近江(あふみ)の海(み) 夕波千鳥(ゆうなみちどり) 汝(な)が鳴けば
         心もしのに 古(いにしへ)思ほゆ


近江の琵琶湖の夕暮れの波の上に群がり飛んでいる千鳥よ。お前が鳴くと

心もしおれるほどに、むかし都のあったころが思い出されてならない。

この歌は、壬申の乱(671年大海人皇子吉野行き、672年乱起こる。近江

軍大敗、近江朝王領大友皇子自殺)によって大津宮は壊滅し、その後いくばく

かの年を経て、人麻呂が、すっかり荒都と化した近江朝跡を訪ねた折りの

深い感懐を詠んだものと思われます。

司馬遼太郎氏の「街道をゆく」の壮大なシリーズはこの書き出しからはじまる。

「近江」
おうみ

というこのあわあわとした国名を口ずさむだけでもう、私には詩がはじまって

いるほどに、この國が好きである。京や奈良がモダン墓地のようなコンクリート

の風景にコチコチに固めらりつつあるいま、近江の國はなお、雨の日は雨の

ふるさとであり、粉雪の降る日は川や湖までが粉雪のふるさとであるよう、

においをのこしている。………
巻1〜5 
 トップページ

近江 琵琶湖 尾上 夕波千鳥