奈良市 磐姫皇后御陵 かきつばた

     かくばかり 恋ひつつあらずは 高山の 磐根いわねし枕きて

                   死なましものを   
                            
こんなに恋い焦がれてばかりいないで、いっそのことお迎えに行こうかしら…….

途中でのたれ死にしたっていいから……


やきもちの代表のようにいわれている磐姫皇后の歌です.磐姫が待ちに待ってい

るのは、ご主人の仁徳天皇です.磐姫は皇后ですから、当然正妻です.ところが、

ご主人の仁徳天皇は八田皇女が好きになり、ちっとも帰ってきてはもらえません.

そこでやむなく別居にふみきりますが恋しさはつのるばかりです.迎えに行きたい、

そして逢いたい気持ちでいっぱいですが、プライドが許さなかったのでしょうか.心

の中の思いと行動とが相反するのが女心でもあるようですね.古代の天皇が、多

くの女性を宮廷に入れることは、ごくあたりまえでした.たとえ皇后であっても、そ

れは黙認せざるを得ないことです.あの持統天皇も讃良皇女と呼ばれていた頃、

姉の太田皇女といっしょに大海皇子(天武天皇)の奥さんの一人でした.じっと我

慢の子「」であることは、皇后たるための必須条件の一つだったようですね.まして

や、天皇を独占するなどということは考えらりません.ところが、磐姫皇后は違いま

した.仁徳天皇が「八田皇女を妃にしたいが……」と相談されても、絶対いやです

の一点ばりです.現在ならば磐姫の意見が通るところですが、古代は違います.

仁徳天皇は、皇后の留守の間に八田皇女を宮中に迎え入れます.気の強い潔癖

な磐姫は、我慢が出来ません.「八田皇女とお別れくださらなければ、わたしが出

て行きます」と山城の筒城宮つつきのみやへこもってしまいます.仁徳天皇は何度も

帰ってくるようにとお迎えを出されますが、磐姫皇后は帰ろうとしません.自分一人

の天皇ではないからです.嫉妬深い女性の代名詞のようにいわれる磐姫皇后です

が、古代でも現在でも、女性の男性に対する恋心の本当の姿が、この磐姫にある

ような気がしますが、如何でしょうか.                  「わたしの万葉」 犬養 孝より
トップページ  巻1‐5