オフコースにあって、小田和正にないもの


 小田和正氏の人気は不動のものとなり、次々と記録を塗りかえたり、様々な活躍をしている。

 特に自己カバーものはよく売れているらしい。「さよなら」「愛の唄」「こころは気紛れ」といった、オフコースファンなら誰もが愛した曲
がカバーされている。これならみんなが買うはずだ。

 がどうも往年の感動とはほど遠い。特に「さよなら」「秋の気配」「もう歌は作れない」にといった名曲には強い違和感を覚えてしまっ
た。

 「さよなら」。大ヒットした当時の曲を聞くと、ほぼ全域をカバーするコーラスとハーモニーが美しさを演出している。アコースティックギ
ターとエレクトリックギターがシナジーとなり、バラードのようであり、ロックのようでもある。アレンジは精緻を極め、楽器は4種類しか使
っていないのに、いろいろな音が聞こえてくる。

 「秋の気配」はハーモニーがすばらしい。特にサビの部分。ハイトーンの小田のさらに上を行く鈴木康博のファルセット。それと微妙
に絡む小田の中音。高校時代、カバーしようと思って死ぬほど練習したが、この小田と鈴木の組み合わせがMUSTなのか、ちっとも似
せることができなかった。またこの曲はギターもすばらしい。鈴木はギターの名手で、この曲はボサノバを使っている。コード自体はそ
んなに難しくないが、ちょっとしたテクニックやボサノバのリズムが複雑で簡単にはコピーできない。

 「もう歌は作れない」はハーモニーがすごい。特にエンディングのハーモニーは背筋がぞっとする。「日本のカーペンターズ」が彼らの
デビュー時のキャッチフレーズであったが、それを象徴するようなすばらしいハーモニーである。

 こう考えていくと私が感じた違和感とは、@精緻なアレンジ、Aコーラス、ハーモニー、B巧みなギターワークの欠如である。そしてこ
れこそが小田和正がなくしてしまったものなのだ。この3つは今の小田にはない。それらは全て鈴木康博がもたらしたものだからであ
る。

 全盛期のオフコースは、鈴木康博がアレンジ面でのイニシアティブをとっていた。小田がよくいろいろな場面で口にしていたことであ
るが、オフコースが鳴かず飛ばずだった頃、鈴木は真剣にアレンジの勉強をして一流のアレンジャーの能力を身につけていたのだ。
ゆえに、当時のオフコースのアレンジには鈴木の感覚が強く出ていた。

 あれだけ精緻なアレンジは、東工大でロボット工学を学んでいた鈴木だからのものなのだろう。また、コーラス、ハーモニーは小田の
得意領域であるが、当時のハーモニー構成と現在の、小田のハーモニー構成の違いを考えれば、当時は鈴木がイニシアティブをとっ
ていたことが推察できる。

実際現在の、鈴木のソロ曲のハーモニー構成は当時のオフコースのものと酷似している(特にセルフカバーアルバム「Be Side」の「美
しい思い出に」が顕著)。そしてなによりはギターワークが全く違う。コンピュータープログラミングの時代であるが、ギターだけは人間が
介在しないと成立しない。ゆえにそれを弾く人間の個性が強く反映される。

 小田和正は確かに大ヒットメーカーとなった。一方、鈴木康博はレコード流通ではもうCDも扱ってもらえないくらいの凋落ぶりである。
この意味では小田の勝ちなのだろうが、小田には満足感はないのではないか。

 全く売れていなかった頃のオフコースはいつも強気であった。そして「いいものさえ作っていればいいんだ」「人を感動させたいから、
自分が感動したいんだ」と言っていた。

かっこよかった。こうしたポリシーが、あの時代にあって、あれだけの完成度の作品を世に送り出せたのだと思う。

 小田のような偏屈な(いい意味で)人間がこういう気持ちを忘れてしまったとは思えない。今も実は鈴木の能力が欲しいのではないだ
ろうか。当時の作品と今の自分の作品を比べて満足できるのだろうか。

 しかし、このふたりの間に深い溝があるのは間違いない。それはインテリだからこそこだわってしまう、また、リバイバルの名のもとに
お祭り的イベントができてしまう某バンドとは異なる感覚なのだろう。

 とはいえ、熟練したふたりのコラボレーションを聞いてみたい。ふたりとも実力的には全く落ちていない。小田の高音、鈴木のファル
セットも健在である(ボーカルには若干難が出てきたが、コーラス、ハーモニーは大丈夫)。



トップへ
トップへ
戻る
戻る