軽の里 橿原市大軽町

 橿原市大軽町 角川書店日本史探訪より写真引用  

天飛(あまと)ぶや 軽(かる)の道は 我妹子(わがもこ)が 里にしあれば ねもころに 見まく欲(ほ)しけど 

やまず行かば 人目(ひとめ)を多み 数多(まね)く行かば 人知りぬべみ さね葛(かづら) 後(のち)も逢は

むと 大船(おほぶね)の 思ひたのみて 玉かぎる 岩垣淵(いはかきふち)の 隠(こも)りのみ 恋ひつつある

に渡る日に 暮れ行くがごと 照る月の 雲隠るごと 沖の藻の 靡(なび)きし妹は 黄葉(もみじば)の 過ぎて

去(い)にきと 玉梓(たまづさ)の 使(つかひ)の言へば 梓弓(あずさゆみ) 音に聞きて 言はむすべ  為

(せ)むすべ知らに 音のみを 聞きてありえねば 我が恋ふる 千重(ちへ)の一重(ひとへ)も 慰(なぐさ)もる

心もありやと 我妹子が やまず出で見し 軽の市に 我が立ち聞けば 玉だすき 畝傍(うねび)の山に 鳴く

鳥の 声も聞こえず 玉鉾(たまほこ)の 道行く人も ひとりだに 似てし行かねば すべをなみ 妹が名呼びて

袖ぞ振りつる。                                           柿本人麻呂  巻2‐207

注釈 新潮日本古典集成 万葉集 新潮出版

軽(かる)の巷(ちまた)はわが妻のいる里だ。だから通い通ってよくよく見たいと思うが、休みなく行ったら人目

につくし、しげしげ行ったら人に知られてしまうので、またいつか逢おうと将来を頼みにして、岩に囲まれた淵の

ように、ひっそりと思いを秘めて恋い慕ってばかりいたところ、あたかも空を渡る日が暮れて行くように、夜空を

照り渡る月が雲に隠れるように、沖の藻のごとく私に添い寝た妻は散る黄葉(もみじ)のはかない身になって

しまったと、こともあろうにいつも妻の便りを運ぶ使いの者が言うので、あまりな報せにどう言ってよいか、どうし

てよいかわからず、報せだけを聞いて、すます気にはとてもなれないので、この恋しさの千に一つも紛れることも

あろうかと、妻がしょっちゅう出て見た軽の巷に出かけて行って、じっと耳を澄ましても、妻の声はおろか畝傍の

山でいつも鳴いている鳥の声さえ聞こえず、道行く人にも一人として妻に似た者はいないので、もうどうしてよい

かわからず、妻の名を呼び求め, ただひたすらに袖を振り続けた。

柿本人麻呂は数多くの傑作を残したが、中でも迫力にみちた作品が妻の死後に泣血(いさ)ち、哀慟んで作った

長歌です。軽はいまの近鉄岡寺の駅前から東にかけての地。大軽町とよばれるところで、古く軽の市と呼ばれる

市場が設けられ賑わった。柿本人麻呂はそこで隠り妻をもっていたようで、その妻が死後にこの歌を作った。

その妻に関して諸先生方にいろいろな解釈があり、この度は下記梅原猛先生の説を載せさせて頂きました。

  
梅原 猛  『歴史探訪 律令体制と歌びとたち』  柿本人麻呂より  角川書店

これはいい歌ですね。突然の女の死に出くわして、オロオロしている男の姿がよく表れていますね。詞書には

「妻の死(みまか)りし後、泣血哀慟して作れる歌」とありますが、これは尋常の「妻」ではないですね。人麻呂は

しょっちゅう「妻」に会いたいと思っているわけです。しかし、人目をはばかって、そうたびたびは行けない。そのう

ちに死んだ知らせが来たというんだな。びっくりして飛んで行ったけれど、「妻」の家に入ることも出来ない。葬式

にも行けないわけですよ。それでなすすべもなく、「妻」がしょっちゅう行っていった軽の市場の人混みの中に立

って呆然としていた、というんでしょう。これが、ただの妻であるはずがない。お妾(めかけ)さんとしても、当時は

今の道徳と違うから、お葬式にぐらい行けるでしょう。それが行けないというのは、普通のお妾さんでもない。

なにかやっぱり、一種の姦通だな、そう思うんです。万葉学者の沢瀉久孝(おもだかひさたか)さんは謹厳な偉い

先生ですけれども、存外スミにおけない人ですね。これは人麻呂か、さるやんごとなき人と通じいていたとおっ

しゃるんですね。私はあれが一番鋭い見方だとおもう。「軽の路」の「軽」というのは、軽皇子の「軽」と同じでしょ

うから、そこに住んでいた女というものは、文武天皇の周りにいる女性、たとえば采女のような女性が思い浮

かぶのだけれど、采女というのは地方豪族の子女から選りすぐって天皇に献じられた、いわば天皇の持ち物で

す。天皇以外の者がそれに手をだしたら、えらいことになります、『日本書紀』には、采女に通じて罰せられたと

いう例が幾つもありますよ。あるいは人麻呂が通じたのは、沢瀉久孝先生の言うように、さらにもっと高貴な身分

の女性だったかもしれない。詩人と言うのは、だいたい恋をうたう。愛をうたわなかった詩人というのはないです

ね。そして、日本の詩人の伝統は、すべてね、政治的敗残者と、愛の実行者ですね。在原業平(ありわらのなり

ひら)825ー80年もやっぱり政治的敗残者で、追放せられて関東をさまよう。追放の原因は、天皇の妃(きさき)

と関係したということですね。政治的に相手を倒そうとすると、女のことを暴いてね、スキャンダルを作って相手を

失脚させるという、これはいつの時代でもよくやられる手なんですね。人麻呂も、やはりその手でやられたと思い

ますよ。さっきの長歌の後に、もう一つ妻の死を泣き悲しんだ長歌がありますが、こっちのほうは、人麻呂の文字

通りの妻で、明らかに前の歌と違いますね。途中から読みますと


…………吾妹子が 形見における みどり児の 乞い泣くごとに 取り与ふる 物し無ければ 男じもの 

わきはさみ 持ち 吾妹子と 二人我が宿(ね)し 枕づく 妻屋の内に 昼はも うらさび暮らし 夜はも息づき

明し 嘆けれど せむすべ知らに 恋いふれども あふよしを無み………                巻2‐210

  反歌     衾道の 引手の山に 妹を置きて 山路を行けば 生けるともなし           巻2‐212

この方は妻が死んで子供が泣くんだが、にわか「やもめ」でどうしていいかわからない。薄暗い家の中に、子供と

いっしょにごろごろ寝ている。そういう侘びしい歌でしょ。ですから、推測をまじえれば、人麻呂は最初に軽の里に

住む愛人のことを暴かれて失脚させられ、そのあとの女房が悲観して死んでしまう。ひょっとしたら自殺だったか

もしれない。そういうドラマを想定してみるんです。だから、この二つ歌は、一つは人麻呂晩年の悲劇の発端で、

あとの一つは、その最初の結果ですね。このあと、ずうっと人麻呂の悲劇が続いてゆくのです。
                                                  
巻1‐5