当院では常時、放射線技師 1名、臨床検査技師 3名の体制で検査を行なっています。

16チャンネルマルチCTスキャン装置
頭部検査以外にも胸部や腹部の検査も行うことが出来ます。


また上記の様な一般的なCT検査に加えて、造影剤を投与し撮影する事によって下のような脳血管病変も描出する事が可能です。

*この検査は造影剤を使用して行います。造影剤に関してアレルギーがある方には検査出来ません。
また、造影剤を使用した撮影は医師が二名以上院内にいる日に合わせて撮影を行っているため予約制となります。



 

右中大脳動脈の比較的大きな脳動脈瘤の症例です。



この症例は前交通動脈瘤の症例です。



右中大脳動脈の狭窄症例です。

この検査にて、脳内の血管を立体的に描出する事が可能となります。クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤や脳梗塞の原因となる脳血管の狭窄・閉塞病変等を早期に発見する事が出来ます。

MRI検査
 

この検査にて、脳内の小さな病変(脳梗塞・脳腫瘍等)が容易に発見されます。

MRA検査



この検査にて、脳内の血管がきれいに映し出されます。
クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤の早期発見が出来ます。

頚動脈エコー検査について

動脈内を超音波で直接観察する事によって動脈硬化症を早期に
診断出来ます。






トップページへ戻る。