小木札
ストラップ、根付にどうぞ
画像をクリックすると大きく見られます

 

NEW

 夏の季語、泉です

 笹の下の泉に亀が浮かんでいます

 なんとなく涼しげな気分ですね

 

水鳥

 冬の季語、水鳥です

 北の国から飛来した鳥のイメージで描いてみました

 上のほうには木蓮、きっと暖かくなったら開くのでしょうね

 

干支:申

 干支にちなんで猿を小木札にしてみました

 表には猿の顔と尻尾、裏には申の文字が書いてあります

 黒白両方あるのがいいカンジですね

 

蜻蛉、蓮

 さのさんからオーダーをいただきました小木札です

 表は蜻蛉の意匠、裏は蓮の意匠です

 濃いめの地に白い色がよく栄えますね

 

十二:未

 お面にあった十二の未を小木札にしてみました

 小さいサイズに表は羊の絵、裏には未の文字が書いてあります

 白を基調にかわいらしい感じですよ

 

春:桜、梅、柳

 春の季語を模して、それぞれ左から桜、梅、柳が描かれています

 桜には花びら、梅には鶯、柳には蛙がそれぞれ描かれています

 春らしく桜色と草色が基調です

 

夏:蚊遣火

 夏の季語の蚊遣火が描かれています

 現代風(?)に豚蚊取りにしてみました

 涼しげに水色を基調としてみました

 

秋:月

 秋の季語の月を描いております

 月を見上げる兎が微笑みを誘いませんか?どうでしょう?

 落ち着いた黄色の色合いの月ですね

 

冬:霰、雪

 秋の季語の霰(左)と雪(右)を描いてあります

 霰には万両、雪には雪兎をあわせてみました

 白のカンジが冬らしいのではないでしょうか?

 

 

戻る