MENU

4.死の自覚・・・もしかしたら自分は死んだのだろうか?

“死ぬ”ということは、いったいどのようなことだろうか? 地上にいる人間にとって、死は最も厭(いと)うべきもの、招かれざるものである。死は恐怖であり苦しみである。大部分の人間にとって死は、あまり深く考えたくないものである。

しかし“死”は、果たしてそんなに忌(い)むべきものなのだろうか?

あの世からのメッセージは、われわれ地上人の考え方とは大きく異なっている。彼らは、死は恐れるようなものではなく、単なる一つの存在状態(場所)から他の状態(場所)への自然の移行にすぎないと言うのである。

ウッズとグリーンにメッセージを送ってきたあの世の住人の中で、死が恐怖の瞬間であったと証言する者は誰ひとりとしていない。ただし大部分の者たちは、自分がもう地上には生きていないということが分かるまでに、しばらく時間がかかっている。死の直後、彼らは環境の変化にほとんど気づかない。少しの間、夢を見ているのと同じ状態が続くのである。そしてほとんどの者は頭が混乱する。なぜ地上に残してきた人々(家族や知人)が悲しみ慌てふためくだけで、自分が別の世界で依然として幸せに生きていることに気づいてくれないのかと悩むのである。

あの世にいる霊が、自分の考えをエクトプラズムでできた“ボイスボックス”を通して地上の言葉で語るコツを覚えると、熱心にメッセージを送ろうとするようになる。それは長旅から帰ったばかりの旅行者が、旅の印象を知人に熱心に語りたくなるのと同じである。

ベッティー・グリーンは、交霊会で初めての質問役(審神者[さにわ])を務めることになった。彼女は前もって用意した質問内容を霊に投げかけることによって、われわれ地上の人間の誰もが関心を持っている問題の答えを引き出そうとした。

「あなたが死んだことに気がついたときの様子について話してください」――これは一九五九年四月十一日、「ジョージ・ホプキンス」と名乗るかつてのスセックス地方の農夫の霊に、彼女がした質問である。

最初、ホプキンスは彼女の質問に答えず、宗教に対する彼の考えをとうとうと語り続けた。グリーンは彼がしゃべるにまかせ、話がやむのを待った。そしてやおら、

「ホプキンスさん」と切り出した。

「何でしょう?」

「あなたがどのようにして、そちらの世界に行ったかを教えていただけませんか?」今度はピッタリと息が合った。

ホプキンスの死後の混乱

(ホプキンス霊)

お話しします。おそらく私は脳溢血か心臓マヒで死んだのだと思います。とにかく私は死にました。最初、辺りがとても明るいことに気がつきました。少し変な感じがしました。私はどこかを歩いていましたが、そのうちに少し眠くなりました。私は眠ったに違いありません。そして目が覚めました。すでに太陽は沈んでいて、そこには私しかいませんでした。そのとき私は、そう思ったのです。

私には何がなんだか分かりませんでした。頭がとても混乱しました。私は自分の体をゆすって目を覚まそうとしました。「これは不思議なことだ、自分は夢を見ているに違いない」と思いました。私は自分が死んだなどとは思いもよりませんでした。

次に私は医者の家に向かって歩いていました。おそらく彼なら私を助けてくれるだろうと考えたのです。そして医者の家に着きました。ドアを叩きましたが、返事がありませんでした。そのとき私は、数人の人々を見かけました。彼らはみんな、私のそばを通り過ぎて行きました。しかし誰も私に気がつかなかったようです。「これは困ったことになった」と思いました。私はしばらくそこにいて人々に働きかけました。

そのうち、慌てふためいて医者の所に駆け込んでくる人が見えました。彼は医者の家に飛び込み、私やそこにいた人たちを押し分けて医者の所に行きました。そして次の瞬間、彼が「ホプキンスが死んだ!」と言っている声が聞こえました。

私は、いったいどうなっているのか分からなくなりました。「私が死んだはずがない。現に私はここにいるのに、どうして私が死んだなんて言うのだろう」それから「これは面白いことだ」と思い始めました。そのうち自分自身の横たわっている姿が見えました。

私たちはそれまで“人間は死ぬと天国か地獄に行く”と言い聞かされてきました。しかし私はそのとき、「ここは天国でもないし地獄でもない」と思いました。それから徐々に、「もしかしたら、私は死んだのだろうか?」と考えるようになりました。

私は次に、彼らが私の遺体を担いで家から運び出すのを見ました。彼らが私の遺体を礼拝堂に置いたので、今度は「私は本当に死んだに違いない」と思いました。そして「今、一番いいのは牧師に会いに行くことだ。彼ならきっと何か知っているはずだ」と思いました。それで私は牧師の家に行って彼を待ちました。

牧師が部屋に入ってイスに座るのが見えました。そのとき私は、まわりのすべてのものに堅さがないように感じました。もし、そのとき私がイスに座っても、重さ(重量感)を感じることはできなかったでしょう。年老いた別の牧師が入ってきて私の所をそのまま通り過ぎ、自分の机に向かって歩いて行きました。そして手紙を書き始めました。私は彼に語りかけました。しかし彼は何も気がつきませんでした。

「彼も他の人たちと同じだ。彼なら何か知っているに違いないと思ってきたのに……」それで私は彼の肩を叩いてみました。彼は何かがそこにいると感じたかのように、一度振り返りました。さらに続けて肩を叩きましたが、彼はもう何も気がつきませんでした。

それから彼が寒さに震えているのが見えました。しかしその朝はとても暖かで、彼がどうして寒さを感じているのか分かりませんでした。(ホプキンスには肉体がないため、寒さや暑さを感じないのである。そのことに本人は気がついていない――訳注)

とにかく彼は、私がそばにいることに全く気がつきませんでした。それでそこを出てどこかへ行こうと思いました。

ブルークの死後の混乱と死の自覚

ジョージ・ホプキンスは純朴な心の持ち主であった。しかし彼のような教養・知性のない人間が、何の手助けもなく、死後、自分自身に起こったことを理解するのは難しいことである。では知性に恵まれた人間なら、「死後の自覚」はずっと早いと言えるのだろうか?

一九五七年、ウッズとグリーンは月曜日定例の交霊会に参加して、あの世からの声を待っていた。沈黙は上流階級と思われる人の声で破られた。

「おはようございます。皆様方に私の声が届いているでしょうか?」

「はい、あなたの声はよく聞こえていますよ」とウッズが答えた。

「私はブルーク、ルパート・ブルークと言います」

「まあ、すてき!」とグリーン女史が声をあげた。

ウッズはその名前を聞いて戦争の時を思い起こした。一九一五年の初め頃、エドワード地方の若き叙情詩人のソネットが、イギリス中の人々の心を虜(とりこ)にしていた。

“もし私が死んだら、ただこのことだけを思い出しておくれ
異郷の荒野の片隅に横たわる私を
永遠のイギリス……

数カ月後、ブルークはエーゲ海の島で死んだ。そして彼の声はこの世から消え去り、二度と聞くことはできなくなった。だが今、その彼の声が、明かりを消したロンドンの一室で人々に語り始めたのである。

「私は、もし地上の人たちとコンタクトすることができるなら、それは素晴らしいことだと思ってきました。実際、私に何ができるのかは分かりません。またどのような方法でお役に立つことができるのかも分かりません」

グリーン女史が答えた。「私たちは、あなたがそちらの世界にどのようにして行ったのか知りたいのです。そしてどのようにしてご自身を発見したのかを教えていただきたいのです」

それからブルークは語り始めた。ボイスボックスを用いての話はたいへんそうであった。他界後の新しい生活のこと、英語で詩を書こうとするときの困ったことなどについて取りとめもなく話し続けた。

「すみません。まわりがとてもうるさいのです」と言って話を中断した。

「かまいません」とグリーンは上手に話を促した。

「どのようにして、そちらの世界に行ったのか教えていただけませんか?」

(ブルーク霊)

私は、第一次世界大戦の最中に死んでこちらにきました。それは突然の出来事でした。しばらく私は、以前と同じ肉体を持って生きていると思っていました。こちらの世界で身にまとう身体は、外形が地上時代の肉体と全く同じなのです。私はそのことに全然、気がつきませんでした。最初、私は自分が死んだのだということさえ理解できなかったのです。

こちらの世界のすべてのものは、ある意味では地上世界とそっくり同じなのです。しかし、ここでの身体は地上のものとは全く違います。重さというものがまるでないのです。ですから自分でも驚くほど軽いのです。私は自分自身をつねってみましたが、何も痛みを感じないのでびっくりしました。私はひどく不安になりました。それから地上の人間には私が見えないのだということが分かって、二、三回ショックを受けました。そして私は考えました。

「身体をつねっても何も感じないのは、どうしてなのだろうか? 地上にいたときはお互いの身体は見えていたのに、今は見えなくなってしまっている。なぜだろうか? それは今、自分が地上の人たちとは異なるバイブレーションの状態にいるからに違いない。バイブレーションが違うために私が見えないのだ」と考えました。私の方からは、地上の人々を見ることができました。しかし彼らは、私を見ることはできません。それは本当に不思議なことでした。

そういえば、川べりに座って自分の身体をまじまじと眺めたことを思い出します。何しろ私の身体の影が見あたらないのです。私はそのときの状況が全く理解できませんでした。それから知人の所へ行って、彼らに、自分はまだ元気で生きていることを知らせようとしました。しかし彼らは、私がそこにいることに気がつきませんでした。

私は、彼らが私を見ることができない理由がやっと分かりました。「もし身体に影がないとすれば、地上の人たちには私の姿は見えないに違いない」ということに気がつきました。私の身体が地上人と同じバイブレーションではなく、また同じ物質ではないということが分かったのです。身体の外見は地上にいたときと同じですが、地上側の観点からすれば、私が実在しているとは到底言えないのです。私は“スピリチュアル・ボディー”(霊体)と呼ばれる身体に宿った存在なのです。

テッドの死後の混乱とガイドとの出会い

ブルークの死後の世界の観察は、ホプキンスのものと比べるとはるかに知性的であるが、彼が死の直後に体験した当惑は、ホプキンスと同様であった。彼らはともに自然な死に方をしている。ホプキンスは心臓病、ブルークは敗血病で死んでいる。では事故死であの世に行った者の死後の状況はどうであろうか。自然死の場合とは違っているのだろうか?

イギリスでは毎年、七千人もの人が交通事故で死んでいるが、今から紹介するのはその中の一人の人間の死の直後の様子である。彼の名前は「テッド・バットラー」といい、一九六四年二月十日の交霊会に現れた。

彼はリーズで妻と買い物をしていた。その時……

(テッド・バットラー霊)

私は道路を横切ろうとしていました。すると急に何かが私に当たりました。それはブレーキが効かなくて坂道を転がり落ちてきた車だと思います。私は壁に叩きつけられ気を失いました。苦しかったという記憶はありません。何かが私の方にやってきたのを覚えています。それが、すべてです。その出来事は本当に突然に起こったのです。

グリーン女史は確認した。

「あなたは、どのようにしてご自分の状態に気がついたのですか?」

「分かりません。私が覚えているのは、大勢の人々が立って何かを見下ろしていたことだけです」

私もその人たちと同じように覗き込みました。するとそこには、私と瓜ふたつの男性が倒れていました。最初、私はそれが自分だとは分かりませんでした。「これは全くの偶然の一致だ。彼は私にそっくりだ、まるで双子のようだ」と思いました。

そのとき私の妻が、涙を流して泣いているのが見えました。彼女は私がすぐそばに立っていることに気がつかないようでした。それから死体は救急車に乗せられました。そして妻と数人の看護婦もその車に乗り込みました。私も一緒に乗り込み、妻の横に座りました。しかしそれでも彼女は、私がいることに気がつきませんでした。私は徐々に、「目の前に横たわっているのは自分の死体なのだ」ということが分かり始めました。

私たちは病院に着きました。私の遺体は死体安置所に置かれました。私はそこが好きになれず、すぐ家に戻りました。妻はすでに家に帰っていて、隣のミッチェン婦人が彼女を一生懸命に慰めていました。それから葬式が行われました。もちろん私もその場にいました。私は、「葬式の騒ぎといい葬式の出費といい全く馬鹿げたことだ。私はちゃんとここにいるのに」と思いました。誰も私に気がつきませんでした。年老いた牧師が立って聖書を読み上げていました。

私は、もし誰か今の私の状態を知ることができるとするなら彼以外にはないだろうと思ったので、彼のそばに立っていました。そして肘で彼の横腹をそっと押し続けましたが、彼は全く気がつきませんでした。彼は葬式をそのまま続けました。

私は数週間、家のまわりをうろついていたに違いありません。一、二度、古い電車に乗って人ごみに紛れ込んでいました。もし鉄道会社の人が、私がただ乗りをしていることを知ったら何と言うだろうか、などと考えるとつい笑ってしまいました。

私は、電車に乗っている人はみんな、自分と同じようにお金を払っていないことに気がつきました。(死の直後の世界――「幽界」では、自分の思うことがそっくりそのまま実現するようになる。この電車も乗客も、実はテッド自身の想念が創り出したものなのである。この時点では、テッドはまだそのことに気づいていない――訳注)

そして隣の席に座っていた婦人と話を始めました。それはこちらの世界にきて初めての会話でした。彼女はとても素晴らしく見えました。

彼女が言いました。

「あなたはここで何をしているのですか?」

私は話し相手がいて、とても嬉しくなりました。

「ここで何をしているのかとは、どういう意味ですか? 他のどこよりもここにいる方がいいです」と私は答えました。

すると彼女は、

「あなたは電車やバスに乗るようなことばかりしていないで、他のことをすべきです。奥様のことを気にかけて差し上げるべきです。そんなことばかりしていては、他のことは何もできなくなります」

「あなたの言うことはもっともですが、じゃあどこへ行ったらいいのですか?」もちろん私は、彼女が地上を去ってこちらの世界にきている人間であることは分かりました。そして彼女も私と同じように、ここでどんないたずらをしているのか、などと考えました。

彼女は言いました。

「私はこれまで、あなたと一緒に電車やバスに乗ってきました。しかしあなたは、今まで私に気がつきませんでした。私はあなたに手を差し伸べるチャンスをずっと待っていたのです」(無意識のうちに「霊的自覚」が進んで、まわりの環境が現実のものでないことに気がつき始めるようになる。電車と乗客は本人の思いで創り上げたものであるのに対し、この婦人は初めから実在していた。テッドはやっとそのことに気づき始めたのである――訳注)

「テッド・バットラー」は、死後の第一段階にやっとたどり着いた。彼はこうして、この世からあの世へと導いてくれるガイド(指導霊)に出会ったのである。