TOKYO International Great Quilt Festival 2012
東京国際キルトフェスティバル

-布と針と糸の祭典2012-
イベントレポート♪


1ヶ月ぶりの恵みの雨に寒気が重なり
初日の早朝から東京に初雪が降りました。
最高気温が5度に満たない中、
足早にドームホテルへと急ぎます。





チェックアウトの手続き中のMicci



ホテル内を通りドームへ♪




Micci QuiltのショップはB-5です



スタッフのみなさんも朝早くから準備に大忙しです



今回は出来るだけ沢山商品をご紹介するため、
また、スマートフォンでも見やすいように
画像を縦に並べていきますね!









メガネケースのようにしっかりした作りの
ソーイングケースです。
お教室の時などに便利ですね。



今回ご用意した一部のケースは、糸が4箇所から出るように
なっています。仕切りの位置も少し違います。


















予告でご紹介していました新柄布を使った
先生お手製のショールとスカートです。

簡単なのでみなさんも作ってみて下さいね。



今回はキットを沢山ご用意しています。



新柄布の一部を切り取って作った小物たち






こちらは5色あります。また、
ビニールクロスも出来上がりました!



こちらも柄違いの新柄Micci Collectionです



ご要望の多いタッセルも沢山持ってきました。



横浜で大人気になった
Micciも胸元に飾っているリボン♪
お買い逃がしの方はぜひ。



お子さんがいらっしゃる方に喜ばれそうな小物入れ



こちらの額、全部つながっています






お買い得コーナーも盛りだくさんです。
布だけでなく、レースもふんだんに入っています。



メッシュ布も入荷しています



ビニールコーティングの布、
どの色も素敵☆



ファスナーと持ち手を付けてぐるりと縫えば
すぐにバックの完成です。



柄のところを切り抜いて、
こんなコラージュにしても素敵です。



新柄布で作ったエプロンです。
この形でしたら、1.5メートルあればできます。



完成品も沢山ご用意しています



新しいデザインの転写も入荷しています



棚の上にも先生が作った小物がたくさん並んでいます



ミッチーの一押し、マリーアントワネットの針刺しです♪



先生のキラキラの手☆もご紹介(笑)
この手から様々な作品が生み出されたのですね!





今年も、秋篠宮妃紀子さまがご来場です





園部先生の新作キルト
赤い刺しゅうとバタフライ』です

パリで見つけた女性のためのモード雑誌の
ファッションプレートの赤いエンプロイダリーと
ヘキサゴンで蝶の形にし、まわりをホワイト
キルトで陰影をつけながら作りました。
〜作者のコメントより〜



ヘキサゴン(六角形)をつないだだけでなく、
エンプロイダリーの刺しゅうと
園部先生お得意のトラプントの入った
手の込んだ1枚となっています。



今まで観客席にあったステージがなくなり、
今回は総合インフォメーションの横に
こうしてアリーナステージが設けられていました。

主催者サイドに主旨を聞いてみましたところ、
お客さまとの距離を縮めて交流を深めたり
キルトテクニックを間近で見られるような形を
とってみたとのことでした。

1/26(金)13時30分から13時50分まで、
このアリーナステージにて
園部先生のミニレッスン
『リボン刺しゅうのテクニック』

行われます。
奮ってご参加下さいね!



今年も沢山の思い出の残るキルト展になりますように



会場を出ると、朝から並んでいる方の列が続いていました。
みぞれまじりの寒い中、こうしてお越し頂けるイベントを
開催することができ、参加できることを心から感謝します。

がんばろう!日本

2012.1.20
Webmaster Milky