MENU

17.あの世の食事と衣服

あの世に時間がないとすれば、当然、食事の時間もないということになる。では、あの世では本当に食事をすることはないのだろうか? 死後の世界から送られてくる通信に目を通してみると、食事に関しての内容に矛盾があることに気がつく。

「こちらでは、何かを食べたいとか、飲みたいなどと思う人はいません」という通信がある一方で、「彼らはお茶をふるまって私を歓迎してくれました。そのとき私は、それが本当のことだとは信じられませんでした」というように、明らかに矛盾することが述べられている。

アルフ・プリチェットのことを思い出していただきたい。彼がレセプションセンターに到着したとき、そこで何を見ただろうか? アルフ・プリチェットは言っている。

「ある者は話をし、ある者は食事をしていました。私はその光景に衝撃を受けました。彼(ガイド)が言うようにここが天国の一部であるなら、人間が食事をするはずがありません。そして私は彼に言いました。“見てください。向こうに食事をしている人がいます”」

次にビッグスのことを思い出していただきたい。彼がおばのメイの家を訪問したときのことである。メイは彼に「お茶を飲みますか?」と聞いた。

テッド・バットラーも「ではお茶を飲みましょう」と言われている。

テリー・スミスはガイドによって家に招待されたときに「飲み物はいかがですか?」と聞かれ、「レモネードをください」と答えている。

ジョージ・ウィルモットはフランス人の恋人の家族のもてなしを受けたとき、次のように述べている。

「彼らは私の目の前にスープの入った大きなボールを出してくれました。その光景はまるで再び地上に戻ったようでした。彼らはスープを飲んでいました。そして私も飲みました。また私はタバコも吸いました」

あの世へ行った人々が、思いがけない出来事として真っ先に述べる事柄がある。プリチェットのガイドは言った。

「こちらの世界では“思うことが何でもかなう”のです。そのことがあなたはまだ分かっていません。ここでは食べたり飲んだりしたいと思うなら、すぐにそれが実現します」

ビッグスのおばのメイは、彼に次のように説明している。

「地上からこちらへきたばかりの人は、すべてのものが地上とそっくりなので親しみを感じたり、幸福感に浸ったりするのです。また、もしその人が何か欲しいものがあるなら、すぐにそれを手に入れることができます。しかし、やがてそうしたものは不必要だということに気づくようになります」

テッド・バットラーのガイドは説明している。

「こちらへきて間もない人が“必要だ”と思うものがあるなら、直ちにそれは与えられます。しかしこれは一時的なことで、その人が“そうしたものはもはや必要ない”というこちらの世界の実情に気づくようになるまでのことなのです。私たちは普段、お茶やその他の飲み物は飲みません。しかし今回は(他界して間もない)、あなたが私の家にお客さんとしてきてくれたこと、そしてあなたがこちらの世界に慣れるのに役に立つと思って、わざわざしたことなのです」

ジョージ・ウィルモットのガイドも、ほとんど同じような説明をしている。

「それはただあなたが“欲しい”と思うからなのです。あなた同様、他の人々もこれらのものが自分には必要だと考えているのです。しかしあなたはすぐに、それは必要でないことが分かるようになるでしょう。そしてそのものに対する欲求がなくなったとき、それはあなたの前から消え去るのです」

ある者にとっては、その欲求がなくなるまでに長い期間を要するようである。

「私はお茶を飲むのが大好きな人間でした。そして今でもお茶が好きで飲み続けています」とローズは言っている。

「どのようにしてそれを手に入れるのですか?」とウッズが尋ねた。

「おかしなことですが、私は自分でもよく分からないのです。台所に行くわけでもなく、お湯を沸かすわけでもなく、お茶を入れるわけでもありません。お茶を飲みたいと思うだけで、それが現れるのです」

ローズは食べ物について、さらにはっきりと述べている。

「ここにはフルーツやナッツの木があります。地上にあるあらゆる食べ物が存在します。しかし、ここでは動物を殺してその肉を食べるということはしません。こちらでは地上のように肉を食べることはありません」

さらに次のように述べている。

「地上における動物の“弱肉強食”は、単なる物質的な次元での出来事で、飢えを満たすための本能にすぎません。物質的な本能が、動物たちを弱肉強食の世界へと追いやっていると言えます。しかし、それはこちらではもはや存在しません。なぜなら食欲は、こちらにくると直ちになくなってしまうからです。

ここへきたばかりの人間は最初、ある食べ物に対する嗜好性を持っています。すると、それを手に入れることができるのです。しかし、そうした嗜好性はやがてなくなります。または、それは不必要だと考えるようになります。そして食べることをやめてしまいます」

「マルチン」と名乗る声(彼は二十世紀にオーストラリアに移住してシドニーで死んでいる)が、あの世へ行った直後の同様の経験について述べている。

「こちらには“食べたい、飲みたい”と思うものは、すべて揃っています。しかし最初、私はそのことがよく分かりませんでした。私が食べ物のことを思うと自動的にそれが現れて食べることができるのです。しかし徐々に、食べたり飲んだりするようなことは単なる習慣にすぎないのだ、ということに気づき始めました。目の前に現れる食べ物や飲み物は、自分が地上時代につくり出した考え方・習慣の中で必要だと思い込んでいたにすぎなかったのです。

しばらくして、こうしたものはそれほど大切ではないことが分かり始めました。そして徐々に何かを食べたいといった欲求が失われ、やがて食べ物や飲み物が全く必要ではなくなりました」

あの世での飲酒

酒好きな人間のあの世の様子はどのようなものであろうか? 死後の世界でも、飲酒の喜びは期待できるのだろうか? これについてはっきりと述べている通信は少ないが、「ジョン・ブラウン」(彼はビクトリア女王の信任厚い家臣で酒好きであった)の話の中に、そのヒントが見られる。結論を言えば、あの世では飲酒の楽しみは、あまり期待できないようである。

「私はこちらで、酒なしの生活、ウイスキーなしの生活を学ばねばなりませんでした。ここではウイスキーを飲むことはできません」

しかしウッズの父親は地上時代、ウイスキーとワインを欠かしたことがなかったが、その彼はあの世からの通信で、「ウイスキーもワインも飲める」と言っている。

死後の世界には“償いの摂理”というような現実がある。もし死後、飲酒の楽しみを持てなくなるとするなら、それは地上で飲酒の快楽に溺れたことに対する“罰”ということになる。

「こちらには痛みも苦しみもありません」とジョージ・ハリスは言った。「私はこちらで病院のようなものを見たことがありません。ただ人に聞いたところでは、精神・心の病気のための病院はあるということです。それに面白いことですが、トイレに行く必要もありません。地上では面倒くさい食事をしますが、こちらではそれもありません。ここでの身体は、地上の肉体と構造が違うのです」

あの世での衣服

あの世では、飲食の欲求はすぐになくなるようである。しかし通信を送ってくる霊たちが住む世界に関するかぎり、衣服に対する関心は失われていないようである。

アルフ・プリチェットのことを思い出していただきたい。彼はあの世へ行って美しい木々の立ち並ぶ長い通りに立ったとき、特別な衣装を身にまとった人々が歩いていることに気がついた。彼がレセプションセンターに着いたとき奇妙に思ったのは、そこにいた人々が、彼が昔、日常生活で着ていたのと同じような服装をしていたことであった。スーツやその類のものを着ていたのである。

マリー・イワンはあの世の病院で目覚め、姉にベッドから起き上がるように言われた。そしてマリーは姉に尋ねた。

「私の衣服はどうしたらいいのですか?」

「心配しなくてもいいです。あなたはもう服を着ています」

マリーは自分自身を見た。彼女は美しいガウンを着てベッドのそばに立っていた。

姉は言った。

「私が、あなたが服を着るお手伝いをしたのです。あなたは気がつかなかったでしょうが」

姉の思念によってマリーは服を着せてもらったのである。

ウッズはローズに、「あの世でも服を着ますか?」と質問した。それに対するローズの答えは次のようである。

「もちろん私たちは服を着ます」

「私たちがこちらで着ているような衣服ですか?」

「いいえ、私が昔、地上で着ていたような服は着ていません。皆さんもこちらにくると、地上で今着ているような衣服は着なくなると思います」

「今のあなたの服装について教えてください」

「こちらの人々はみんな、自分の好みの衣服を着ています。当然、今世紀に地上で生きていた女性が死んでこちらへきたときには、しばらくは特殊なドレスを着るようになります。彼女たちは“ドレスはなくてはならないもの”と思っているからです。

しかしやがて“ドレスは特別大切なものではなく、またそれは自分たちには似合わない”ということが分かるようになります。そして徐々に考えを変え、結果的には服装も変えるようになります」

「今、どんな衣服を着ていますか?」との質問にローズは答えた。彼女はその答えの中で、あの世での意念による創造について詳しく述べている。

「皆さんにはどのように聞こえるか分かりませんが、私は今、とても美しい白いドレスを着ています。裾のまわりには、縁飾りが付いています。長袖で、体の中央部には金のひものようなベルトが付いています。ドレスと袖の縁には、カギ模様のデザインが施されています」

「素材は何ですか?」

「地上にある素材で最も近いものを挙げるならシルクだと思います」これはかなりはっきりした答えである。

では彼女は、それをどこから手に入れるのだろうか? ウッズの友人、ジョージ・オールソンはその問題に答えている。ただしそれほど明快ではないが。

「こちらには衣服をデザインする人がいます。もしあなたが特別なドレスや特殊な色のドレスが欲しいときは、素材がつくり出されます。そして実際にそれを分けてくれる多くの店があるのです。その店は地上とは異なり、材料に興味のある人々によって営まれています。もし、あなたが欲しいと思う服を自分でつくれるときは、その材料をあなたに供給してくれます。あなたが自分で服をつくれないときは、他の人があなたのために服をつくってくれます」

ルパート・ブルークに、「あなたは今どんな衣服を着ていますか?」とウッズが質問した。

「私の最も好きな服装は、古代ギリシア人が着ていたようなものです。それはとても心地よく、見栄えがして素材も美しいです」

「その衣服はカラフルなのですか?」とウッズは聞いた。

「そうです。しかし何色の衣服を着るかは、本人自身が勝手に決められることではありません。その人が“好きだ”と思うものを着るようになるということは本質的には正しいのですが、しかし大切なことは“あなたの本性と魂の状態によって色彩が決まる”ということです。あなたにふさわしい内容がないときには、身に付けられない色彩があるということなのです。

なぜならこちらの世界では、着ている服の色によって、その人の性格・気質がまわりの人々に知られるようになっているからです。こちらではその人を取り巻く光によって、お互いの内容を知り合っています。例えばある色があなたのオーラの中にない場合、その色彩のドレスや服を着ることはできません。

もし、あなたがそれほど進歩・進化していないなら、あなたはソフトブルー(薄い青色)の衣服を着ることはできません。なぜならそれは、あなた自身の本性の中にはない色だからです。あなたは自分の力で、その色を自分のオーラの放射光の中に現すことはできません。結果的に、あなたはその色の衣服を着ることはできない、ということになるのです。それにふさわしい人格的内容がないという理由によって、あなたはそれを身に付けることができないのです。

あなたは“ありのままの自分である”ということです。あなたは自分自身の内容以上であったり、内容以下であることはないのです。われわれは絶えず前進する存在です。われわれはみんな、自分の努力によって自動的に自分自身をつくり出していくのです。こちらでは、本当の自分をごまかして人に見せるということはできません。地上では外見を取りつくろうことができるかもしれませんが、こちらでは不可能なのです。どんなごまかしも通用しません。ありのままの自分の姿がまわりに知られてしまうのです」

ところで、この本をお読みの皆さん方の本当の姿はいかがですか?