身体器官の1日のリズム



月の癒し

新品価格
¥1,575から
(2013/7/15 01:36時点)





夜1時から3時の睡眠は


なぜ大切なのでしょうか


子供を寝かしつける時


19時の方が簡単なのは?


13時から15時に居眠りすると


疲れがよく取れ


身体にいいのはどうしてでしょう


バイオリズム同様


身体器官もそれぞれ


一定のリズムに従っており


1日24時間のあいだに


高期・低期がそれぞれ


1度ずつあります


毎日2時間


それぞれの器官は集中的に働き


その後すぐに2時間ほど休んで


回復します


そのリズムもまだあまり知られていません


器官リズムを取得すれば


月の位置とは関係なく


それらの機能を


さらに高める事が出来ます


(たとえば薬剤の吸収や毒素の排出などに)






器官

高期

低期


7時~9時
9時~11時

脾臓と膵臓

9時~11時
11時~13時

心臓

11時~13時
13時~15時

小腸

13時~15時
15時~17時

膀胱

15時~17時
17時~19時

腎臓

17時~19時
19時~21時

血液循

19時~21時
21時~23時

エネルギーの蓄積全般

21時~23時
23時~1時

胆のう

23時~1時
1時~3時

肝臓

1時~3時
3時~5時


3時~5時
5時~7時

大腸

3時~7時
7時~9時

















7時~9時





胃は朝の7時~9時の間に


フル回転で動き


エネルギー補充の準備を


完了します


ですからこの間に


朝食を取るのは


とてもいいことなのです


ところで


あなたの一日はどういうふうに


始まりますか


コーヒー?


それともハーブティでしょうか


食事の所で記したように


あなたが元気に明るく


スタートできるかどうかを決める


最大のものは


朝食は何を食べるかではなく


ベッドから出る時に何を思い


考えるかなのです


確かにコーヒーや


朝のたばこは


健康によくありません


けれども


そうすることが


落ち着いて


心楽しい日を


過ごすために必要なら


気にする事はありません







































脾臓と膵臓


9時~11時




この間


脾臓と膵臓は


フルパワーで働き


胃は休んでいます


したがって


9時過ぎにたっぷり


朝食をとると


胃に負担がかかってしまいます


膵臓は血糖値を


コントロールします


この時間帯に


甘いものをつまむと


血糖値が上がり


膵臓はそれを下げようとして


一生懸命


働かなければなりません


甘い物や糖分の多いものは


責めてこの時間帯だけは


さけるようにしましょう


何かに感染した場合


午前中の方が早く治ります


これは脾臓が白血球を


どんどん生産するからです


脾臓が午前中に


フル回転で働く結果


興味深い現象が起きています


ヨーロッパではふつう


血液検査は


午前中に行われます


検査を受ける人は


何も食べずに


行かなければならない


場合が多いので


長時間空腹を


我慢しなくてすむという点では


よいのですが


11時~13時


(脾臓低期)に検査すると


血液検査の結果が


わずかに違ってくる事があります


血沈なども高くなります


この違いは基本的には


最大ではありません


病気によっては


その後の治療法に


大いに影響します


また重い病気の場合は


やはりマイナスになります


病院では脾臓が


高期にある事を無視して


血液検査を行っています


ですから胃をからにしておく


必要のない場合は


血液検査は


午後に受けた方がいいでしょう






































心臓


11時~13時





この時間に


おなかいっぱいになるまで


食べるのは避けましょう


心臓に負担がかかるからです


満腹感はふつう


食後5分たって


はじめて生じるものです


急いで食べるのは


よくありません


食後はできるだけ


ゆっくり休むようにしたいものです





























小腸


13時~15時





誰でも午後になると


突然眠くなって


能率が落ちてしまった


経験があると思います


たっぷり昼食を取った後は特に


心臓が休息するために


血液循環が鈍るだけでなく


消化運動の中心となる小腸が


残りの身体器官に


休むように促すからです


それは自律神経系によって


コントロールされます


これは通常は


意志とは無関係ですが


ストレスやイライラによって


妨害されたり


機能が停止したりする事が


あります


こうしてみると


南国シエスタ


(スペイン・ギリシャなどの


長い昼休み)は


実に意義がある


習慣だという事が


わかります


きっかり定刻に初めて終える


働き方が導入されるのは


ようやく


今世紀になってからだという事を


私たちは忘れています


責めてもう少し長く


昼休みをとれば


世の中の病欠者や


医療費をぐんと


減らせる事でしょう






























膀胱



15時~17時



膀胱は重要な


解毒器官であり


15時~17時の間に


特によく活動します


晴れた日のこの時間帯に


オドリコソウを摘んで


花瓶に生けておけば


膀胱炎を予防するすばらしい


お茶を作る事ができます


この場合は


天気を気にする


必要はありません


またこのあと19時までは


腎臓の高期となるため


それまでに飲むと


さらに効果的です


浄血用のお茶はみな


欠けていく月の時


15時~19時に飲むと


最大の効果を


発揮します


一般的にいっても


この4時間に水分を多く


摂るのはよいことです































腎臓

17時~19時



腎臓は


この間にもっとも


活発に機能します


解毒作業が潤滑であることが


どれほど大切かは


もうおわかりでしょう


たとえば17時以降に


マッサージを頼むと


それがよくわかります


腎臓にちょうど負担が


かかっているので


きわめて効果的なのです


(時には痛い時もありますが


これはよく効いている証拠です)


19時以降は


できるだけ水分を


摂らないようにしましょう


就寝前は特によくまりません


なかでも


就寝前のココアや牛乳は


消化がよくないため


腎臓に負担をかけます


寝る前はホットミルクは


健康によいといわれていますが


実はプラスよりマイナスの方が


大きいのです


ですからその後


よく眠れなかったり


いやな夢を見たりしても


不思議はありません


牛乳は食べ物であって


飲み物ではありません






























血液循環



19時~21時



幼い子供がいる人は


覚えがあると思いますが


夜19時前にベッドに入ると


すんなり寝つく事が多いのに


それを過ぎると


手こずる事が少なくありません


けれども


子供たちが抵抗するのも


理由のない事では


ありません


19時~21時の間は


血液循環が一日中で一番


活発になるからです


それどころか


この時間になって


初めてちゃんと


目が覚める子もいます


幼児は別として


子供を無理やり


ベッドに入れないようにしましょう


























エネルギーの蓄積全般



21時~23時



この2時間は


エネルギーの蓄積が行われます


中国では「3倍暖かい時間」と


呼ばれています


ですからこの時間帯に


人よりも寒がったり


暖房した部屋でないと


寝つけない人は


要注意です


何らかの身体的あるいは


肉体的なバランスが


崩れている可能性があります


この時間帯にエネルギッシュな人も


たくさんいます


そういう人は


この頃になってやっと


元気が出てきます


これは若い人たちに


特に良く見られます


「もう寝ないと


明日の朝起きられないよ」という


決まり文句を


長年たたきこまれてこなかったら


年配の人たちも


この感覚を


失わなかったかもしれません



























胆のう



23時~1時




胆のうは23時~1時


肝臓は1時~3時に


それぞれもっともよく


活動します


この時間帯に


いつも目を覚ます人は


胆のうと肝臓の機能チェックすると


よいでしょう


夜は脂っこい食事は避けましょう


脂肪分の多い夕食は


これらの器官に負担をかけ


機能を妨げてしまうからです


胆のうが悪い人は


23時~1時にかけて


温湿布をするとよいでしょう


それから温かいお茶を


たっぷり飲みましょう


冷たいお茶は


絶対にいけません


大根の汁も


効果があります


腸の負担を


軽くしなければならないので


どうしても必要ならば


浣腸をして


腸からにし


身体をあたたかく保ちましょう


胆のうや肝臓の調子が


良くない時は


夜勤は身体に毒です


この器官のどちらも


休めないからです



























肝臓



1時~3時



休息が肝臓に良いとされ


睡眠療法さえある事は


肝臓が睡眠中にのみ


回復できる事を


考えれば不思議はありません


したがって


夜中の1時~3時の間に


肝臓にひどく負担を


かけないようにします


肝臓を回復させるには


身体を芯まで


暖めることが大切です


ニコチンやアルコールは


夜中の1時から早朝5時の間に


1番作用します


統計によれば


同じアルコール中毒でも


肝機能障害に苦しむ人は


女性より男性の方が


遥かに高い率となっています


女性は日中


こっそり飲む人が多いからです
































3時~5時





登山家や旅行者は


「ぐっすり眠って」早朝5時に


出発するより


3時に出発するほうが


肺が一番元気なのは


何と明け方


3時~5時の間なのです


うまくスタートを切れば


5時以降も肺は


元気に乗りきれます


たばこを吸う人が


朝・咳をしたくなる事があるのは


肺が夜中の内に仕事を


全て終え


余計なものを外に


出そうとするせいです


ちなみに


夜中にいつも同じ時刻に


目が覚めてしまう人は


ちょうどその時間帯が


高期にあたっている器官に


トラブルがあるかもしれません



































大腸



5時~7時



食物は小腸におよそ2時間


大腸には約20時間残ります


下痢をするのは


消化に問題があるからです


一方便秘は


大腸での水分の吸収時間が


長すぎる事を示しています


ちょうどこの時間帯


朝5時~7時に


なまぬるい水を一杯飲むか


ドライフルーツをつまむと


効き目があります


ところで時差のある場所へ


旅行する時


(いわゆる時差ボケ)は


どうなるのかと


思う人もいるでしょう


周知のように


これは元に戻るまでに


何日もかかります


残念ながら万人に


当てはまる方法はありません


旅行好きな人や飛行機に


よく乗る人たちは


それぞれ独自の方法を考え出して


克服しています


とはいっても


精神的なものも


関係しているのは確かです


たとえば旅行先の便秘は


慣れるまでは


外国や見知らぬ土地では


「何も出したくない」という


用心深さから来ている事も


多いのです


一方どんな遠くへ旅しても


あまり影響を受けない人は


どこでもリラックスできるという


技を身につけているのでしょう


こういうラッキーな人は


身体のリズムの切り替えも


早いに違いありません


彼らはその一生を通じて


小さな荷物で身軽に


旅しているのです


肉体的にも


精神的にも





























(「月の癒し」
著者ヨハンナ・パウンガーからの引用です)