イギリスで刊行されているTom Stevenson WINE REPORTの2009年版において
旭洋酒の<ルージュ・クサカベンヌ2006>がアジアにおけるMOST EXCITING OR UNUSUAL FINDS部門第一位に輝きました!
他にアジアにおけるFASTEST-INPROVING PRODUCERS部門の第十位にもランクインしています。
この本では2004年版にアジアのトピックスとして新生旭洋酒をとりあげていただき2007年版でもランクインしていますが個別のワインが1位になったのは今回が初めてです。
アジア地域の選出者は国産ワインコンクールの審査員としてもおなじみの元駐日オーストラリア大使デニス・ガスティン氏。
国産ワインコンクールと違って選出条件に最低生産量が含まれないので私たちの極少ワインも評価していただけました。
ガスティン氏は既成概念に囚われず交配品種も積極的に評価する数少ないテイスター。
また、タイにおける水上ブドウ栽培など、世界においては一見ありえないような条件下でワインがつくられている事を氏から学び大いに勇気づけられています。

掲載の2006は既に完売していますが<ルージュ・クサカベンヌ2007>が11月1日リリースになります。
詳細はワインリストをご覧下さい。
  amazonで購入可