お江戸日本橋キルト展
〜実力派作家100人が奏でる糸と針の歌物語〜


2016.5.11〜5.16
日本橋三越本店 新館7階ギャラリー
イベントレポート♪



昨夜の風と雨は朝には止み、
無事に初日を迎えることができました



キルト展は新館の7階で
開催されています



Micci Quiltのショップは
キルト展会場を出たすぐのところです



まずはベランダに咲いたバラを
大切に持ち運び、飾りました



今回もアイデアグッズを
沢山ご用意してきました



先生の胸元に何やら
素敵なブローチが!



こちらはハサミや待ち針、
ソーイングセットを持ち運ぶ
便利なバッグ?です



こうして壁に飾るだけで
お部屋がビクトリアンに変身



お客さまとの会話も
また楽し♪



完成品のバッグ多数



頑張って作りました






もちろんキットもあります



細々したお道具を
外側にも入れられる巾着



オリジナルの携帯型
ソーイングケース



毎回お楽しみの転写シート



今回も新柄が沢山あります



次々にアイデア溢れる商品が…
迷っていると
すぐに売れてしまいます



シンブルも可愛い



バッグの持ち手とリボンたち













飾りのパーツ




ミッチーセレクトのボタン



布のご用意も






お買い得品(*´▽`*)






目打ちです



のびーる針ひろいの実演中



かなりの磁力があるようです



完成品のこちらは…



開くとこのようになります
銀のカトラリーを仕舞っておいたり
絹穴糸を入れたりと
オシャレに整理ができます



1枚に3パネル入っている
貴婦人柄の布



その布を使って
こんなバッグが出来ました



携帯用のはさみ



最初はお化粧道具かと思いました



後ろの黒板や鏡も可愛い



ショーケースの中には完成品がわんさか
しかもお安くて驚きです






名刺やカードを入れておく箱



指が入る切り込みがあるところが
ミソですね



マカロンを飾って♪












『愁いを含んだハイカラさん』
縦150p×横100p

欧米から入ってきた大正文化時代は、
ハイカラと伝統の混じり合った時代。

夢見る乙女たちは、
儚げなモダンさにあこがれた。

モダンガールは髪を短くして、
シャンソンの流れるミルクホールで
珈琲を飲みながら、人待ち顔。

楚々と咲く草花が、
淋しげな女心を表現出来ればと思いました。



古き愛の歌
「まてど暮らせどこぬひとよ〜♪」
夢二に憧れ、
あの頃の乙女になった、
作家たちの手仕事の繊細なキルト。









会場内は撮影禁止でしたので、
上手く撮れなくて申し訳ありません




初日からパワー全開で
皆さまのお越しを
お待ち申し上げております(´▽`)/

2016.5.11
Webmaster Milky