12th INTERNATIONAL QUILT WEEK YOKOHAMA 2004
インターナショナルキルトウィーク横浜2004
イベントレポート♪

「インターナショナル・キルトウィーク横浜」は今年12回目を迎えました。
年明けに、みなとみらい線(東急東横線直通)が開通し、
会場であるパシフィコ横浜の近くに「みなとみらい駅」が出来て
ますます便利になりました。



今年は朝9時頃、自分の運転で自宅を出発し、
パシフィコ横浜地下駐車場に着いたのが9時54分。
入場口からものすごい長蛇の列が出来ていました。
(入場口ではテープカットをする寸前です)



そんな中、恐れ多くも園部先生の携帯に連絡をとり、
先生に出口まで迎えにいらして頂いて、オープン3分前にショップにたどり着き、
滑り込みセーフでお客様のいらっしゃる前に、ミッチーキルトのショップの撮影に成功しました。
先生、ご協力有難うございました!




ミッチーキルトのブースbヘ
C−19です。




開店直前、スタッフのみなさんも大忙しです。

限られたスペースに、所狭しとぎっしり素材が並んでいます。




今回お初の新商品は、園部美知子デザインの転写柄の布です♪
微妙に色が違い、4色はあったような‥。
じっくり選んでみてください。きっとどれも外せなくなります(笑)



広げてみたところです。とっても可愛いですね〜♪
(園部先生にはまたしてもヤラレタ!という感じ)
絵の部分だけ切り取って、転写プリントのように作品に取り入れられそうです。




小さくてわかりにくいのですが、
今回先生一押しのミニミニバック型ピンクッション♪




アンティーク風ソーイングボックスや完成品なども販売しています。

園部先生とスタッフのネイルは、みんなお揃いなのです。
こちらは新商品のレースで、先生のお勧め商品の一つです。




こちらはミラー入りケース。
園部先生は本当に小物作りの天才ですね。




園部先生を独占した撮影もつかの間、
いつの間にかショップには入場後真っ先にいらしたお客様で
ごった返しました。お邪魔なカメラマンはそろそろ引き上げることに。



昨年と同じ場所から写した、正面入り口から見た圧巻キルト。
今回は、ピンクリボン・キャンペーン(乳がん早期発見運動)に協賛した
新しいジャンボキルトが仲間入りしました。




個々に作った小さなキルトでも、こうしてつなげると
女性のやさしさや暖かさを感じます。




こちらもミニミニキルトのコーナー。テーマは「クリスマスツリー」♪
一つ一つ、物語があるようで楽しい。




リカちゃんの着せ替えのような「ミニチュアトルソーコンテスト」のコーナーで。
こんな細かい作業をする人を尊敬します。




キルトの鑑賞はもちろんのこと、女性の楽しみはやっぱりお買い物ですね♪




展示会場の中には、こうした休憩コーナーも設けられています。



パシフィコ横浜展示ホール全景

地球の裏側では戦争が行なわれ、国内でも記録的な猛暑に続き、
連続してやってきた大型台風や新潟の大地震。
そんな状況の中で、こうして好きなイベントに参加して、
楽しい思いが出来たことに感謝せずにはいられません。



パシフィコ横浜会議センターと、インターナショナルコンチネンタルホテル

今晩は、みなとみらい地区のホテルや横浜中華街に、
各地から集まったキルターのみなさんが、楽しい夜を過ごしておられることでしょう。
キルトのイベントへの参加ももちろんですが、年に一度、
そんな仲間の集まりの場として、楽しめるイベントであり続けてほしいです。

この祭典の第2回目に参加した時は私もまだ独身で、
先生と一緒に会場を廻り、夜は中華街でみなさんと円卓を囲んで
上海蟹のコースをごちそうになった楽しい思い出があります。
今はそんな贅沢な時間を持つことは出来ませんが、
もう少し子供が大きくなり、時間に余裕が持てる日がきたら
またみなさんとご一緒に、楽しいひとときを過ごしてみたいものです。

2004.11.11 Webmaster Milky



Copyright(C)2002-2006 Micciquilt reserved.