トップページ 巻6〜10 巻11〜15 巻16〜20

 巻順           万葉歌  詠み人
01−0001  籠もよ み籠持ち 掘串もよ み掘串持ち……  雄略 天皇
01−0002  大和には 群山あれど とりよろふ 天の香具山 舒明 天皇
01−0004  たまきはる 宇智の大野に 馬並めて 朝踏ます   中皇命
01−0013  香具山は 畝傍を愛しと 耳成と 相争ひき…  中 大兄
01−0018  三輪山を しかも隠すか 雲だにも 情あらなも…  額田王
01−0025  み吉野の 耳我の嶺に 時なくそ 雪はふり…… 天武 天皇
01−0028  春過ぎて 夏来るらし 白袴の 衣干したる… 持統 天皇
01−0029  玉だすき 畝火の山の 橿原の 日知の御代… 柿本人麻呂
01−0030  ささなみの 志賀の唐崎 幸くあれど 大宮人… 柿本人麻呂
01−0031  ささなみの 比良の大わだ 淀むとも……… 柿本人麻呂
日本書記103
 ま蘇我よ 蘇我の子らは 馬ならば 日向の駒 推古 天皇
01−0048  東の 野にかぎろひの 立つつ見えて かへり 柿本人麻呂
01−0051  采女の 袖吹きかえす 明日香風 都を遠み‥ 志貴 皇子
01−0054  巨勢山の つらつら椿 つらつらに 見れど… 坂門 人足
01−0056  河の辺の つらつら椿 つらつらに 見れど…… 春日蔵首老
01−0078  飛ぶ鳥の 明日香の里を 置きて去なば…… 元明 天皇
newpage 2-85 2-87  君が行き け長くなりぬ 山たづね 迎へか… 磐姫 皇后
2−0087  ありつつも 君をば待たむ 打ち靡く わが… 磐姫 皇后
02−0086  かくばかり  恋ひつつあらずは 高山の… 磐姫 皇后
02−0210  うつせみと 思ひし時に 取り持ちて 我がふたり… 柿本人麻呂
02−0157  三輪山の 山辺まそ木綿 短木綿 かくのみゆゑに 高市 皇子
02−0158  山吹の 立ちよそひたる 山清水 汲みに…… 高市 皇子
02−0165  うつそみの 人にある我や 明日よりは…… 大伯 皇女
02-0165-2  うつそみの 人にある我や 明日よりは…… 大伯 皇女
02−0166  磯のうへに 生ふる馬酔木を 手折らめど…… 大伯 皇女
02−0203  降る雪は あはにな降りそ 吉隠の 猪養の…… 穂積 皇子
02−0207  天飛ぶや 軽の路は吾妹子の 里にしあらば… 柿本人麻呂
02−0212  衾道を 引手の山に 妹を置きて 山路を…… 柿本人麻呂
02−0212  衾路を 引手の山に 妹置きて 山路を…… 柿本人麻呂
02−0230  梓弓 手に取り持ち手 大夫の 得物矢手… 笠 金村
02−0231  高円の 野辺の秋萩 いたずらに 咲きか…… 笠 金村
03−0254  ともしびの 明石の大門に 入らむ日や 漕ぎ 柿本人麻呂
03−0255  天離る 鄙の長道ゆ 恋ひ来れば 明石の…… 柿本人麻呂
03−0300  佐保すぎて 奈良の手向に 置く幣は…  長屋王
03−0316  昔見し 象の小川を 今見れば いよいよ…… 大伴 旅人
03−0266  近江の海 夕波千鳥 汝が鳴けば 心もしのに 柿本人麻呂
03−0235  大君は 神にしませば 天雲の 雷の上に……
柿本人麻呂
03−0325  明日香川 川淀さらず 立つ霧の 思い過ぐ… 山部 赤人
03−0328  青丹によし 寧楽の都は 咲く花の 薫ふが… 小野 老
03−0331  わが盛り また変若めやも ほとほとに 奈良… 大伴 旅人
03−0332  わが命も 常にあらぬか 昔見し 象の小川… 大伴 旅人
03−0335  わが行きは 久にはあらじ 夢のわだ 瀬に… 大伴 旅人
03−0416  ももづたう 磐余の池に 鳴く鴨を 今日のみ… 大津 皇子
03−0375  吉野なる 夏実の河の 川淀の 鴨そ鳴くなる…   湯原王
03−0464  秋されば 見つつ偲べど 妹が植ゑし やどの…… 大伴 家持
04−0496  み熊野の 浦の浜木綿 百重なす 心は思え… 柿本人麻呂
04−0496  君に恋ひ いたすべもなみ 寧楽山の 小松が 笠 郎女
04−0512  秋の田の 穂田の刈りばか か寄り合はば……   草嬢
04−0525  佐保川の 小石踏み渡り ぬばたまの 黒馬の… 坂上 郎女
04−0626  君により 言の繁げきを 古里の 明日香の… 八代 王女
04−0657  思はじと 言ひてしものを はねず色の…… 坂上 郎女
04−0769  ひさかたの 雨の降る日を ただ独り 山辺… 大伴 家持
05−0793  世の中は 空しきものと 知る時し いよいよ… 大伴 旅人
05−0802  瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして… 山上 憶良
05−0818  春されば まづ咲くやどの 梅の花 ひとり… 山上 憶良