7.ベネフィット



【ちょいペダ用語NO7】ベネフィット【benefit】 (1)利益,利益になること。恩恵。有利さ。〔マーケティングなどで,ある製品につ
いて,時間短縮や作業の軽減など,それを使用することで得られる利便性や満足感などをいう場合が多い〕(2)慈善興行。

 こりゃーマーケティングの話をしていると必ず出てくる言葉ですな。でも、
"ホントにあんた意味分かってんの?"
って言う人がいるねー。

 ここではめずらしくちゃんと説明してあげようと思います。しっかり理解して、おいらにウザイことを言わないようにしてね。

 ベネフィットを誤解させてしまうのは、「機能(属性)」と「USP」との関係なのね。訳が分かってないヤツは、「機能」と「USP」、「ベネフィ
ット」を全てごっちゃに話してくる。

 ここではエアコンを例にとって説明しましょう。
 エアコンの機能って何?これは最近いろいろとあるね。まず冷房と暖房。これはどのエアコンにもついている「機能」。他に除湿とか空
気清浄などがある。これが機能ね。

 この中でいちばんの特長(ちょうは長という字を使う)は何かをいう時に使うのが、USP(ユニーク・セリング・プロポジション)なのよ。
 あるエアコンにはいろいろな機能がついているが、除湿機能だけはどこにも負けないという時に、
「この商品のUSPは、除湿機能です」と言えばいい。

 さてそれでは「ベネフィット」は何かというと、機能から受ける「利益」を考えればいいのです。冷房なら涼しくなるし、暖房なら暖かくな
る。除湿機能は、湿気がなくなってうっとおしくなくなるし、空気清浄機脳は空気がキレイになって過ごしやすくなる。

 まとめます。数ある機能の中でいちばんスゲーものをUSPという。また機能から受ける利益をベネフィットという。どーですか?分かり
ますた?

・正しい語法
「この新機能を加えた時の消費者のベネフィットって何かな?」
 これは新機能から受ける利益って何かなと質問しているのだから、とっても正しくベネフィットって言葉を使っているのです。

・間違った語法
「君におカネを貸した時の僕のベネフィットって何?」
 これ正しそうだけど、利益ってより、トクって意味で使っているんでしょ?ならばフツーに「メリット」って言えばいいじゃん?ちょいペダ流
は、なんでも難しく言えばいいんじゃなくて、正しい語法で難しいことを言うことなのです。だからこの言い方はダサイ。

「君のベネフィットって、僕の心を癒す、その、人柄だね」
 ミッチーがいいそうだねー。でもこれは間違い。君が僕に何かを提供してくれて、僕は癒されるのだから、あえて言うなら「君の機能」
が人柄です。
「君のベネフィットって、僕の心を癒してくれることさ」だったら正解ってワケ。ま、こんなこと言わないけどね、ミッチー以外は。

・使うのに最適なケース
 これはもちろんマーケティング野郎との会話にMUSTです。USPとベネフィットを知らなければ(もちろん正しい意味も分からなけれ
ば)、ゼッタイバカにされる。
 この世の中に、マーケティング野郎よりもペダなヤツなんていない。ヤツラはみんな自分がいちばんアタマがいいと思っています。こ
ういうヤツラにバカにされないために、正しく「ベネフィット」を使ってください。


トップへ
トップへ
戻る
戻る