遺言のすすめ

  遺言、それは、人生最後の意思表示である。しかも、その遺言が法律に違反していないか
ぎり、何人もそれに逆らうことはできない。残していく家族への、最後のメッセージ、遺言。
あなたは、この遺言によって、あなたが死んだあとの、トラブルを未然に防ぐことができるので
す。

1.遺言とは

―ええ、天気じゃなあ。ところで、どうかのう、体の具合は?
「ああ、ぼちぼちじゃ。腰が痛いのは、歳じゃけんなあ。おまえさんは?」
―わしゃ、このとおり、おかげさんで元気じゃ。それより、この前、遺言書を書いてなあ。
「遺言書?さっき、元気じゃ言うたねえ、もう、死ぬんか?遺言ゆうたら、死ぬ間際に書くもんじ
ゃないんか?それに、おまえんとこは、遺言するほど、財産ありゃあせまあが。」
―そりゃ、遺書とまちがえとりゃせんか?それに、財産がないとは、余計じゃ。たいした財産じ
ゃないが、わしが、先祖代々引き継いだ土地がある。子どもが3人おるけん、3人と女房で法
律どおりに相続したら、土地がバラバラになるけん、農業ができんようになる。それで、長男に
土地を全部、継がそう思うてなあ。
「ふうん、そうかな。わしもいつまでも、元気じゃおらんし、心配事もあるし、いっちょ、遺言とや
らを書いてみるか。ところで、遺書と遺言はどねえちがうんなら。」
―遺書ゆうたら、先立つ不幸をお許し下さい・・・ってやつじゃがな。遺言は、自分が死んだあと
に、財産の処分や身分についてこうしてほしい、と遺族に言い残すことじゃ。

2.遺言書に書いて効果があるもの

「それなら、何でも遺言書に書いときゃあ、わしの言うとおりになるんじゃな。」
―いや、何でもというわけにはいかん。遺言書に書いて法的に効果のあるもんは、決まっとっ
てな。例えば、相続分や財産分割の方法の指定や、遺贈、寄付、認知などに限られとんじゃ。
別に、葬儀のやり方や、臓器提供について書いとってもええけど、それに書いとるからゆうて、
遺族が従うかどうかは、遺族の意思によるしかないんじゃ。

3.遺言の種類

「よっしゃ、遺言書書くけん、ペンと紙がありゃあええな。ばあさん、遺言するけん、ペンと紙持
ってこいや。」
―まあ、待て。遺言にも種類があってな。どの方法によるかはよう考えんといけんぞ。わしゃ、
公正証書遺言にしたけどな。
「なんなら、そのこうせいしょうしょとかいうんは?遺言にああせえ、こうせえ、そうしょうとか書く
んか?」
―公正証書遺言じゃ。あとで、説明する。まず、遺言には、普通方式と特別方式の二つがあっ
てな、特別方式いうのは、船が沈むときとか飛行機が落ちるときとか、特別に普通の方式じゃ
あ困難な場合に認められている簡略な方式でな。わしらあが、普通するのは、普通方式じゃ。
普通方式にも、3つの方法があるんじゃ。

(1)自筆遺言証書

―ひとつが、自筆遺言証書。これは、文字通りお前さんが自分で字を書いて、自分で管理する
やり方じゃ。ワープロなんかで打つんじゃないぞ。遺言の内容を書いて、日付と署名、捺印する
んじゃ。日付は、書いた日ので。6月吉日なんて書くなよ。印は、実印がええなあ。
「おう、それがええわい。早速書こう、ばあさんや・・・。」
―待て、はやまるな、これには欠点があってな。遺言いうのは、厳格な法定要件が決められと
んじゃ。ひとつでもミスすると、ぱあじゃけんなあ。折角、一生懸命書いても、お前さんが死んだ
あとにそのミスのために何にもならん、ただの手紙になりかねんぞ。それにな、その遺言書を
後生大事にしもうとったばっかりに発見されんかったりな、見つかっても、勝手に開けられて偽
造されるおそれもあるんじゃ。さらに、その遺言の効力を発生させるには、家庭裁判所の検認
がいるんじゃ。検認する前に開封したら5万円以下の過料で。

(2)公正証書遺言

―その点、公正証書遺言は、公証人というプロが作ってくれるけん、方式の不備は避けられる
し、遺言書の原本は、公証人役場で保管されるけん、安全性が高いんじゃ。検認もいらんし
な。ただしじゃ。これをするのには、証人2人以上の立会いが必要でな、その証人に遺言の内
容が知られてしまうんじゃ。」
「そりゃあ、いけんなあ。証人いうても、信頼できる人は、ばあさん以外おらんしなあ。おまえさ
ん、どねえしたんなら?」
―ばあさんは、証人になれんぞ。配偶者や推定相続人等は、おえんのんじゃ。わしゃ、親友と
行政書士に頼んだんじゃ。行政書士には、遺言書の下書きをしてもろうてな、それを公証人に
渡してそのとおりに作成してもろうたんじゃ。親友は信頼がおけるし、行政書士には守秘義務
があるけんなあ。他に遺言の内容が漏れることもなかろう。
「おまえ、わし以外に友達おったんか?せえでも、こねえゆうたら、なんじゃけど、いくら、親友
ゆうても、ぽろっと話に出るんじゃないんか?酒でも飲んだらわからんぞ、酒の肴にちょうどえ
え話じゃしなあ。」

(3)秘密証書遺言書

―そんなに、心配なら、秘密証書遺言書にしたらどうじゃ。自分で書いてな、自分で封をするん
じゃ。せえで、公証人と2人以上の証人に署名してもらうんじゃ。これなら、自分で封をしてその
封紙に公証人に記載してもらい、さらに遺言の存在を公証してもらえる。じゃけど、これも、結
局自分で書くけん、方式の不備があったりするとおえんし、家庭裁判所の検認は必要なんじ
ゃ。
「どれもええ面と悪い面があるなあ、難しい。それなら、作成自体は、行政書士にしてもらって、
それで、封をしてから、公証人の証明をもらやあええがな。それに決めた、ばあさんや、行政
書士に電話するけん、電話持って来いや、いや、待て、もうちょっと聞きたいことがある。」

4.遺言の撤回、変更

「いったん、遺言書書いたなあええけど、やっぱり気が変わったときにゃあどねえするんなら?
武士に二言はないとはよう言わんぞ。」
―そうじゃなあ。自筆証書遺言の場合は、簡単じゃ。書き直せばええ。前のは破棄しときゃあ
ええし、仮に二つ出てきても、日付が新しい方が優先するけんなあ。やっかいなんは、公正証
書遺言じゃ。原本が公証人役場に残っとるけん、破棄してほい、無効じゃとはならん。確実なん
は、取消の手続をして、新しい遺言書を作成しとくんがよかろうなあ。

5.遺言の執行

「なるほど。せえで、わしが死んだあと、遺言書が見つかったのはええけど、その内容でまたも
めたときゃ困るなあ。うまい具合にばあさんや息子がしてくれるかなあ。心配じゃ。」
―それなら、遺言で、遺言執行者を決めときゃあええ。決めとかんときには、利害関係人の請
求によって、家庭裁判所で選任してくれるけど、ややこしい遺言やもめそうな遺言だったら、自
分の信頼のおける人を遺言執行者に指定しときゃあええ。そうすりゃあ、安心してあの世にい
けるぞ。

6.さあ、書こう・・・

「よっしゃ、書こう。わしの財産はすべて、隠し子にやる・・・と。」
―おいおい、全部かや?遺留分は残しとけよ。遺留分を侵す部分は無効になるぞ。
「なんなあ、いるぶんって?ばあさんがいるぶんか?」
―遺留分じゃ。説明してやってもええけど、紙面の都合で無理じゃ。気が向いたら次号で、相
続の基本的なところを説明しよう。

おまけ.遺言ノートのすすめ

―たいそうな遺言書じゃのうても、ノートに自分が死んだときのことを書いておくのもお奨めじ
ゃ。財産の処分の方法はもちろん、財産の一覧(プラスもマイナスもこと細かく)、交友関係(葬
儀に呼んで欲しい人、連絡して欲しい人)、葬儀の方法の希望、今後のこととかも書いておけ
ば、遺族はなるべく故人の意思を尊重するじゃろうから、満足のいく葬儀になり、思わぬトラブ
ルも未然に防げるものじゃ。




トップへ
トップへ
戻る
戻る