Topics & News

B型肝炎ワクチン接種 市の助成はH30.3.31で終了
B型肝炎ワクチン接種無料化開始のあたってスタートしました移行措置期間における
市からの助成「3000円で接種できます」(H27.4.2- H28.3.31出生の児
対象)の
サービスは、平成30.3.31をもって終了となりました。
H28.4.2以降に出生した児は引き続き無料(1歳未満対象)で接種できますが、
それ以前に出生した児はH30.4.1以降全額自費となります。その場合の接種料金は
診療所毎に異なりますが、当院では1回5000円(x3回)と打ちやすい設定となっています。
                               H30.3.31

子宮頸ガンワクチン接種 小児科学会・産婦人科学会など推薦後押し
子宮頸癌ワクチン(サーバリックス・ガーダシル)については、現在「推奨」が取り下げられていますが、
中1〜高3に関しては引き続き公費接種(無料)でうつことが可能です。
このほど、多くの学会を束ねた日本の予防接種委員会が、本年1月のWHOの日本への(副作用との
関連が証明されないなら早期に接種を促進しなさい)との異例の勧告を受けて、強く「推薦」の
意志表示を表明しました。
この WHOの日本への異例の勧告をマスコミは全く報道しませんでした。

なんと偏った報道体制でしょうか。国民の皆様は何が正しいかという前に、こうした事実を知っておく
必用があります。 マスコミは国民の見方!?というのは全く大嘘です。北朝鮮の報道を笑ってみている
皆様! 日本の報道体制も北朝鮮と案外似たようなものと思った方がいいです。大本営の頃からですが・・・

多少痛いワクチンですが、マスコミが取りざたするほど危険なワクチンとは考えておりません。
痛みを除き、本接種の薬液に対して特別な反応を示したケースは100万例に1-2例で、他のワクチンと
比べて特別に多い数字ではありません 。対して、子宮頸癌は毎年15,000例発生しており、3,500名の
方が命を落としています。最近とりわけ発病の低年齢化(20-30代の増加)が問題になっており、
その上健診で見つかりにくい腺癌(今まではほとんどが扁平上皮癌)の比率が 急増しています。
また、健診で発見されても、手術は必用となりますので、ワクチンで予防できたらそれにこしたことは
当院としても 引き続き希望者には接種していますので、接種対象年齢の方はご検討下さい。
ありません。特に打ちかけの方は、連続的にうたれることをお薦めします。
  H28.4.26

Topics 「アエラ」6/23発行の臨時増刊号「日本の家庭医」で
有名専門医800人が薦める「町のお医者さん1435人」に選ばれました
1435人といっても、小児科だけでなく内科も外科も含まれますし、
北海道〜 沖縄までの
広範囲ですから、嬉しい限りです。

お薦めの絵本を紹介
子供達に良質の絵本をとの事で、スタッフが推薦図書を選んでいますので注目下さいね.