもの、全ての宗教の内奥に秘められたもの、物質界の人間による想像物の下敷きとなってしまっている霊的真理を我がものとすることが出来るようにするための大規模な仕事の一環であることを知ってください。

その昔、霊覚者たちを鼓舞し洞察力と勇気、奉仕への熱誠と願望を与えた霊力は、今日でも我がものとすることが出来るのです。物質界の人々でも、霊的摂理の働きの中にそれを見出す努力を怠らなければ、必ずや我がものとすることが出来ます。

教会・聖典・教義――こうしたものは今や衰微の一途をたどっております。少しずつ廃棄されて行きつつあります。しかし、霊的真理の権威だけは永遠に変わることはありません。私がこうして地上界へ戻ってきた時に必ず目にするのは混乱と無秩序ですが、鮮明な霊の光――隙間からもれる僅かな光ではなく全てを照らす強力な光――が降りそそぐようになれば、そうしたものは立ちどころに消えてしまいます。

そういう光が得られるというのに、なぜ人間は暗闇を好むのでしょう? 知識が得られるというのに、なぜ無知のままでいたがるのでしょう? 叡智が得られるというのに、なぜ迷信にしがみつこうとするのでしょう? 生きた霊の真理が得られるのに、なぜ教義という生命のない骨を好むのでしょう? 霊的叡智の水が得られるというのに、なぜ神学という濁った水を好むのでしょう。

そうやって自ら選んだ暗闇の中で、自由になれるのにクサリにつながれ、奴隷のような生き方をしている魂が数多くいるのですが、私が案じているのは、そういう束縛の生活にあまりに長く慣れてしまうと、その束縛から解き放たれるのが怖くなってしまうことです。鳥カゴの中で長いこと飼われている小鳥は、その鳥カゴから放たれた時に、もしかしたら飛べないのではないかと心配になるものです。

ですから、束縛から解き放してあげるのは結構なことですが、自由になった時に歩むべき道も用意してあげないといけないのです。何の道標もない場所へ放り出されて、進むべき方向も分からないままの状態に放置してはいけないのです。自由になってもらわなければいけませんが、同時にその自由が導いてくれる道も教えてあげなくてはならないのです。

人間というのは、長いこと束縛の状態に置かれたあとで自由にされると、その自由がうれしくて誰のアドバイスにも耳を傾けようとしなくなるものです。

「イヤ、もう結構です。これまでさんざん懐疑と困惑を味わってきて、今ようやく脱け出たところです。宗教というものにはもうこれ以上係わりたくありません」

そう言って拒否するのです。一種の反動です。

私としては、お届けするメッセージに耳を傾けてくださればそれでよいのでして、私という一個人、メッセンジャーとしてのシルバーバーチへ関心を寄せていただいても有難くありません。

これまでの人類は教えを説くその人物に関心を寄せ過ぎて、過大評価して途方もない地位に祭り上げ、肝心の教えそのものをなおざりにしてきました。

私たち霊団の使命は誰かを権威ある地位に祭り上げることではありません。真理を啓示し、知識を広め、叡智を授けることです。私が史上に名高い人物であろうと無名の人物であろうと、それが何の関係があるというのでしょう。私たちが訴えるのは名前や権威ではなく、理性、これのみです。

人間の知性が反発を覚えるようなことは何も要求いたしません。あなた方の理性に照らして真実とは思えないようなこと、人間としての品位にもとること、卑劣なこと、人類を侮辱するようなことは説いていないつもりです。人類全体を高揚し、宇宙の生命機構の中における人間の存在価値についての正しい概念を大霊との関係で啓示し、地球全体としての霊的一体関係についての理解を得させてあげたいと願っているところです。

私たちは、すぐに聖典の文句を持ち出したり教祖の言葉や権威に頼るようなお座なりのことは致しません。神から授かっている理性を頼りとして、これに訴えます。私たちがお届けする真理は“聖”の文字を冠した書物の言葉を引用することで広められる性質のものではありません。理性に照らして納得が行かなければ、どうぞ拒否してくださって結構です。

しかし、すでに皆さんには私たちが最高にして最善の人間的本能に訴えていること、私たちが求めているのは古い時代からの間違った概念を払い除けて、これなら人間も大事にしてくれるであろうと思われる真理をお届けしていることが分かっていただけているものと信じます。“宗教”と呼ばれているものは“真理”を土台としなくてはいけません。理性による攻撃を受けて脆くも崩れるような土台は、むしろ崩れてしまった方がよろしい。

私は、そのような真理――人間がせっかく手にしながらいつしか見失うということを繰り返してきた真理――を改めて啓示し、物質界の最も重要な位置に据えてあげるべく努力している、一個の道具に過ぎません。

私たち霊団は、今度こそは唯物主義と利己主義の勢力がはびこらないという確信がもてるように努力しております。そのためには人間みずからがその勢力に負けないようにならなくてはいけません。それは、その邪悪な念が住みつかないようにするために、日常生活のすみずみにわたって霊的真理の光で油断なく見張るしかありません。

地上世界は今や破滅に瀕し、混乱の極にあります。絶望と不和と敵意に満ちております。理性が敗走して利己主義が支配しております。私はその理性を取り戻させ、誤った概念に代わって真理を説き、迷信に代わって正しい信仰を説き、暗闇を光明で照らすことによって、人生の闘争に負けそうな人には力を与え、いじけそうな人を健全な精神に立ち戻らせ、人生に疲れ果てた人には気力を回復させ、不当な扱いに苦しめられている人には正当な報いを得させてあげたいと願っているところです。

私たちがお届けする真理は霊的摂理に係わるものだけではありません。物的法則に係わるものもあります。なぜなら、私たちから見れば物的世界も大霊の宇宙の一部であり、その物的世界で苦しんでいる大霊の子等に無関心でいるようでは、真の意味での“宗教的”であるとは言えないからです。私たちの目には人のために役立つことをする人は全て立派な人物ですが、その“役に立つ”ということは真理を普及することだけに限られるわけではありません。他にもいろいろあります。

病に蝕まれた身体で苦しんでいる人々をその痛みから解放してあげる仕事、不正と圧政に闘いを挑む仕事、憎み合いを止めさせる仕事、自由を守り邪を排除し、魂の奥にある大霊の資質を発揮させる仕事、こうした仕事は真の意味でのサービスと言えます。

物質界の人間も本来は霊的存在です。その人間に霊的摂理を教えるためにラップなどの物理的心霊現象から始めなくてはならなくなったことを残念に思います。それほど現代の人間が物的感覚に浸り切り、霊性がマヒしているということです。

あなた方人間も全て大霊の一部なのです。大霊がこう呼びかけていると思ってください――私の摂理は全部ここに用意してあります。これを使えば素晴らしい世界になります。全てを差し上げますから、それを使用して正しいことと間違ったこととを選り分けてください。私の摂理に適った生き方でもよし、反した生き方でもよし、どちらでも試してみられるがよろしい、と。

これまでの人類はどちらを選んだでしょうか。霊界の指導霊は地上界が大霊の意図にそって発展するように、大霊の波動を身につけた者(霊媒・霊能者)を地上へ派遣しているのです。しかし、霊的波動に鈍感になってしまった人類は物的なものにしか反応しなくなっています。

しかし、吹雪が吹き荒(すさ)んだあとには必ず新しい生命の春が訪れます。一面が雪に覆われた荒涼たる原野を目にしている時に春の息吹きは感じられないでしょう。しかし、春は必ず巡ってきます。そして生命の太陽が天空を登ってその威厳が最高潮に達します。今地上界には不満の暗雲が立ち込めていますが、いつかは夢にまで見た春が訪れ、そして充実の夏へと向かいます。

それがいつになるか――早く来るか遅いかは、人間が大霊から授かった自由意志をどう使うかによって決まることです。が、地上の一人の人間が他の一人の人間に救いの手を差し延べようとする時、その背後には数多くの霊が群がってそれを援助し、その気高い心を何倍にもふくらませようと努めます。善行の努力が無駄にされることは絶対にありません。奉仕の精神も決して無駄に終わることはありません。

誰かが先頭に立って藪を切り開き、後に続く者が少しでも楽に通れるようにしてやらねばなりません。やがてそこに道ができ上がり、通るほどに平坦になって行きます。

私は高級界の霊が目に涙を浮かべている姿を時おり見かけることがあります。今こそと思って見守っていたせっかくの善行のチャンスが踏みにじられ、無駄に終わり、いつかはその愚かさに気づいてくれるだろうと願っているのです。

そうかと思うと嬉しさに顔をほころばせているのを見かけることもあります。名もない人が善行を施し、それが暗い地上世界に新しい希望を灯してくれたからです。

私も他の大勢の同志と同じく、すぐそこまで来ている新しい世界を一日でも早く招来せんがために、波動を物質界のレベルに近づけて降りてまいりました。その目的は、神の摂理をお届けすることです。その摂理に忠実に生きさえすれば大霊の恵みをふんだんに受けることが出来ることを教えてあげたいと思ったからです。

この地上界へ降りてきて目にするのは、幸せであるべきところに不幸があり、光があるべきところに暗闇があり、満たさるべき人々が飢えに苦しんでおります。神は必要なものは全て用意してくださっているのです。問題はその公平な分配を妨げている者がいるということです。取り除かねばならない障害が存在するということです。

それを霊界側で取り除いてくれればよいではないかと思われるかも知れませんが、それは私たちには許されないのです。咎め立てすることも許されません。私に許されているのは物的身体に宿っているあなた方に大霊の摂理を教え、どうすればその摂理が正しくあなた方を通して運用されるかを教えてあげることだけです。それが出来る方が地上の悪弊を指摘してその摂理による矯正手段を講じて見せなくてはなりません。

要するにあなた方自ら毎日の生活の中で、霊力を自覚した者はこれだけ立派な生き方ができるのだということを率先して見せることです。

私としては、あなた方に摂理の存在を説き、それがどのように作用するかをお教えすることが出来れば、それで良しとします。その結果として不幸が幸へ転じ、無知による過ちを防ぐことになれば、こうして地上界へ降りてきた努力の一端が報われたことになりましょう。

私たち霊団は決してあなた方人間本来の義務を肩代わりしようとする者ではありません。なるほど神の御心があなた方を通して働いていることを身をもって悟ってもらえる生き方をお教えしようとしているだけです。

私が時おり残念に思うのは、人のための行為に条件をつける人がいることです。例えばこんなことを言う人がいます――「もちろん食べるものに事欠いている人に施しをしますよ。しかしその前に大霊に祈っていただかないとね」と。なぜ大霊に祈るか祈らないかにまで干渉するのでしょうか。お腹を空かしている人には食べるものを施してあげればそれだけで良いのではないのでしょうか。

また、寝る場所もない人に「どうぞウチで寝ていってください」と言ってあげるのは結構なことですが、「しかし、ちゃんとお祈りをしてくださいよ」などと付け加える人もいます。

人生の法則の一つに「物心両面の均衡をはかる」というのがありますが、その知識を手にされている皆さんは、自分みずから均衡をはかったことがおありでしょうか。

スピリチュアリズムを知ったということは地上では推し量ることが出来ないものを手にしたことになります。大霊の真理についての貴重な知識を手にしたことになります。ご自分の魂が大霊の魂とつながっていることを悟られたのです。即ち、ご自分が大霊の一部であることを知ったということです。その上、霊界から派遣されている背後霊団のバイブレーションにいかにして反応すべきかを学ばれたわけです。

それほどのものに比べれば、物的なものは、いかに高価なものであっても、まったくチャチなものです。今は物質界にいる皆さんも、これから霊の世界で計り知れない歳月を生き続けるのです。そのことを思えば、この交霊会を通じて得た知識や叡智は、この地上で物的身体のために一生懸命に求めるものより遥かに貴重なはずです。

何事も見かけの結果だけを見て判断してはいけません。あなた方は物的な目でしか見ることが出来ないのです。もしも霊的な目で見ることが出来れば、人間が一人の例外もなく完全に公正な扱いを受けていることがお分かりになるはずです。私は時おり人間の祈りに耳を傾けてみることがあるのですが、もしも大霊がその願いの通りにしてあげたら却って不幸になるのだが……と思うことがあります。

また私は死の関門をくぐり抜けて霊界入りした人ともよく語り合ってみることがあるのですが、こちらへ来てから地上生活を振り返ってみて大霊に抗議したいと思うような不当な扱いを受けたと文句を言った人は一人もいません。

地上界には大きく分けて三つの問題があります。一つは“無知”、もう一つは“悲しみ”、そして三つ目が“貧しさ”です。この三つは、政治に霊的知識が生かされ、人々もその知識の指し示す通りに生きるようにならないかぎり、地上からなくなることはないでしょう。

しかし、勝利へ向けての波のうねりは止まりません。古い秩序が死滅し、新しい秩序と入れ替わります。新しい世界は着実に到来しつつあります。しかし、新しい世界になったからといって暗い面が完全に消え去ると思ってはいけません。涙を流すこともあるでしょう。心を痛めることもあるでしょう。犠牲を強いられる局面も生じることでしょう。

大霊に係わった仕事は犠牲なくしては成就されません。新しいものを建てるには古いものを壊さないといけません。物的な惨事が続く時代になると人間は霊的なものの基盤を疑い、改めて吟味しはじめるものです。物的な手段がすべて失敗に終わった時、ワラをも掴む思いで、それまで試みられてきた制度を吟味し、そこに頼れるものがないことを知ります。

そこに至ってようやく霊的真理の出番となり、新しい世界の構築が始まります。大霊の摂理が正しく運用される世界です。そこへ至るまでには大きな混乱は避けられません。もっとも、いつの時代にも何の混乱も生じない世界にはなりません。なぜなら、完全に近づくとその先にもっと次元の高い完全性が存在することを知るからです。

質疑応答

――霊界側がスピリチュアリズムの普及を望んでおられるのなら、もっと新聞などを使った宣伝をなさるとよいのではないでしょうか。

これは、これは、驚きました。あなたは霊的知識の普及がどういうものかよくご存じないようですね。知識が普及するということは結構なことです。しかし宣伝効果となると、また話は別です。魂が真理に目覚めて感動するには、それぞれに時機というものがあるのです。

私たちは私たちなりの手段を講じています。計画はきちんと出来あがっているのです。あとはあなた方の世界からの協力が必要なのです。

私たちは魔法の杖で一気に悟らせることはしないことを知っておいてください。魔法の処方箋があるわけではありません。宇宙の自然法則を啓示してあげようとしているだけです。

私たちのメッセージを聞いて魂が感動し、自分を通じて大霊が働くことが可能であることを理解してくださることを望んでいるのです。霊界からの普及活動が休止することはありません。ただ、それは地上界の騒々しい宣伝によって行われるのではなく、魂と心に訴え、霊との一体関係を緊密にすることによって成就されるのです。

――この地球上での体験、即ち戦争、痛み、物心両面の苦しみ、病気、悲しみ、憎しみ、喜び、幸せ等々はみな人類の進歩と進化のために必要不可欠なもので、神の計画の一環なのでしょうか。

それは違います。戦争は大霊がやらせているのではありません。病気は大霊が与えているのではありません。いずれも大霊の子等が自由意志の行使を誤ったために引き起こしているのです。学ぶべき教訓というものがあることは事実です。しかしそれは身の毛もよだつ蛮行や行為に訴えなくても学べます。人間の行為と大霊の行為とを取り違えてはいけません。

――共和国となった現代でも英国は「王室」という体制を維持しておりますが、これは意義のあることでしょうか。

意義のあることです。何事につけ、国民を一体化させるものは大切にすべきです。国家は拠って立つべき共通の要素によって一体化を求め、国民全体が一丸となるべきです。何かにつけて離反させようとする者たちの行為に批判的なのはそのためです。魂が解放されれば自ずと互いに近づき合いたくなるものです。

――霊的プランがあるということを何度も聞かされているのですが、見たところその影響はどこにも見当らないようですが……

それはあなたが物的視点からのみ見ているからです。あなた個人の短い人生を尺度として見ておられるから進展がないかに見えるのであって、私たちは別の次元から見ていますから進展が見えるのです。霊的知識が広まり、霊的なものへの理解が深まり、寛容的精神が高まり、善意が増え、無知と迷信と不安と霊的束縛による障壁が崩れて行きつつあるのが見て取れます。

突如として革命が起きるかに想像してはいけません。そういうものは決して起きません。霊的成長と進歩はゆっくりと進められるものです。絶望する必要もありません。確かに物的文化のすさまじい発達を見ていると絶望感を抱きたくなるかも知れませんが、他方ではその唯物主義の霧を貫いて霊的真理の光が射し込みつつあります。知識が広がり続けるかぎり霊的真理の勝利は間違いありません。

現在の地上人類にとって霊界からのメッセージが大切なのはそのためです。私たちにとって大切なのではありません。あなたたち人間にとって大切なのです。私たちはあなたたちのため、つまり今までの生き方を続けていては痛い思いの中でその代償を支払わねばならなくなる――無知、度を超えた利己主義、故意の残虐行為への代償を支払うことになることをお教えしたいのです。あなたたちをこのまま見て見ぬふりをするわけには行かないのです。

私たちは、人類を破滅に追いやろうと企む邪霊集団ではありません。人間を罪深い存在に貶(おとし)めたり、残忍なことや罪深い行為を唆(そその)かしたりするようなことは致しません。その反対です。内部に宿している大霊と同じ神性と霊力を自覚させ、それをサービスの法則にのっとって活用させ、大霊の計画の推進に一役買っていただきたいと思っているのです。