MENU

19.あの世の娯楽・コンサート

あの世の娯楽

あの世では、退屈するということはないようである。地上にあるほとんどすべての娯楽はタダで楽しむことができる。読書・演劇・コンサートなど十分に楽しむことができる。映画もそうである。そして水泳や競馬も(それを望むなら)心ゆくまで楽しむことができる。

ローズは言っている。

「こちらでは泳ぐこともできます。希望するなら水に入ることもできます。しかし水に入っても濡れたり汚れるというようなことはありません。またこんなことを言うと皆さんは驚かれるでしょうが、私は映画を観に行くこともあるのです」

アルフレッド・ヒギンスも彼女と同じようなことを言っている。

「こちらには教育センターがあります。そこには素晴らしい図書館があって本を読むことができます。他にも素晴らしい施設があります。……こちらには地上の映画と同じようなものがあります。厳密に言えば全く同じというわけではありませんが。その映画では、人間や人間の進歩について、また人間の生活について、あらゆることを学ぶことができます」

競馬ファンにとっての朗報が、クウェーカー教徒の「エリザベス・フライ」から伝えられている。

「そちらでは地上と同じようなことが行われていますか? 例えば競馬のようなものが?」

「世界(界層)によっては行われています。なぜならそこに住む人間は、それが自分たちの幸せにとって大切だと考えているからです。言い換えれば、こちらの世界では、人々は自分の考えによってさまざまなものを創り出します。それは地上でも同じですが。地上に近い界層世界では、こうした考え――“競馬は大切だ”というような考えが人々の心を支配しているのです」

地上に通信を送ってくる霊たちが住んでいる界層では、演劇は依然として大切な娯楽であると考えられている。ライオネル・バリモアは次のように語っている。

「地上と全く同じというわけではありませんが、こちらにも演劇があります。その演劇には目的があります。こちらの演劇は人々に、ただ喜びや楽しみを与えるためだけにあるのではありません。例えば、われわれは道徳劇を制作して低い世界の人々に見せます。また、ある観客の個人的人生を演出することもあります」

あの世のコンサート

コンサートは演劇同様、あの世で一般的な娯楽である。マリー・アン・ロスは、彼女の恋人(地上時代、彼女は彼のプロポーズを拒んだ)に初めてコンサートへ連れて行ってもらった様子を述べている。

「彼は私を特別な場所へ連れて行きました。そこは地上の町のような所でした。いろいろな家や大きなビルがあって、人々が住んでいました。また多くの階段があるとても広い場所がありました。私は最初この階段を見たとき、こんなにたくさんの階段を登っては疲れてしまうと思いました。しかし面白いことに、私は全く疲れを感じませんでした。

それから私たちは、素敵な建物の中に入りました。そこはとても広くて、何千人という観客が入っていたと思います。ステージには美しいピアノがありました。それは私がこれまで見た中で最も美しいものでした。またそのピアノは、かつて見たことも聞いたこともないほど大きなものでした。私はこのピアノは、きっと鍵盤(キーボード)が三段になっているに違いないと思いました。そしてそれは真珠のような美しい色彩を放っていました。

それから一人の素晴らしい男性がステージに現れました。彼は背が高く、ハンサムで、長い髪の毛をしていました。その男性は座ってピアノを弾き始めました。私は今までそのような素晴らしい演奏を聴いたことがありません。面白いことに、それは三段の鍵盤を同時に使って弾いているようでした。しかし実際は、二つの手でピアノを弾いていただけなのです。私は彼の手がトップキーに動いたのを見ませんでした。指は低いキーの上を弾いていただけなのです。しかし指を触れていない他のキーが下がっているのが見えました。私は何かの方法でキー同士が全部つながっていることが分かりました。

それは一種、異様な音楽でした。私はその音楽によってどこかへ運び去られるような、またその音楽に包まれたような状態になりました。そして場所と時間のすべての感覚が失われたようになりました。まるで私は音楽と一緒に歩み、音楽に溶け込んだようになり、ホールも観客もピアニストまでもが、しばらく視界から消え去りました。私はあたかも音楽の一部になったような、音楽が私に話しかけているような気がしました。そして私の理解を助けてくれるようでした」

ジョン・ブラウンは大のウイスキー好きであったが、あの世に行って初めてその欲求を断ち切ることができた。そんな彼でさえ、あの世では音楽ファンになったのである。

「私は、何千人という人々と一緒に、広大な野外ホールに座りました。そこでは最高の作曲家による素晴らしい音楽を聴くことができるのです。しかも音楽を聴くだけでなく、音楽を見ることもできるのです。音楽が映像化され、それが大気中に映し出されるのです。音ばかりでなく映像によっても、音楽の内容が伝えられるのです。

例えば、ある偉大な音楽家が、人類の進歩・発展を表現する音楽を演奏しようとすると、彼の心の中のイメージが映像化されて見ることができるようになります。もちろん音楽の中にも彼のイメージは表現されています。こうしたことを言葉で説明するのは、とても難しいことです」