レジンとは硬質樹脂のことであり、虫歯を治す治療方法として最適のものです。
虫歯を治す方法としては、従来、アマルガムやインレーといった方法で治していました。

「アマルガム」
亜鉛やスズなどの金属粉と水銀を混ぜ合わせることにより固まる性質を利用して虫歯を詰める方法です。100年の歴史を誇り、今でも多くの歯科医院でおこなわれていますが、水銀を人体に使用することの害が問題にされ、ヨーロッパの一部の国では使用が禁止されています。また、治療中に水銀蒸気により診療室が汚染され、治療に当たるスタッフの健康及び残留した水銀の環境汚染の問題もあります。
縁がもろく、欠けた縁から再び虫歯になり易いという欠点があります。

「インレー」
虫歯を削った穴の型を取り、石膏で模型を作り、模型上で作った蝋型を耐火埋没材に埋めて蝋を高温で溶かし、出来た鋳型に溶けた金属を流し込んで作ります。それをセメントと言う接着材で歯にはめ込みます。複雑な工程を経て作りますので誤差が出易く、ぴったりはめ込むのが難しいのです。さらに、接着に使ったセメントが溶けてしまうと深い隙間ができ、そこから再び虫歯になり易いという欠点があります。

アマルガムもインレーも金属ですので、金属アレルギーのある方には禁忌です。しかしながら、治療に当たり金属アレルギーの検査をすることはほとんど無い為、アトピーや湿疹の原因が、お口の中の金属にあることに気づかずに対症療法を繰り返している方がたくさんいらっしゃいます。
当院においても、アトピーや頑固な湿疹が、金属を一切使わない治療により改善された例が多くあります。

「CRレジン充填」
異なった二つのペーストを混ぜ合わせることによって硬化させる方法と、非常に強い可視光線を照射して硬化させる方法があります。いずれの方法も虫歯に詰める前に歯の表面を化学処理し、直接接着させてしまいますので、非常に強固に接着し隙間ができません。顕微鏡レベルで見ても隙間が確認できないほどの精度を誇ります。色も歯と同じ色をしていますので、審美的にも非常に優れています。お口の中で固まった後で噛合せの調整をしますので、患者さん固有の噛合せを容易に再現できます。現行の健康保険で治療する事ができます。


<<前へ