6.コンセンサス



【ちょいペダ用語NO6】コンセンサス[consensus] 意見の一致。合意。共感。

 社会人になってすぐ覚えた言葉が、「逆に言うと」ってヤツとこのコンセンサス。
 「逆に言うと」というのは論理学の「逆」とは意味が違って、
「あんたの言ってることのデメリットも言わせてもらえばね」
という意味だった。クロージングの「両面提示」みたいなものなのです。

 でもね。これを上手に使える人ってほとんどいなくて、だいたいが、
"逆になってねーよ。同じこと繰り返しているだけじゃん"とか
"あんたが言っているのはデメリットじゃなくて、メリットだよ。ならばメリットって言えばいいじゃん"なんてのばっかりだった。

 さて本題のコンセンサスは、カンタンに言えば「根回し」。
「根回ししといてよ」
というのが、ちょっちダサイので、
「隣の部の部長にコンセンサス、とっといて」
なんて使うのです。ね。「根回し」と言えば済むことでしょ?

・正しい語法
「明日社長プレなんだけど、編集と営業にはコンセンサスとってあるんだよね」
 よくいる姑息なヤツ。それは、
「オレにコンセンサスとってないんだから、知らねーよ」
ってヤツ。せっかく社長プレして、みんなその気になってるのに、そういう雰囲気なんかブチ壊すバカ。こういうヤツにそうさせないため
にやるのが、コンセンサスなのです。

・間違った語法
「僕はコンセンサスです」
 正しそうだけど、コンセンサスは「合意」なのだから、相手に使うべき。自分が「同意」する時のちょいペダ用語は「アグリー」を使いま
す。

アグリー v. 同意する ((with)); 賛成する ((to)); 一致する ((with)); (意見・相談が)決まる ((on)); 【文法】一致する; (食物, 気候が)合
う; 認める.

「僕はこの件についてはアグリーです」
って使う。ホントは「アグリーメント」が正しいようですが。アグリーは日本英語なんですね。ちょいペダなヤツはホントによく使います。

「彼女とHはコンセンサスがとれてます」
 間違っちゃいないけど、こんなこと言うかね。それにどうやってコンセンサスとるのかなー。
「すみません。私今日Hモードなので、レッツH!」
なんていうのかなー。言えないよー、太陽のバカヤロウってカンジだね。

・使うのに最適なケース
 単なる根回しをカッコよくいいたい時に使おう。特に根回しを押付けられた時に、
"別においらはヘみたいな仕事だとは思ってないぜ、ベイビー"
って気分の時に使うといいです。自尊心が傷つきません。


トップへ
トップへ
戻る
戻る