Comming Soon 2017  詳細は各チラシをクリックして下さい。





「ギャラリー楓の
     クリスマス」

2017年12月16日(土)

開演: 14:00

会場: ギャラリー楓
入場料:大人:1,500

地元のギャラリースペースで
定期的に行われているコンサート。
今回は今年も何度も上演した
作曲家の大江千佳子氏による
オペラ「かさじぞう」を
改訂版で上演いたします。
第2部はクリスマスの名曲も
どうぞお楽しみください!

第25回
「厚木混声合唱団
   定期演奏会」

2017年12月24日(日)

開演: 15:00

会場: 厚木市文化会館
入場料:大人:1,000
    高校生以下:500円

今回で節目の25回の
定期演奏会を迎えます。
以前は同団で師の指揮による
「聖チェチーリア荘厳ミサ」
のソロを歌いました。
ミサの他にも、名曲「水のいのち」。
バラエティに富んだポップスの数々
を歌う「SORA」。そしてフィナーレは
クリスマスソングと盛り沢山!
クリスマスイヴの午後に
魅惑のステージをお贈りいたします。

リメイク版
「フィガロの結婚」

2018年1月8日(祝)

開演: 14:00

会場: ギャラリー楓
入場料:大人:1,500円

国定公園の麓にある
ギャラリーでの演奏会。
今回はモーツァルトオペラの
代表作「フィガロの結婚」を
何と3人で公演いたします。
これ以上無い程分かり易く、
そして楽しいステージを
リメイク版でお贈りいたします。

Archives 2017

2017年12月7日

ブルーアイランドの
「第九」コンサート


師走恒例の「第九」コンサート。
今年も青島広志氏指揮のステージでした。

この時期恒例となった
青島広志氏の指揮と
楽しいトークによる
「第九」演奏会。
多くの方々にご来場いただき
今年も盛会となりました。
300人を超える大合唱の
美しい声による演奏にも
大いなる拍手を送ります。

2017年11月5日

秦野オペラの会
「コジファントゥッテ

今回で12回目を迎える
アマチュアの手で創られた歌劇団です。

ソリスト、合唱、装置、
衣裳、字幕など全てを
アマチュアの方々の手で制作。
精力的に公演を行っている団体。
今年の演目はモーツァルト4大オペラの
「コジ・ファン・トゥッテ」。
今年も楽しい作品です。
この会ならではのオリジナル公演を
多くのご来場の皆様の前で上演。
今年も盛会となりました。
オペラに情熱を捧げ、
年々実力を高めている
団員の皆様に拍手を送ります。

2017年10月27日

「モラヴィアの風

チェコ共和国東部の地方
モラヴィアをテーマにした音楽会です

今回はモラヴィア地方に
所縁のある作曲家、
ブラームスとドボルザークが
テーマとなった演奏会。
ブラームスの「愛の歌」を
4重唱で演奏いたしました。
学生時代よりブラームスの
ジプシーの歌と共に合唱でも
演奏を重ねて来た思い出深い作品です。
メロディも大変美しく、
甘美に満ちた音楽を楽しみました。

2017年10月22日

「コールかんらん
      定期演奏会

今回で15周年を迎えた合唱団です。

今年で15周年を迎えたコールかんらんは、
地元高校の同窓生や
近隣の方々が集う合唱団。
15年という年月と共に、
気心知れた仲間の集団となりました。
今回は合唱の名曲や唱歌、
ポップスの曲など盛り沢山!
今までのレパートリーも
大いに歌い盛会となりました。

2017年10月21日

「フラミンゴコンサート

小学校での音楽鑑賞会です。

小学校での音楽鑑賞会と
各学年の合唱祭の日でした。
各学年の演奏とも、大変熱意ある
素直な演奏で、大変感銘を受けました。
鑑賞会では伴奏の大江千佳子氏の
オペラ「かさじぞう」の1シーンや
カンツォーネや日本歌曲を演奏。
学校コンサートの子どもたちの笑顔や
その反応に大変嬉しさを感じます。


2017年9月11日

「レーヴェ&ドイツ歌曲の
     ワンダーランド」

カール・レーヴェ協会
第30回記念ガラ・コンサート。

今までなかなかドイツリートの
舞台に立つ機会がありませんでしたが、
オペラではバリトン時代、
そしてテノール再デビューも
ドイツ人作曲家の作品でもありました。
今回レーヴェという作曲家の作品を
演奏させていただきましたが、
声楽的にも大変素晴しいものでした。
会場も王子ホールという
日本でも有数の素晴らしいホール。
共演させていただきました皆様も
声楽界の先輩方ばかりで、
大変貴重な一時となりました。

2017年9月2日

松井和彦 作曲
オペラ「泣いた赤鬼」

松井和彦先生のオペラ。
笑いと涙の代表的一曲です。

「泣いた赤鬼」は浜田廣介氏の原作。
大変心打たれる作品です。
この作品を、子供から大人まで
楽しめるオペラとして作曲された
オペラ「泣いた赤鬼」は
私にとっても演奏回数の多い
作品となりました。
何度演奏しても新たな発見があり、
学びがある素晴らしい作品です。
毎回新たな試みがあり、
歌手としても成長出来る作品。
今後も多くの方々にご鑑賞いただければ
幸いに思います。

2017年8月26日

第20回
秋いちばんコンサート

故 寺島尚彦先生の門下生により
続けられているコンサートです。

「さとうきび畑」でも知られる
寺島尚彦先生が主宰していたコンサート。
現在も寺島夕紗子さんを中心に、
先生の門下生が毎年開催しています。
今年は20回目の節目の記念コンサート
となり、私も第6回以来の出演。
会場は斎藤秀雄氏も若き小澤征爾らを
育てたという北軽井沢ミュージックホール。
大自然の中、寺島先生との交流など
懐かしく回想し、演奏させていただきました。

2017年7月17日

第36回
厚木合唱祭

厚木市内の合唱団が集う
年一回の合唱祭です。

相模原合唱祭に続き、この日は厚木合唱祭。
各地域、特色ある団体が様々な活動を行い、
客席で聴く演奏も大変楽しいもの。
「厚木混声合唱団」は年末の定期に向け
グノーのミサを演奏。
「厚木男声合唱団」はカンツォーネと
ライオンは寝ているという民族色
豊かなコーラスを演奏いたしました。

2017年7月9日

第68回
相模原市民合唱祭

相模原市内の合唱団が集う
年一回の合唱祭です。

今年は梅雨の間ながら
暑い合唱祭となりました。
今年の「すみれ会」は寺島陸也氏編曲の
日本の抒情歌を演奏。
寺島氏の編曲は原曲の作風を十分に活かした
素晴らしい作品です。
今年も爽やかな演奏が出来たかと思います。

2017年6月30日

大江 千佳子 作曲
夢見る頃はいつも青空

作曲家 大江 千佳子氏の
秀作オペラ作品です。

先日も上演する機会に恵まれた、
オペラ「かさじぞう」に引き続いて、
再演となった、以前も上演した作品。
会場もフィリアホールという
大変音響にも恵まれた中、
改訂した一部分を演奏会形式で
上演いたしました。
友人同士が親子に代わるという
ストーリも新鮮な作品で、
会場にも笑いが溢れ、盛会でした。

2017年6月17日

ミューザ川崎
市民合唱祭

今年も100団体以上出演となった、
合唱の祭典です。

年一回の川崎地区の
合唱の祭典です。
今年も多くの合唱団の
熱演がありました。
「コール・ムッタリーベ」は
わらべうたのアカペラや
ミュージカルソングを爽やかに。
「コールかんらん」も
皆が心を一つにして、
名曲の水のいのちを歌い上げました。
両団体共、練習の成果が
十分に発揮出来たかと思います。

2017年6月11日

第66回
湘南合唱祭

年一回の神奈川県内の
合唱団による合唱祭です。

今年の湘南合唱祭は
藤沢が会場となりました。
藤沢市民会館は自身も
初めてステージに立った
思い出の場所です。
市民オペラの稽古でも
数知れず足を運びました。
「厚木混声合唱団」と
「厚木男声合唱団」両団共に、
練習の成果を十分に発揮出来て、
大変充実した一日となりました。

2017年5月19日

第27回
せたがや歌の広場
コンサート

作曲家と作詞家が創り出す
新作発表のコンサートです。

世田谷区主催の
作曲家と作詞家を中心とした
新作発表コンサート。
創られた詩に、各作曲家が
詩を選んで作曲するスタイルです。
今回は早川和子氏の「だれかがどこかで」
作詞は「とんでったバナナ」でも有名な
片岡輝氏でした。
この曲は演奏もさせていただいている
愛唱曲でもあります。
両氏より練習でも貴重な話も拝聴し、
大変有意義な新作初演が出来たと思います。

2017年4月10日

第9回
ゴールデンウェーヴ
「国際シニア合唱祭」

横浜みなとみらいホールで毎年開催
合唱を愛するシニアによる合唱祭です。

横浜の名ホールで
3日間に渡って開催される
大変な活気溢れる合唱祭。
その歌に対しての情熱と
年齢と共に重ねられた造詣の深さは
どの団体も素晴らしいものです。
私の指揮する「コールかんらん」も
今年で5回目の出演となり
表彰していただきました。
正しく「合唱は一生の友」ですね。

2017年4月8日

ギャラリーでオペラを
「電話」

都心から離れた国定公園にある
ギャラリーで定期的に開催しています。

サロン風の演奏会場での
オペラ公演。
お客様も身近に演奏を
楽しんでいただける公演です。
今回はメノッティ作曲の名作「電話」
バリトン時代に数えきれない程、
演奏いたしましたが、
どの公演も充実した音楽故、
良い公演が出来ています。
是非もう一度演奏したいと思い、
今回実現となりました。

2017年3月20日

第28回
伊志田高校吹奏楽部
「白雪姫」

母校の吹奏楽部の定期演奏会。
毎年第三部で舞台作品を上演しています。

出身高校吹奏楽部の
舞台作品上演。
上演されて来た作品は、
オペラやミュージカル、
映画作品など様々。
数多くの上演にも
共演させていただいています。
今年は名作「白雪姫」。
そして台本も楽曲も指揮も
全て指導者の方のオリジナル。
部員のレベルの高さと、
感性の豊かさに感心いたしました。

2017年3月18日

第3回
「フィリアジュニア
 合唱団コンサート」

音響の素晴らしさでも定評がある
神奈川の名ホールでのコンサート。

フィリアホールに
ジュニア合唱団が誕生して
3回目のコンサート。
団員も増えて今回も盛会。
明るい澄み渡った美しい歌声が
ホール全体に響き渡りました。
なかなか出逢う事が出来ない、
素晴らしい音響のホールです。
今回も子供たちを聴衆に
楽しい歌を演奏いたしました。

2017年3月12日

クラッシック
「ミニ・コンサート」

音楽仲間関係の
東北でのコンサートでした。

何度か足を運んでいる
東北でのコンサート。
後半は往年の歌謡界の
名ヒット曲を生み出した
歌手の方とも共演。
その温かいステージ、
そしてオフステージの
会話からも学ぶ事が
多々ありました。
ジャンルは違っても
その演奏に対する姿勢は
大いに共感した次第です。

2017年1月15日

東混と歌う会
「水のいのち」

創立60周年を迎えた
東京混声合唱団との演奏会。

指導をした合同合唱団が
合唱の名曲「水のいのち」を
指揮者 山田和樹氏の指揮&
東京混声合唱団の皆様と共に
お送りいたしました。
160名を超える大合唱の
「水のいのち」も壮観!
感性豊かな指揮に支えられ、
東京混声合唱団の皆様の
直向きな合唱に対する姿勢
にも心打たれました。

ページの先頭へ