著作権

1.著作権とは

(1)知的所有権と著作権
 あなたは、著作権という言葉を聞いたことがありますか?最近、知的所有権(知的財産権)と
いう言葉がクローズアップされていますが、その中のひとつが著作権です。知的所有権というも
のは、下の図のように分類されます。
              
         ー 著作権
   
知的所有権  ー 工業所有権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)

         ー その他(不正競争防止法、種苗法など)
     
 特許権というのは、みなさん、良くご存知ですよね。そう、「他人が発明したものを勝手に利用
してはいけません。」ということです。著作権も似たようなことを言ってるわけで、わかりやすくい
えば、「他人の著作物を勝手に利用してはいけません。」というものが著作権なのです。
 この中で、工業所有権と著作権との大きな違いは、工業所有権は、登録しなければその権
利は発生しませんが、著作権は著作物ができた瞬間に権利が発生し、何の登録もいらないと
いうことです。
 しかも、特許なんかは専門家やその方面のプロにしか関わりが少ないものですが、著作権
は、著作物を作れば(この言い方自体には問題がありますが・・・)誰でもいつでもすぐに著作
権が発生するのです。
 そんな、こと言ったって、私にゃ関係ございません、というあなた。あなたも無関係ではいられ
ません。
 だって、あなただって著作権者になれるんですから。あなたが描いたいた絵、撮った写真、カ
ラオケで歌った唄。みんな著作物です。上手下手ありません。プロアマ関係ありません。
 著作物に対して有している権利が著作権です。

(2)著作権
 著作権の中身は多くにわかれますので、詳細は次号で解説したいと思いますが、大きく分け
て人格権としての著作権と財産権としての著作権、さらには著作者とは別に著作者隣接権とい
うものもあります。
@人格権としての著作権
 これは、著作者の人格的な利益を保護するためのもので、無断で著作物を公表されない権
利、公表するなら名前の表示をするとかしないとかを決める権利、勝手に内容を変えられない
権利です。この権利は、他人に譲渡したり相続したりはできません。
A財産権としての著作権
 これは、著作者の経済的な利益を保護するもので、無断で複製されない権利、無断で上映、
演奏等されない権利や無断で譲渡されない権利などです。この権利は譲渡や相続が可能で
す。
B著作者隣接権
 これは、著作者ではないですが、その著作物の伝達に大きく貢献した者に与えられる権利
で、実演家(歌手、俳優、演奏家等)、レコード製作者、放送事業者、有線放送事業者に与えら
れています。

2.著作権の侵害

 さて、他人の著作権を侵害するとどうなるでしょう?結論から言いますと、個人の場合は、懲
役3年以下または300万円以下の罰金。法人では、なんと1億円以下の罰金です。そのほか損
害賠償や不当利得返還などの民事上の責任を負います。びっくりしました?著作権なんて、と
軽く考えていた人は今すぐ考え方を改めましょう。著作権侵害で訴えられると大変なことになり
ます。特に最近は知的所有権に対する考え方はシビアになりつつあります。気をつけましょう。
 では、何に気をつけるの?ということです。おっと、その前に著作物ってなにかがわからない
とはなしになりませんね。著作物のおはなしをしましょう。

3.著作物とは

 著作物とは、「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または
音楽の範囲に属するもの」をいいます。具体的にいいますと、小説、俳句、楽曲、ダンス、絵
画、建築物(芸術的な)、地図、映画、写真、コンピュータのプログラム、翻訳・編曲などの二次
的著作物、辞典などの編集著作物、データベースなどです。逆に、いわゆるアイデア、データの
羅列、ネーミング、キャッチフレーズ、新聞記事の見出し、証明写真などは著作物にはあたり
ません。
 こういうと、難しいな、と思われるかもしれませんが、とにかく、他人が表現した文芸、学術、
美術、音楽は著作物だと考えたほうが無難です。

4.著作権の利用

(1)自由に利用できる場合
 先ほど、著作物は著作権者(その著作物に対して権利を持っている者)の承諾なくして利用
することはできないと言いましたが、例外的に自由に著作物を利用できる場合があります。そ
れは、以下の場合です。
@私的使用目的
個人がその限られた範囲で個人的に利用する場合
(例:テレビドラマのビデオ録画、CDからのダビング等)
A学校等における利用
学校の授業で利用するための限定しての利用
(例:教材としての複製、教育番組の放送、教科書への掲載、試験問題としての利用など)
B障害者のための利用
視覚障害者のための点字による複製、聴覚障害者のための字幕による放送など
C営利を目的としない上演
非営利無料(入場料、出演料なし)の演奏会、上映会など
Dその他
単なる引用、報道での利用、裁判手続きでの利用など

 なお、上記の場合でも制約がある場合や出所明示義務等もありますので、全く自由に利用で
きる場合ばかりではありません。利用にあたっては十分注意が必要です。

(2)著作物の利用
  著作権の保護期間内(日本では著作権者の死後50年。但し映画は70年)にある著作物を
利用する場合は、著作権者の許諾が必要です。実際は、有名な音楽、映画、写真、絵画、文
章などの著作権は、それぞれ管理している団体があり、その団体の許諾を得ることになりま
す。もちろん、その利用については使用料が必要なのは言うまでもありません。

5.著作物利用にあたり気をつけること

(1)著作権者として・・・
 著作者であるあなた。あなたは、自分の著作物が勝手に他人に利用されていないかどうかチ
ェックする必要があります。俳句会で自分が詠んだ歌を他の人に自分の作品として発表され
た、とか自分のホームページの内容がそっくりそのまま他の人のホームページに流用されてい
るとか、です。自分の著作権が侵害されていることに気づいたときはできるだけ早く専門家(行
政書士)に相談してください。

(2)利用者として・・・
 他人の著作物を利用するとき、例えば、お店のBGMに音楽を流す、自分のホームページに
他人の撮影した写真を掲載する、会報なんかに他人が書いた文章を載せる、会議用に新聞
記事を複製して配る、など全ての場合において著作権者の許諾が必要かどうか考えてくださ
い。先の事例では全て必要です。まあ、いっか、で無断で利用すると後でひどい目に遭いま
す。(2.著作権の侵害参照)

6.著作者の権利

(1)著作権
 著作者の権利を著作権といいますが、それは、人格的な利益を保護する著作者人格権と財
産的な利益を保護する著作権(財産権)に分れることは前述したとおりです。今回は、その中
身を具体的にみていきましょう。

(2)著作者人格権
・公表権・・・自分の著作物で、まだ公表されていないものを公表するかしないか、するとすれ
ば、いつ、どのような方法、形で公表するかしないかを決められる権利
・氏名表示権・・・自分の著作物を公表するときに、著作者名を表示するかしないか、するとす
れば、実名か変名かを決めることができる権利
・同一性保持権・・・自分の著作物の内容または題号を自分の意に反して勝手に改変されない
権利

(3)著作権(財産権)
・複製権・・・印刷、写真、複写、録音、録画などの方法によって著作物を有形的に再製する権

・上演権・演奏権・・・著作物を公に上演したり演奏したりする権利
・上映権・・・著作物を公に上映する権利
・公衆送信権・伝達権・・・著作物を自動公衆送信(サーバーなどに蓄積された情報を公衆から
のアクセスにより自動的に送信すること)したり、放送したり、有線放送したり、また、それらの
公衆送信された著作物を受信装置を使って公に伝達する権利
・口述権・・・著作物を朗読などの方法で口頭で公に伝える権利
・展示権・・・美術の著作物と未発行の写真著作物の原作品を公に展示する権利
・頒布権・・・映画の著作物の複製物を頒布(販売・貸与など)する権利
・譲渡権・・・映画以外の著作物の原作品または複製物を公衆へ譲渡する権利
・貸与権・・・映画以外の著作物の複製物を公衆へ貸与する権利
・翻訳権・翻案権・・・著作物を翻訳、編曲、変形、翻案する権利(二次的著作物を創作すること
に及ぶ権利)
・二次的著作物の利用権・・・自分の著作物を原作品とする二次的著作物を利用(上記の各権
利に係る行為)することについて、二次的著作物がもつものと同じ権利

(4)著作者隣接権
 著作者ではないですが、その著作物の伝達に大きく貢献した者に与えられる権利で、以下の
ものがあります。
・実演家の権利・・・氏名表示権、同一性保持権、録音権・録画権、放送権・有線放送権、商業
用レコードの二次使用料を受ける権利、譲渡権、貸与権、送信可能化権
・レコード製作者の権利・・・複製権、商業用レコードの二次使用料を受ける権利、譲渡権、貸
与権、送信可能化権
・放送事業者の権利・・・複製権、再放送権・有線放送権、テレビジョン放送の伝達権、送信可
能化権

7.著作権Q&A

 著作権についてよくある質問について簡単なQ&A方式にまとめました。ただ、実際は、著作
権問題はもっと複雑な問題で、法律がどうこうというより、著作権者と利用者との間の契約の
問題がほとんどです。他人の著作物を利用するときはきっちりとした契約を締結することが大
切です。

Q1.私が書いたエッセイがいいということで、出版社と原稿買取契約を締結しました。この場
合、著作権まで譲渡したことになるんでしょうか?
A1.買い取り契約においては、著作権を譲渡する旨が明記されていない限り、著作権は譲渡
されません。

Q2.業務上の参考資料として、ある資料を一部コピーしたいのですが、私しか利用しないの
で、私的使用の複製ということで、かまいませんよね?
A2.たとえ、使うのが個人であっても、業務用にコピーする場合は、私的使用とはいえませ
ん。

Q3.会社のちらしを作成するのに、レイアウト、デザインを印刷会社に任せて刷り上りました。
これが好評で残量が少なくなってきましたが、印刷会社に発注せず、カラーコピーしようと思い
ますが、問題ありますか?
A3.印刷会社に依頼してデザイン、印刷したちらしの著作権は、印刷会社にあります。ですか
ら、勝手に依頼した会社がそのちらしをカラーコピーすることは許されません。もし、このちらし
を自由に利用したいのであれば、その旨を契約書に明記すべきです。

Q4.コンピュータのソフトの作成をA社に外注しました。このソフトの著作権はわが社にあるの
でしょうか?A社にあるのでしょうか?
A4.実際に創作した者が著作権者になるのが原則ですから、著作権はA社にあります。単に
製作の場を提供したとか、資金を提供したとかに過ぎないものは著作者とはなりえません。で
すから、A社に無断で、このソフトを改変したりコピーすることはできません。

Q5.ホームページを依頼してA社に作成してもらいました。その後の更新はこちらでしたいので
すが、何か問題があるでしょうか?
A5.Q4にあるように、あくまで、このホームページの著作権はA社が持っています。ですから、
勝手に更新したりすることはできません。自分でその後の更新を自由にしたいのであれば、著
作権をA社から譲り受ける旨の契約を締結すべきです。

Q6.ホームページに無断でリンクを張るのは著作権侵害となるのでしょうか?
A6.リンクを張るということは、単に別のホームページに行け、そのホームページの中にある
情報にたどりつけることを指示するにとどまり、その情報を自ら複製したり、送信したりするわ
けではありませんから、著作権侵害とはなりません。リンクを張るときに相手方の許諾を得るこ
とは、道義的なものです。

Q7.結婚披露宴で二人の生い立ち、出会いをビデオにして流すのですが、その際、その時代
に流行った歌、二人の思い出の歌をバックで流そうと思います。披露宴で流すだけですし、そ
のビデオを配布するわけではないのですが、問題ありますか?
A7.厳密に言えば、二人の写真をビデオにするのも、写真の著作権者の許諾が必要ですが、
実際は自分たちであったり両親や身近な人でしょうから目をつむってもらってもいいですが、問
題は歌です。これは、目をつむってもらって、というわけにはいきませんから、必ず著作権処理
を行ってください。音楽の場合は「日本音楽著作権協会で許諾がとれます。

Q8.保育園の運動会で看板に人気漫画のキャラクターを描く場合、著作権者の許諾は必要で
すか?
A8.必要です。著作権法で教育機関等における複製が認められてはいますが、運動会や文
化祭はそれには該当しないと考えるべきでしょう。

Q9.講演会を主催していますが、講演の内容をビデオ、録音、写真、講演録にして配布しよう
と思いますがどのような問題に注意すべきでしょうか?
A9.講演も言語の著作物ですから、その利用の行為ごとに著作権処理が必要です。講演の
依頼の当初に、講演内容の利用について契約をしましょう。あとで、いい講演だったから、とい
って無断でビデオ撮影したものを配布したりするとトラブルの元です。たとえ、無料で配布として
もだめです。注意しましょう。

Q10.音楽CDを勝手にコピーし、配布すると著作権侵害というが、別にCDを盗んだわけでも
なく、自分が購入したCDなら勝手にコピーしたりしてもいいと思いますが、どうしてだめなんで
すか?
A10.CDのコピーというのは、モノを盗んだわけではありませんが、実際コピーしてそれを配
布すると、その枚数だけはCDが売れない、ということになり、著作権者にそれだけの経済的不
利益を与えることになるのです。また、CDからCDへのコピーというのは、アナログと違い全く同
じものができるのです。
ですから、デジタル方式のコピーには、私的利用といえども、権利者への補償金の支払いが必
要なのです。

8.うっかりではすまされない、あなたが侵しやすい著作権侵害

 最近、著作権をめぐるトラブルが急増しています。うっかりしてた、知らなかった、では
済まされない時代になってきました。
もし、あなたが著作権侵害を犯して刑事責任を問われたとすると、「5年以下の懲役また
は500万円以下の罰金(法人の場合は1億5000万円以下の罰金)」(併科可)になる
おそれがありますし、民事上では、損害賠償請求や差止請求をされることになります。
 今回は、犯しやすい著作権侵害について簡単ではありますがご案内いたします。

(1)音楽サークルの発表会
  「私は、音楽サークルに所属していて、今、夏の定期公演に向けて猛練習中です。定期公
演は、音楽ホールを借り、お客さんを集め、わたしたちの音楽を聴いてもらいます。音楽は良く
知られたポップスや童謡が主です。会場代やわたしたちの活動費用にするため若干の入場料
はいただきますが、基本的には非営利の活動です。非営利なら、音楽を演奏したり歌ったりす
るのは許諾が要らないと聞いたことがあるので、特には許諾を得ずに行っています。」
 
ここが侵害です

音楽等の演奏の場合は、非営利目的・無料・無報酬の全ての要件を満たしたとき、著作権者
の許諾なしで利用することができますが、今回の場合は、入場料を得ていますのでこの要件を
満たすことはできず、許諾が必要です。なお、上記すべての用件を満たす場合であっても、楽
譜や歌詞カードの複写については適用されませんので、原則著作権者の許諾が必要になりま
す。
 
(2)営業で配布する雑誌のコピー
「この前、わが社がある雑誌の取材を受けました。その雑誌にわが社の技術や経営方法のす
ばらしさが記事として載り、営業マンの私としては鼻高々です。そこで、私はお得意様や新規顧
客獲得のためにその雑誌を購入し、該当部分をコピーし、お客さんなどに配布しています。お
かげで、反応も上々で、営業成績もうなぎのぼりです。私が雑誌を買い、自分の雑誌をコピー
しているんで、問題はないですよね。」
             
  ここが侵害です

あなたは、その雑誌の著作権のうち複写権を侵害しています。確かにあなたはその雑誌を購
入したんですから、その雑誌そのものはあなたのものですが、著作権まで購入したものではあ
りませんから、その記事を無断で複写(コピー)し、配布することは許されません。ただ単にそ
の雑誌そのものを相手に見せるだけなら問題はありませんが。

(3)塾での問題集づくり
「私はある塾で講師をしています。今までは、市販のドリルを購入し、生徒に
与え問題を解かしていたんですが、この前、経営者からいちいち市販の問題集
を買わずに自分で問題を考えてやらせろ、と言われました。とはいうものの、
なかなか自分で考えることは難しく、仕方なく書店で、これは、と思う問題集
を購入しそれをコピーして問題を作成しています。教育で利用する場合は、著
作権は関係ないと聞いたことがあるので問題はないと思います。」
             
  ここが侵害です

確かに教育において著作権を利用する場合は許諾なしで利用できる場合がありますが、それ
は、小学校や中学校などの教育機関でのことであって、いわゆる学習塾ではその対象となって
いません。ですから、勝手に市販の問題集からコピーして問題を作成することは著作権法違反
です。ちなみに、たとえ小学校等であっても市販の問題集を無断でコピーすることは許されて
いません。

(4)広報で使うポスター
「私はある会社の広報担当です。上司より、わが社のホームページを作成しろ
と言われました。トップページが重要だということで悩んでいたところ、先
日、わが社の商品紹介のためにポスターを作成したことを思い出し、そのポス
ターをトップページに載せました。ポスターはデザイン会社に依頼して作って
もらいましたが、うちのポスターなんで、ホームページに載せてもいいですよ
ね。」
 
 ここが侵害です

 ちょっと待ってください。そのデザイン会社との契約はどうなっていますか?著作権はあなた
の会社に移っていますか?原則著作権は著作者に発生しますので、ここでいうと、契約であな
たの会社に移す約束をしていない限り、デザイン会社に著作権があります。
            それなのに、デザイン会社に無断であなたの会社のホームページに掲載
するということは、複写権ならびに公衆送信権の侵害となります。きちんと許諾をとりましょう。

いかがだったでしょうか?今までうっかり、あるいは故意(?)に行っていた
ことはありませんか?これからは少し著作権のことを考えてくだされば幸い
です。


トップへ
トップへ
戻る
戻る