トップージ 巻 1〜5 巻6〜10  巻11〜15

 参考資料
万葉集 上 中 下 桜井満 注釈 旺文社
万葉風土記 大和編 猪股静彌 偕成社
わたしの万葉 犬養孝 監修 NHK奈良放送局編
万葉秀歌 上 下 斉藤茂吉 岩波新書
花の万葉秀歌 中西 進 山と渓谷社
万葉浪漫 中西 進 NHK教育TV
万葉の女流歌人達 杉本 苑子 NHK教育TV
万葉恋歌 永井路子 角川書店
みんなの万葉集 上野誠 PHP研究所
やまと 花万葉 片岡 寧豊 東方出版
心の原風景 万葉を行く 米田 勝 奈良新聞社
万葉ロマン紀行 吉野 正美 偕成社
新種苗 恋のうた 花のうた 猪股静彌 大和農園出版部
月刊大和路ならら 地域情報ネットワーク(株)
  巻順          万葉歌   詠み人
16−0853 石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せによしとといふ… 大伴 家持
16−3854 痩す痩すも 生けらばあらむを 将やはた 鰻を…  大伴 家持
16−3835 勝間田の 池はわれ知る 蓮なし 然言ふ君が…… 婦 人
16−3822  橘の 寺の長屋に わが率寝し 童女…… 作者 不詳
16−3837  ひさかたの 雨も降らぬか 蓮葉に…… 作者 不詳
17−3915  あしひきの 山越えて 野づかさに 今は鳴くらむ…… 山部 赤人
17−3921  かきつはた 衣に摺り付け ますらをの…… 大伴 家持
17−3925  新しき 年のはじめに 豊の年………  葛井連諸会
17−3944  女郎花 咲きたる野辺を 行きめぐり…… 大伴 池主
17−3954  馬並べて いざうち行かな 渋谷の 清き… 大伴 家持
17−3959  かからむと かねて知りせば 越の海の… 大伴 家持
17−3966  鴬の 鳴き散らすむと 春の花 いつしか… 大伴 家持
17−4000  天離る 鄙に名かかす 越の中 國内ことごと… 大伴 家持
19−4139  春の苑 紅にほふ 桃の花 下照道に…… 大伴 家持
19−4142  春の日に 張れる柳を 取り持ちて…… 大伴 家持
19−4143  もののふの 八十をとめらが 汲み…… 大伴 家持
19−4150  朝床に 聞けば遙けし 射水川…… 大伴 家持
19−4206  渋谷を さしてわが行く この浜に…… 大伴 家持
19−4290  春の野に 霞たなびき うらがなし…… 大伴 家持
19−4291  わが宿の いささ竹群 吹く風の 音の…… 大伴 家持
19−4292  うらうらに 照れる春日に 雲雀あがり…… 大伴 家持
20−4352  道の辺の 荊の末に 這ふ豆の……… 上丁丈部鳥
20−4323  時時の 花は咲けれど 何すれど 母と…… 丈部真麻呂
20−4448  紫陽花の 八重咲くごとく 八つ代にを…… 橘 諸兄
20−4491  大き海の 水底深く 思ひつつ 裳引き…… 石川 郎女
20−4516  新しき 年の初めの 初春の 今日降る… 大伴 家持