20代のOL100人に対する調査で、自分の歯で最も気に入らないのは「歯の白さ」だという結果が出ています。自分の歯の色に不満を持っている人は62%にも上っています。
前歯を詰めたり差し歯にするときに、他の歯に比べて白くしすぎてしまうとその歯だけが浮き立ち、不自然になってしまいます。従って、まずはホワイトニングでご自分の歯を白くし、白くなった歯に合わせて詰めたり被せたりする治療を行いますと、とても調和のとれた白い歯並びになるのです。



術前


術中


術後

前歯の場合、詰める治療には光重合レジン。被せる治療にはオールセラミックスクラウンやポーセレンラミネートベニアといった方法を用いますと、一切金属を使いませんので非常に透明感のある美しい白さで治す事ができます。

ホワイトニングは、「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の二つの方法があります。ホームホワイトニングは家庭で患者さん自らが行う方法で、ご自分である程度白さをコントロールでき、簡便です。オフィスホワイトニングは、歯科医院で行う方法で、強力な光を歯に当て、薬剤の効果を促進します。数回通院するだけで済みますので、家庭でホワイトニングを行う余裕のないかたに向いています。
いずれの方法もかなりの効果が認められますが、事前に歯のヤニや着色を取り除く必要があります。着色の除去は、重炭酸塩を高速で歯に吹き付ける方法で行います。痛みも無く完璧に汚れを除去できますので、ホワイトニングをしない方にもおすすめです。



<<前へ