琵琶湖 尾上より竹生島 後方 比良連峰
楽浪(ささなみ)の 比良山風の 海吹けば 釣りする海人(あま)の 袖返(そでかへ)るみゆ

                                  槐本
(えのもと) 巻9‐1715

 楽浪の地にそびえる比良山から吹き下ろす風が湖上に渡ると、釣船で糸を垂れる

 海人の袖がひらひらとひるがえっている。

 琵琶湖西岸の比良連峰は湖岸との高度差が大きく、湖面に吹き下ろす風は厳しく

 吹きつけてくる。琵琶湖で釣りする漁師の情景を描いた歌です。ズームカメラを使っ

 て、広い景色と近くの情景を同時に織り込んだ風景写真のような遠近感をこの歌

 から感じ取ります。 槐本
(えのもと)はこの歌を作った人の姓で名前がない。多分親し

 い仲間の集まりの歌会での歌だったので、姓だけ書いて投句したのでしょう。

 そう言えば、巻9では山上とか春日とか高市とか姓だけで詠み人を記している歌が多

いのに気付きます。

巻6〜10 トップページ