MENU

8章 魂の挫折感を誘発するのは、精神上の倦怠感と絶望感です

今世紀最大の劇作家の一人としてジョージ・バーナード・ショウ(※1)を挙げることに異論を唱える人はいないであろう。この辛辣(しんらつ)な風刺家が“フリート街の法王”(※2)の異名をもつ、同じく劇作家のハンネン・スワッファーのインタビューを受けた――これだけでも大変なニュースだった。

※1――George Bernard Shaw(1856〜1950)アイルランド生まれの英国の劇作家・評論家。一九二五年にノーベル文学賞を受賞。辛辣な批評と風刺で知られた。一度来日したことがあり、その時に日本の印象を聞かれて「ああ、日本にも家があるなと思いました」と答えたという。禁煙運動について意見を求められて「タバコを止めるのは簡単だよ。私なんか何度も止めたよ」と答えている。

※2――フリート街というのは英国の新聞社が軒をつらねている所で、つまりは英国ジャーナリズム界の御意見番的存在の意味。ショウとの年齢差は二十五歳で、スワッファーにとっては大先輩だった。

そのインタビューは、ショウが〈タイム〉誌上で、奥さんの死に際して寄せられた多くの悔やみ状に対する感謝の意を表明したあとに準備されたものだった。

当時すでに八十七歳だったショウは、スワッファーに「こんどは自分の番だ。もう悟り切った心境で待ってるよ」と言い、続けて

「わたしなんか、もうどうでもいいという気分だ。あんたもわたしも似たような仕事をしてる。人さんにいろいろと物語ってあげてるわけだ。それはそれで結構なことだが、それで世の中がどうなるというものでもないよ」と付け加えた。

スワッファーが「あなたもいずれ死なれるわけですが、死んだらどうなると思っていらっしゃいますか」と尋ねると――

「死ねばこの世からいなくなっちまうということだ。わたしは死後の存続は信じたことはないし、今も信じていない。死後も生きてると信じている人間で、それがどういうことを意味するかが本当にわかっている人間がいるなんて、わたしには考えられないね」

ここではスピリチュアリズムに関係したものだけを紹介したが、ショウ対スワッファーの対談は大変なセンセーションを巻き起こした。同じ頃に催されたシルバーバーチの交霊会でも当然その話題が持ち出され、興味ある質問が出された。それを紹介しよう。

まず最初の質問は「ショウのようなタイプの人物を待ちうける環境はどんなものでしょうか」というものだった。シルバーバーチは例によって個人の問題にしぼらずに、普遍的なものに広げて、こう語った。

「洞察力に富む人間は、無意識のうちに、さまざまな形で実在に触れておりますから、待ちうける新しい体験を喜びの中に迎えることになります。死んだつもりがまだ生きていることに、最初はショックを受けますが、新しい環境での体験を重ねるうちに、精神的能力と霊的能力とが目覚めて、その素晴しさを知るようになります。

叡智・知識・教養・真理、それに芸術的作品の数々が、ふんだんに、それも地上よりはるかに高度のものが入手できることを知って喜びを覚えます。肉体の束縛から解放されて今やっと本来の自我が目を覚まし、自分とは何かを自覚しはじめ、肉体の制約なしにより大きな生活の舞台での霊妙な愉しみが味わえる――それがいかなるものであるかは、とうてい地上の言語で説明できる性質のものではありません。

とにかく、どの分野に心を向けても――科学であろうと哲学であろうと、芸術であろうと道徳であろうと、その他いかなる知識の分野であろうと、そこには過去の全時代のインスピレーションが蓄積されているばかりでなく、それを受け入れる用意のある者にはいつでも授けるべく、無数の高級霊が待ちうけているのです。

飽きることのない楽しい冒険の世界が待ちうけております。他界して間もないころは、個人的な縁による結びつき、たとえば先に他界している家族や知人、地上に残した者との関係が優先しますが、そのうち、地上界のごとき物的制約を受けることなく広がる自然の驚異に触発されて、目覚めた霊性が急速に発達してまいります」

ショウ対スワッファーという劇的な対面がさまざまな話題を生み、それに関連したさまざまな質問に答えたあと、シルバーバーチはこうしめくくった。

「真理がすべてに優先します。真理が普及すれば虚偽が退散し、無知と迷信が生み出した霧と陰が消えてまいります。現在の地上にもまだ、生活全体をすっぽり包み込む、無知という名の闇の中で暮らしている人が無数におります。

いつの時代にも、霊の力が何らかの形で、その時代の前衛たる者――パイオニア、改革者、殉教者、教育家等々、輝ける真理の旗を高々と掲げた人々の心を鼓舞してまいりました。地上に存在するあらゆる力を超越した霊妙な何かを感じ、人類の未来像を垣間(かいま)見て、彼らはその時代に新たな輝きを添えたのでした。彼らのお蔭で多くの人々が暗闇のべールを突き通して、光明を見出すことができたのでした。彼らのお蔭で、用意のできていた者が、みずからの力で足枷を解きほどく方法(すべ)を知ったのでした。暗い牢獄からみずからの魂を解き放す方法を知ったのです。生活全体に行きわたっていた、うっとうしい空気が消えました。

地上世界の全域に、啓発の勢力が徐々に、実に牛の歩みではありますが、行きわたりつつあります。それにつれて無知の勢力が退却の一途をたどっております。今や地上人類は進軍の一途をたどっております。さまざまな形での自由を獲得しました――身体の自由、精神の自由、霊の自由です。偏見と迷信と無知の勢力から人類を解き放す上での一助となった人はみな、人類の永い歴史の行進を導いてきた、輝ける照明です。

魂の挫折感を誘発するのは、精神上の倦怠感と絶望感です。精神が明るく高揚している時こそ、魂は真の自我を発揮し、他の魂を永遠の光明へ向けて手引きするほどの光輝を発するのです」

さらに“生命力”の問題にふれて――

「生命力が存在することに疑問の余地はありません。生命は、それにエネルギーを与える力があるからこそ存在します。それが動力源です。その本質が何であるかは、地上の人間には理解できません。いかなる科学上の器具をもってしても検査することはできません。化学的分析もできません。物的手段による研究は不可能なのです。

人間にとっては“死”があり、そして“生命”がありますが、わたしたちから見れば“霊”こそ生命であり、生命はすなわち“霊”であるというふうに、きわめて単純に理解できます。物質界というのは永遠の霊の光によって生じた影にすぎません。物質はただの“殻”であり、実在は霊なのです。

意識のなかったところに生命を与えたのが霊です。その霊があなたに自分を意識させているのです。霊こそ大霊によって人間に吹き込まれた息吹き、神の息吹きであり、その時点から自我意識をもつ生きた存在となったのです。

人間に神性を与えているのは、その霊なのです。その霊が人間を原始的生命形態から今日の段階へと引き上げてくれたのです。ただの禽獣(きんじゅう)と異なるのは、その霊性です。同胞に有徳の行為をしたいと思わせるのも、その霊性です。自分を忘れ、人のためを思う心を抱かせるのも、その霊性です。少しでも立派になろうと心掛けるようになるのも、その霊性のお蔭です。良心の声が聞こえるのも霊性があるからこそです。あなたはただの物質ではありません。霊なのです。この全大宇宙の運行と、そこに生活する全生命を経綸している力と同じものなのです。

人間は、その宇宙霊、その大生命力が個別性をそなえて顕現したものです。人間は個的存在です。神性を帯びた炎の小さな火花です。みなさんのいう神、わたしのいう大霊の、不可欠の一部分を占めているのです。その霊性は死によっていささかも失われません。火葬の炎によっても消すことはできません。その霊性を消す力をもったものは、この全大宇宙の中に何一つ存在しません」

さて、当時のジャーナリズム界の第一線で活躍していたスワッファーは、その知名度を生かして、当時の各界の著名人をよく交霊会に招待した。招待された人は、シルバーバーチとの対話もさることながら、まずはスワッファーというジャーナリズム界の大物に直接会えることを光栄に思って出席した人が多かったのも事実である。

その中でも、これから紹介する人は特異な人物の部類に入るであろう。無声映画時代に“世界の恋人”と呼ばれて人気を博した米国の女優メアリ・ピックフォードで、その交霊会の様子はスワッファーによって〈サイキックニューズ〉紙に発表された。以下はその全文である。

映画でも演劇でも芸術作品でも、それが真実を表現し、大勢の人々の心に触れるものをもっておれば、霊界からみれば実に大きな存在価値をもつものであることは、これまで各界で活躍している人を招待した時にシルバーバーチがたびたび強調していることであるが、このたびも又、そのことを改めて確認することになった。以下は、先日催された交霊会の速記録から、興味ぶかい箇所を抜粋したものである。まずシルバーバーチから語りかけた――

「さて、海を渡って(米国から)お出でくださったお客さんに申し上げましょう。今日ここに出席しておられる方々があなたの大ファンでいらっしゃること、又いわゆる死の彼方にいる人たちからも守られていることを、あなたはずっと感じ取ってこられたことはご存知と思いますが、いかがですか」

ピックフォード「よく存じております」

「その愛、その導きがあなたの人生において厳然たる事実であったことを、あなたは幾度も体験しておられます。窮地に陥り、どちらへ向かうべきかがわからずに迷っていた時に、はっきりとした形で霊の導きがあり、あなたは迷うことなく、それに従われました。おわかりでしょうか」

ピックフォード「おっしゃる通りです」

「ですが、実際には、情愛によって結ばれた大勢の人々の愛を、これまで意識なさった以上に受けておられるのです。もしもその全てが認識できたら、あなたのこれまでの生涯がもったいないほどの導きを受けていることがわかるでしょう。又もし、この地上生活であなたに託された使命の全てを一度に見せられていたら、とても成就できないと思われていたことでしょう。それほどのものが、右足を一歩、左足を一歩と、着実に歩んでこられたからこそ、今日まで維持できたのです。

ある程度まではご存知でも、まだ全てはご存知ないと思いますが、わたしたちの世界――そちらの世界から移住してくる霊の世界から見ると、真実の宗教は人のために役立つことをすること、これしかないことがわかります。無私の善行は霊の通貨なのです。すなわち、人のために精一杯の努力をする人は、その誠意によって引きつけられる別の人によって、そのお返しを受けるのです。

あなたは、これまでの人生で大勢の人々の生活に幸せと理解力と知識とをもたらしましたが、その分だけあなたは地上の人だけでなく、はるか昔に地上を去り、その後の生活で身につけた叡智をあなたを通じて地上へもたらしたいと願う、光り輝く霊も引き寄せております。わたしの言っていることがおわかりでしょうか」

ピックフォード「はい、よくわかります」

「こちらの世界では、あなたのような存在を大使(アンバサダ−)の一人と考えております。つまり一個の仲介者、大勢の人間との間を取りもつ手段というわけです。目に見えない世界の実在という素朴な福音を、あなたは熱心に説いてこられました。これまで物的障害が再三にわたって取り除かれ、首尾よく前進してこられたのも、あなたのこうした心掛けがあったからです。

そこで、わたしから良いことをお教えしましょう。遠からずあなたは、これまでのそうしたご苦労に有終の美を飾られる――栄誉を賜り、人生の絶頂期を迎えられるということです。あなたの望まれたことが、これからいよいよ結実をみることになります」

ここで、私(スワッファー)が出席する会には必ず出現しているノースクリッフ卿(※)が、シルバーバーチと入れ替ってピックフォードに挨拶を述べた。私は直接は知らないが、ピックフォードが夫君のフェアバンクスと連れだって初めてロンドンを訪れた時、ファンの群れでどこへ行ってもモミクチャにされるので、ノースクリッフがひそかに二人を私邸に泊めたといういきさつがあるのである。

――英国の有名な新聞経営者で、デイリーメール紙の創刊者。死後、スワッファーがよく出席していたデニス・ブラッドレーの交霊会に出現して決定的な身元確認の証拠を提供した。スワッファーがスピリチュアリズムの真実性を確認したのはこの体験による。そしてその体験記を『ノースクリッフの帰還』と題して出版、大反響を呼んだ。

そのあと、かつての夫君フェアバンクスも出現して、二人の結婚生活の不幸な結末を残念に思っていることを述べた。ここでは、その件についてはこれ以上深入りしないでおこう。とにかく、それを聞いたピックフォードが、シルバーバーチにこう述べた。

「私はかつて地上の人間にも他界した方にも、恨みを抱いたことは一度もありません。恨みに思ったのは、過ちを犯した時の自分に対してだけです」

「ご自分のことをそうダメ人間のようにお考えになってはいけません。今もしあなたの人生の“元帳”を整理することができたら、いわゆる“過ち”といえるほどのものは、無私の徳行や善行に較べると、いたって少ないことがおわかりになるはずです。多くの人々にどれほど良いことをなさってこられたかは、こちらへお出でになるまではおわかりにならないでしょう。

あなたは、数え切れないほどの人々に愉しみを与えてこられました。しばしの間でも悲しみを忘れさせ、心の悩みや痛みを忘れさせ、トラブルやストレスを忘れさせ、人生の嵐を忘れさせてあげました。あなた自身の願望から、あなたなりの方法で人のために役立つことをなさってこられました。人のために役立つということが何よりも大事なのです。

他のすべてのものが忘れ去られ、剥(は)ぎ取られ、財産が失われ、権力が朽(く)ち、地位も生まれも効力を失い、宗教的教義が灰に帰したあとも、無私の人生によって培(つちか)われた性格だけはいつまでも残り続けます。わたしの目に映るのは身体を通して光り輝く、その人格です。

わたしは、そうした善行を重ねてきた魂にお会いできることを大きな喜びとしております。以上が、あなたがみずから“過ち”とおっしゃったのを聞いて私が思ったことです。あなたは何一つ恐れるに及びません。真一文字に進まれればよろしい。あなたも率直なところをお聞きになりたいでしょう?」

ピックフォード「ええ」

「あなたは大金を稼ぐのは趣味ではなさそうですね。あなたの願望は、できるだけの善行を施すことのようです。違いますか」

ピックフォード「おっしゃる通りです」

「その奇特な心がけが、それなりの報酬をもたらすのです。自動的に、です。その目的は、とどのつまりは、あなたに確信を与えるということにあります。何一つ恐れるものはないということです。心に恐怖心を宿してはいけません。恐怖心はバイブレーションを乱します。バイブレーションのことはご存知でしょう?」

ピックフォード「ええ、少しは存じております」

「恐怖心は霊気を乱します。あなたの心が盤石の確信に満ちていれば、霊的知識を手にしたがゆえの揺るぎない決意に燃えていれば、この無常の地上において、その心だけは失意を味わうようなことは断じてありません。

物質界に生じるいかなる出来事も、真のあなた、不滅で、無限で、永遠の霊性をそなえたあなたに、致命的な影響を及ぼすことはできません。あなたは、背後にあってあなたに導きを与えている力が宇宙最大の力であること、あなたを大霊の計画の推進のための道具として使用し、その愛と叡智と真理と知識を、何も知らずにいる人々に教えてあげようとする愛の力であるという、万全の知識をたずさえて前進することができます。

あなたはこれまでに何度か、自分が間違ったことをしたと思って、ひそかに涙を流されたことがあります。しかし、あなたは決して間違ってはおりません。あなたの前途には栄光への道がまっすぐに伸びております。目的はきっと成就されます。わたしの申し上げたことがお役に立てば幸いです」

ピックフォード「本当にありがとうございました」

「いえ、わたしへの礼は無用です。礼は大霊に捧げるべきものです。わたしどもは、その僕(しもべ)にすぎないのですから。わたしはこの仕事の完遂に努力しておりますが、いつも喜びと快(こころよ)さを抱きながらたずさわっております。もしもわたしの申し上げたことが少しでもお役に立ったとすれば、それはわたしが大霊の御心にそった仕事をしているからにほかなりません。あなたとは、またいつかお会いするかも知れませんが、その時はもっとお役に立てることでしょう。

その時まで、どうか上を向いて歩んでください。下を向いてはなりません。無限の宝庫のある無限の源泉から、光と愛がふんだんに流れ込んでいることを忘れてはなりません。その豊かな宝庫から存分に吸収なさることです。求めさえすれば与えられるのです。著述の方もお続けください」

最後にサークルのメンバー全員に向けて、次のような祈りのメッセージを述べた。

「どうか、皆さんを鼓舞するものとして、霊の力が常に皆さんとともにあり、先天的に賦与されている霊的能力をますます意識され、それに磨きをかけることによって幸せの乏しい人たちのために役立て、そうすることによって皆さんの人生が真に生き甲斐あるものとなることを、切に祈ります」

そう述べて、いよいよバーバネルの身体から離れる直前、そろそろエネルギーが尽きかけているのを意識しながら、ピックフォードにこう述べた。

「ご母堂が、あなたに対する愛情が不滅であることを得心してもらえるまでは、このわたしを行かせない(霊媒から離れさせない)と言っておられます。ご母堂はあなたから受けた恩は決して忘れておられません。今その恩返しのつもりで、あなたのために働いておられます。どうしてもわたしを行かせてくれないのですが……」

ピックフォード「でも、私こそ母に感謝いたしております。十回生まれ変わってもお返しできないほどです」

「あなたはもうすでに十回以上、生まれ変わっておられますよ」

ピックフォード「猫より多いのでしょうか。十八回でも生まれ変わるのでしょうかね。こんどこそ、この英国に生まれてくることでしょうよ」

「いえ、いえ、あなたはすでに英国での前生がおありです。が、これはまた別の話ですね」

ピックフォード「あと一つだけ……私のその英国での前生について、何かひとことだけでも……」

「二世紀以上もさかのぼります。それ以上のことは又の機会にしなくてはなりません。もう行かねばなりません。わたしはこれ以上霊媒を維持できません」

どうやらピックフォードは、その二世紀あまり前に少女として英国で生活した前生のことを、ずっと以前から信じていたらしいふしがある。その理由(わけ)はこの私には記憶がない。

とにかく、グラディス・スミスという名でカナダのトロントに生を受けた彼女は、血統が英国人であることを誇りに思っていることだけは確かである。

ハンネン・スワッファー

祈り

人生の本来の在り方としての大冒険に……

ああ、大霊よ。わたしどもは全生命を支える力に波長を合わせ調和せんとする努力の一環として、ここに祈りを捧げさせていただきます。

わたしたちはその力の背後に、絶対的な支配力をもつ知性の存在を認識しております。それは、人間的形態をそなえたものではございません。全大宇宙のありとあらゆる側面の活動を規制する絶対的な摂理でございます。いかなる側面を研究しても、いかなる秘密を掘り起こしても、いかに高く、あるいは、いかに深く探求のメスを入れても、そこにも必ず摂理が存在するのでございます。

新たに見出されたものも、必ずあなたの自然法則の枠組みの中に組み込まれていたものでございます。その意味において、超自然的現象も奇跡的現象も生じ得ないのでございます。法則と秩序によって規制され、その全パノラマがあなたの聖なる霊に抱かれているのでございます。

その霊こそ生命の根源であると認識するわたしたちは、地上の子等にその霊という実在と、その背後の霊的摂理に目を向かしめたいと願っております。その作用(はたらき)を理解することこそ、この物質の世界に新しい光、新しい悟り、新しい希望をもたらす素地となるのであり、それが地上世界を豊かにするのでございます。

地上の多くの人間がそうした霊的実在の素晴しさと喜びに全く無知のまま、せっかくの人生を無為に過ごしております。その知識があれば、悲哀の多くを無くすことができるのです。喪の涙を拭うことができるのです。心の痛みを取り除くことができるのです。肩の荷を軽くすることができるのです。確信と目的意識をもって、人生の本来の在り方としての大冒険に、より賢明に備えることができるのでございます。

それ故にこそ、わたしどもは受け入れる用意のできている人たちのために霊的知識を広め、自分が一人ぽっちでいることは片時もないこと、霊の力の宝庫はいつでも誰にでも出入りできること、崇高なる愛が万事を良きに計らってくれるとの知識から、新たな生きる勇気を得てくれることを望むものです。それがわたしどもの仕事なのでございます。

ここに、あなたの僕インディアンの祈りを捧げます。