「オーブンねんど」ってなにダルチ

 

 

「オーブンねんど」とは

家庭用のオーブンで焼くことでソフトプラスチックのような状態に固まる樹脂系の粘土です。以前は「セラミカルクレイ」とも呼ばれたりしていましたが、最近は「ポリマークレイ」の呼び方が主流です。が、粘土の部類としては熱で硬化させないポリマークレイ(樹脂粘土)もあるので、ぼくは「オーブンねんど」と言っています。とてもカラフルで、メーカーによっては20色以上が発売されています。もちろん混ぜ合わせることもできるし、「無色」のねんどもあるので、それに水彩絵の具などを混ぜ込んで自分だけのオリジナルカラーを作ることもできます。

取り扱いはかんたんで、粘土と最後に焼くためのオーブン(もしくはホットプレートなど温度設定のできるもの。温度設定できないものは作品が熔けたり燃えるので危険)さえあれば、とりあえずはOK。好きなようにねんどをコネて、のばすなりくっつけるなりして作品を作り上げたら、120〜130度くらいの温度で20〜30分焼き上げれば完成です。紙ねんどのように水(ドベ)やらなんやらといったものは必要ありませんし、とくべつにベタベタしたねんどではないので、手にひっついて作業しにくいといったことは(メーカーにもよりますけど)ほとんどありません。色によってはちょっと手が染まったようになるけど、セッケンで簡単に洗い落とせます。色が濃かったり、落ちそうにない場合は、セッケンで洗う前にベビーオイルなどで一度拭き取ると落としやすいですよ。

また、焼き上がった作品は、日常の温度の中では変形することはないので、思い出のねんど細工なんていうふうに、作品をいつまでも大切にすることができます。そのうえ、水にぬれても溶けたりはしないので、汚れてホコリをかぶったなんてときは、ジャブジャブと洗ってしまうこともできます。ただ、(どんなものにでも言えますが)直射日光(とくに紫外線)に長時間さらされていると、粘土に混ぜ混んである染料(色の素)が変化し、最後には色あせてしまいます。(メーカーや染料によって差はあります)たから作品は窓辺などには置かず(置きたいかもしれませんが)なるべくお日様から隠してあげてください。

どこに売ってるの

東急ハンズや大手手芸用品店(ユザワヤ)、大手画材用品店(世界堂)などの粘土のコーナーにたいがいはあります。最近はメーカーも増えてきたので、いくつか買ってみて、自分が扱いやすいモノを選ぶといいですよ。メーカーによって、若干固さが違ったり、焼き上がりの雰囲気が違います。また商品名もそれぞれ違うので、見付からない時は、店員さんに「熱で硬化(固まる)する樹脂粘土くださいな」とたずねてみてください。

値段もメーカーで違いますが、だいたい40グラム前後で400円くらいと、ねんどとしてはかなり高価です。でも、メーカーによっては数色がちょっとづつパッケージされたお試し用のセット800円くらいや、キーホルダーやボタンが作れるセットなんていうのもあるから、初めての方はこれがおすすめです。

注意すること

このねんどは最後に焼かなければなりません。何回も遊ぶなら焼かなくてもいいけど、せっかく作った作品ですから、大切にしましょうね。で、焼き上がったばかりの作品はとても熱いので、じゅうぶんに気を付けましょう。とくに小さいお子さんの場合は、焼く作業は大人のひとにやってもらいましょう。それから、一番最後にはかならず手を洗いましょう。ヨゴレてないように見えてもね。

 

みんな楽しくコネコネするダルチ!!


copyright (c) kouichi mouri KID'S POCKET