8.ストイック



【ちょいペダ用語NO8】ストイック【stoic】 〔ストア学徒の意から〕禁欲的に厳しく身を持するさま。

 この言葉ってホントよく出てくるよね。だけど、結構意味知らない人っているみたい。バカな女子大かなんか出て、なんかの運のめぐ
り合わせで第一線で働くことになっちゃったんだけど、ぜんぜん知識がないバカヤロウが、
「村山センセーは難しい言葉を使いますねー。どーいう意味ですかー」
なんて聞いてくる。

 でもね、この言葉をおいらがはじめて聞いたのは、高校の時だったなー。
 Aという、いっつも自分のことを悲観的に考えるヤツが、
「この頃、僕はストイックなんだよ。家に帰ってもただ勉強しているんだ」
なんて、言ったので、バカなおいらは、
「ストイックってなーに?」
と聞いたのでした。

 Aが特別アタマがいい訳じゃなくて、世界史でストア学派というのが、出てきて、そこで習ったらしいんですな。もともとは、そのストア学
派の人がものすごく禁欲的に生活しているさまから来ているらしい(72へぇー)。それが転じて、自分に対して禁欲的に過ごしている人を
言うようになった。

 仕事ばかりで飲みにもいかず、ずっとがんばっている人。女の人には目もくれず、ひたすらホテルで自分なりに楽しんでいる人(西村
君のような人ですね。でも自分でとはいえ、楽しんじゃってるからダメか)。朝早くから起きて、チャリンコで仕事場に向かい、ひたすら仕
事をしているのに、時計の一個も買ってもらえない人。こりゃおいらだ。そう言えば、最近おいらってストイックだなー。

・正しい語法
「彼の仕事っていつも質が高いね」「だってあれだけストイックに仕事に向かっている人いないもん」
 いい仕事している人って自分に厳しいもんね。厳しさゆえに、禁欲的になる。本当にやらなきゃいけない時って、ハラも減らないよ
ね。あらゆる欲が霧散する。こういう時、本当は使うべきなんでしょう。

・間違った語法
「食べ過ぎかなー。ストイックが痛い」
 それはストイックじゃなくて、ストマック(胃)です。こりゃ、カッコ悪い言い間違いだね。でも知ったかぶりなヤツがやりそうだ。

「彼は他人に対してストイックだね。ものすごく辛辣に批判する」
 これは正しそうだけど、ストイック=厳しいの意で使っている。だから間違い。「厳しい」というのは原因であり、結果として「ストイック=
禁欲的」になる。でもね、これは本当によく間違って使われているよ。この言葉を知らないで文脈から読むと、厳しいという意味と誤解
しちゃうからだと思う。気をつけましょう。

・遣うのに最適なケース
 これは、カンタンに言えば「あの人ってすごいね」と言えばいい。でも、こうやって言うとバカっぽいじゃないですか?自分だけはあの人
の価値を分かっている。それもかなり知的レベルが高いところで分かっているってことを顕示したい時ってあるでしょ?
 こういう時、ちょっとしかめっ面+小声で、
「あの人って、ストイックだね」
と言いましょう。"おー、そんな言葉知ってるんだー"と思われて、見直されることは請け合いですよ。


トップへ
トップへ
戻る
戻る