自在結び(トートライン・ヒッチ:TAUTLINE HITCH)

ロープをぴっちりと張りたい時に使う結束方法です。

@ロープを柱に引っかけます。

A端を上から輪の中に入れます。ここまでは一結び<ハーフ・ヒッチ>と全く同じです。

Bツー・ハーフ・ヒッチの要領で結びます。さらにもう1回端を巻き付けます。こうすることにより自然に緩んでくるのを防ぎます。
※写真では距離がありませんが、実際は肩幅程度の距離が理想です。
 
C外側にもう1つ輪を作り端を輪の中に入れます。2つめと3つめの輪は密着させます。
 
Dロープを張りたい時は、柱部分の手前側のロープをひき、端側のこぶを柱から遠ざけるようにスライドさせます。
Eゆるめる時は、端側のこぶを柱側へスライドさせます。

▲ロープワークページへ