和歌山県新宮市 三輪崎 孔島 浜木綿 群生自生地
み熊野の 浦の浜木綿(はまゆふ) 百重(ももへ)なす 心は思(も)へど 直(ただ)

                       逢はぬかも


熊野灘の周辺の海辺に咲く浜木綿は、幾重にも重なり会っている。その重なる葉のように

あなたのことが深く思われるが、じかに逢う機会がなくて残念。早く逢いたいものだ。

柿本人麻呂が熊野に旅して、今日は供わぬ妻を思う心を詠んだ重厚な格調ある秀歌です。

いかにも万葉の花らしい植物が、浜木綿だろう。あの旺盛に広げた葉、その幾重もの重なり、

逗しく伸びた茎、そしてはじけたように花弁を散らす花。こうした姿をもって群生するハマユウは、

生命の謳歌そのものといった印象を与える。ハマユウは黒潮が洗う海岸に生える。

この熊野の果てることなく寄せてくる白波のごとく、幾重にも妻を思うとの解釈も出来よう。
                                                               
巻1〜5  トップペーシ゜