ここでは、皆様からよくいただくご質問と、それらに対する私個人の回答について紹介致します。が、その前にいくつかの決まりごとがありますのでまずはご覧下さい。

1.    『どうしたら義肢装具士になれるの?』といった類のご質問は、ご遠慮ください。というのも、既に義肢装具関係のHPはごまんとあり、そちらの方にかなり詳しく紹介されているからです。お手数ですが、ご自分で検索して頂きたく存じます。

2.    『海外青年協力隊にはどうしたら入れるの?』といったご質問にも回答できません。なぜならば、そういう情報は一切持っていないからです。

3.    『タイ、カンボジアの旅情報を教えてください』といったご質問にも回答できません。なぜなら、このHPの趣旨と異なるからです。

 基本的に以上のことをご理解頂いたうえで、ご質問をいただけると幸いです。私の気分(笑)、および時期にもよりますが、いただいたご質問には誠意を込めて回答してまいりたいと思います。


- Usual questions -

1.『東南アジア各国(+南アジア1つ)における義肢装具、および義肢装具士の需要』について

 いやー、たった今気づいたんですけど、こんなコーナーあったんですねー(笑)。昨年3月のHP開設と同時に作ったみたいでしたが、今日がはじめての更新です。作った本人がすっかり忘れてました。今回頂いたご質問について、これはちゃんとしたデータを作っておいたほうがいいかもと思いつき、さて、新しいコーナーでも作るかと思い立った時に、実はちゃんと質問コーナーがあったのを発見したのです(笑)。いつか、いつかと更新を期待されていた方々(いない?)、大変失礼致しました。実は、今回の件以外にも色々ご質問を頂いてきたのですが(そして回答をさせていただいても来たのですが)、今からプレイバックしてHP用に書き起こすのは大変面倒なので今はしません!と偉そうに書いてますが、出来るだけ時間を見つけてこれまで頂いたご質問とそれに対する私の回答をのっけていきたいとは思ってます。皆様、あまり期待しないでお待ち下さい。

 今回皆様に公表致しますのは、表題にある『東南アジア各国における義肢装具、および義肢装具士の需要』についてです。しかし最初にお断りしておきますが、東南アジアには俗に言われる発展途上国(または低所得国)が多いため、このような障害者の実態調査まではまだまだ手が回らないのが現状のようです。よって、ご覧いただければわかりますが、統計には数字的にかなりの幅が見られます。よって、このHPに載っている数字が確かなものでは決してなくて、いわゆるひとつの目安と考えていただくのがよろしいかと存じます(と、さりげなく言い訳をしておく)