四季〜兎曼荼羅〜
四季は巡る、ぐるりとめぐる
同じ年は一度もなくとも四季はくる
同じ年は一度もないのに四季はくる
くるりくるりと巡る四季


兎が四匹くるりとまわる

画像をクリックすると大きく見れます

 上が春、右が夏、下が秋、左が冬と四方の兎がそれぞれ季節を表しています
 それぞれ季節に伴う小道具を持ってゆったりとたたずんでいます
 取り巻く文字は季節の季語、ゆるり、くるりと

 季節の間には季節を表す生き物がいます
 春は獅子のように荒々しく、夏は鯨のようにゆったりと、秋は鳥のようにふわりと、冬は蔦のようにするすると、訪れるのでしょうね

 中央にはそれぞれの月(睦月、如月など)の頭の文字が円を描いています

 同じ四季でも同じ年はない、それぞれ重なりつつも違う絵はいろんな年を表しています

 

戻る