MENU

4章 すべての病気にそれなりの治療法があります

シルバーバーチにとっては、霊媒と心霊治療家と語り合うことほど楽しいことはなかったようである。霊媒は愛する人を失った者に死後の存続の証拠を提供し、治療家は、医学がどう試みても治せない患者を完治させ、あるいは幾らかでも改善してあげることができるからである。

世界にその名を知られていたハリー・エドワーズ氏が当時の助手のバートン夫妻とともにハンネン・スワッファー・ホームサークルを訪れた時も、シルバーバーチは温かく迎えた。氏は今はもうこの世の人ではないが、氏の名前を冠した治療所Harry Edwards Healing Sanctuaryはブランチ夫妻Ray and Joan Branchに引き継がれて、今も同じShere,Surreyで治療活動を行っている。

まずシルバーバーチから語りかけた。

「これまでに成し遂げられたことは確かに立派ですが、まだまだ頂上は極められておりません。あなた方のこれまでの努力が、今まさに花開かんとしております。これまでのことは全てが準備でした。バプテスマのヨハネがナザレのイエスのために道を切り開いたように、これまでのあなた方の過去は、これから先の仕事のため、つまり、より大きな霊力が降下してあなた方とともに活動していくための準備期間でした。

ほぼ完ぺきの段階に近づいている、あなた方三人の信頼心と犠牲的精神とそれを喜びとする心情は、それみずからが実りをもたらします。霊の力と地上の力との協調関係がますます緊密となり、それがしばしば“有り得ぬこと”を成就しております。条件が整った時に起きる、その奇跡的治癒のスピードに注目していただきたいと思います」

エドワーズ「何度も目(ま)のあたりにしております」

「大いなる進歩がなされつつあること、多くの魂に感動を与え、それが誘因となって、さらに多くの人々にも、その次元での成功(※)をおさめる努力がなされつつあります。目標をいつもその一点に置いてください。すなわち魂を生命の実相に目覚めさせることです。それがすべての霊的活動の目標――大切な目標です。

――病気快癒の体験が魂の琴線に触れ、生命の実相に目覚めること。

ほかのことは一切かまいません。病気治療も、霊的交信を通じての慰めも、さまざまな霊的現象も、究極的には人間が例外なく大霊の分霊であること、すなわち今この時点においても霊的存在であるというメッセージに目を向けさせてはじめて意義があり、大霊から授かった霊的遺産を我がものとし、天命を成就するためには、ぜひともその理解が必要なのです。

それが困難な仕事であることは、わたしもよく承知しております。が、偉大な仕事ほど困難が伴うものなのです。霊的な悟りを得ることは容易ではありません。とても孤独な道です。それは当然でしょう。もしも人類の登るべき高所が、いとも簡単にたどり着くことができるとしたら、それは登ってみるほどの価値はないことになります。安易さ、呑気、怠惰の中では魂は目を開きません。刻苦と奮闘と難渋の中にあってはじめて目を覚ますのです。これまで、魂の成長がラクに得られるように配慮されたことは一度もありません。

あなた方が治療なさっている様子を見て、いとも簡単に行っているかに思う人は、表面しか見ていない人です。今日の頂上に到達するまでには、その背景に永年の努力の積み重ねがあったことは、人は知りません。

治療を受ける者が満足しても、あなた方は満足してはなりません。一つの山を極めたら、その先にまた別の山頂がそびえていることを自覚しないといけません。いかがでしょう、わたしの話は参考になりますでしょうか。あなた方はすでによくご存知のことばかりでしょう」

エドワーズ「わかってはいても、改めて認識することは大切なことだと思います」

「こうした交霊の場は、地上の人間でないわたしたちが、あなたたち地上の人間に永遠の原理、不滅の霊的真理、顕幽の別なく全ての者が基盤とすべきものについて、認識を新たにさせることに意義があります。物質界に閉じ込められ、物的身体にかかわる必要性や障害に押しまくられている皆さんは、ともすると表面上の物的なことに目を奪われて、その背後の霊的実在のことを見失いがちです。

肉体こそ自分である、今生きている地上世界こそ実在の世界であると思い込み、実際は地上世界は影であり、肉体はより大きな霊的自我の道具にすぎないことを否定することは、いたって簡単なことです。刻々と移りゆく日常生活の中にあって正しい視野を失わず、問題の一つ一つを霊的知識に照らしてみることを忘れなければ、どんなにか事がラクにおさまるだろうにと思えるのですが……残念ながら現実はそうではありません。

こうした霊界との協調関係の中での仕事にたずさわっておられる人でさえ、ややもすると基本的な義務を忘れ、手にした霊的知識が要求する規範にかなった生き方をしていらっしゃらないことがあります。知識は大きな指針となり頼りになるものですが、手にした知識をどう生かすかという点に大きな責任が要請されます。

治療の仕事にたずさわっておられると、さまざまな問題――説明できないことや当惑させられること――に遭遇させられることでしょうが、それは当然のことです。わたしたちは地上と霊界の双方の人間的要素に直面させられどおしです。治癒の法則は完全です。が、それが不完全な道具を通して作用しなければなりません。その、人間を通して働かねばならない法則がいかなる結果をもたらすかを、数学的正確さをもって予測することは不可能ということになります。

最善の配慮をもって立てた計画さえも挫折させるほどの、思わぬ事情が生じることがあります。この人こそと思って選んで開始した何年にもわたる準備計画が、本人の自由意志による我儘(わがまま)によって、水の泡となってしまうこともあります。

しかし、全体としては、霊力の地上への投入が大幅に増えていることを喜んでよいと思います。現実にあなた方が患者の痛みを和らげ、あるいは完治してあげることができているという事実、苦しむ人々を救うことができているという事実、お仕事が広がる一方で衰えることがないという事実、たとえワラをもつかむ気持からではあっても、あなたたちのもとへ大勢の人が救いを求めてくるという事実――こうした事実はみな、霊力がますます広がりつつあることの証拠です。

霊力によって魂がいったん目を覚ましたら、その人は二度と元の人間には戻らないという考えがありますが、わたしもそう考えている一人です。言葉では説明しがたい影響、忘れようにも忘れられない影響を受けているものです」

エドワーズ「その最後の段階で、病気の治癒と真理の理解とがうまく噛み合ってほしいのですが、霊的高揚というのはなかなか望めないように思います」

「見た目にはそうです。が、目に見えない影響力がつねに働いております。霊力というのは磁気性があり、いったん出来上がった磁気的なつながりは、決して失われません。一個の人間があなたの手の操作を受けたということは――“手”といったのは象徴的な意味で用いたまでです。実際には身体に触れる必要はありませんが――その時点でその人との磁気的なつながりが出来たということです。つまり霊の磁力がその人の“地金(じがね)”を引きつけたということで、その関係は二度と切れることはありません。

その状態を霊の目、すなわち霊視力で見ますと、小さな畑の暗い土の中で小さな灯りがともされたようなものです。理解力の最初の小さな炎でしかありません。種子が芽を出して、土中から頭をもたげたようなものです。暗闇の中から初めて出て来たのです。

それがあなた方の為すべき仕事です。からだを治してあげるのは、もとより結構なことです。それに文句をつける人はいません。が、魂に真価を発揮させること、バイブルの言い方を借りれば、魂におのれを見出させることは、それよりはるかに大切です。魂を、本当の悟りの道に導いてあげることになるからです」

サークルのメンバーの一人「心霊治療で治った人の中には、魔術的な力が働いたと考える人がいます。つまり治療家を一種の魔術師と考え、神の道具とは考えないわけです」

「それは困ったことだと思います。なぜかと言いますと、そういう受け取り方は、せっかくのチャンスによる、もっと大切な悟りの妨げになるからです。霊的な力が治療家を通して働いたのだということを教えてあげれば、病気が治ったということだけで全てが終わらずに、それを契機にもっと深く考えるようになるところですが……

エドワーズ「治療後も霊的な治癒力が働き続けている証拠として、時おり、治療時には効果が見えなかった人から、一年もたってから“あれ以来、次第に良くなってきました”という手紙を受け取ることがあります」

「当然そういうことがあるはずです。霊的な成長だけは、はたからはどうしようもない問題なのです。このことに関しては以前にも触れたことがありますが、治療の成功・不成功は、魂の進化という要素によって支配されております。それが決定的な要素となります。いかなる魂も、治るだけの霊的資格がそなわらないかぎり、絶対に治らないということです。からだは魂の僕です。主人ではありません」

「未発達の魂は心霊治療によって治すことができないという意味でしょうか」

「そういうことです。わたしが言わんとしていることは、まさにそのことです。ただ“未発達”unevolvedという用語は解釈の難しいことばです(※)。わたしが摂理の存在を口にする時、たった一つの摂理のことを言っているのではありません。宇宙のあらゆる自然法則を包含した摂理のことを言います。それが完ぺきな型(パターン)にはめられております。ただし、法則の裏側にはまた別の次元の法則があるというふうに、幾重(いくえ)にも重なっております。しかるに宇宙は無限です。誰にもその果てを見ることはできません。それを支配する大霊と同じく無窮なのです。すると摂理も無限であり、永遠に進化が続くということになります。

物質界の人間は肉体に宿った魂です。各自の魂は進化のいずれかの段階にあります。その魂には過去があります。それを切り捨てて考えてはいけません。それとの関連性を考慮しなくてはなりません。肉体は精神の表現器官であり、精神は霊の表現器官です。肉体は霊が到達した発達段階を表現しております。もしもその霊にとって、次の発達段階にそなえる上での浄化の過程として、その肉体的苦痛が不可欠の要素である場合には、あなた方治療家を通していかなる治癒エネルギーが働きかけても、絶対に治りません。いかなる治療家にも治すことはできないということです。

苦痛も大自然の過程の一つなのです。摂理の一部として組み込まれているのです。痛み、悲しみ、苦しみ、こうしたものはすべて摂理の中に組み込まれているのです。話はまた、わたしがいつも述べていることに戻ってきました。日向と日陰、平穏と嵐、光と闇、愛と憎しみ、こうした相対関係は宇宙の摂理なのです。一方なくしては他方も存在し得ません」

――用語にあまりこだわらないシルバーバーチは質問者の用語をそのまま用いているが、シルバーバーチが好んで用いるのはundevelopedである。霊性の開発が進んでいないという意味であるが、ここでは肉体的苦痛となって現れている霊的罪障(カルマ)が取り除かれる段階まで浄化されていないという意味であるから、unpurifiedつまり“未浄化”が一ばん適切であろう。霊的浄化が終了すれば、肉体的苦痛となって現れていたカルマが霊性開発の触媒としての用を終えて、その苦痛を取り除いてくれる人との縁を呼び込むという。その辺に奇跡的治癒のメカニズムがある。

メンバーの一人「苦しみは摂理を破ったことへの代償なのですね?」

「摂理を“破る”という言い方は感心しません。“背(そむ)く”と言ってください。たしかに人間は、時として摂理への背反を通して学ぶしかないことがあります。あなた方は完全な存在ではありません。完全性の種子を宿してはいますが、それは、人生がもたらすさまざまな境遇に身を置いて、はじめて成長します。痛みも、嵐も、困難も、苦しみも、病気もないようでは、魂は成長しません。

摂理が働かないことは絶対にありません。もしも働かないことがあるとしたら、大霊は大霊でなくなり、宇宙に調和もリズムも目的もなくなります。その大自然の摂理の正確さと完ぺきさに全幅の信頼を置かないといけません。なぜなら、人間には、宿命的にこれ以上知ることのできないという段階があり、それは信仰心でもって補うほかはないからです。

わたしは、知識を論拠として生まれる信仰はけっして非難しません。わたしが非難するのは、何の根拠もないのに信じてしまう、浅はかな信仰心です。人間は知識のすべてを手にすることができない以上、どうしてもある程度の信仰心で補わざるを得ません。

といって、その結果、同情心も哀れみも優しさも敬遠して、“ああ、これも自然の摂理なのだ。仕方ない”などと言うようになっていただいては困ります。それは間違いです。あくまでも人間としての最善を尽すべきです。そう努力する中において、本来の霊的責務を果たしていることになるのです」

続いて幾つかの質問に答えたあと――

「魂はみずから道を切り開いていくものです。その際、肉体機能の限界が、その魂にとっての限界となります。しかし、肉体を生かしているのは魂です。この二重の関係がつねに続けられております。ただし、優位に立っているのは魂です。魂は絶対です。魂とは、あなたという存在の奥に宿る神であり、神が所有しているものは全てあなたもミニチュアの形で所有しているのですから、それは当然のことです」

エドワーズ「それはとても基本的なことであるように思います。さきほど心霊治療によって治るか治らないかは、患者自身の魂の発達程度にかかっているとおっしゃいましたが、そうなると、治療家は肉体の治療よりも精神の治療の方に力を入れるべきであるということになるのでしょうか」

「訪れる患者の魂に働きかけられないとしたら、ほかに何に働きかけられると思いますか」

エドワーズ「まず魂が癒され、その結果として肉体が癒されるということでしょうか」

「そうです。わたしはそう言っているのです」

エドワーズ「では、私たち治療家は通常の精神面をかまう必要はないということでしょうか」

精神はあくまでも魂の道具にすぎません。したがって魂が正常になれは、おのずと精神状態も良くなるはずです。ただ、魂がその反応を示す段階まで発達していなければ、肉体への反応も起こりません。魂がさらに発達する必要があります。つまり魂の発達を促すための、さまざまな体験をしなければならないわけです。それには苦痛が伴います。魂の進化は安楽の中からは得られないのです」

エドワーズ「必要な段階まで魂が発達していない時は、霊界の治療家にも治す方法はないのでしょうか」

「その点は地上も霊界も同じです」

メンバーの一人「クリスチャン・サイエンス(※)の信仰と同じですか」

――十九世紀半ばに米国女性メアリー・ベーカー・エディによって創始された宗教で、信仰の力一つで治すことを説き、医薬品を禁じ、霊の働きかけも認めない。

「真理は真理です。その真理を何と名付けようと、わたしたち霊界の者には何の違いもありません。要は中身の問題です。かりにクリスチャン・サイエンスの信者が霊の働きかけを得て治り、それをクリスチャン・サイエンスの信仰のお蔭だと信じても、それはそれでいいのです」

エドワーズ「私たち治療家も少しはお役に立っていることは間違いないと思うのですが、治療家を通して患者の魂にまで影響を及ぼすというのは、とても難しいことです」

「あなた方は、少しどころか、大いに貴重な役割を果たしておられます。第一、あなた方地上の治療家がいなくては、わたしたちも仕事になりません。霊界側から見れば、あなた方はわたしたちが地上と接触するための通路であり、一種の霊媒であり、言ってみればコンデンサーのような存在です。霊波が流れる、その通路というわけです」

エドワーズ「流れるというのは、何に流れるのでしょうか。肉体ですか、魂ですか」

「わたしたちは肉体には関知しません。わたしの方からお聞きしますが、たとえば腕が曲がらないのは、腕の何が悪いのでしょう?」

エドワーズ「生理状態です」

「では、それまで腕を動かしていた健康な活力はどうなったのでしょう?」

エドワーズ「無くなっています。病気に負けて病的状態になっています」

「その活力が再びそこを流れるようになったらどうなりますか」

エドワーズ「腕の動きも戻ると思います」

「その活力を通わせる力はどこから得るのでしょうか」

エドワーズ「私たちの意志ではどうにもならないことです。それは霊界側の仕事ではないかと思います」

「腕をむりやり動かしてみてもダメでしょう?」

エドワーズ「力ではどうにもなりません」

「でしょう。そこで、もしその腕を使いこなすべき立場にある魂が目を覚まして、忘れられていた機能が回復すれば、腕は自然に良くなるということです」

メンバーの一人「治療家の役目は、患者が生まれつき具わっている機能にカツを入れるということになるのでしょうか」

「そうとも言えますが、それだけではありません。というのは、患者は肉体をまとっている以上、当然、波長が低くなっています。それで、霊界からの高い波長の霊波を注ぐには、いったん治療家というコンデンサーにその霊波を送って、患者に合った程度にまで波長を下げる必要があります。そういう過程をへた霊波に対して患者の魂がうまく反応を示してくれれば、その治療効果は電光石火と申しますか、いわゆる奇跡のようなことが起きるわけですが、患者の魂にそれを吸収するだけの受け入れ態勢ができていない時は、何の効果も生じません。たとえば曲がったまま硬直している脚を真っすぐに伸ばしてあげるのは、あなた方ではありません。患者自身の魂の発達程度です」

別のメンバー「神を信じない人でも治ることがありますが……

「あります。治癒の法則は、神を信じる信じないにおかまいなく働くからです」

「さきほど治癒は魂の進化の程度と関係があるとおっしゃいましたが……

「神を信じない人でも霊格の高い人がおり、信心深い人でも霊格の低い人がいます。霊格の高さは信仰心の多寡(たか)で測れるものではありません。行為によって測るべきです。

いいですか、あなた方は治るべき条件の整った人を治しているだけです。が、喜んでください。あなた方を通じて、知識と理解と光明へ導かれる人は大勢います。全部は治せなくても、そこには厳然とした法則があってのことですから、気になさらないことです。

と言って、それで満足して、努力することを止めてしまわれては困ります。いつも言っておりますように、大霊の意志は愛の中だけでなく、憎しみの中にも表現されております。晴天の日だけが神の日ではありません。嵐の日にも神の法則が働いております。成功にも失敗にも、それなりの価値があります。失敗なくしては成功もありません」

「信仰心が厚く、治療家を信頼し、正しい知識をもった人でも意外に思えるほど治療に反応を示さない人がいますが、なぜでしょうか。やはり魂の問題でしょうか」

「そうです。最後は同じ問題に帰着します。信仰心や信頼や愛の問題ではありません。魂そのものの問題であり、その魂が進化の過程で到達した段階の問題です。その段階で受けるべきものを受け、受けるべきでないものは受けないということです」

エドワーズ「治療による肉体上の変化は私たちにもわかるのですが、霊的な変化は目で確かめることができません」

「霊視能力者を何人集めても、全員が同じ治療操作を見ることはないでしょう。それほど複雑な操作が行われているのです。かりそめにも、簡単にやっているかに思ってはなりません。物質と霊との相互関係は奥が深く、かつ複雑です。肉体には肉体の法則があり、霊体には霊体の法則があります。両者ともそれぞれにとても複雑なのですから、その両者をうまく操る操作は、それはそれは複雑になります。むろん全体に秩序と調和が行きわたっておりますが、法則の裏に別の次元の法則があり、そのまた裏側にさらに別の次元の法則があり、それらが複雑にからみ合っております」

バートン夫人(※)「肉体上の苦痛は魂に影響を及ぼさないとおっしゃったように記憶しますけど……

――オリーブ・バートン女史は夫君のジョージ・バートン氏とともに永年エドワーズ氏のもとで助手として活躍し、今は第一線を退いているが、多彩な霊能の持ち主で、エドウィーナという女の子が生まれる直前にその子の守護霊からインスピレーションによる童話を受け取り、それが「子供のための心霊童話」のタイトルで出版され、今なおロングセラーを続けている。いずれ紹介する予定でいる。

「そんなことを言った憶えはありません。肉体が受けた影響はかならず魂にも及びますし、反対に魂の状態はかならず肉体に表れます。両者を切り離して考えてはいけません。一体不離の関係にあります。つまり肉体も自我の一部と考えてよろしい。肉体なしには自我の表現はできないのですから。本来は霊的存在です。肉体に生じたことは霊にも及びます」

バートン夫人「では、肉体上の苦痛が大きすぎて見るに見かねる時、もしも他に救う方法がないとみたら、魂への悪影響を防ぐために故意に死に至らしめるということも、そちらでなさることがあるのでしょうか」

「それは患者によります。実際は人間の気まぐれから、自然法則の順序を踏まずに、無理やり肉体から分離させられていることの方が多いのですが、それさえなければ、霊は、摂理にしたがって、死ぬべき時に自然に肉体から離れるものです」

バートン夫人「明らかに霊界の医師が故意に死なせたと思われるケースがありますけど……

「あります。しかし、それは“埋め合わせ(バランス)の法則”にのっとって、周到な配慮の上で行っていることです。それでもなお、魂にショックを与えます。そう大きくはありませんが……

バートン夫人「肉体を離れるのが早すぎたために生じるショックですか」

「そうです。物事にはかならず償いと報いとがあります。不自然な死をとげると、かならずその不自然さに対する報いがあり、同時にそれを償う必要性が生じます。それがどういう形を取るかは個人によって異なります。あなた方治療家の役目は、患者の魂にそれだけの資格ができている場合に、苦痛を和らげてあげることです。その間に調整がなされ、言わば衝撃が緩和されて、魂がしかるべき状態に導かれます」

エドワーズ「絶対に生き永らえる望みなしと判断した時、少しでも早く死に至らしめるための手段を講じることは許されることでしょうか、許されないことでしょうか」

「わたしはあくまで“人間は死すべき時が来て死ぬべきもの”と考えております」

エドワーズ「肉体の持久力を弱めれば死期を早めることになります。痛みと苦しみが見るに見かね、治る可能性もない時、死期を早めてあげることは正しいでしょうか。

「あなた方の辛い立場はよく理解できます。また、わたしとしても好んで冷たい態度を取るわけではありませんが、法則はあくまでも法則です。肉体の死はあくまで魂にその準備ができた時に来るべきです。それはちょうど、柿が熟した時に落ちるのと同じです。熟さないうちにもぎ取ってはいけません。

わたしはあくまでも自然法則の範囲内で講ずべき手段を指摘しております。たとえば、薬や毒物ですっかり身体をこわし、全身が病的状態になっていることがありますが、身体は本来そんな状態になってはいけないのです。身体の健康の法則が無視されているわけです。そういう観点から考えていけば、どうすればよいかは、おのずと決まってくると思います。

何事も自然の摂理の範囲内で処理すべきです。本人も医者も、あるいは他の誰によっても、その摂理に干渉すべきではありません。もちろん、良いにせよ悪いにせよ、何らかの手を打てば、それなりの結果が生じます。ですが、それが本当に良いことか悪いことかは、霊的法則にどの程度まで適(かな)っているかによって決まることです。つまり肉体にとって良いか悪いかではなくて、魂にとって良いか悪いかという観点に立って判断すべきです。魂にとって最善であれば、肉体にとっても最善であるに違いありません」

 同じくエドワーズ氏とバートン夫妻が出席した別の日の交霊会で、シルバーバーチはこう強調した。

「霊力の本当の目的は、病気が縁となってあなた方のもとを訪れる人たちの魂を目覚めさせることにあります。自分が本来は霊的な存在であり、物的身体は自分ではないことに気づかないかぎり、その人は実在に対してまったく無関心のまま地上生活を送っていることになります。言わば影の中で幻影(まぼろし)を追いかけながら生きていることになります。実在に直面するのは、真の自我すなわち霊的本性に目覚めた時です。

地上生活の目的は、帰するところ自我を見出すことです。なぜなら、いったん自我を見出せば、それからは(分別のある人ならば)内部に宿る神性をすすんで開発しようとするからです。残念ながら地上の人間の大半は、真の自分を知らず、したがって不幸や悲劇にあうまでは、自分の霊的本性に気づかないのが実情です。光明の存在に気づくのは人生の闇の中でしかないのです。

あなた方がお会いになるのは、大半が心身に異常のある方です。もしも治療を通じてその人たちに自分が霊的存在であるとの自覚を植えつけることができたら、もしもその人たちの霊的本性を目覚めさせることができたら、もしも内部の神性の火花を点火させることができたら、やがてそれが炎となって、その明かりが生活全体に輝きをもたらします。

もとよりそれは容易なことではありません。でも、たとえ外(はず)れた関節を元どおりにしてあげるだけのことであっても、その治療を通じてその人に自分が肉体をそなえた霊であり、霊をそなえた肉体ではないことを理解させることに成功すれば、あなた方はこの世で最大の仕事をしていることになるのです。

わたしたちは肉体そのものよりも、その奥にある霊の方により大きな関心を向けていることを、よく理解していただかねばなりません。霊が正常であれば肉体も健康です。霊に異常があれば、つまり霊と精神と肉体との関係が一直線で結ばれていなければ、肉体も正常では有り得ません。この点をよく理解していただきたいのです。なぜなら、それはあなた方がご苦労なさっているお仕事において、あなた方自身にも測り知ることのできない側面だからです。完治した人、痛みが和らいだ人、あるいは回復の手応えを感じた人があなた方へ向ける感謝の気持も礼も、魂そのものが目覚め、内部の巨大なエネルギー源が始動しはじめた事実にくらべれば、物のかずではありません。

あなた方は容易ならざるお仕事にたずさわっておられるのです。犠牲と献身を要求される仕事です。困難のさ中において為される仕事であり、その道は容易ではありません。しかし、先駆者のたどる道はつねに容易ではありません。奉仕的な仕事には障害はつきものなのです。かりそめにもラクな道、障害のない道を期待してはなりません。障害の一つ一つ、困難の一つ一つが、それを乗り越えることによって、霊の純金を磨き上げるための試練であると心得てください」

エドワーズ「魂の治療の点では、私たち治療家の役割よりも霊界の治療家の役割の方が大きいのでしょうか」

「当然そうなりましょう」

エドワーズ「そうすると、私たちが果たしている役目は小さいということでしょうか」

「小さいとも言えますし、大きいとも言えます。問題は波長の調整にあります。大きく分けて、治療には二通りの方法があります。一つは治癒エネルギーの波長を下げて、それを潜在エネルギーの形で治療家に届けます。それを再び活エネルギーに還元して、あなた方治療家が使用するという方法です。もう一つは、特殊な霊波を直接患者の意識の中枢に送り、魂に先天的にそなわっている治癒力を刺激して、魂の不調、すなわち病気を払いのける方法です。こう述べてもお分かりにならないでしょう?」

エドワーズ「いえ、理屈はよく分かります。ただ、現実に適用するとなると……

「では、説明を変えてみましょう。まず、そもそも生命とは何かという問題ですが、これは地上の人間にはまず理解できないと思います。なぜかと言うと、生命とは本質において物質と異なるものであり、いわゆる理化学的研究の対象とはなり得ないものだからです。

で、わたしはよく、生命とは宇宙の大霊のことであり、大霊とはすなわち大生命のことだと申し上げるのですが、その意味は、人間が意識をもち、呼吸し、歩き、考える、その力、また樹木が若葉をつけ、鳥がさえずり、花が咲き、岸辺に波が打ち寄せる、そうした大自然の脈々たる働きの背後にひそむ力こそ、宇宙の大霊すなわち神なのだというのです。同じ霊力の一部であり、一つの表現なのです。

あなた方が今ここにこうして生きていらっしゃる事実そのものが、あなた方も霊であることを意味します。ですから、同じく霊である患者の霊的進化の程度に応じたさまざまな段階で、その霊力を注入するというのが心霊治療の本質です。

ご承知の通り、病気には魂に起因するものと、純粋に肉体的なものとがあります。肉体的なものは治療家が直接手を触れる必要がありますが、霊的な場合は今のべた生命力を活用します。ただし、この方法にも限界があります。あなた(エドワーズ)の進化の程度、協力者のお二人(バートン夫妻)の進化の程度、それに治療を受ける患者自身の進化の程度、この三つが絡みあって自然にできあがる限界です。また、いわゆる因縁(カルマ)というものも考慮しなくてはなりません。因果律です。これは時と場所とにおかまいなく働きます」

エドワーズ「魂の病にもいろいろあって、それなりに肉体に影響を及ぼしていると思いますが、そうなると、病気一つ一つについて質の異なる治癒エネルギーが必要なのではないかと想像されますが……

「まったくおっしゃる通りです。人間は三位一体の存在です。一つは今のべた霊(スピリット)、これが第一原理です。存在の基盤であり、種子であり、すべてがそこから出ます。次に、その霊が精神(マインド)を通じて自我を表現します。これが意識的生活の中心となって、肉体(ボディ)を支配します。この三者が融合し、互いに影響しあい、どれ一つ欠けても、あなたの地上での存在は無くなります」

エドワーズ「一方通行ではないわけですね?」

「そういうことです。霊的ならびに精神的発達の程度にしたがって肉体におのずから限界が生じますが、それを意識的鍛練によって、信じられないほど自由に肉体機能を操ることができるものです。インドの行者などは、西洋の文明人には想像もできないようなことをやってのけますが、精神が肉体を完全に支配し思いどおりに操れるように鍛練したまでのことです」

エドワーズ「心霊治療が魂を目覚めさせるためのものであり、霊が第一原理であれば、霊界側からの方がよほどやり易いのではないでしょうか」

「そう言えそうですが、逆の場合の方が多いようです。というのは、死んでこちらへ来た人間でさえ霊的波長よりは物的波長の中で暮らしている霊が多いという事実からもお分かりの通り、肉体をまとった人間は、よほど発達した人でないかぎり、たいていは物的波長にしか反応を示さず、わたしたちが送る波長にはまったく感応しないものです。そこであなた方地上の治療家の存在が必要となってくるわけです。霊的波長にも物的波長にも感応する連結器というわけです。

治療家にかぎらず、霊能者と呼ばれている人が、つねに心の修養を怠ってはならない理由はそこにあります。霊的に向上すれば、それだけ仕事の範囲が広がって、より多くの価値ある仕事ができるようになります。そのように法則ができ上がっているのです。

ですが、そういう献身的な奉仕の道を歩む人は、必然的に孤独な旅を余儀なくさせられます。ただ一人、前人未踏の地を歩みながら、のちの者のための道しるべを立てて行くことになります。あなたにはこの意味がよくお分かりでしょう。すぐれた特別の才能には、それ相当の義務が生じます。両手に花とはまいりません」

エドワーズ「さきほど治癒エネルギーのことを説明された時、霊的なものが物的なものに転換されるとおっしゃいましたが、その転換はどこで行われるのでしょうか。どこかで行われているはずですが……

「使用するエネルギーによって異なります。信じられない方もいらっしゃるかも知れませんが、いにしえの賢人が指摘している“第三の目”とか太陽神経叢などを使用することもあります(※)。そこが霊と精神と肉体の三者が合一する“場”なのです。これ以外にも患者の潜在意識を利用して、健康な時と同じ生理反応を起こさせることによって、失われた機能を回復させる方法があります」

――いずれもヨガでいうチャクラに相当し、全部で七つある。この分野ではセオソフィーの研究が進んでいる。

エドワーズ「説明されたところまでは分かるのですが、その“中間地帯”がどこにあるかがよく分かりません。どこで物的状態と霊的治癒エネルギーとつながるのか、もっと具体的に示していただきたいのです。どこかで何らかの形で転換が行われているに違いないのですが……

「そんな具合に迫られると、どうも困ってしまいますね。弱りました。わかっていただけそうな説明がどうしてもできないのです。強いてたとえるならば、さっきもいったコンデンサーのようなことをするのです。コンデンサーというのは電流の周波を変える装置ですが、大体あんなものが用意されていると想像してください。エクトプラズムを使用することもあります。ただし、実験会での物質化現象や直接談話などに使用するものとは形態が異なります。もっと微妙な、目に見えない……

エドワーズ「一種の“中間物質”ですか」

「そうです。霊の念波を感じやすく、しかも物質界でも使用できる程度の物質性をそなえたもの、とでも言っておきましょうか。それと治療家のもつエネルギーが結合してコンデンサーの役をするのです。そこから患者の松果体(※)や太陽神経叢を通って体内に流れ込みます。その活エネルギーは全身に行きわたります。電気的な温もりを感じるのはその時です。

知っておいていただきたいのは、とにかくわたしたちの治療法には決まった型というものはないということです。患者によってみな治療法が異なるのです。また、霊界から次々と新しい医学者が協力にまいります。そして新しい患者は新しい実験台として臨み、どの放射線を使用したらどういう反応が得られたかを、細かく検討します。なかなか捗(はかど)らなかった患者が急に快方へ向かいはじめることがあるのは、そうした霊医の研究成果の表れです。また、治療家のところへ行く途中で治ってしまったりすることがあるのも、同じ理由によります。実質的な治療というのは、あなた方が直接患者に接触する以前にすでに霊界側で大部分が済んでいると思って差しつかえありません」

――脊柱の先端と二つの大脳葉にはさまれた、直径四ミリ、長さ六ミリほどの円柱形の器官で、霊界との連絡に大切な機能を果たしている。松果腺とも。詳しくはルース・ウェルチ著『霊能開発入門』参照。

エドワーズ「そうすると、もう一つ疑問が生じます。いま霊界にも大勢の医者がいると申されましたが、一方で遠隔治療を受けながら、別の治療家のところへ行くという態度は、治療にたずさわる霊医にとって困ったことになりませんか」

「結果をみて判断なさることです。治ればそれでよろしい」

エドワーズ「なぜそれでいいのか、理屈が分からないと、われわれ人間は納得できないのですが……

「場合によってはそんなことをされると困ることもありますが、まったく支障にならないこともあります。患者によってそれぞれ事情が違うわけですから、一概に言い切るわけにはまいりません。

あなただって、患者を一目見ただけで、これは自分に治せる、とは判断できますまい。治せるか否かは患者と治療家の霊格によって決まることですから、あなたには八分どおりしか治せない患者でも、他の治療家のところへ行けば全治するかも知れません。条件が異なるからです。

その背景、つまり霊界側の複雑な事情を知れば知るほど、こうだ、ああだと、断定的な言葉は使えなくなるはずです。宇宙の法則には無限の奥行きがあります。あなた方人間の立場としては、正当な動機と奉仕の精神にもとづいて、精いっぱい人事を尽されればいいのです。こうすれば治る、これでは治らない、といった予断のできる者はいません」

エドワーズ「細かい点はともかくとして、私たちが知りたいのは、霊界の医師は、必要とあらばどこのどの治療家にも援助の手を差しのべるのかということです」

「霊格が高いことを示す一ばんの指標は、人を選り好みしないということです。わたしたちは、必要とあらばどこへでも出かけます。それが高級神霊界の鉄則なのです。あなた方も患者を断るようなことは決してなさってはいけません。精神的にも霊的にも、すでに本質において永遠の価値をもった成果をあげておられます。人間的な目で判断してはいけません。あなた方には物事のウラ側を見る目がないのです。したがって、ご自分のなさったことがどんな影響を及ぼしているかもお分かりになりません。

しかし実際には、ご自分で考えておられるよりはるかに大きな貢献をなさっております。あなた方の貢献は、地上で為しうる最大のものに数えられることに自信をもってください。一生けんめい治療なさってもなお反応がなくても、それはあなたの責任ではありませんし、協力者(バートン夫妻)の責任でもありません。すべては自然の摂理の問題です。ご承知のように、奇跡というものは存在しません。すべては無限の愛と無限の叡智によって支配されているのです。

あなたと、協力者のお二人に申し上げます。常に、霊の光に照準を当てるように心がけてください。この世的な問題(※)に煩わされてはなりません。これまでに幾つもの困難に遭遇し、これからも行く手に数々の困難が立ちはだかることでしょうが、奉仕の精神に徹しているかぎり、克服できない障害はありません。すべてが克服され、奉仕の道はますます広がっていくことでしょう。

あなた方のお仕事は、人々に苦痛の除去、軽減、解放をもたらすだけではありません。あなた方の尊い献身ぶりを見て、それを見習おうとする心を人々に植えつけています。そしてそれが、あなた方をさらに向上の道へと鼓舞することになります。わたしたちは、まだまだ霊的進化の頂上をきわめたわけではありません。まだまだ、先ははるかです。なぜなら、霊の力は大霊と同じく無限の可能性を秘めているからです」

――エドワーズの治療所は治療費を取らず自発的な献金でまかなっていたために、慢性的な資金不足の問題をかかえ、借り入れ金の返済も滞(とどこお)りがちで、運営の危機に直面したことが何度かある。

サークルのメンバー「患者としては、あくまでも一人の治療家のお世話になるのが好ましいのでしょうか」

「それは一般論としてはお答えしにくい問題です。なぜかと言いますと、大切なのはその患者の霊的状態と治療家の霊的状態との関連性だからです。治療法にも、いろいろと種類があることを忘れてはなりません。霊的な力をまったく使用しないで治している人もいます。自分の身体のもつ豊富な生体エネルギーを注入することで治すのです。霊の世界とは何の関わりもありません。それも治療法の一つというにすぎません。

ですから、患者の取るべき態度について戒律をもうけるわけにはいかないのです。ただし、一つだけ好ましくない態度を申せば、次から次へと治療家を渡り歩くことです。それでは治療家にちゃんとした治療を施すチャンスを与えていないことになるからです。わたしたち霊界の者が何とか力になってあげたいと思って臨んでも、そういう態度で訪れる人のまわりには一種のうろたえ、感情的な迷いの雰囲気が漂い、それが霊力の働きかけを妨げます。ご承知のように、霊力がいちばん働きやすいのは、受け身的な穏やかな雰囲気の時です。その中ではじめて魂が本来の自分になりきれるからです」

エドワーズ「一人の治療家から直接の治療を受けながら、別の治療家から遠隔治療を受けるというのはいかがでしょうか」

「別に問題はありません。現にあなたがそれを証明しておられます。他の治療家に治療してもらっている人をあなたが治されたケースがいくつもあります」

バートン氏「私は祈りの念が霊界へ届けられる経路について考えさせられることがよくあります。祈り方にもいろいろあり、とくに病気平癒の祈願がさかんに行われております。その一つとして祈念する時間が長いほど効果があると考えている人がいます。いったい祈りは霊界においてどういう経路で届いているのかを知りたいのです」

「この問題も、祈りの動機と祈る人の霊格によります。ご承知のとおり宇宙はすみからすみまで法則によって支配されており、偶然とか奇跡とかは絶対に起こりません。もしもその祈りが利己心から発したものであれば、それはそのままその人の霊格を示すものであり、そんな人の祈りで病気が治るものでないことは言うまでもありません。

反対に、自分を忘れ、ひたすら救ってあげたいという真情から出たものであれば、それはその人の霊格が高いことを意味し、それほどの人の祈りは高級神霊界にも届きますし、自動的に治癒効果を生む条件を作り出す力もそなわっています。要するに祈る人の霊格によって決まることです」

バートン氏「祈りはその人そのものということでしょうか」

「そういうことです」

バートン氏「大主教による仰々(ぎょうぎょう)しい祈りよりも、素朴な人間の素直な祈りの方が効果があるということでしょうか」

「地位には関係ありません。肝心なのは祈る人の霊格です。大主教が霊格の高い人であれば、その祈りには霊力がそなわっていますが、どんなに立派な僧衣をまとっていても、スジの通らない教義に凝り固まった人間でしたら、何の効果もないでしょう。

もう一ついけないのは、集団で行う紋切り型の祈りです。意外に効果は少ないものです。要するに大霊は肩書や人数ではごまかされないということです。祈りの効果を決定づけるのは、祈る人の霊格です。

祈りとは、本来、波長をふだんより高めるための霊的な行為です。波長を高め、人のために役立ちたいと祈る行為は、それなりの効果を生み出します。あなたが抱える問題は、大霊は先刻ご承知です。宇宙の大霊であるがゆえに、宇宙の間の出来事のすべてに通じておられます。大霊とは大自然の摂理の背後の叡智です。したがって、その摂理をごまかすことはできません。大霊をごまかすことはできないのです。あなた自身さえごまかすことはできません」

バートン夫人「治療の話に戻りますが、患者が信仰心をもつことが不可欠の条件だという人がいますし、関係ないと主張する人もいます。どうなのでしょうか」

「心霊治療にかぎらず、霊的なことには奥には奥があって、一概にイエスともノーとも言い切れないことばかりです。信仰心があった方が治りやすい場合がたしかにあります。霊的知識にもとづいた信仰心は、魂が自我を見出そうとする一種の憧憬ですから、魂に刺激を与えます。あくまで自然の摂理に関する知識にもとづいた信仰のことであって、何か奇跡でも求めるような盲目の信仰ではダメです。反対に、ひとかけらの信仰心がなくても、魂が治るべき段階まで達しておれば、かならず治ります」

バートン夫人「神も仏もいないと思っている人が治り、立派な心がけの人が治らないことがあって、不思議でならないことがあります」

「その線引きは魂の霊格によって決まります。人間の観察はとかく表面的になりがちで内面的でないことが多いことを忘れてはなりません。魂そのものが見えないために、その人がそれまでにどんなことをしてきたかが判断できないのです。治療の効果を左右するのは、あくまでも患者の魂です。

ご承知のとおり、わたしも何千年か前に地上でいくばくかの人間生活を送ったことがあります。そして、死後こちらでそれよりはるかに長い霊界生活を送ってまいりましたが、その間、わたしが何にもまして強く感じているのは、大自然の摂理の正確無比なことです。知れば知るほどその正確さ、その周到さに驚異と感嘆の念を強くするばかりです。一分(ぶ)の狂いも不公平もありません。地上だけではありません。わたしたちの世界でも同じです。差引勘定をしてみれば、きちんと答えが合います。

迷わず、ただひたすら心に喜びを抱いて奉仕の精神に徹して仕事をなさることです。そして、あとのことは全て大霊にお任せすることです。それから先のことは人間の力の及ぶことではないのです。誰が治り誰が治らないかは、あなた方が決めるのではありません。いくら願ってみても、それは叶わないことです。あなた方は、所詮、わたしたちスピリットの道具にすぎません。そして、わたしたちも又、さらに高い神霊界のスピリットの道具にすぎません。自分より偉大なる力がすべてを良きに計らってくださると信じて、すべてをお任せすることです」

最後に、別の日の交霊会でふたたび心霊治療が話題となった時にシルバーバーチが述べた注目すべき霊言を紹介しておこう。

パキスタンから招待された人がこう尋ねた。

「一見なんでもなさそうな病気がどうしても治らないことがあるのはなぜでしょうか」

「不治の病というものはありません。すべての病気にそれなりの治療法があります。宇宙は単純にして複雑です。深い奥行きがあるのです。法則の奥にまた法則があるのです。知識は新しい知識へ導き、その知識がさらに次の知識へと導きます。理解には際限がありません。叡智も無限です。こんなことを申し上げるのは、いかなる質問にも簡単な答えは出せないということを知っていただきたいからです。すべては魂の本質、その構造、その進化、その宿命にかかわることだからです。

地上の治療家から、よくこういう言い分を聞かされます――“この人が治ったのに、なぜあの人は治らないのですか。愛と、治してあげたい気持がこれほどあるのに治らなくて、愛を感じない、見ず知らずの人が簡単に治ってしまうことがあるのは、なぜですか”と。

そうしたことはすべて法則によって支配されているのです。それを決定づける法則は魂の進化と関係しており、魂の進化は現在の地上生活だけで定まるのではなく、しばしば前世での所業が関わっていることがあります。

霊的な問題は地上的な尺度では計れません。人生のすべてを物質的な尺度で片づけようとすると誤ります。しかし、残念ながら、物質の中に閉じ込められているあなた方は、とかく霊の目をもって判断することができず、それで、一見したところ不正と不公平ばかりが目につくことになります。

大霊は完全なる公正です。その叡智は完ぺきです。なぜなら、完全なる摂理として作用しているからです。あなた方の理解力が一定の尺度に限られている以上、宇宙の全知識をきわめることは不可能です。

どうか“不治の病”という観念はお持ちにならないでください。そういうものは存在しません。治らないのは、往々にしてその人の魂がまだそうした治療による苦しみの緩和、軽減、安堵(あんど)、ないしは完治を手にする資格を身につけていないからであり、そこに宿業(カルマ)の法則が働いているということです。こう申し上げるのは、あきらめの観念を吹聴(ふいちょう)するためではありません。たとえ目に見えなくても、何ごとにも摂理というものが働いていることを指摘したいからです」

祈り

無知に代わって知識が支配し……

ああ、大霊よ。あなたはあらゆる定義と説明を超越した存在にあらせられます。なぜならば、あなたの本性は窮まるところを知らないからでございます。いかなる書物も、いかなる教会も、いかなる建造物も、いかなる言語も、あなたのすべてを包摂することはできませんし、あなたのすべてを説き明かすこともできません。

遠い過去において、特殊な才能に恵まれた数少ない人たちは、見えざる世界からのインスピレーションを受け取り、天上界とその住民の生活を垣間(かいま)見ることができました。しかし、それにも、その霊能者たちの知的ならびに霊的進化の程度による限界があり、したがってあなたについての理解には歪(ゆが)みがあり、不正確であり不完全でした。

今わたしどもは、少数ではなく大勢の霊能者を通して、全大宇宙の背後に控える無限なる精神についての、より実相に近い概念を啓示せんと努力しているところでございます。それは、絶対的支配力を有する大自然の摂理であり、その摂理には例外もなく、変更もなく、廃止もございません。

その絶対的摂理が全生命を管理しているとわたしたちは説くのです。物質の世界に顕現している部分だけに限りません。生命活動のあらゆる側面を統御し、すべてがその支配下にあると説いているのでございます。

かくして無限なる精神によって創案され、愛と叡智を通して働いている摂理は、宇宙的生命活動のすべてを認知していることになり、地上に生活する人類もまた、その例外ではございません。しかも、全生命を創造したあなたの霊が地上の子等の一人一人に例外なく宿っているのでございます。その絆は永遠です。子等をあなたと結びつけている絆は、墓場を超えて彼岸の霊界においてもなお続くのでございます。

もしも幸いにしてあなたの子等があなたを正しく理解すれば、彼らみずからを理解することになり、自分自身の存在の中にあなたの完全性のひな型が写し出されていることを知ることになるのですが、それがまだ実現される段階に至っていないのが残念でなりません。より大きな表現へ向けて呼び覚まされるのを待ちながら居眠りの状態で潜在している、言葉では言い表せないミニチュアのあなたなのでございます。

生命の法則をより多く知るにつれて、あなたの子等はその内部の神性をより大きく発現できるような生活が営めることになりましょう。

霊の資質を開拓することにより、高遠の世界の進化せる霊との、より豊かな交わりが得られ、それまでに蓄積した知識と教養と叡智をふんだんにもたらしていただき、地上をより公正に、より豊かに、そしてより美しくする上で力となってくださることでしょう。

そうなることが、無意味な悲劇と不幸と悩みとを無くすことになりましょう。なぜなら、無知に代わって知識が支配し、健康が病気を駆逐し、慰めが悲哀と所を代え、永きにわたって暗黒が支配してきた場所に真理の光が灯されることになるからでございます。

その目標に向かってわたしどもは、同じく地上の子等のために献身する他の霊団とともに、努力しているところでございます。

ここにあなたの僕インディアンの祈りを捧げます。