<日本でいいワインをつくるのは難しい>.

それは確かな事実です。多雨で肥沃な日本の風土で凝縮感のあるブドウを収穫するにはそうとうな手間隙と投資が必要です。外国のワイン産地であれば手をかけなくてもいいブドウが取れるし、出来たワインは上質でしかも安い、という通念は半分は正しい。でも半分は間違っています。
 
まず、初めから手をかけなくてもそれなりのブドウが取れるような場所で銘醸地と言われる所は世界中探してもありません。たとえばボルドーやブルゴーニュのような銘醸地には長きにわたる産地開拓と栽培システム構築の歴史があります。カリフォルニアのような新興産地はその歴史を吸収して自分たちの土地にあった栽培設備や技術を獲得して来ました。放っておいてもそれなりのブドウが取れる場所というと収穫期に乾燥が続く場所を想像しますが樹の上でブドウがレーズンになるというようなところでは必要以上に糖度が上がりすぎワインのエレガントさを損なうという事実もあるのです。気候条件のデメリットを克服してワインにとっていい条件をつくりだすのはワインをたしなむ人間の仕事です。もちろん、調整できないような極端な条件の下では人間の出る幕はありませんが。 

次に、生産コストの低い例えばチリのような産地には確かに手頃なワインはありますが、値段の安さほどに目を見張るような飛びぬけた品質のワインはなかなかありません。逆にフランスには実に様々なレベルのワインがありAOC法によって細かくクラス化されていますがチリワインと同じ予算で済ませようとするならば満足のいくものに出会うことは案外少ないものです。また、同じ産地名のワインでも生産者によって品質はまちまちで、個性の違いというにはあまりにもお粗末なものも存在します。栽培方法、収穫量、収穫時期、醸造場のサニタリーなど様々な条件が重なってワインの風味は決まってきます

 

八幡自社畑から朝焼けの富士
Viti au Japon
日本のワインブドウ栽培

日本のワインブドウ栽培には確かにマイナス要因が多い。でもそれはよいワインづくりにとっての絶対的な条件ではありません。私たちは数年間のワインづくり・ブドウづくりの現場経験、そこで出会った先輩方からの教え、海外で見聞きしたこと、そして月収の一割以上を割いていろんなワインを飲んできた体験からこのことを実感しています。そしてどうしても、この日本で自分たちの納得のいくワインをつくりあげたいと思うようになりました。

今年私たちは住居のある山梨市八幡地区に二つの畑を借りることが出来ました。どちらも何らかの理由で栽培放棄されたブドウ畑です。ここで欧州系赤ワイン専用品種を栽培し、順調に行けば、3年後には数百本、5年後には千本以上の赤ワインを皆さんにお届けできることと思います。ブドウづくりはワインづくりの第一歩です。ワイナリーの仕事をしながら2人だけで管理できる畑の広さは知れていますが問題は量ではありません。自ら畑に立ち、土地と品種・仕立ての選択から病害虫防除、樹冠管理、収穫量、収穫日、収穫方法の決定、肥培管理などすべてつくりたいワインに向けて実行し、栽培と醸造をひとつのワインづくりとして実践することが最初の課題です。

 

ワインの質を決定づけるものは
気候や土壌だけではないということを知ってください。
いいワインをつくるには人間の知恵と情熱が不可欠なのです。

畑から作り上げたワインが出来るまで、ホームページにて樹の成長や私たちの悪戦苦闘ぶりを紹介してゆきたいと思います。
ワインづくりは根気の要る仕事です。
どうか皆さんも辛抱強く、お付き合いください。

自ら畑に立ち、全てをつくりたいワインにむけて実行し、
栽培と醸造をひとつのワインづくりとして実践すること。

栽培者紹介
ブドウ畑
読み物
ブドウ畑
2002年春執筆
2002年執筆