下権現堂山・上権現堂山

201/5/20日  新潟県魚沼市
下権現堂山付近より守門岳
五月晴れのような快晴の日、久し振りに上下権現堂山に登って来ました。戸隠神社の登山口から鷹の巣尾根・弥三朗清水を経て、下権現堂山を経由して上権現堂山に登り中間の鞍部中越戸から登山口の戸隠神社に降りました
登山口
目に眩しいくらいの新緑の尾根をウグイスののどかな鳴き声を聞きながら登り始めました。
途中の尾根より入広瀬方面
  奥に駒ヶ岳・八海山方面
今日は麓では真夏日のようで30℃を越える所もあったようですが、この尾根は涼しくて爽やかな風に吹かれながら、遠くの雪を被った山なみや花々を楽しみながら登りました
登山口から2時間ほどで弥三郎清水に着きました。汗をかいた体には岩から湧いてくる冷たい清水は大変美味しい水でした。
3時間ほど登って897mの下権現堂山に着きました。この山にはかなり以前の真冬に一度登ったことがあります。その時も900mに満たない山なのに北アルプスよりもきつい山 と思いましたが、雪の無い頃でも結構きつい山でした。
山頂よりタムシバ咲く上に守門岳
山頂より浅草岳方面
次に上権現堂山に向かいましたが、所々にまだ雪が残っていて、涼しい残雪歩きになりました。
     奥の山は浅草岳に毛猛山方面
左に毛猛山中間の尖がり二つの山が昨年登った唐松山、右に上権現堂山
こんな残雪歩きになりました
上権現堂山の山頂も近くになりました
下の魚沼平野から眺めると、上下権現堂山の間は平に、見えますが、結構アップダウンがある稜線でした。   
山頂付近にはまだまだたくさんの雪が残っています。雪の中に少し温かくなったポカリを埋めて冷やし、その雪の上に座りながら、過去に登った、守門や浅草・日向倉・未丈・唐松山などを眺め、自然のエアコンの中ノンアルビールを飲み、美味しい食事にしました。
山頂より守門方面
山頂より毛猛・唐松山方面
未丈・日向倉山方面
下山の尾根 右奥に守門
左に越後駒ヶ岳 右に八海山
鞍部に戻り中間の道を降りると、残雪と新緑の美しいブナ林があり、瑠璃色をしたキクザキイチゲも咲いていて、T週間ほど早ければカタクリ ロードのような尾根もありました。
上権現堂山 998m 山頂

トップページへ