Equipments

ヒデチューの使用機材について,個人的に思ったことを書いてます。
いつか画像もアップしたいと思ってます。いつになるやら。

KORG N−5EX
XP−50と一緒に,ライブ時に最も使用しているPCMシンセです。コイツを上段,XPを下段にセットしてます。
音色の数も豊富で,4つのつまみでリアルタイムに音色コントロールもできるし,アルペジエーター(和音を押さえると自動的に一音ずつ順番に発音する機能)もついてて,まさにライブ向きのシンセということで出た時から注目はしてました。
んで,売値が49,800円まで下がったのを機に購入。(元値は99,800円)
実戦投入はファニーアニマルズ初ライブ(アニメソング)から。

でこれ,サブのシンセとしては物凄く使えます。コルグの音の性格として中音域が太くて,ソロなんかはなかなか存在感ある音が出ます。それまで使ってたヤマハのDX21と比べたらはるかに実戦向き。
あと,かなりアホな効果音もサンプリングされてて,芸人のオイラにはピッタリ。(笑)

もっとも,逆に言うと一音一音の主張が強いんで,音を重ねたり打ち込みに使ったりするのには向かないような気はします。ピアノの音なんか,太いんだけど,上品さには欠けます。まあこのくらい強い音にしないとライブでは他の音に負けちゃうんだけどね。
オイラの場合XPベッタリなので,このシンセはそこまで使ってません。また使ってみれば新しい可能性が広がるかも知れないです。

あとこのシンセ,ボディーがプラスチックで軽い。持ち運びには重宝します。
バンドでキーボード始めたばかりの人とか,軽く趣味でやってる人におすすめの一台ですね。
値段からは予想も付かない実力持ってるシンセです。
念のため,打ち込みは出来ません(笑)。
今買うなら同じKORGのTRITON Leなのかなー。あれ12万くらいで,サンプラー増設もできるし,破格だ。(もちろんこれは打ち込みできます。)
XPと同時期に出てたら,たぶんTRITON Leにしてたと思う。


トップへ
戻る
前へ