TOKYO International Great Quilt Festival 2013
東京国際キルトフェスティバル
-布と針と糸の祭典2013-
イベントレポート♪




東京に降った大雪が
一週間以上経った今も解けずに残る中、
年明け最大のイベントが始まりました。



園部先生とホテルのロビーで待ち合わせ。
すると、はとバスツアーに行くアジア人の団体客が
大勢でロビーを占領していました。



先生のブーツが
今年の寒さを物語っています。



開場前で運営側も準備に追われています。



午前9時をまわり、後方では開会式が行われています。



今年もミッチーキルトのショップは
B-5ブースです。



素敵な小物を多数ご用意いたしました♪



完成品とキットもあります。



ビクトリアンの針ケースと携帯用の薬入れです。









貴婦人のタッセルです。
バッグにチャームとして付けると可愛い♪



ちょっとした小物を入れて首からさげると便利です。



左がヴィクトリアンボタン、右は携帯・スマホ入れになるグッズです。




Micciのネックレスと向かって左手首のブレスレットは
こちらのボタンを利用して作ったものだそうです。



胸の飾りもミッチーの自作。
いろんな小物をご自分なりにアレンジして
おしゃれを楽しんで下さいね(^−^)/



こちらは「お薬手帳&診察券入れ」です。
気が重い病院行きも、こんな小物が
バッグに入っていれば(^−^)ですね!
(右側の人物カードは含まれておりません)



キルトワークを楽しくする
ソーインググッズも盛り沢山です。



Micci Collection 新柄布です。



早速スカートを
さささっと作ってしまわれる先生(@_@;)



画像が暗めでスミマセン…。






お洋服にも早変わり



ビニールコーティングの布なら
こんなトートバッグも簡単に作れます(^−^)



作品づくりに欠かせない転写シートです。



貴婦人の糸巻きをこんな風に
透明なビニールに入れると可愛い♪



糸巻きは、3個1組での販売です。



大好評のソーイングセットケース。
第2弾はナント、畳めます!



第1弾のソーイングケースも沢山ご用意しています。



ディスプレイされているグッズの中に
販売している物もありますので、
お気軽にスタッフまでお尋ね下さい。



今年のキルト作家の方々の新作キルト展は、
3つのテーマに分かれています。
園部先生が選ばれたのは、『旅』。

会場入口、インフォメーション裏に
『旅』をテーマにしたキルトが
並んでいます。



〜園部先生の新作キルトです〜
渋い色合いのユニオンジャックに
白いバラが咲きました!



『イギリスのバラ』
(Roses in United Kingdom)

イギリス・コッツウォルズの大自然を歩き、
はちみつ色の建物・草原の中、さまざなな
花が咲き誇り、その中でも大好きなバラの
花がいっぱいです。オリンピックもあり、
世界中が盛り上がり、イギリスの旅を思い
出し、白いバラの花で作りました。




今年も秋篠宮妃紀子さまご来場。
紀子さまスマイル、見習いたいものです。



皆さま朝早くから並んで下さり、本当に有難うございます!



1/28(月)13時00分から13時30分まで、
アリーナステージにて
園部美知子
『ヴィクトリアン・シルクリボンを使ってバラの花を作る』

を開催いたします。
身近で実演をご覧になれるチャンスです。
奮ってご参加下さい♪



会場を後にするころ、観客席も通路も人でいっぱいのドームでした。
聞くところによると、今日は水道橋の駅近くまで
長い列が出来ていたそうです。

女性がこれだけ元気ならば、
ニッポンは大丈夫ですね(^o^)丿


2013.1.24
Webmaster Milky