「美しき日本キルト展」
Beautiful Japan Quilt Exhibition
(2014.5.8〜5.13)
イベントレポート

爽やかな5月の新緑の中、
10時の三越本店開店の時間に合わせ、
自宅を出発。
利用する電車がトラブルで遅れ、
私が到着したのは10時半。

まずはショップへ直行しました!




キルト展の出口をでるとすぐのところに
Micci Quiltのショップがあります




Micci Quiltのショップは早くも賑わいをみせていました。
早速撮影に入ります



持ち運びに便利なソーイングケース



アンティークの素材を使った小物たち



手の込んだ完成品の数々



ヒールの素敵なキャンドルです。有名な方が作られたものだとか



転写シート



作品に利用しても、そのまま飾っておいても素敵な
パーツの数々



ポーチやバッグの口に付けると、グンと作品が引き立ちます



タッセルやシンブル、マグネット針刺し



右下のヴィクトリアン仕様へら、印を付けるのに超便利だそうです



布も沢山持ってきました



キットのいろいろ



園部先生との会話もまた楽し♪



Micci collectionで作ったブラウス
型紙も販売しています






今回は、園部先生の秘蔵の品が多数販売されています。
以下は額の数々。
アンティークなレースやビーズを使って
贅沢に作られています。



壁に飾れば、いつも眺めていられますね♪






今回は、完成品を沢山出品しています






是非、お気に入りをGetされて下さい





『和布・洋布・ヴィクトリアンP3(ヴィクトリアン・コラージュ)
縦200p×横200p

女の子と花のデコパージュ用クロモス(20世紀初頭)や、
メッセージカードを集めて布に転写して作りました。
色あせることなく残っていたシルク地に美しい刺繍の帯や
着物、現代布とミックスして、
状態の良いところを大切に補強しながら、
三角のパターンでコラージュしました。



着物とヴィクトリアンのコラボレーションが見事です



「四季に咲く花」のコーナーで



こちらはキルト塾の生徒さんの作品です。
両端が切れていて申し訳ありません)

園部先生の生徒さんの作品は
皆、ほんとうに素敵です



展示会場を歩くMicci♪
行く先々で声を掛けられます



今回のキルト展では、和装の方を随分お見かけしました。
こちらの方の帯〆に、園部先生がショップにあった
貴婦人のパーツをシルクリボンでささっとアレンジなさいました。
なかなか粋だと思いませんか?



今日のMicciの手元☆



ご覧の通り、素敵なショップに仕上がっています。
ぜひお買物がてら、日本橋三越に足をお運び下さいね!
皆さまのお越しをお待ちいたしております。



手の込んだ完成品が沢山あり、
お値段もお買い得でしたので
お気に入りを購入しました。

パソコンの脇に置いて
ニンマリしながら
レポートを書いています(^−^)

2014.5.8
Webmaster Milky