(や)す痩すも 生けらばあらむを 将(はた)やはた 鰻(むなぎ)を漁(と)ると 河に流れな
                                      大伴家持  巻16‐3854

石麻呂(いしまろ)に 吾れもの申す 夏痩せに よしといふものぞ 鰻(むなぎ)とり食(め)
                                                                     
                                                 大伴家持  巻16‐3853

                                                                                                                 万葉集の中に、大伴家持が吉田連老という人に贈った歌がある。この老という人は、

身体がひどく痩せていくら飲んでも食べても、飢えた人の様に少しも肥えなかった。

そこで家持は老を
(や)す痩(や)すも生けらばあらむを 将(はた)やはた 鰻(むなぎ)

(と)ると河に流れな
と言ってはやしている。一読すればわかるようにざれ歌である。

「痩(や)す痩やす生けらばあらむを」とは、いくら痩せていてもじっとしていれば生きていら

れるものを、
「将(はた)やはた」もっと元気になってやろうと思って、「鰻(むなぎ)を漁

(と)ると河に流れな」うなぎを取ろうと思って川に入り、水にながされるなよ、と忠告して

いる歌である。自分は痩せこけているからと、太りたい一心でうなぎを取ろうと思い、川

に入るのはいいが水に流されては元も子もないぞ、と冷やかしているのだが、この歌か

ら、うなぎを食べると太って健康になるという知識が当時からあった事が解る


土用の丑にうなぎを食べた

大伴家持にはもう一つ、さっきの老に贈った歌がある。老は、字名を石麻呂といったが

この人は痩せているので世間的にも有名だったのではあるまいか。
石麻呂(いしまろ)

に 吾れもの申す 夏痩せに よしといふものぞ 鰻(むなぎ)とり食(め)せ
と歌い、先の

歌とは逆に、うなぎを取って食べろとすすめている。痩せこけた石麻呂をよほど見かね

たのだろう。からかい半分に、あなたはかわいそうなくらい痩せている。夏場になったら、

暑気にあたって一層痩せてしまうぞ、うなぎは夏痩せにいいと聞いているが、うなぎを取

って食べたらどうだろうと親切に(?)に教えている。これもざれ歌だが、万葉時代にも

鰻が強壮剤としてもてはやされ夏痩せに効果のある栄養食品として認められていたのは

興味深い。そして健康は食べ物によって支えられているという発想があったことは注目

に値する。うなぎの蒲焼は、いまでも夏負けを防ぎ、精をつけるためにと土用の丑の日

に食べる習慣があるが、うなぎの食用はかなり古くからあり、文献では大伴家持によって

初めて紹介されている。

うなぎの蒲焼を土用の丑の日と関係づけて食べるようになったのは、江戸時代の平賀

源内
であるとする説がある。源内が江戸に出てきて、たまたまあるうなぎ屋に入った。

ひどくさびれたうなぎ屋であった。源内はそこの主人に、どうしたら店を繁盛させられる

か夏場にうなぎを人に食べさせるか、いい方法はないかと相談された。よしまかせてお

け、わしがいい知恵を貸してやろうと胸をたたいた源内は、さっそく、「きょうは土用の丑

の日」うなぎを食べると長寿延命になるという意味で書いて張り出したところ、たちまち

そのうなぎ屋は大繁盛した、というのである。この話し、まゆつばである。源内はいまか

ら200年ほど前の人である。土用の丑の日にうなぎを食べる習慣ができたはそんなに

新しくない。平安時代からあった。うなぎだけでなく、この日は、色の黒いものを食べると

よいとされていた。黒いものなら、うなぎでなくても、ごぼうでも鯰でも、魚でも何でもよか

った。この習慣がずっと続き、江戸時代の初期、源内の生まれる100年程前から土用

の丑の日には京都でもうなぎやハモをたべていたのである。京都では、土用の丑の日に

うなぎを食べるだけでなく、下鴨神社へ行って、足を川の水に浸す習慣があった。これは

病気よけのための習慣だが非常に合理的な健康法である。夏暑いとどうしても鬱血す

る。この鬱血は足を冷やすことによって解消するから、なかなか科学的な方法といえる。

別に、賀茂までいかなくとも、家でバケツに水をくみ足を入れて同じである。ざれ歌など

に、夏痩せにうなぎを食べろと詠まれるほど、この時代には、食べ物の薬効が常識てし

て広がり、栄養食品を摂る機会も増え、保健知識がたかまったといってよいだろう

「うなぎ丼」と「まむし」の違い

「まむし食べに行こう」と聞けば、よその土地の人は、一瞬とまどう。呼び方も独特なら

食べ方も独特。「まむし」とは、大阪でうなぎ丼のことである。江戸時代も末のころ、堺

の金持ちが芝居見物に持っていくうなぎが冷めないよう考えだしたのが、「まむし」の

はじまりとの説があるがうなぎをごはんの上にのせる江戸風に対して、大阪ではごはん

の間にうなぎをはさみ、上からたれをかける。うなぎをごはんにまぶすから「まむし」と

いう呼び名がついたという。そしてなにより東京風うなぎ丼と「まむし」とのちがいは、

うなぎのさき方と調理法。武士の町であった東京では、腹を切るのを忌んで背ざきに

するのに対して、これにこだわらない町人の町、大阪では手早い腹ざき。また、頭を落

として切り身にしたうなぎを東京風ではまず焼いてから蒸すが、大阪では頭をつけた

まま6匹ばかりのうなぎに串を打ち素焼きにし、たれをつけながら炭火でじっくり焼き上

げる(地焼き)このため蒸して脂を抜いた東京風かば焼きがあっさりとやわらかいの

に対して、関西風は皮は固いが脂肪も残り、そのものの旨みが味わえる。先日たまに

立ち寄るうなぎ屋のご主人に聞いたところどうも前記の皮を柔らかくするためにご飯の

間に皮を下に置き蒸すことが「まむし」の由来ではないかとのことであった。先日ローソ

ンに行ったら「土用の丑 特別うなぎ予約受付中との垂れ幕が掛かってあり今年の土用

の丑は7月21日になっていたと思います。土用の丑についての詳しいことは少し古いHP

ですが国立天文台の1999年度版の「土用の丑のページを参考にして下さい。
巻16‐20  トップページ