十二
だれもがどれかに相当する十二支を題材にしています
自分の干支がどんな表情をしているのか見てやってくださいな
五行と同じく面には文字が敷き詰められています

また、それぞれ裏テーマがありますのでそれもお楽しみを


全体です、左から子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥です

それぞれの面は画像をクリックすると大きく見れます

 

 鼠の面です、全体に”ね”の文字が敷き詰められています

 この面だけが特殊な形で面を上下ひっくり返すと表情が現れます、表情は”ほくそ笑み”です

 いたずらな気分になりたいときにかぶってみてください

 裏テーマは”家鳴り”です、両耳がでんでん太鼓、顔が木魚の形を模しています

 

 丑の面です、全体に”うし”の文字が敷き詰められています

 この面の表情は”妬み”です、羨ましそうですね

 人に嫉妬しているときに見ると、自分の表情が見えてくるかもしれません

 裏テーマは”石斧”です、角を除いた形が”まさかり”の頭を模しています

 

 虎の面です、全体に”とら”の文字が敷き詰められています

 表情は”笑い”です、かっかっか、というカンジに笑っています

 腹の底から笑うときにかぶると、さらに大笑いができるのではないでしょうか

 裏テーマは”天狗”です、伸びてはいませんが大きな鼻ですね

 

 兎の面です、全体に”う”の文字が敷き詰められています

 この面の表情は”微笑”です、静かに笑っていますね

 少し笑顔でやさしくなりたいときなどにかぶるのがお勧めです

 裏テーマは”女体”です、耳の付け根が腰のくびれなんですよ

 

 竜の面です、全体に”たつ”の文字が敷き詰められています

 この面の表情は”静考”です、静かに静かに

 何かについて落ち着いて考えたいときなどにかぶると、気持ちも落ち着いてゆったりできるのではないでしょうか

 裏テーマは”水”です、水滴の形が随所に出るように全体をデザインしてあります

 

 蛇の面です、全体に”み”の文字が敷き詰められています

 表情は”嘲り”の顔です、あっかんべーをしていますね

 自分が人をばかにしているときの顔を知りたいときに見ると良いかもしれません

 裏テーマは”茸”です、きっと毒キノコだと思いますが…

 

 馬の面です、全体に”うま”の文字が敷き詰められています

 表情は”欲情”です、ゆがんだ目とむき出しの歯がいやらしい感じですね

 自分の欲望を押さえたいときに見ると、効果がありそうです

 裏テーマは”色鬼”、きっと赤鬼ですね

 

 羊の面です、全体に”ひつじ”の文字が敷き詰められています

 表情は”臆病”です、左目が角の陰からこっそり伺っています

 どうしても前に出て行けないとき、自分の表情をこの面から見出してみても良いでしょう

 裏テーマは”雲”です、ふわふわしたカンジがしますね

 

 猿の面です、全体に”さる”の文字が敷き詰められています

 表情は”高慢”です、ビミョーにえらそうに笑っていますね

 人を見下した態度をとっているときは、この面を眺めて自分の顔を思い浮かべてください

 裏テーマは”神”です、猿と神の組み合わせのギャップが面白みです

 

 鶏の面です、全体に”とり”の文字が敷き詰められています

 表情は”自信”です、自信に満ちた笑みを浮かべています

 自分に自信をつけたい時、この面をかぶってみれば気分が高揚してくるでしょう

 裏テーマは”戦士”です、赤いとさかが兜になっています

 

 犬の面です、全体に”いぬ”の文字が敷き詰められています

 表情は”憤懣”です、むっとした硬い表情にしてみました

 自分が何かに腹を立てているとき、この面を見てみてくださいな

 裏テーマは”狛犬”です、戌の裏が狛犬というのもどうなんでしょうかねぇ

 

 猪の面です、全体に”い”の文字が敷き詰められています

 表情は”和み”です、温泉につかっているような感じですね

 ほっと一息ついて和みたいとき、ぜひかぶってみてください

 裏テーマは”まんじゅう”です、とろりとしているのは実は餡なんですよ

 

戻る