行政書士の業務

行政書士は、あなたのまちの法律家です

1.行政書士とは

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格です。行政書士は、法律により秘密を守る義務が
あります。行政書士は、他人の依頼を受け、報酬を得て次のような業務を行っています。

行政書士法第1条の2
 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類その他権利義務又は
事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む)を作成することを業とする。
同法第1条の3
 行政書士は、前条に規定する業務のほか、他人の依頼を受け報酬を得て、次に掲げる事務
を業とすることができる。但し、他の法律においてその業務を行うことが制限されている事項に
ついては、この限りではない。
 一 前項の規定により行政書士が作成することができる官公署に提出する書類を官公署に
提出する手続及び当該官公署に提出する書類に係る許認可等に関して行われる聴聞又は弁
明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対してする行
為(弁護士法第72条に規定する法律事件に関する法律事務に該当するものは除く)について
代理すること。
 二 前項の規定により行政書士が作成することができる契約その他に関する書類を代理人
として作成すること。
 三 前項の規定により行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずる
こと。

 行政書士でないものは、業として法第1条の2,3に規定する業務を行うことはできません。

2.行政書士の業務

行政書士の業務は、官公署に提出する書類、権利義務、事実証明に関する書類の作成で
す。
以下の「〜したい、〜してほしい、〜?」にお応えします。

@建設業に関する業務
建設業許可を受けたい、更新手続をしてほしい、経営事項審査を受けたい、入札に参加した
い、産業廃棄物の収集運搬許可を受けたい など

A土地利用に関する業務
農地を転用したい、開発行為を行いたい、公用地の用途廃止・払い下げをしてほしい、官民境
界の明示をしてほしい、国土法・道路法・河川法等の手続をしてほしい など

B法人設立に関する業務
株式会社・事業協同組合・NPO法人・宗教法人・医療法人・社会福祉法人等の設立がした
い、定款の作成・認証手続をしてほしい、起業を支援してほしい

C相続、遺言に関する業務
相続(相続人が誰かわからない?、遺産分割協議書の作成をしてほしい)遺言書を作りたい、
公正証書遺言を作成してほしい など

D交通事故に関する業務
交通事故調査(過失割合に納得がいかない、損害金を算定してほしい、保険会社の提示に疑
問がある等)をしてほしい、示談書を作成してほしい、保険金を請求してほしい など

E自動車に関する業務
個人売買で購入した自動車の登録をしてほしい、車庫証明をとってほしい、運送業の許認可
が受けたい など

F国際業務に関する業務
日本国籍取得の帰化申請がしたい、外国人の入国・在留手続をしてほしい、国際結婚・永住
許可を受けたい など

G営業許可に関すること
商売を始めるのにどんな許可がいるんだろう? など

H権利義務、事実証明に関する業務
契約書を作ってほしい、内容証明郵便を書いて欲しい、示談書を作ってほしい、離婚協議書を
作ってほしい、告訴状を作ってほしい、損害賠償請求書を作ってほしい、ヤミ金で困っている、
悪質商法に騙されて困っている、公庫融資・助成金を申請してほしい、会計記帳事務をしてほ
しい など

I成年後見制度に関する業務
祖父、祖母が痴呆で困っている、知的障害の子供の将来が心配

J知的財産に関する業務
著作権登録をしたい、知的財産権の管理・契約等の手続ってどうするの?、著作権に関する
相談にのってほしい など

K電子申請に関する業務
インターネット等による電子申請をしてほしい など

3.その他
  
上記以外に多様な業務を行っています。
どこに相談したらいいんだろう?誰に相談したらいいんだろう?
と悩んでいることがあったら、まずは、一度、行政書士にご相談ください。次への扉を開くお手
伝いをします。


トップへ
トップへ
戻る
戻る