三輪山を しかも隠すか 雲だにも 情こころあらなも 隠さふべしや

                    額田王ぬかたのおほきみ  巻1‐18

三輪山をみられるのも、もうこれが最後だというのに、雲よ、どうして

そんなにいじわるをするの。飛鳥を離れ、遠い近江まで行かなければ

ならないんです.この辛い寂しい気持ちを、せめてお前だけでも解って

欲しいなあ.雲よ、おまえに思いやりがあるのなら、三輪山を隠さない

で、見せておくれ.


天智天皇の6年(667)に都が飛鳥から近江の大津に遷りましたが、

その近江に向かう途中、額田王が詠んだ歌です.

天皇を中心に都をあげての大移動ですから大変です.住み慣れた飛

鳥を離れ、見慣れた風景とも今日でお別れです.近江へ向かう旅人の

誰もがうしろ髪ひかれる思いです.ふり返りふり返り、ゆっくり歩いて来

たのに、もう奈良山です.見通しがきいた古代でも、三輪山が見えるの

はこのあたりが限度です.「もう一度だけ」と三輪山の方をふり返ります

があいにく山には雲がかかっています.

額田王にとっては、大海人皇子との楽しい思い出のある飛鳥です.それ

だけに大和を離れることは、他の人以上に寂しいことです.三輪山の

雄々しい姿と、愛しい大海人皇子の姿が重なり、切ない思いで三輪山と

別れたのではないでしょうか.三輪山は、いつもどっしりと大和の真ん中

に座っています.赤松や杉、桧の濃い緑におおわれ、春の新緑も秋の

紅葉も、ほんの少し山の裾の方だけです.うしろに弓月ケ嶽や巻向山、

穴師の山が並んでいますが、さすが三輪山は、古代から神の山として

崇められている山です.山の姿も色も、全体から受ける印象も、他の山

とは全然違います.落ち着ける山、安心出来る山、親のふところのよう

な山、大人物のように圧迫感のある山ー見る人によって印象は違います

が、三輪山は万葉人も手を合わせました.そして今、私達も、折に触れ

手を併せています.                「わたしの万葉」犬養 孝より
                 霧にくすむ三輪山
667年3月19日、今の暦なら4月17日、飛鳥から近江に都がうつった

巻1‐5  トップページ